占領下の日本で大蔵大臣セクハラ事件に「キスの一つや二つ」――批判は被害女性議員に向けられた

占領下の日本で大蔵大臣セクハラ事件に「キスの一つや二つ」――批判は被害女性議員に向けられた

若かりし頃の美空ひばり ©文藝春秋

■解説:「大トラ」と呼ばれた大蔵大臣が女性議員にかみつく!

 現職の大蔵大臣が国会内で泥酔して野党女性議員にキスを拒まれあごにかみつく!? 新聞の社説は「世界の議会史上かつて聞かざる珍事」と書いた。セクハラではすまない、堂々とした暴力事件。ところが、1948年当時の雰囲気は少々違ったようだ。

「加害者」は大臣をクビになり、直後にあった衆院選で立候補を見送らざるを得なかったが、2年後の参院選全国区では40万票近くを集めて上位当選。逆に「被害者」の女性議員は衆院選で落選した。「事件」に「謀略」のうわさがあった一方、「大臣の辞め方が潔い」という見方があったためのようだが、そこには国会においてさえ、こうした問題での男と女の態度に対する社会の視線がうかがえる。

 この年、まだ食糧難は解消されず、エンゲル係数の全国平均は63.8%。前年から流行していた「東京ブギウギ」に加えて「湯の町エレジー」や「異国の丘」のメロディーが街に流れていた。1月に銀行員ら12人が毒殺される 帝銀事件 が発生。5月に美空ひばりが歌手デビューし、6月に太宰治が自殺した。11月12日には東京裁判で25人に有罪判決が下され、今回のハレンチ事件から10日後の12月23日(現上皇の誕生日)には、東条英機元首相ら7人の絞首刑が執行。翌24日には岸信介・元商工相(のち首相)らが釈放された。「まだまだ戦時の荒廃から脱却できない、うら悲しい戦後であった」(戸川猪左武「素顔の昭和戦後」)

■国会議員9人を含む63人が逮捕 戦後最大の「昭電疑獄」が発生

「事件」を語るには当時の政治・社会情勢と、戦後最大の疑獄事件と当初いわれた昭電疑獄に触れないわけにはいかない。日野原節三が社長を務めていた大手化学メーカー昭和電工が、復興金融金庫から巨額の政策融資を受けるためとして政治家、官僚、財界人らに賄賂を贈ったとされた。

 当時の民主、社会、国民協同3党連立内閣の副総理・西尾末広衆院議員(のち民社党委員長)らが逮捕され、芦田均首相率いる内閣は発足から約7カ月で総辞職。その後、芦田前首相も逮捕されて、逮捕者は国会議員9人を含む63人に上る大事件となった。その中には、のちに首相になる福田赳夫・大蔵省主計局長も。しかし裁判の結果、日野原ら3人が有罪となったものの、芦田前首相、福田前局長ら、ほかの大多数は無罪とされた。

■GHQ内部の勢力争いが政治や事件捜査に影響していた

 まだ占領下で、日本のあらゆる権力は連合国軍総司令部(GHQ)、具体的にはアメリカ占領軍の手のうちにあるとされた。冷戦時代に入っており、それに対応したGHQ内部の勢力争いが、日本の政治や事件捜査など、さまざまな局面に反映していた。昭電疑獄と芦田内閣の動向もそうだったとする見方が根強い。ウィロビー少将ら保守派の「G2」(参謀第2部)が、芦田内閣を支持するケーディス大佐らリベラル派の「GS」(民政局)を追い落とすための策謀だったという推測だ。

 次の内閣を組織したのは、G2が推す民主自由党(当時)の吉田茂・元首相。信夫清三郎「戦後日本政治史」は、GSが吉田内閣を阻止するため、山崎猛・民自党幹事長を首班とする“吉田棚上げ”内閣を実現させようとしたとしている。しかし、山崎は周囲の説得で衆院議員を辞任。「山崎首班工作は完全な失敗に終わった」「総司令部におけるGSのヘゲモニー(主導権)も崩れ去った」(同書)。

 そうしたことを背景に、10月に組閣された第2次吉田内閣で大蔵大臣兼経済安定本部長官(ほかに2つ兼職)に就任したのが、この事件の主人公・泉山三六衆院議員だった。

 当時の新聞を見ると、10月16日付の読売(当時は全紙とも朝刊のみ)には早くも「蔵相泉山氏確定」の見出しで顔写真入りの記事が出ている。「吉田内閣の核心をなす大蔵大臣については、前大蔵次官池田勇人、慶大教授永野清氏らが当初組閣線上に浮かんでいたが、吉田首相は党内の新人を起用することに決意、よって組閣委員らは鋭意選考に当たり、1年生議員からの抜てきを考慮、16日(15日の誤りか)夕刻、遂に山形県選出民自党代議士・泉山三六氏を起用することに決し、同氏に入閣交渉を開始した。よって同氏の蔵相就任はほぼ決定した」。

■「金融界の首脳部でさえ面識を持った人が少ない“未知数”」

 一方、10月18日付朝日は「佐藤(栄作)官房長官らの推す池田勇人氏が入閣するのではないかとの観測も行われ、また前三和銀行頭取岡野清豪氏の声もある」と、まだ紛れがあることを報じている。結局、内閣は19日に成立。10月20日付朝日朝刊は「新内閣をこう見る」として財界の反応を載せているが、その中で「金融界の首脳部でさえ面識を持った人が少ない“未知数”泉山蔵相については、わずかな人たちが、あの『豪傑』では何かをやるだろうとひそかに期待している程度」と書いている。さて、どこが「豪傑」で何を期待されていたのか。

 まだ衆院当選1回。それが蔵相とは、いまでも驚く人事だろう。その泉山は、この「35大事件」の「三井銀行のドル買い」に登場した、三井財閥の大立者・池田成彬に引き立てられた人物だった。同じ山形県出身で、泉山が東京帝大(現東京大)卒業後、三井銀行に入ったのが縁。1947年に退職して衆院選に立候補して初当選。翌年、蔵相に抜擢された。池田が推薦したともいわれたが、池田はのちに否定している。

■「追加予算成立のお礼に」各会派の委員を招いた恒例の会食で

 さて、問題が起きたのは同年12月13日。この日、追加予算が成立。翌14日にも衆院が解散されることになっていた。まず、「トラ大臣になるまで」の記述を見よう。

 GHQの予算課長に説明しに行った後、「国会へ帰ったのは午後6時すぎである。本会議は休憩中で、閣僚諸君は大臣食堂で珍しくお酒が出て、皆一杯やってはしゃいでいた。コップ一杯でも、勝負がついての祝い酒であった。私も帰るなり、二人分ぐらい引っかけているところへ、秘書官がやってきた。――『大臣、大蔵委員会の招宴が始められておりますから』と注意してくれたので、『ああ、そうだったな』と気軽に出掛けた。参議院食堂である」と事件までの経過を書いている。「追加予算成立のお礼に」と大臣が各会派の委員を招いた恒例の会食だったようだ。

■「月と尾花で、無粋には割り切れない」

「宴会は既に始められ、挨拶も済んでいたので、私は行くなり、酒を飲んだ。6時半ごろと思う。私の席の両隣には両次官が控えた。政務次官塚田(十一郎)君はあまり飲めないので、間もなく立って皆にお酌をしに回っていた。その塚田君の隣が問題の山下春江女史である。塚田君が立ったので、つい私と隣り合わせになってしまった。これがご縁というのであろう」。記述は続く。

「私は初対面で初めて口をきいたわけだが、山下さんは私などと違って、国会でも有名人であったので、私も若干は聞いていた。サッパリした方なので、スグ心安く互いに盃を交わしているうちに、とうとうコップ酒となった。これが後で問題になったわけであるが、しかし、山下さんも少しはやり、私もただの2杯だけであったように思う。私どもが連れ立って席を立ったのは7時5分ごろのことだというから、わずか30分ぐらいの間の出来事である」

 どうして2人で席を立ったのか、泉山は「その点はどうも月と尾花で、無粋には割り切れない」と、意気投合したことをにおわせている。「議長室の前を通って、広い廊下をアベックして、階段のところまで行き、そこから引き返したには相違ない。山下さんは戻ってから別席で誰かと話しているようであった。私は間もなく立って大臣席へ帰った」。

 この後は目撃者が複数いる。「風雲急をつげる解散前夜の国会、13日夜9時ごろ、かねて酒豪?をもってきこえた泉山大蔵大臣が、とんだ大トラ武勇伝を発揮して、とうとう本会議を流してしまった」と書いたのは14日付読売2面。「おりしも本会議が再開されるころ、泉山さんは議場裏のソファにへべれけになって寝ていた。“大臣、答弁できますか”と聞けば“できるかどうか分からない”という頼りない返事。やがてふらふらと議場に入ったが、間もなく内部はわあわあという騒ぎ。ちょうど未復員者の給与問題を審議していたが、泉山さんは答弁どころの話にあらず……」

■「いささか酒を飲み、加えて日夜の疲労のため気分を悪くした」と説明

 記事の見出しは「泉山さん大トラ 婦人議員にたわむれ雲がくれ」。ここで「大トラ」の名称が登場。1面には早くも「泉山蔵相辞職か 泥酔事件の責任とる」の見出しが躍っている。同日付朝日は1面で「蔵相酔いつぶれる」の見出し。

「塚田大蔵政務次官が提案理由の説明を行ったが、野党は『大蔵大臣を出せ』と叫んで一斉に議場から退場したため、審議不能に陥り」と報じた。再開後、野党議員が「大蔵大臣は先刻、院内で泥酔して不謹慎な態度を示していたという」と追及。副総理兼務の林譲治厚生大臣が立ったが、議場騒然として発言できないまま、再度休憩に。その後、林厚相が「いささか酒を飲み、加えて日夜の疲労のため気分を悪くした。自分から代わって陳謝する」と答弁。吉田首相は「遺憾である。調査して善処する」と答えた。

■「そういえば、泉山君のアトはどうしようかね?」

 その間、本人はどうしていたか。「政府委員室で暫時休ましたが、トテモいかぬ。やむを得ぬ用件でGHQに行くと称してお堀端を3回もグルグル回って、官邸へも逃げ、自宅にも隠れたが、私があまり怒るので、やむなく国会へ引き返したそうな。それを見て益谷(秀次)君の好意でスグさま国会医務室へ運んで、そこで注射をして、ベッドの上にしばらく横にして休ました」「かくしてものの5時間も夢幻の間に過ごしてしまった」(「トラ大臣になるまで」)。

 結局、翌朝、首相公邸を訪問。「心から罪を謝して、鄭重にくだんの辞表を差し出した」。吉田首相は「辞表など出す馬鹿があるか」と叱った後、入ってきた林、佐藤の二人を入れて雑談を交わしているうち、「そういえば、泉山君のアトはどうしようかね?」と言ったという。

■「僕は君が好きなんだ」と接吻を強要

 一方、「被害者」の山下春江議員は当時、福島県選出の民主党所属。大阪毎日の記者を経て、敗戦翌年1946年の総選挙で当選した日本初の女性議員の1人だった。当日深夜の衆院本会議で「一身上の弁明」として「蔵相は酔って私に無礼を働いた」と発言。翌14日の衆院懲罰委員会で詳しく事情を述べた。

「泉山氏とは塚田大蔵政務次官を中に挟んで座った。泉山さんは酔って食堂の給仕をつかまえ『これは僕の好きな女だ。皆に紹介しよう』とふざけたりした。私が泉山さんと盛んに献酬を重ねたように言うが、たった2度盃を交わしたばかりだ。どのくらい飲んだか覚えていないが、私は酔ってはいなかった。酒も残り少なくなり、塚田さんが立った後、泉山さんは『ここはつまらんから、よそに行こう』と言って私の右腕を相当の力で握り、廊下へ連れ出して力強く抱き締め『ホテルへ行こう』と言った。私も力のある方だが、振り放せなかった。また『僕は君が好きなんだ。予算や給与案はどうでもいいのだ』とも言い、接吻を強要した。私が顔を横にそむけたので、はずみで左のアゴにかみつかれた。私は泉山さんのホオを一つ殴って、やっと泉山さんの腕をすり抜け、洗面所に入り、髪を直したのだが、このような女性侮辱を黙認できぬので、党の代議士会に帰って事態を明らかにしたのである」(12月15日付読売)

■“酔っ払い大臣”への「街の声」は

 社会党の松尾トシ議員も「廊下を歩いていると、向こうから5、6人連れで泉山さんが通りかかり、握手を求められた。私は大蔵大臣として敬意を表すべきと考え、これに応じたが、手を離そうとしたところ、普通より30秒長く引っ張ったまま手を離さない。失礼な態度だったと思います」と証言した(同紙)。新聞は興味津々で報じた。「覚めればイスなし “酔っ払い大臣” 泉山氏、注射も効かず」(15日付朝日)、「一夜明ければネコ 泉山さん、吉田首相へお詫び参上」(同日付読売)、「泉山さん酒ですべる 婦人議員をからかう」(同日付時事新報)。

 特に読売は「街の声」を集めて載せている。「不謹慎も甚だしい。責を負うべきだ」「飲んで婦人代議士にちょっとたわむれることぐらいは、その場の座興ですませるべきではあるまいか」「腐った代議士ばかりの国会なら解散することだ」……。読売と時事は「食堂ではアルコールは出さないが、持ち込みはOK」という、国会内の飲酒の実情を報告している。

■なぜか評価?「今に語り継がれるその『潔さ』」

 こうして「国会酔虎伝」とも呼ばれた、前代未聞の国会内大トラ騒動は一応一件落着となったが、問題はこの後にも影響を及ぼした。泉山は12月14日、辞表提出後、記者に囲まれた際、「疲れていたので……。しかし、申し訳ないことをした。酒が骨まで染み込んでしまったんだね。諸君も気をつけなければいけないよ」と話しただけで、多くを語らなかった。そうした態度に「出処進退が潔い」という見方も出てきた。ある俳句雑誌の1949年2月号にはこんな句が載っている。

冬の雨が泉山三六に同情す

 約30年後の週刊読売1977年8月10日号の「人間ドラマ どうしているかあの人・この人」は泉山を取り上げ、「一言の弁疏釈明もせず、幹事長の制止を振り切って、さっさと蔵相、経済安定本部長官、物価庁長官、経済調査庁長官という兼務の要職4つとも捨てた。いや、それだけでなく、いさぎよく代議士までおりてしまった」と記述。「今に語り継がれるその『潔さ』」という中見出しを付けている。国会は予定より遅れて1948年年末に解散したが、翌1949年1月に行われた選挙には周囲の忠告で出馬しなかった。

■泉山は全国7位で再当選 山下は「女性らしくない」で落選

 しかし、著書のタイトルにもしたように、「トラ大臣」が逆にキャッチフレーズになって人気を集め、酒についての文章やコメントを求められることも多かった。和服を好み、俳句もひねる。一見英国風の紳士だが、実際は軽妙洒脱な粋人政治家というプラスイメージになって定着したようだ。約1年半後の1950年6月、参院選全国区に立候補して約39万6000票を集め、全国7位で当選した。

 逆に山下はその衆院選で落選した。元々酒豪で知られていたうえ、衆院本会議や懲罰委員会での態度が「しゃべりすぎ」「女性らしくない」と受け止められたのだろう。その後復活し、参院議員も務めたが、事件については口が重かったようだ。議員に復帰後、文藝春秋1952年12月号で同僚議員の大石ヨシエと対談。「男が酒を飲んでよくて、なんで女が飲んではいけないのか」と2人で慨嘆しているが、事件には具体的には触れていない。

 週刊ポスト1970年8月14日号でインタビューに答えているのがわずかな機会か。そこでは、泉山が、山下からつがれた酒を口に含んで「これはまずい。熱海にもっとうまい酒があるから、熱海に行こう、アタミに行こう」と繰り返したと語っている。それから後の泉山の行動は当時の証言通りで、「私には何も悪いところはないのよ。ところが、これで何もかもオシャカ。翌年の選挙で私は見事に落選しちゃってサ。かみつかれた被害者なのに、私まで酔っ払いのハレンチ扱いされてねえ。とんでもない話じゃないの」と振り返っている。

■「5升はペロリ」の酒豪が“前後不覚になるまで”泥酔

 考えると、事件には不可解な点もある。週刊東京1957年1月19日号は、「あなたと“お酒”」について著名人に聞いているが、その中で泉山は「いままでの最高量は?」という質問に「5升はペロリ。家での晩酌は1升」と答えている。そんな酒豪が、蔵相として迎えた初の国会審議で疲労と緊張が蓄積していたとはいえ、言われているような酒の量で前後不覚になるまで泥酔するものだろうか。

■「酒気を帯びて議場に入ること」が禁止に

「トラ大臣になるまで」には、国会内医務室で医師の診断を受けた際のことを書いている。「その医長さんが注射の折、私の目を見て驚いた。――瞳孔が開いていたとのこと」。「これが大問題となって、後に司直の手がのびることになったのも、このためであった」とも書いているが、そんなことが実際にあったのかどうか。泥酔まで謀略とするのは難しいだろう。

 この事件で国会は、酒気を帯びて議場に入ることを禁止する決議をした。しかし、2005年6月18日付朝日朝刊には、「『酒気帯び議員は退場を』」の見出しで、自民党の一部議員が酒気を帯びて衆院本会議場に入ったとして、民主(当時)、社民両党の議員が会期延長の議決投票を一時拒否したという記事が載っている。実際にいまもそうした例があるのだろうか。

■とにかく「自己主張する女性」に厳しかった時代

「政界往来」1978年10月号の「戦後政界人脈地図・泉山三六論」で、政治評論家・今井久夫氏は事件のことをこう書いている。「山下は民主党控え室に帰ると、そのころ、山下ととかく噂のあった椎熊三郎に『いま泉山にキスされた』といい機嫌で語った。のろけ半分であったかもしれない。しかし、これを聞いた椎熊はただものではなかった。希代の寝業師、駆け引きの利け者であった。椎熊の親分芦田均は、いわば自由党のデッチ上げに昭電疑獄で内閣を投げ出した。その恨みに燃え上がっていたときである。椎熊は山下の一言で倒閣を思い立った」。

 同党の議員らが泉山詰問に動き、山下に本会議で発言させたという筋書きだが、どこまで信用できるだろう。「世間は泉山に同情した。日本人はとかく酔っ払いに寛大である。しかし、泉山の辞めっぷりもまたあっぱれであった」「それに反して、山下は女を下げた。キスの一つや二つされて逆上するなという反感が残った」

 このあたりは、現代の女性が読んだら「男の身勝手な言い分」と平静ではいられなくなるのではないか。実際、この事件の経過を見てみると、政治の世界が「酒の上でのこと」と「男のハレンチ行為」にいかに寛容で、逆に自己主張する女性に厳しかったかを痛感する。「街の声」を見ても、一般社会もそれほど違わなかったと思われる。

■「わが国伝統の悪風習に対する大きな反省材料」と指摘も

 1948年12月15日付時事新報の社説は「およそ一国の閣員たるものが酒の上でこんな失態を演じたことは、世界の議会史上、かつて聞かざる珍事である」と指摘。事件は「酒の上の出来事といえば不当に寛恕されるわが国伝統の悪風習に対する大きな反省材料」と述べている。

 さて、いま同じようなことが起こったら、どんな反応と結末になるだろうか。泉山は1981年7月7日、85歳で死去。8日付朝日朝刊の死亡記事の中には「泥酔して婦人衆議院議員に抱きつく事件を起こし」という一節があった。

本編 「泉山トラ大臣の出現」 を読む

【参考文献】
▽戸川猪左武「素顔の昭和 戦後」 光文社 1978年
▽信夫清三郎「戦後日本政治史」 勁草書房 1965〜1967年
▽泉山三六「トラ大臣になるまで」 東方書院 1953年

(小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)