宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」

宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」

シャンパン三昧のパリピ生活(野口和樹氏提供)

 9月14、15日にTOKYO ODAIBA ULTRA PARKUにて開催された「ULTRA JAPAN 2019」。今年は計6万人の観客が訪れ、累計50万人以上を動員したという、日本屈指のダンスミュージックイベントである。

 じつは、このULTRA JAPANの裏側では様々な噂が囁かれていた――。

「このモンスターイベントには裏社会の人間が出入りしていた」

 そう語るのは野口和樹氏だ。

 野口氏は名古屋の有名な半グレとして知られ、2016年に発生した博多・金塊強奪事件の主犯格として逮捕された人物。現在は福岡拘置所に収容されている。

 野口氏の逮捕時、その派手な交遊とパリピ生活がクローズアップされた。野口氏らは「全日本パリピ協會」を名乗り、様々なパーティ・イベントに出入りしていたという。

 今年の10月、野口氏は獄中から「 半グレと金塊 」(宝島社刊)という手記を発表した。同書には彼のこれまで手に染めた犯罪や、有名人との交遊録、そして金塊強奪事件の真相などが赤裸々に語られている。

 彼の証言をつまびらかにすることで、謎に包まれている『半グレ』の実態が明らかになってくる。同書で語られたULTRA JAPANの光と影、本人から許可を得てその一節を紹介するーー。

◆◆◆

 私がシャバにいる時は、月曜日からクラブでパーティをしていた。クラブをハシゴすることも珍しくない。六本木のクラブから渋谷へと流れ、渋谷から新木場の「アゲハ」(ageHa)へ行くこともあった。

 私は北海道から沖縄まで数日きざみで移動し、現地の友人と合流し、夜はその土地のクラブでパーティをする。

 だいたいどこのクラブへ行っても名前と顔が知られるようになり、同じ業界ということで仲良くしてもらえるようになった。

■「VVIP」席から見える世界

 SNSにも日々のパリピの活動を投稿していく。パリピの生活はまさにパーティで始まりパーティで終わる日々だ。パリピのグループLINEもあるので、そこでパーティなどの情報共有をする。

 栗ちゃん(*)が海外のフェスも含め常にチェックしてくれている。そして、海外の場合はエアチケットとホテルを手配する人間に頼む。日本のフェスと、海外で行われるフェスとが同じ日にかぶる時があるが、その時はどのフェスにどのDJがくるのか、ラインナップやヘッドライナーをチェックし、人気DJが来るフェスへ行くのである。

*編集部注……パーティモンスターの異名を持つ野口氏の友人

 マイアミであれラスベガスであれ、はたまたタイや韓国であっても、必ずコネクションを使ったVVIP席をキープできるところが、私たちのパリピチームの実力でもあった。メンバーのなかには、栗ちゃんをはじめとして英語を話せる者が何人もいた。VVIP席とは、VIPにもうひとつ「VERY」が加わった、簡単に言えば“超高級席”のことである。

 パリピ人脈のなかには、日本の芸能人たちも含まれていた。しかし、それはさして驚くような話ではなかった。世界のトップアーティストが集まることで知られる、ラスベガスで行われるEDC(エレクトリック・デイジー・カーニバル)においても、パリピ協會は主催者側とつながっていたほどなのだ。

 私たちのパリピメンバーのなかに、たまたま芸能人の友人がいたりするだけのことで、パリピが芸能界へ入り込んでいるわけでもない。コネクションを持つ人間が多かっただけのことである。

■「ULTRA JAPAN」の正体

 数あるフェスのなかでも、私がとりわけ好んで毎年足を運んだのが、2014年に初開催された「ULTRA JAPAN」だ。東京・お台場に会場を設け、1日で数万人規模を動員する日本一のミュージックフェスである。

 私たちはそこのVVIP席の常連だった。このVVIP席は、1席が80万〜300万円以上という桁外れの値段で、とても一般人が気軽に購入できる席ではない。

 実際のVVIP席には、芸能関係者やモデル、タレント、俳優、女優、大企業の社長などがずらりと顔を揃えていることが多い。水を頼めばペットボトルは1本1000円もする。しかも10本からのオーダーしか受け付けないのだ。シャンパンセットであれば数十万円はする。

 なぜ私のような人間が出入りできたのかといえば、前述した広告代理店とのイベントで仕事をしていた経験が大きかった。担当者と親しくなるにつれ、さまざまな相談事を受けるようになる。

「大切なお客さんが来るから、モデルとか用意できない?」

 そんなリクエストに対し、私がバッチリ女の子を揃えると、ドンペリ20本を差し入れしてくれたりした。入場条件が極めて厳しいなか、私は個人的な人脈を使ってVVIP席への出入りを許可されていたのが本当のところである。

 私たちは必ずルールを守り、場を乱さず遊びに徹していた。刺青などを見せることは絶対にしない。そういう気遣いは日頃からもっとも重視しており、私たちのことを見ても「反社会的勢力」とは誰も思わなかったはずだ。

 このULTRA JAPANのアフターパーティは数ヵ所でおこなわれるが、その会場のひとつがフジテレビ本社の、あの球体部分だ。入場も厳格にチェックされ、限られた人たちしか入ることは許されないが、そこにも私は入場することができた。

 少なくともある時期まで、私はパリピの仲間に囲まれ、どこにも遠慮することなく出入りできた。人脈を広げることによって、それまでの人生で少なかった「表の世界」の人々との交流も深めていた。私は本当に、遅れてきた「新しい人生」を楽しんでいたのである。

■突然はじまった手のひら返し

 しかし、このULTRA JAPANが、いわゆる「反社」「半グレ」への対応を厳格化するのにそう時間はかからなかった。

 ULTRA JAPANが日本で初めて開催された2014年は、まだ反社、半グレへの対応はほぼなされていなかった。そのためか、VVIPエリアは不良たちが幅を利かせていた。

 だが2回目の開催あたりから、反社、半グレのVVIPエリアへの入場が規制されはじめた。たとえば「刺青が入っている人間はNG」といった条件がつけられたり、予約の際に名刺を提出させ、その人物や会社の素性を調査するという対策が始まった。会社も、信用のある有名企業以外は受け付けられない、という話も聞こえてきた。

 ULTRA JAPANでのオフィシャルHPで「ハッピを着ての入場をお断りする……」という規制も始めた。ハッピを着ているのは“パリピ”を売りにしていた私たちしかいない。私たちを名指しして閉め出していることに等しかった。

◆◆◆

「 半グレと金塊 」ではULTRA JAPANを巡る野口氏と大手レコード会社の確執、そして噂されていた芸能人人脈の真相、警察との癒着、そして犯罪小説をも凌駕するような金塊強奪事件の驚きの真相等が語られている。

(須賀 マイク)

関連記事(外部サイト)