JR東海道線154駅すべて下車して格付け 「駅前インパクトがスゴイ駅ベスト3」はどこ?

JR東海道線154駅すべて下車して格付け 「駅前インパクトがスゴイ駅ベスト3」はどこ?

日本で最も歴史の古い鉄道路線・東海道線

 今年の10月、『 降りて、見て、歩いて、調べた 東海道線154駅』(イカロス出版) という本を上梓した。タイトルの通り、東京から神戸までを結んでいる東海道線(“東海道本線”というのが正しい路線名らしい)の駅ひとつひとつに降りては乗ってをくりかえし、それぞれの駅の特徴やら歴史やらをまとめたものである。「文春オンライン」で書いている“ナゾの終着駅の旅”の東海道線バージョンとでもいえばわかりやすいかもしれない。

 とにかく開業以来日本随一の大動脈であり続けた東海道線。東京駅や品川駅、名古屋駅といった大ターミナルだけでなく、小規模な駅を含めても特色豊かで実に楽しい旅であった……。と、そう振り返ることができればいいのだが、実際のところは退屈なところも少なからずあった。例えば京阪神や名古屋などの大都市近接のベッドタウンの小さな駅は、通勤通学に特化されたような趣で、旅人を楽しませてくれるような空気感はほとんどないのである。そんなわけで、154駅のうちおおよそ3分の1くらいは「何を書けばいいのか」とずいぶん頭を悩ませることもあった。

 ……とグチが先立ってしまったが、ここでは東海道線154駅の中から筆者よりすぐりの3駅を紹介しよう。テーマは“インパクトのある駅前”。駅前には大小の差はあれどたいていはクルマやバスのための広場が設けられているのが普通だが、なかには「いったいなんだこれは」と言いたくなるような駅前風景もある。というわけで、改札口を抜けて駅舎の外に出て、そこで目にする風景の“おもしろさ”“不可思議さ”に注目し、勝手にベスト3を選ばせてもらった。

■第3位 「金メダルのまち」の秘密―― 共和駅

 愛知県大府市にある共和駅は、ひとつお隣の南大高駅から名古屋市にはいるということもあって、まさしくベッドタウンの小駅といった風合い。駅の周りには住宅地が広がっている、なんの変哲もない大都市近郊の駅である。ところが、そんな共和駅の駅前広場には「金メダルのまち 共和」と書かれた看板と「共和の金ちゃん」なるナゾのキャラクターのモニュメントが置かれている。金メダルのまちとはいったい何なのか。最初は1964年の東京オリンピックで使われた金メダルを造った町工場でもあるのだろうかと考えた。いや、もしかしたら2020年の金メダルかもしれない。もしそうならば、大したモノではないか。

 が、実際のところはまったくの思い違いであった。「金メダルのまち」の看板には、吉田沙保里や伊調馨といった名だたる金メダリストの名前がズラリ。つまるところ、この共和駅の「金メダルのまち」というのはこの町ゆかりの金メダリストがたくさんいるよ、ということなのである。共和生まれとか共和育ちではなくて“ゆかり”であることがポイントかもしれない。吉田沙保里・伊調馨やその他の女子レスリングの金メダリストたちはみな共和駅に近い至学館大学のOGたち。レスリング以外では吉田秀彦・谷本歩実の名前もあったが、彼らも共和にある柔道の名門道場・大石道場の出身者である。

 オリンピックで金メダルというのはとてつもなく素晴らしいことだし、文句を言うつもりはさらさらない。むしろ柔道にレスリングと、格闘技という点では他の地域に秀でた町なのであろう。きっと来年の東京五輪でもその数を増やしてくるに違いない。近くには金メダリストの手形が展示された公園もあるし、金メダリストたちが勝利祈願で参拝したという八ツ屋神明社もある。共和が“金メダルのまち”であることには、なんら疑問を挟む余地はないのである。

 ちなみに共和の名物はもうひとつ。共和夢通りという約650mの道沿いにはイチョウの木が植えられていて、葉っぱが色付く秋には路上が黄金色に染まるのだとか。やっぱり、共和は“金メダルのまち”にふさわしいのである。

■第2位 私をバブルに連れてって?――「近江長岡駅」

 日本随一の大動脈である東海道線は、名古屋駅を過ぎてからも岐阜駅や大垣駅など知名度の高いターミナルが続く。関ケ原駅はその名の通り天下分け目の関ケ原の戦いの舞台となった場所に設けられた駅である。ただ、関ケ原駅から先はいくらか知名度の低い山越えの区間。柏原駅は1日の利用者数が東海道線全駅の中で最少であることで知られるし、その次の近江長岡駅も1日の乗車人員が1000人に満たない山間のローカルな駅だ。そんな近江長岡駅の駅前に一体何があるのか。

?

 近江長岡駅は伊吹山への玄関口としての役割もあるようで、伊吹山観光に訪れたと思しきカップルがホテルか何かの送迎バスに乗り込んでいったし、中国人観光客が駅員になにがしか問いかけている姿もあった。駅前そのものは取り立ててなにがあるわけでもなく、だだっぴろい広場があるだけだ。ところがその一角にある湖国バスのバス停に掲げられた大きな看板である。そこには「Mt. Ibuki」とカラフルな文字。そして重なるようにスキーヤーとまるで往年の浅野温子のように長い髪をかきあげる女性の絵が描かれているのだ。

 この看板がいつ掲げられたのかはわからないが、今ではすっかり利用者数の少ない近江長岡駅もかつては伊吹山のスキー場を目指す若者たちで賑わった時代もあるのだろうな……などと思わず想像してしまう。伊吹山には奥伊吹スキー場というスキー場が今もあってそこそこ人気だというが、一昔前にはもうひとつ、伊吹山スキー場というものもあった。が、こちらはスキー人口の低迷で2010年に閉鎖されてしまっている。ただ、くだんの看板のように浅野温子が髪の毛をかきあげまくっていたのはバブルの最中。“私をスキーに連れてって”の時代であった。きっと、この看板はそうしたスキーバブルの時代に掲げられたのだろう。

 大動脈・東海道線の駅はどこもかしこも時代に合わせてリニューアルを繰り返してきた。結果として似たような橋上駅舎ばかりになって昭和の面影はすっかり消え失せてしまった。が、近江長岡駅前には令和の今も昭和っぽい看板が堂々と存在している。

 東海道線で昭和の終わりのバブル時代を偲ぼうと思うなら、岐阜と滋賀の狭間の近江長岡駅を訪れるべし、なのである。

■第1位 なぜか駅よりも大きい(?)漁船が鎮座――「新蒲原駅前」

“新”という文字を冠しているから新しい町の駅なのかと思ったら、もともと東海道の宿場町であった蒲原宿にはこの新蒲原駅のほうが近いらしい。隣には新蒲原駅より古く開業した蒲原駅があるが、周辺の駅との距離という事情でこうした曲折があったという。蒲原の町は今では静岡市清水区に含まれるのであるが、結局のところ蒲原の町を目指すならば 蒲原駅ではなくて新蒲原駅を目指すべしということになる。

 さて、そんな新蒲原駅であるが、改札口を抜けて駅前広場に出たときに東海道線ではいちばん驚きを覚える駅でもある。なにしろ、広場にドカンと大きな漁船が鎮座しているのだ。ミニチュアの像ではなくてホンモノの漁船。小さな駅なので小ぶりな駅舎だから漁船の方が大きいくらいである。船が駅前にあるというところでは、東海道線蒲郡駅にも共通している。ただ蒲郡駅の場合はアメリカズカップに参加したというヨットであって、そこだけにしかない唯一無二のもの。漁船は、海沿いの港町ならば全国どこにでもありそうなものである……。

 いったいこの漁船はなんなのか。傍らにある説明板を見ると、さくらえび漁100年を記念して1994年に置かれたものだとか。駿河湾はさくらえびがたくさん獲れることでおなじみで(ここ数年はかつてないほどの不漁続きらしいが)、国内でさくらえび漁が行われているのも駿河湾だけだという。さくらえび漁のための漁船も蒲原漁港や油井漁港などに約120隻しかないというから、なかなか貴重なものなのだ。

“国産さくらえび”の100%をまかなう駿河湾のさくらえび漁。そのはじまりから100年を記念して、さくらえび漁の拠点のひとつである蒲原の町のターミナルにオブジェとして漁船が鎮座する……。最初に見たときには呆気にとられたが、地域の誇りがビシビシと伝わってきてなかなかいいではないか。ただ惜しむらくは周囲にさくらえびを食べさせてくれるような店は見当たらず、駅前広場の先にあるのがイオンということである。

 地域の特産や偉人を象ったオブジェが置かれている駅はまだまだある。静岡駅前には徳川家康、岐阜駅前には織田信長の像が立つし、焼津駅前にはマグロのモニュメント。ラグビーW杯も行われたエコパスタジアム最寄りの愛野駅前にはスタジアムの座席が置かれているのも印象的だ。神奈川県内の二宮駅の「ガラスのうさぎ像」のように戦争の悲劇を伝えるものもあれば、甲子園口駅のように「甲子園球場のある街」を誇る野球のオブジェもある(いや、甲子園口駅から甲子園球場はだいぶ遠いのだが)。駅はその町のシンボル。駅前の一角にあるオブジェから町の“誇り”を知る鉄道の旅を、東海道線から始めてみてはいかがだろうか。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)