「表の帝王が岸であれば、裏の帝王は甘粕」野望の実験場・満州国で暗躍した2人の対照的な最期とは

「表の帝王が岸であれば、裏の帝王は甘粕」野望の実験場・満州国で暗躍した2人の対照的な最期とは

©iStock.com

■解説:理想国家・満州「王道楽土・五族協和」の実体は

「満州事変の舞台裏」 の回では、石原莞爾というユニークな軍人による「満州」の理想と現実を取り上げた。実際の満州は「満州国」という日本の傀儡国家として成立。そこに多くの日本人が夢や思惑を抱いて陰に陽にうごめいた。

 清朝最後の皇帝で、関東軍の策謀で担ぎ出されて頭首となった溥儀にとっても、満州国は一種の賭けだったといえる。現地に送り込まれた日本人少壮官僚にとって満州は、日本国内では果たせない野望の“実験場”となった。結果はわずか13年間の「砂上の楼閣」に終わった。だが、そこにはいまも正確には解明されていない部分がある。

 本編は、溥儀が居住していた天津を脱出する際のいきさつに絞って書かれている。ただ、筆者は当時の天津総領事で、関東軍とは対立する立場。記述が一面的なのは仕方がない。例えば、重大な役割を果たしたのに、本編には全く登場しない日本人がいる。それは、関東大震災直後に無政府主義者・大杉栄と伊藤野枝、7歳の甥を殺害したとされた元憲兵大尉・甘粕正彦。多くの資料に、甘粕は溥儀担ぎ出しの際の護衛部隊のリーダーとして登場する。

 本編にある通り、策謀の中心人物は奉天特務機関長の土肥原賢二大佐(戦後、東京裁判でA級戦犯となり刑死)だったが、実際の天津脱出から満州入りまでの行動には、軍とは無関係の立場の甘粕を使ったとみられる。

■“何かに使える人物”とされた元憲兵大尉・甘粕

 甘粕は大杉栄殺害事件で懲役10年の刑を受けたが、3年足らずで仮釈放となり、妻とともにフランスに渡って約1年半、ほとぼりをさました後だった。無政府主義者を殺害した甘粕を、一般の日本人は「殺人者」と見たのに対し、陸軍部内では「軍の意向を忠実に決行してくれた功労者」と見る傾向が強かったようだ。フランスの滞在費も陸軍から出ていたといわれる。

「この時期の甘粕の行動に決定権を持つのはやはり“陸軍”であったとしか考えられない。彼は駐仏陸軍武官と連絡をとる義務を持ち、引き続き軍の機密費をもらっていたのであろうか」と角田房子「甘粕大尉 増補改訂」は書いている。いずれにしろ、陸軍が甘粕に“借りがある”と感じる半面、規律正しく高い実務能力を持つ天皇崇拝主義者の彼を“何かに使える人物”と見ていたことは間違いない。

 甘粕を満州と結び付けたのが誰だったのかははっきりしない。当時、東亜経済調査局付属研究所理事長だった国家主義者・大川周明(A級戦犯容疑となるが、病気で免訴)という説や、甘粕に活躍の舞台を与えようとした旧知の軍人という見方もあるが、証拠はない。

 1929年ごろからは奉天(現瀋陽)に居住。現地の憲兵隊と密接な連絡をとって、日本軍の作戦に連動した工作に携わっていたとみられる。それには当然、犯罪も含まれていた。そのうち、関東軍の高級参謀・板垣征四郎大佐や作戦主任参謀・石原莞爾中佐との接触が始まる。「当時から甘粕は、板垣、石原に代表される関東軍の満蒙領有計画に共鳴し、彼らと深くかかわっていた」(「甘粕大尉増補改訂」)。特に板垣とは肝胆相照らす仲だったという。策謀の実行部隊の責任者を甘粕に依頼したのは板垣のようだ。

■“既成事実を作る”ための泥縄工作

「満州事変」の端緒となった「柳条湖事件」から4日後の1931年9月22日、板垣、石原ら関東軍幹部と土肥原らが会談。「我が国の支持を受け、東北4省及び蒙古を領域とせる宣統帝(溥儀)を頭主とする支那政権を樹立し、在満蒙各民族の楽土たらしむ」という「満蒙問題解決策案」を決定した(山室信一「キメラ」)。

 石原は以前から満蒙直接領有に固執していたが、陸軍中央に根強い反対があり、国民党政府との対比においても「独立国家」とする方が得策という意見が通った。

 溥儀についても以前から担ぎ出し工作が始まっていた。1929年には、張作霖爆殺事件の主謀者で予備役となっていた河本大作・元陸軍大佐が溥儀側と接触。河本から報告を受けた小磯国昭・陸軍軍務局長は「宣統帝にとっては、元来満州は清朝の旧領だ」「その宣統帝が復帰するとなれば、うるさい国際関係の容喙も許さないだけの理屈づけもできる」と語ったとされる(同書)。

 溥儀擁立には「清朝の復活など時代遅れ」などの反対意見もあったが、小磯の発言に代表される論理が優先された。全ては、1932年国際連盟からリットン調査団が派遣されたように、国際社会が満州事変と満州国の正当性について疑いを深める前に既成事実を作ってしまおうという“泥縄”の工作だった。

 柳条湖事件翌月の1931年10月末、土肥原大佐が溥儀を訪問した。溥儀の日本人通訳・林出賢次郎の「厳秘会見録」を基にした中田整一「満州国皇帝の秘録」によれば、土肥原は「いったん満州におもむき、元首の地位に就き、万々一失敗に終わることありとも、日本は、関東州内にご居住なさる場合は、十分にご保護を行うなり」と伝えた。

 溥儀が1964年に中国で出版し、邦訳が1965年に出た「我的前半生」(邦題「わが半生」)では、溥儀は「復辟」(退位した君主がまた王位に就くこと)に強いこだわりを見せている。「復辟ならば行きますが、そうでないなら私は行きません」。それに対し土肥原は「もちろん帝国です。それは問題ありません」。溥儀は答えた。

「帝国ならば行きましょう」

■関東軍が溥儀の護衛として派遣したのは甘粕だった

 そして、1931年11月10日夜、本編にあるように、土肥原大佐の策謀で天津の中国人街で暴動が発生。日本人租界の交通が遮断された。「板垣ら関東軍は、日本外務省から溥儀の厳重監視を訓令されていた天津総領事桑島主計らの目をくらますために、この非常手段を講じたのである」と「満州国皇帝の秘録」は書いている。

 当時の幣原喜重郎外相(戦後、首相)は溥儀擁立を警戒して桑島総領事に厳命していた。溥儀は天津を脱出。船で営口に到着した。「上陸した彼らに近づいてきたのは小人数の集団で、それも意外なことに日本人ばかりであった。先頭の小柄な男が溥儀の数歩前でピシりと両脚を揃えて立ち止まり、一礼した。長身の溥儀を見上げるように、丸い鉄ぶちの眼鏡の下から向けられた視線に、溥儀は一瞬圧迫を感じた。彼はかつてこのように、迎合の色のみじんもない視線を浴びたことがない。溥儀の前に現れたのは、彼の護衛のため、関東軍がひそかに派遣した甘粕正彦であった」(「甘粕大尉 増補改訂」)。

「わが半生」では、溥儀は大杉栄殺害事件と関連づけて「このいかにも礼儀正しい、細縁の近眼鏡をかけた人物に、そのような異常な経歴があろうとは、私はどうしても想像することができなかった」とある以外、特に印象を書いていない。その後、甘粕は「黒子」のように溥儀に張り付く。

■「満州国の命運を決した」関東軍司令官宛ての書簡

 1932年3月1日、新京(現・長春)を首都として満州国の建国が宣言された。土肥原の約束にも関わらず、当初は立憲共和制で、溥儀は「執政」に。帝政が敷かれて皇帝になるのは2年後の1934年3月だった。

 溥儀を頂点に国家体制が整備された。「キメラ」によれば、満州国の統治形態の「鍵」は「日満定位」「日満比率」「総務庁中心主義」「内面指導」だったという。

 日満定位と日満比率は、満州国の政治組織内の人事配置の規律。「基本的に各機関のトップに中国人を、次位に日本人を充てて、中国人の自主的発意に基づいて組織が運営されている形式をとって傀儡国家という国際的非難を回避する」(同書)意図だった。内面指導とは、関東軍の全面的な介入のこと。「(関東軍が)最も関心を寄せ、最も注意を払ったのは、いかにして関東軍ないし日本政府の意向を確実に満州国統治に反映させ“意のままに動かす”かということであった」(同書)。

 さらに、溥儀は新京に入る前に、本庄繁・関東軍司令官宛ての書簡に署名していた。「キメラ」によれば、その大筋は

(1)満州国は国防及び治安維持を日本に委託し、経費は満州国が負担

(2)日本軍が必要とする鉄道・港湾・水路・航空路などの管理を日本に委託

(3)日本軍が必要とする施設を極力援助

 など。同書が「満州国の命運を決した」としている通り、これはまさに傀儡国家の証明であり、溥儀ら満州国側に実権があるはずもなかった。その人事で甘粕は、日本の内務省警保局長に当たる民生部警務司長に就任した。

■若い岸にとって、満州は「真っ白なキャンバス」だった

 日本の中央省庁から少壮官僚が大挙して海を渡った。星野直樹、椎名悦三郎、大橋忠一ら、戦後の政界で活躍した人物も多い。その筆頭が1936年11月に商工省から実業部(のち産業部)次長(実業部総務司長とする資料もある)になった岸信介(戦後、首相)だった。

 既に商工省から数人が満州に渡っていた。「ところが、満州の産業行政については関東軍の第四課が勝手なことをしている」「これではいかん、産業行政の問題については、商工省の最も優秀な人間が行って、軍人から産業行政を取り上げてやるべきだ、いずれ、自分が行ってやらなければいかんというのが私の考え方だった」と岸は回想している(岸信介・矢次一夫・伊藤隆「岸信介の回想」)。関東軍の有力将校が彼の満州行きを図っていたともいわれ、利害が一致した形だった。

 満州で岸が直面したのは「満州産業開発5カ年計画」だった。これは石原莞爾がソ連の5カ年計画をモデルに、腹心で満鉄(南満州鉄道)調査部の宮崎正義に立案させたものだったが、石原が満州を離れ、推進力を失っていた。

 ここで、満州経済を推し進める主体が、満州に理想を懸けた「王道主義」の石原グループから、対立した人々に「アカ」と呼ばれることもあった岸ら統制経済官僚に移ったといえる。岸はさらに、満州の経済開発の担い手を、旧財閥でなく、鮎川義介率いる新興財閥の日産に任せた。

「満洲を振り返ってみると、下手ではあるかもしれんが、俺の描いた作品が満洲にずっと残るだろうと言ったんです。しかし、これから帰る日本を見てみると、先輩たちがいろいろな方面から描き散らしているもんだから、かつて自分が描いた絵はどこにあるか分からん。満州には下手なりに自分の作品が残っていく」と岸は語っている(原彬久編「岸信介証言録」)。少壮官僚にとっては、満州はまだ何も描かれていない真っ白なキャンバスだったということだろう。

■石原時代から変貌した満州は「王道から皇道へ」

 一方、 「満州事変の舞台裏」解説 でも触れた「満洲青年連盟」の小澤開作らは「王道楽土・五族協和」を掲げて、中国人らと民衆教化組織「満洲協和党」を結成。それが「満洲国協和会」に改組される。

 石原は、協和党を関東軍に代わる満州国の最高政策決定を担う機関にと構想していた。しかし、日本国内で「五・一五事件」が勃発。挙国一致内閣ができるなど、時代の流れが変化していた。協和会は名誉総裁に溥儀、名誉顧問に本庄が就くなど、官製機関の色彩が濃くなり、甘粕がその総務部長となる。石原が満州からいなくなって、彼の思想を信奉していた人々への風当たりが強くなり、小澤らは協和会の中心から遠ざけられる。

 甘粕と石原は一時は同志だったが、合理主義者の甘粕と理想主義者の石原はしょせん「水と油」。さらに、石原と犬猿の仲だった東条英機(のち陸相、首相)と甘粕が同じ「憲兵畑」で親しかったことも、両者の距離を隔てた。

 こうして「石原時代」の満州国の姿は決定的に変貌する。「キメラ」はそれを「王道から皇道へ」と表現している。石原は1937年に関東軍の参謀副長として再び満州に登場するが、「既に満州国は建国に携わった人々の手をはるか遠く離れて、能吏型軍人、行政テクノクラート、特殊会社経営者の鉄の三角錐によって運営される体制になっていたのである。

 その体制を象徴するのが世に二キ三スケと称された星野直樹(総務長官)、東条英機(関東憲兵司令官、関東軍参謀長)、岸信介(産業部次長、総務庁次長)、鮎川義介(満洲重工業総裁)、松岡洋右(満鉄総裁)である」と同書は指摘している。間もなく、石原は直属上司の東条参謀長と正面から衝突して閑職へ去る。

■あっけない満州国と、溥儀の最期

 満州国の最期はあっけなかった。1945年8月9日、ソ連軍が侵攻すると、溥儀は新京を逃れ、日本の敗戦翌々日の8月17日、皇帝を退位。ソ連軍に逮捕されて収容所生活を送る。その間、東京裁判に証人として出廷したが、「満州国当時の行為は全て日本の脅迫によるもの」と虚偽証言。不評を買った。

 1950年、共産党が権力を握った中国に引き渡され、戦犯管理所で思想改造の日々を過ごす。毛沢東ら共産党幹部の政治的配慮もあったのか、1959年、特赦。人民政治協商会議の委員を務めるなど“復権”を果たし、1967年、腎臓病などのため、61年の数奇な生涯を閉じた。

 岸ら満州で力を発揮した官僚や経済人たちは、戦後も懐古的な気持ちが強かったようだ。1965年に刊行された満洲回顧集刊行会編「あゝ満洲」には、そうした気分があふれている。巻頭に「東亜和平之礎石」という岸信介の書が掲げられ、岸は「序」で「(満州は)民族協和、王道楽土の理想が輝き」「当時、満州国は東亜のホープだった」とした。ほかにも戦後の「満州評価」に真っ向から反論する言葉が並ぶ。

「今日では、第2次世界大戦後の戦勝国側の一方的な独断的見解と、これに迎合し追随した浅薄な一部の日本史家の不見識と曲解とにより、『日本の偽装せる帝国主義的侵略』と断定され、しかもこれが日本の“不当な日中事変”と“無謀な太平洋戦争”を引き起こして、遂に日本を破滅に導いた根本の歴史的動因だとされてしまっている。これはとんでもない間違いで、歴史の真相を誤ることこれより甚だしきはない」「(満州国で)実際に率先して再建国のために最前線に働いた日本人は、自国政府の意向に反対してまでも、五族協和の新国家建設に挺身奮進した」……。

■「五族協和・王道楽土」からかけ離れた満州国の実体

 それからでも半世紀余り。2008年には日中両国の研究者による「日中共同研究 『満洲国』とは何だったのか」が出版されたが、それでも両国の研究者のスタンスには大きな違いがある。

「キメラ」を読むと、日本の軍部を中心とした満州国建国と満州支配には、結果論でなく、ほとんど正当性は認められない。満州の実体は「五族協和・王道楽土」のスローガンとは懸け離れたものだった。現在の中国では必ず「偽」を付けて「偽満州国」などと呼ぶ。戦後国際政治の中での日中関係は複雑だった。しかし、たとえ「負の遺産」であっても、批判を前提にしても、教訓を後世に生かす研究はなされるべきでなかったか。石原莞爾の批判と再評価も含めて、そうしたことが実現する日が来るかどうか……。

■「毎晩毎夜、芸者をあげて酒を飲んで、どんちゃん騒ぎ」

 実は、甘粕正彦と岸信介は非常に親しかったとする資料が多い。「岸は甘粕を高く買い、“刎頚の友”になっていくのである」(太田尚樹「満州裏史」)。

 小林英夫「『昭和』をつくった男」は「満州国で岸は、麻薬王といわれた甘粕正彦と接点を持ちます。表の帝王が岸であれば、裏の帝王は甘粕であるともいわれました」「甘粕はアヘンの専売を一挙に手に入れて大もうけをしました。もうけの一部は甘粕がフィルターの役目を担って、岸に献金されていました」「岸も甘粕も毎晩毎夜、芸者をあげて酒を飲んで、どんちゃん騒ぎをしたといいます」と断定的に書いている。当たらずといえども遠からずだったのだろうか。

 甘粕はその後、満州映画協会の理事長となって李香蘭(山口淑子)を売り出すなど、実績を挙げ、満州で実権を握り続けた。そして敗戦時、青酸カリをあおって自殺する。

 岸は満州で発揮した政治的な手腕に自信を深め、東条内閣で商工相に。戦後、A級戦犯となったが、訴追を免れて政界に進出。GHQ(連合皇国軍総司令部)の後押しもあって、首相に上り詰める。1960年に日米安保条約改定を強行して退陣したが、その後も政界に隠然たる影響力を持ち続けた。満州を舞台に陰に陽に力を振るった2人の人間の対照的な後半生だった。

【参考文献】
▽角田房子「甘粕大尉 増補改訂」 ちくま文庫 2005年
▽山室信一「キメラ」 中公新書 1993年
▽中田整一「満州国皇帝の秘録」 幻戯書房 2005年
▽岸信介・矢次一夫・伊藤隆「岸信介の回想」 文藝春秋 1981年▽原彬久編「岸信介証言録」 毎日新聞社 2003年
▽満洲回顧集刊行会編「あゝ満洲」 満洲回顧集刊行会 1965年
▽植民地文化学会・東北淪陥一四年史総編室「日中共同研究 『満洲国』とは何だったのか」 小学館 2008年
▽太田尚樹「満州裏史」 講談社 2005年
▽小林英夫「『昭和』をつくった男」 ビジネス社 2006年
▽溥儀「我的前半生」 1964年=邦訳「わが半生」 大安 1965年
▽李淑賢資料提供・王慶祥編集「溥儀日記」 學生社 1994年 

(小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)