ラグビー日本代表「“名将”ジェイミー・ジョセフってどんな人?」 指揮官を知る“3つのキーワード”

ラグビー日本代表「“名将”ジェイミー・ジョセフってどんな人?」 指揮官を知る“3つのキーワード”

スコットランド戦後に田村優と喜ぶジェイミー・ジョセフヘッドコーチ ©AFLO

 史上初のベスト8に進出した日本代表。そのチームを率いるニュージーランド人のヘッドコーチ、ジェイミー・ジョセフとはどんな人物なのだろうか?

 1991年の第2回大会からラグビーW杯を取材。30年以上、日本代表を取材しているジャーナリストの村上晃一氏に聞く、指揮官の横顔。

◆◆◆

■ジェイミーの手腕を「疑う人もいた」

 2016年の就任当初は正直ジェイミーのことを「疑っている」人も多かったのですが、初めての8強進出でまぎれもない名将になりました。

 なぜ「疑われていたか」。それはメディア向けに面白いことをあまり言わないからかもしれません。前任のエディー・ジョーンズはキャッチーな言葉を多用して、メディアが書きやすいことを言ってくれた。しかも2015年、南ア戦「ブライトンの奇跡」など、W杯で3勝という結果も出した。「エディーさんは良かった」とメディアやファンは好感を持っていました。一方、ジェイミーは「発信」にそれほど興味がなかった。

■“執行役員”のような立場

 そもそもラグビーのヘッドコーチは、試合中スタンドにいますから、サッカーの監督のように選手たちに直接指示を出しません。ラグビーを見慣れていないと「ヘッドコーチって何をする人なんだろう?」と疑問に思う人もいるでしょう。

 ラグビー界でよく言われるのは「コーチは選手たちを『港まで運ぶ役』で、そこからはキャプテンを中心に大航海(=グラウンド)に出航する」。だからコーチの一番大きな役割は「準備」。一旦試合が始まったら、もう選手が考えるしかない。そこでいい判断が出来るように準備をするのが、ヘッドコーチの肝なんです。

 今の日本代表で言えば、ヘッドコーチがジェイミー。アタックコーチにトニー・ブラウン、ディフェンス・コーチにスコット・ハンセン、スクラム・コーチに長谷川慎――と細分化されたチームがある。その全てをまとめる、会社でいえば、社長……よりも現場に近い執行役員のような存在がジェイミーなんです。そんなジェイミーのこれまでを振り返りながら、この名将が日本代表をどうやって「準備」してきたかを紹介したいと思います。

■(1)「メリハリ」――W杯中にゴーカート?

 ジェイミーを表現するキーワードのひとつが(1)「メリハリ」です。

 例えば、しばらく期間が開いたあとに日本代表で集まって最初の練習をするときは、何か悪いところを見つけて怒鳴り散らす。そうすると選手たちはちょっと緊張する。そうやって緊張感を高めて、いい練習につなげる。「メリハリ」をつけてチームの気持ちを高めるんです。

 ジェイミーにとって「メリハリ」は体に染み付いたもの。20年前の印象的なエピソードがあります。

 そもそもジェイミーは、1969年ニュージーランド(NZ)生まれ。NZはこれまでにW杯で3回優勝している、ラグビー界の「横綱」です

 ジェイミーも1995年のW杯はオールブラックス(NZ代表の愛称)の一員として出場し、準優勝しています。その後来日し、99年のW杯は日本代表でプレーしました(※当時は2カ国にまたがって代表になることが可能でした)。

 現役時代は196cm、105kgの恵まれた体格で、フォワードの第3列(NO.8、ロック)のパワフルなプレーヤーとして活躍。今でも日本代表の誰よりも身長は大きいですね。

■平尾誠二監督との縁

 じつは99年の日本代表にジェイミーさんを起用したのは当時の平尾誠二監督でした。NZ人を3人抜擢したんですが、これは平尾さんでなければ出来なかったでしょう。普通、日本人監督は、元オールブラックスの選手が入ってくると彼らが中心になってしまい、自分の立場が無くなると考えますから。平尾さんはスターだったから、そういうことは気にしなかったんですね。

 じっさい、日本代表はオールブラックス出身のジェイミーたちが入ってきて、最初はスゴく緊張していた。でもジェイミーたちはすごくフレンドリーで感じが良かったから、すぐ打ち解けられた。それは当時の選手がみんな口を揃えて振り返りますね。

 ここでもジェイミーは「メリハリ」を利かせます。当時の代表、中村直人(プロップ)から聞いた話ですが、日本はW杯でサモア、ウェールズに連敗してしまう。「最後のアルゼンチン戦は勝とう」というときに、ジェイミーが「気分転換だ」と言って、代表選手みんなをサーキット場のゴーカートに誘うんです。そこでレースをしてタイムを競った。

「W杯大会中にこんな風に切り替えるんだと、新鮮でした」と中村にとっては忘れられない思い出になっているそうです。ジェイミーは当時もそうやってチームの良い雰囲気作りを心がけていた。一方でミーティングでは「でもW杯は本当に厳しい場所なんだ」と真剣な表情で教えてくれた、と。

 モチベーションをコントロールするために「メリハリ」が大事なことを知っているんですね。

■(2)「義理」――行きつけのお店にお土産

 また、ジェイミーを語るうえで欠かせないのが日本人的な(2)「義理」でしょう。

 先ほども触れたとおり1995年のW杯のあとにジェイミーは来日します。そして福岡県宗像市にあるサニックスのラグビー部で約5年間プレーします。

 グルメなジェイミーは、寿司、焼き鳥、とんかつ、さらに居酒屋メニュー……と、大の日本食好きなんです。だからラグビー部の選手が行くところに一緒に行って日本食を堪能して、お店の人とも仲良くなる。

 お酒も嗜むらしいですが、酔っても決して騒がない、ハメを外さない。そこはジェントルマンなんです。そうやって行きつけのお店がいっぱいできて、その後も日本に来るたびに、お土産を持って行きつけに顔を出す。そういう義理堅いところがあるんです。

 彼の「義理」のエピソードは他にもあって、今年6月に1999年のW杯代表組が再会したんです。トヨタのスタンドオフだった廣瀬佳司が幹事になって、監督だった平尾さんの写真も飾ってみんなで飲んだ。じつはその会ももともとジェイミーが「みんなで集まりたい」と言い出したそうです。彼は1999年のメンバーを今でもすごく大事に思っている。そこでジェイミーがすごくしゃべるとかそういうことでもないけれど、みんなで楽しく飲む。そうやってつながりを大事にするから、ジェイミーの近くにいる人は代表選手も含めて、みんなジェイミーのことが好きになるんですね。

■(3)「日本人への理解」――ひたむきさを評価するジェイミー

 そしてジェイミーの大事な要素が(3)「日本人への理解」です。

 私も何度かジェイミーのインタビューをしていますが、彼は「一生懸命学ぼうとする」日本人の良さを理解しています。例えば長い合宿をしても、ひたむきに耐えて努力する、そういうところを高く評価している。

 以下は2016年の就任直後に私がジェイミーにインタビューしたものです。

「私のコーチング哲学にスローガンのようなものはありませんが、日本で指導するということでのコーチングの肝を話すと、日本人選手は非常にタフでひたむきに頑張れる特徴があるということです。そのなかで様々なことを学び取ることの出来る賢い選手は誰なのかを見極める必要がある。チームを強くしたい、学びたい、そういう姿勢のある選手がいてくれると、チームの成長を引っ張ってくれます」

「チームカルチャーというのも私のコーチング理念の大きな部分を占めます。ラグビー選手としてだけではなく、人間として成長して欲しい。これまでも私はここに熱意を持ってやってきました。1人よがりではなく、チームが進む方向に自分を合わせて、真剣に取り組むところと楽しむ部分のバランスが優れている選手を求めています」

「今の私の仕事のゴールは2019年W杯に向かってチームを作り上げること。日本のラグビーに貢献できる選手を育てていくこと。加えて次の日本チームのコーチングスタッフにレガシーを残し、日本のコーチの底上げをすること」

 3年前のインタビューですが、ジェイミーはこの通りのことを今やっていると思います。

 エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチも日本人の「努力する」ところは評価していたけれども、チームを徹底的に追い込むスタイルを選んだ。一方で、ジェイミーは自主性を重んじる。選手が自分たちで考えること、言ってくることを大事にしています。

 そういうジェイミーによる日本人の可能性を信じる「準備」が上手くいって、素晴らしい結果が出ているのだと思います。ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズと世界的にも有名なヘッドコーチが指揮してきましたが、「日本人の強さを一番知っていて」「日本人を最も伸ばしてくれる」のがジェイミーではないかと思います。

(構成=文春オンライン編集部)

(村上 晃一)

関連記事(外部サイト)