親必見! 確かに危ないけど……専門医が「ラグビーは小さいうちから始めるべき」と推す理由

親必見! 確かに危ないけど……専門医が「ラグビーは小さいうちから始めるべき」と推す理由

福岡選手に勢いよく突撃する南アフリカ選手 ©getty

「ラグビーワールドカップ2019」の決勝戦が、いよいよ今夜行われる。日本で開催される初めてのW杯、しかも日本代表チームがベスト8に進出するなど盛り上がりを見せ、日本中のラグビー熱が一気に高まった。

 もちろん、“にわか”の熱は、下がる時には急速冷却するものだが、それでも今回をきっかけに、ラグビーファンは確実に増えるはずだ。

 そんな中で、学童期の子を持つ親の間で、子供にラグビーをさせたい、と考える人が増えているという。

 たしかに今回のW杯を観ていると、どの国の選手もどんな危険な場面でも自分の身を挺して味方にボールをつなぎ、試合後はノーサイドの精神に基づいて、相手チームと称えあう。観ているこちらまで、爽やかな気分になる。若いお母さんたちがわが子に「ああなってほしい」と夢を託すのも無理からぬことだ。

■子供にラグビーをやらせたい! けど……

 一方で、試合が始まるとフィールドのあちこちで大男たちが衝突し合い、倒された選手の上に何人もの大男が重なり合って身動きが取れなくなっていたりする。試合終了後の選手は顔に擦り傷があったり、ユニフォームに血がついていたりして、明らかにケガの多そうな競技ではある。「大切なわが子に何かがあっては困る」、「あんな危険なスポーツだけはさせたくない」と考える親がいるのも当然だろう。

 実際、子供にラグビーをさせるのは危険なのだろうか。

「高校の部活動で行われる競技の中で、“ケガの多さ”で見れば、確かにラグビーはトップクラスです。でも、ぜひ子供たちには経験してほしい。なるべくなら小さいうちから始めてほしいですね」

 と語るのは、早稲田大学ラグビー蹴球部チームドクターで、麻生総合病院スポーツ整形外科部長の鈴木一秀医師。同医師によると、昔はテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」や、もっと昔なら「われら青春!」などの影響でラグビーを始めるケースが多かったが、最近は状況が違ってきているという。

「父親が高校や大学でラグビーをやっていたことで、ぜひ子どもにも……というケースが非常に多い。ラグビー経験者の父親は、単なるスポーツとしての競技だけではなく、ラグビーに取り組むことで得られる“人格形成”の面に重きを置いていることが多いのが特徴です」(鈴木医師、以下同)

 人格形成については後述するとして、ラグビーに付きまとうケガについて、まずは検証したい。

■タックルに壮絶なボール争奪戦…… 高危険度の競技であることは事実

「コンタクトスポーツ」という用語がある。つまり競技者同士の“接触”を伴う競技だ。接触すれば当然衝撃が加わり、打ちどころが悪ければケガをする。筆者はこれまで、ラグビーはコンタクトスポーツだと思っていた。ところが鈴木医師によると「ちょっと違う」というのだ。

「たしかにラグビーは、広義で見ればコンタクトスポーツの範疇にありますが、実際にはさらにその先の“コリジョンスポーツ”、つまり衝突を前提とした競技、という部類に入ります。一般的なコンタクトスポーツ以上にケガをする頻度が高く、またケガを負った時の重症化の危険性も高い競技と言えます」

 タックルやブレークダウンの中でのボールの争奪戦、ハイパントキックを獲るために競り合うシーンなど、大ケガにつながりかねない場面が連続するラグビーは、アメリカンフットボールや柔道と並んで、他の競技とは比較にならない高危険度の競技であることは事実だ。国内の高校ラグビーだけを見ても、多い年で10例ほどの重症例(頸髄損傷や頭部外傷)が発生しているという。

 しかし、鈴木医師はこうも言う。

「高校生より遥かに衝撃の強いトップリーグの選手が、頸髄損傷などの大ケガをすることはきわめてまれです。また、同じ高校生でも、強豪チームの選手はケガをしにくい。つまり、スキルの低い選手ほどケガをしやすいのです」

 ここで、冒頭の鈴木医師の「小さいうちから始めてほしい」という発言が浮上する。

■医師が言う「ラグビーは小さいうちから始めるべき」理由

 現在の日本では、一部の中学校でラグビー部があるところもあるが、本格的に部活動として始まるのは高校から。しかし鈴木医師によると、ケガをしやすいのは、高校で初めてラグビーを始める選手だという。

「昔と違って、いまの高校ラグビーは技術も高度化しており、初心者が簡単に活躍できる世界ではなくなっています。特に強豪校になると選手の大半が子どもの頃からの地域のラグビースクールの出身者で占められている。明らかにスキルの差があります」

 では、子どもの頃からラグビースクールに入るとどんなことをするのだろう。

「幼稚園児や小学生では“タグラグビー”といって、タックルなど危険を伴わないラグビーからスタートするので、ルールと競技の面白さを安全な状況で知ることができます。中学生あたりから一般的なラグビーに移行していきますが、柔道が必ず“受け身”から始まるように、ラグビースクールでは、ケガをしないための技術を徹底して教え込まれます。タックルする時の首を入れる向きや角度、タックルを受けた時の安全な倒れ方などのコンタクトスキルを、これでもか、というほど繰り返して身に付ける。もちろん、フィジカル面での強化も図られるので、高校で始めた選手とは大きな差が付くことになるのです」

■ラグビー恒例“魔法の水”は廃止 強化された怪我対策

 もちろん、高校からラグビーを始めたからといって必ずケガをするわけではない。指導者がきちんと“ケガをしないプレー”を教えるチームであればケガのリスクは低いのだが、ここにラグビーという競技のネックもある。“人数”の問題だ。

 ご存知のように、ラグビーは1チーム15人の選手がフィールドに出る。昔はひと試合を同じメンバーで戦い抜くのが当たり前、という時代もあったが、いまは途中交代もあるので、控えも含めて22〜23人程度の選手が必要となる。選手の数に余裕のある強豪校ならいいが、部員確保に悩む公立校などは、簡単にメンバーが集まらない。正規部員では足りずに、試合の時だけ別の部から選手を借りてくる――というケースもある。

「サッカーがうまいとか、足が速いといった要素は、確かにラグビーでも役に立つ場面はありますが、ケガをするメカニズムにおいて、ラグビーはまったく別物と考えたほうがいい。他の競技で少し自信のある選手がいきなりラグビーで危険なプレーをすると、大ケガにつながってしまうことがある」

 もちろん、競技としてのケガ防止策は強化されている。脳震盪一つとってもそうだ。

 いま、試合中に脳震盪を疑われる状況になると、いったんフィールドから出て医師のアセスメントを受けて、OKが出なければ試合には復帰できない。かつては顔にやかんの水をかけるだけでゲームに復帰させていたが、今ではそんなことはしない。

「“魔法の水”なんて言っていましたが、医学的にはまったく根拠のない行為。公式戦では許されないし、もしいま練習や練習試合でそんなことをやる指導者がいたら、そのチームに所属し続けるのは危険です」

■「わざと相手に危害を加えることはしない」が強いスポーツ

 ラグビーは、ケガをしやすい競技ではあるが、きちんとしたスキルを身に付けていればそのリスクを低くできる――。その前提には、「わざと相手に危害を加えることはしない」という紳士協定が強固だという点がある。冒頭で触れた“人格形成”がここにつながる。

「相手に対して、あるいは自分自身にとっても、危険なプレーをして得をすることは一つもない。そして、ラグビーの根底には、自分を犠牲にしてチームの勝利をつかみ取る、という精神がある。かつてラグビーを経験したお父さんたちが、わが子にもラグビーを勧めるのは、そうした人格形成の側面に期待しているところは大きいと思います」

 人格形成を考えるならなおのこと、小さいうちから始めたほうがいい。全国各地にラグビースクールはある。体験会なども開かれているので、一度覗いてみてはどうだろう。

 一人ひとりがどのようにしてケガを防いでいるのか、そしてどのように人格形成されていったのか――を頭の片隅に置きながら、今夜のイングランド対南アフリカ戦を観戦してみてはどうでしょう。

(長田 昭二)

関連記事(外部サイト)