雅子さまの「完璧主義」と「自己の研鑽」見えてきたもう1つの“方向性”

雅子さまの「完璧主義」と「自己の研鑽」見えてきたもう1つの“方向性”

2018年12月、雅子さまのお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 令和元年、雅子さまが皇后になられた。 10月22日には、新天皇の即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われた。 コラムニストの矢部万紀子さんは、雅子さまの「研鑽を積みながら努めてまいりたい」という言葉に注目したという。 ※「週刊文春」2019年8月15・22日号より転載

 令和スタート4日目の5月4日。一般参賀で手を振る雅子さまは、弾けるような笑顔だった。うれしそうだった。ホッとした。

 そして失礼は承知の上で、こう思った。雅子さま、この調子であまり研鑽しすぎないで。

「研鑽」は昨年12月、55歳になられた雅子さまが「お誕生日に際してのご感想」の中で使われた言葉だった。「この先の日々」への思いに触れ、「研鑽を積みながら努めてまいりたい」と表現されていた。

 雅子さまらしい言葉だと、印象に残った。ハーバード大→東大→外務省。努力をし、結果を出してきた方だ。努力の先の尽きない努力。それが研鑽。そんなふうに感じた。

 実はこの言葉、天皇陛下もしばしば使われている。即位後朝見の儀の「おことば」でも、「自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い」と述べられた。夫唱婦随。生真面目で努力家のお二人。

 だけど、雅子さまについては少し心配だった。陛下に望まれ皇室に嫁ぎ、努力された。だが「適応障害」という病を得てしまった。研鑽しても報われない現実が、雅子さまを苦しめたのだと思う。

 雅子さまは完璧主義だと聞く。頑張りすぎて、疲れてしまう、とも。だからこそ「研鑽」より「喜び」方向で。勝手にそう願っていた。

 一般参賀以後も、雅子さまは順調だった。トランプ大統領夫妻を招いての堂々とした姿も素晴らしかったが、6月1日から1泊2日で出かけた愛知県での姿が心に残った。駅や沿道で待ち構える人々に、明るくお手振りをされていた。あ、雅子さま、楽しまれている。そう思った。

■雅子さまの明るさに触発された「着回し術」特集

 その頃、「女性セブン」のグラビアが「皇后雅子さまが実践される着回し術」を特集した(6月6日号)。皇太子妃時代の写真を使って、「節約」と「工夫」を紹介していた。例えば結婚5年目に着たパンツスーツが19年後にツーピースに変身した、などなど。

 雅子さまの明るさに触発されての特集だと思った。でも「節約」と「工夫」と言えば、昭和一桁生まれの上皇后美智子さまの専売特許、別な切り口はないかしら。などと勝手に思っていたら、1カ月後に同誌が「皇后雅子さま 胸元のファンタジスタ」というグラビアを組んだ(7月11日号)。皇后になってからの写真も交じえ、ストールとネックレスの使い方に注目していた。

 フワリと首に巻いたストール、遊び心ある真珠のネックレス。今どきだった。ご成婚前の雅子さまは、スカーフ遣いが注目された。おしゃれな方なのだ。

 7月に入り、雅子さまが「御養蚕所」へのお出かけを30分前にキャンセルされたという報道もあった。養蚕は代々の皇后が受け継いできた仕事だが、できない日もあるだろう。できない時は、休むのが何より。

 これからも雅子さまには、研鑽はほどほどにストール&ネックレスでいっていただきたい。好きな服を着て仕事に出かけるって、楽しいものだから。

 やっぱり仕事は、楽しいが一番!

(矢部 万紀子/週刊文春 2019年8月15・22日号)

関連記事(外部サイト)