慶大スター選手・水原茂の前に転がってきたリンゴ……伝統の早慶戦が大混乱「早慶リンゴ事件」とは?

慶大スター選手・水原茂の前に転がってきたリンゴ……伝統の早慶戦が大混乱「早慶リンゴ事件」とは?

中日ドラゴンズの監督も務めた ©文藝春秋

 今年の東京六大学秋季リーグは慶応が3季ぶりに優勝したが、もし早慶戦に連勝していれば、91年ぶり2回目の10戦全勝を記録するところだった。その年、1928年秋のエースは水原茂。のちにプロ野球選手としても活躍。巨人などでの名監督としても知られるが、それ以前に彼の名前を世間に知らしめたのは1933年の早慶戦での「リンゴ事件」だった。

「日本野球が続く限り、リンゴ事件は永久に語り継がれるだろう」。そう書いている本もある(池井優「東京六大学野球外史」)。「近代日本総合年表」にも1933年10月22日の項に「早慶野球試合で紛争起る(水原選手の〈リンゴ事件〉)」と記述されている。しかし、86年たったいま、内容を知っている人はもちろん、名前を聞いたことがある人はどれくらいいるだろうか?

■有名女優と並んで人気だったのは“慶応の水原選手”

 まず予備知識が必要だろう。まだプロ野球は存在していない。テレビ放送もない。いまと比べて極端に娯楽が少ない時代、東京六大学野球、中でも早慶戦は、いまとは比べものにならないくらい、庶民の注目を集めた大スポーツイベントだった。

 特に今回の「事件」の主役・水原茂は、慶応大野球部の同期でのちに日本高等学校野球連盟会長を務めた牧野直隆がこう述懐するほどの存在だった。「銀座通りのブロマイド屋さんには、栗島すみ子、田中絹代といった人気女優と並んで、水原君の写真もあったほど。それが不思議と思えないほど、六大学野球の人気があった時代だったんだ」(富永俊治「早慶戦百年 激闘と熱狂の記憶」)。

 かつての「ハンカチ王子」、早稲田大時代の斎藤佑樹投手をはるかに上回るスターだった。リンゴ事件は、彼の前にかじりかけのリンゴが転がってきたのが発端。しかし、それがなぜ年表に載るような大事件になったのか。いま振り返ってもよく分からないところがある。

 慶応大野球部は1885年創立。早稲田大野球部は1901年創立で、1903年11月に初の早慶戦が行われた。しかし、1906年11月の対戦の際、応援が過熱。両大学上層部の判断で以後、対戦は中止された。1925年、6校が参加するリーグ戦として東京六大学野球が発足。早慶戦も19年ぶりに復活した。

 その後、慶応に香川・高松商から宮武三郎と後輩の水原らが入学。水原は1927年の全国高校野球選手権大会で優勝投手となった鳴り物入りの新人選手だった。慶応は1928年秋にはシーズン10戦全勝で優勝するなど、強豪ぶりを発揮。

 これに対し、早稲田も敵愾心を燃やして対抗。森茂雄ら「六大学野球部物語」は「昭和4、5年ごろの早慶戦が最もその絶頂期といえよう」としている。1931年春の2回戦では、投手水原の時に、三塁走者で水原の永遠のライバルといわれた三原脩(のち西鉄、大洋監督)が劇的なホームスチールを決め、大きな話題に。選手ばかりでなく、応援団、ファンも年々過熱する一方だった。

■優勝できなくても、早稲田に勝ちさえすれば

 そして1933年。この年は春秋2シーズン制ではなく、変則的な1シーズン制で行われた。「六大学当局はシーズンが長期にわたるので学業に影響すること少なくないという見解が多くなり、各校春1回、秋は2回ずつ計15試合、1年1シーズン制が実施され」たと慶応義塾体育会野球部史編纂委員会「慶應義塾野球部史」には書かれている。春の早慶第1回戦は5-1で慶応が先勝。秋を迎えた。

 この年は両校とも不調で、既に優勝の可能性はなくなっていたが、「仮に優勝しても、早稲田に負ければ先輩たちから叱られたし、逆に優勝できなくても、早稲田に勝ちさえすればほめられた」と、牧野が「早慶戦百年 激闘と熱狂の記憶」で語っているように、早慶戦は特別だった。

 10月21日の第2戦は、慶応の先発の水原が1回に猛打を浴び、9-1で早稲田が大勝した。そして問題の10月22日の第3戦。神宮球場は両校の学生や一般の野球ファンで超満員。1塁側に慶応、3塁側に早稲田のそれぞれ大応援団が陣取り、目を血走らせて試合開始を迎えた。5回までに後攻の慶応が5-3とリードしたが、6回、早稲田が3点をあげて逆転。慶応もすぐ同点に追いついたが、8回に早稲田は2点、慶応は1点をあげ、8-7の早稲田1点リードで9回を迎えた。

■水原めがけて、早稲田応援席から物が投げ込まれた

 この試合、水原は先発せず、3塁コーチを務めていたが、再三にわたって審判の判定にクレームをつけ、慶応選手の盗塁アウトを執拗な抗議でセーフに覆したこともあって、早稲田応援団を必要以上に刺激していた。

「これは水原のクセなのだが、ややアゴを突き出し、胸をそびやかすような姿勢が、早稲田の学生にはふてぶてしくさえ映り、再三の抗議への苦々しさを通り越し、憎しみにも似た感情さえ芽生えた」と「早慶戦百年 激闘と熱狂の記憶」は記す。

 9回表、水原は今度は3塁手として出場。目の前の早稲田応援団や早大生の興奮に火をつけた。「守備についた水原に浴びせられる野次と怒号。そればかりか、三塁の守備位置に立つ水原めがけて、早稲田応援席からさまざまなものが投げ込まれた」(同書)。さて、ここからが問題のシーンとなる。当事者の証言を聞こう。

「9回表の守備につくと、ぼくめがけて紙きれや果物の食いさしらしいものや、何かの切れっぱしが盛んにぼくの周囲に飛んできた。小石一つあっても気になるグラウンドに、スタンドからひっきりなしに投げ込まれてくるものが気にならないはずはない。そして、それがコロコロと私の視野に入ってくる。それを丹念に拾って捨てていた。その中、何か大きい果物のかじりかけが足元に転がってきた。ぼくはそれを拾って、守備している姿勢のまま、手を逆に壁の方へ投げ捨てた。これがはたしてリンゴかナシであったかよく分からなかった。後で『リンゴ事件』と騒がれたのを思うと、リンゴの食いさしのシンであったように記憶している」(水原茂「華麗なる波乱」)

■早稲田応援団の一部メンバーがグラウンドに乱入

 早稲田の攻撃は0点で終わった。「もし9回裏の慶応が無得点に終わり、そのまま早稲田の勝利でゲームセットを迎えていたなら、これ以上の何事も起きなかっただろう」と「早慶戦百年 激闘と熱狂の記憶」が書くのは正しい。

 ところが、9回裏、慶応に2点タイムリーが飛び出し、9-8でサヨナラ勝ちしたことで、事態は全く違う方向に進んでいく。「水原謝れ!」。木刀を手にした紋付き羽織はかまの早稲田応援団の一部メンバーが試合終了と同時にグラウンドに乱入し、1塁側の慶応応援団に詰め寄った。「水原は故意にリンゴを早稲田応援席に投げ返した。敵対行為であり、慶応の腰本寿監督と水原に謝罪を求める」というのが言い分だった。左翼席にいた応援学生も次々グラウンドに飛び降り、その数は約6000人に膨れ上がったというからすさまじい。

■慶応の応援団席から指揮棒が奪われる「事件」

 飛田穂州「早稲田大学野球部五十年史」は「事の起こりは9回表、慶応水原三塁手が守備についた時、早大側スタンドからリンゴの食いかけがころがってきていたのを、水原選手が拾って、2個早大学生応援席目がけて投げ返されたからである。しかし、その1個が学生の顔面に当たったというのである」と書いている。

 これに対し「早慶戦百年 激闘と熱狂の記憶」は、「その瞬間は1塁側ベンチにいた慶応主将の牧野は『水原君はリンゴを右手でバックトスするようにして三塁側フェンスの方へ投げた。バックトスでリンゴが早稲田の応援席に届くはずがない』と証言する」と記述。「水原が著書に記した内容と一致する牧野証言により説得力を感じる」と慶応側に軍配を上げている。

 騒ぎが大きくなったのは、混乱のどさくさの間に、慶応の応援団席から指揮棒が何者かに奪われてしまう「事件」が起きたからだった。それは銀のワシが頭に付き、「自尊」の文字が入った指揮棒で、当時の林毅陸・慶応塾長から応援団に贈られたばかりだった。

 慶応の応援団は「指揮棒を返せ」と要求して早稲田側とにらみ合った。直接の衝突を防ごうと、夕闇迫る中、提灯を下げた警察官が約200人も動員された。混乱を避けるため、慶応の応援団が先に球場を後にし、衝突は避けられたが、騒動はその後も1カ月以上尾を引くことになる。

 両校応援団はそれぞれ自校近くで会議を開き、いずれも強硬な対決方針を打ち出した。あくまで「水原の謝罪」を求める早稲田側に対し、慶応側は声明で「早稲田応援団が神聖なるべきグラウンドを蹂躙し、暴力に出たのは言語道断」とし、「吾人の態度は一言にて尽くす。『早稲田大学去らしむべし』」と、東京六大学リーグからの早稲田の除名を主張した。これに早稲田側は態度を硬化させ、「何の落ち度もない早稲田野球部を除名せよとは論外。審判に不服をとなえ、リンゴを応援団に投げるような選手を擁する野球部こそ除名されるべきだ」と反論した。

■双方とも主張に固執

 10月23日付東京日日朝刊は「スポーツ精神に汚点」「応援団乱闘を演じ 早慶戦中止の危機 互ひに責任なすり合ひ 解決の見込立たず」「投げた林檎の波紋」の見出し。「両校応援団は興奮の極、遂に自制を失い」「空前の不祥事を惹起した」と厳しく指摘した。朝日の見出しは「遂に来た応援禍――早慶戦前途暗し 興奮をあふつた『林檎』一つ 幕切れの球場混乱」で、「一個のリンゴと一本のステッキ(指揮棒)によってかもしだされた『1933年早慶戦の危機』である」と書いた。

 他大学関係者も加わった東京六大学リーグ理事会が調停に入ったが、双方とも主張に固執し、なかなかまとまらなかった。10月24日付東京朝日夕刊には「抗争は深刻に 応援団交渉打切」という見出しが躍っている。早稲田野球部創始者で当時衆院議員だった安部磯雄は「先に手を出した早稲田が悪い」と認め、のちに慶応塾長を務める小泉信三は「名誉ある解決を」と語ったといわれる。

 折衝が繰り返されたすえの11月22日、リーグ理事会の勧告を基に、両大学が声明を発表。一応の決着を見た。

(1)早稲田野球部は、応援団が慶応応援団にした行為につき、深甚なる遺憾の意を表し、再発防止に努力する
(2)早稲田野球部長と監督は引責(辞任)する
(3)慶応野球部は、慶応選手が審判員と早稲田応援団にとった態度に遺憾の意を表する
(4)慶応野球部は1、2の選手の行為について適当な処置をとる。

 これが骨子で、おおむね「けんか両成敗」の方針に沿った内容だった。同日付東京朝日朝刊は「早慶の歩み寄りで リンゴ紛擾解決」と報じた。結局、早稲田野球部長は辞任。早稲田は1シーズン出場を辞退し、大下常吉監督も同年11月、辞任した。?

慶大スター選手が退部の大騒動「早慶リンゴ事件」で浮き彫りになった“六大学野球の欠陥” へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)