妻たちの不倫を防ぐための処方箋「“挿入にこだわらない”性生活」とは?――文藝春秋特選記事

妻たちの不倫を防ぐための処方箋「“挿入にこだわらない”性生活」とは?――文藝春秋特選記事

©iStock.com

「文藝春秋」11月号の特選記事を公開します。(初公開 2019年10月17日)

「40代で15%、50代で16%の妻が不倫をしている」(2012年調べ)

 こうした中高年の性生活の実態を調査によって明らかにしたのは、このほど『 中高年のための性生活の知恵 』(アチーブメント出版)という本を刊行した日本性科学会の下部組織にあたる「セクシュアリティ研究会」だ。代表を務める荒木乳根子氏(臨床心理士、セックス・カウンセラー)は、こう述べる。

■男女ともに“婚外セックス”が増加している

「実際の質問で問うたのは、『配偶者以外の異性との親密な関係の有無』なので、そこには『精神的愛情』や『売買春』も含まれ、『不倫』と若干ずれる部分もありますが、2000年時点では、40代で9%、50代で4%でしたから、妻たちの婚外セックスがいかに活性化しているかが分かります。

 家庭内でセックスレスが進み、『女性として見られていない』寂しさや空しさを埋める女性としての承認欲求が婚外セックスへ向かわせていると考えられます。

 男性も同じ傾向で、2000年と2012年を比較すると、『婚外で異性と親密な関係を持っている人』の割合は、40代は13%から38%、50代は14%から32%と2倍以上に増加しています。こういう現実を前にして、単に不倫を善悪だけで裁くことで問題が解決するとは思えません」

■本当に「性生活」はなくてもよいのか?

 不倫が増加している理由の一つは、家庭内でのセックスレス化だ。荒木氏はこう述べる。

「一般社団法人日本家族計画協会が発表した『第8回 男女の生活と意識に関する調査』によると、16歳〜49歳の婚姻関係にある男女のセックスレスの割合は、2004年以降徐々に上昇し、2016年には47.2%に達しています。

 ちなみに同調査で『性交に積極的になれない理由』で最も多く挙げられているのは、男性では『仕事で疲れている』(35.2%)、女性では『面倒くさい』(22.3%)がトップで、その他の目立った回答としては『出産後なんとなく』(男性12.0%、女性20.1%)があります。

 こういう現実に対して、『セックスレスを問題にする必要があるのか』『セックスレス夫婦でも仲がよければよいのでは』という方もいらっしゃるでしょう。実際、私たちの調査でも2000年と比べて、2012年時点では、夫婦間の性生活を重要と考えない人が増えていました。しかし、『性生活』は私たちの『生活』の大事な一部です。本当に『性生活』はなくてもよいのでしょうか」

■ポイントは「挿入にこだわらない」こと

「中高年の充実した性生活」にとってのポイントの一つは、「挿入にこだわらない」ことであるようだ。

「一般に、セックスは『挿入ありき』と考えられています。とくに中高年夫婦の場合、夫の男性機能の低下などにより、挿入が困難なカップルもあるでしょう。歳を重ねるにつれ、体調や病気、性交痛などで、挿入や射精が難しくなる現実もあります。

 私が相談を受けた男性の中には、『もう妻とはできないんだ』とボロボロ泣き出してしまった脳卒中後遺症の方もいらっしゃいました。実際、勃起不全になると、セックスどころか、触れ合うこと自体を放棄してしまう男性が多くいます。

 しかし、挿入がなくても、心と心を通わせたセクシュアル・コンタクトも、立派な『性生活』です。セクシュアル・コンタクトとは、キス、ペッティング、オーラルセックス、裸で一緒に寝ることなどが挙げられますが、これらは挿入に関係なく、お互いの気持ちが通っていればできる性的な行為です。挿入が困難でも、肌と肌の触れ合いなら、毎日の生活の中に取り入れられ、それこそ臨終のときまで続けることができます。

 とくに女性の場合は、挿入がなくとも愛撫だけでオーガズムに至ることは可能です。愛撫で女性を喜ばせることができれば、挿入や射精ができなくても、男性としての達成感を得ることは十分にできるのです。

 セックスレスで悩んでいるのであれば、『どうやってセックスを行なうか?』を考えるのではなく、まずは1日1回でも、心が安らぐような肌と肌の触れ合う機会を探った方がいいでしょう。『挿入にこだわらない』は、『中高年の性生活』にとって極めて重要です」

「中高年の性生活」の充実を呼びかける荒木乳根子氏の「中高年『新しい性生活』のすすめ」の全文は 「文藝春秋」11月号 に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年11月号)

関連記事(外部サイト)