「立憲より希望のほうがよかったのに」総選挙後も安定の珍言連発中

安倍晋三首相「立憲より希望のほうがよかった」 麻生太郎副総理「北朝鮮のおかげ」

記事まとめ

  • 安倍晋三首相は、衆院選後に「立憲より希望が第一党のほうがよかったのに」と述べた
  • 麻生太郎副総理は、自民党の衆院選大勝について、「北朝鮮のおかげ」と言い放った
  • 衛藤晟一首相補佐官は憲法改正について「天の時を得た。全力を挙げて発議する」と宣言

「立憲より希望のほうがよかったのに」総選挙後も安定の珍言連発中

「立憲より希望のほうがよかったのに」総選挙後も安定の珍言連発中

「立憲より希望のほうがよかったのに」総選挙後も安定の珍言連発中の画像

安倍晋三 首相
「希望をやり過ぎた。立憲より希望が第一党のほうがよかったのに」
『週刊文春』11月2日号

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。22日に行われた衆院議員選挙は、自民党が追加公認を含めて過半数を大幅に超える284議席を獲得。公明党と合わせて、改憲発議に必要な310議席を上回る圧勝劇に終わった。

「安倍一強の驕り」と繰り返し批判されてきたこともあってか、NHKの開票速報番組でも「今後も謙虚に誠実に結果を出していくことに全力を尽くしていきたい」と表情を引き締めていた安倍首相。ただし、党本部の総裁室から萩生田光一幹事長代行と一緒に出てきたときは2人揃って満面の笑みを浮かべていた(『週刊新潮』11月2日号)。

 自民党大勝という選挙結果は、希望の党と小池百合子代表のオウンゴールに救われたという見方が大きい。実際、各紙の世論調査では首相の続投を「望まない」とする回答は軒並み50%を超えている。自民党の佐藤勉元総務相は、「(選挙前は)首相が一番嫌われていたけど、小池さんが追い抜いて首相が二番になった。小池さんには感謝しないといけないね」と選挙を総括した。「安倍ワーストが小池ワーストに」なったというわけだ(『週刊文春』11月2日号)

 失速する希望の党を尻目に、野党第一党に躍進したのが小池氏に「排除」された側の立憲民主党だ。それに対して不快感を隠さないのが安倍首相。選挙戦最終日には、周囲に「メリットが乏しい」と反対された秋葉原(東京1区)での街頭演説を強行したが、これは立憲民主党の海江田万里氏を批判するためだった(小選挙区は海江田氏の勝利)(『週刊文春』11月2日号)。

 希望の党は安倍首相と同じ改憲勢力であり、小池氏は将来的に自民党と手を組むのではないかと見られている。「あれだけ悪し様に非難していた安倍さんと、東京五輪を一緒にやり遂げましょう、と手を組む。そしてオリンピックを成功させ、その実績をもって、再び国政に活路を見出していく戦略ではないでしょうか」と政治ジャーナリストの泉宏氏は分析する(『週刊新潮』11月2日号)。2020年以降もこの2人が日本を牛耳り続けるのだろうか。

安倍晋三 首相
「今後も求められれば誠意を持って丁寧に説明していきたい」
NHK NEWS WEB 10月22日

 もはや毎度おなじみとなった首相の「誠意を持って丁寧に説明していきたい」がまたもや炸裂した。自民党大勝が明らかになった直後のNHKの開票報道番組で、森友学園や加計学園をめぐる問題について問われた安倍首相は、ここでも謙虚な姿勢を崩さなかったが、本当に「丁寧に説明」されるかどうか、はなはだ怪しい。

 6月19日に行われた国会閉会後の記者会見で「国民から信頼が得られるように、冷静に、一つ一つ、丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならない」と発言していたが、その後、野党から求められた臨時国会での審議には応じていない(NHK NEWS WEB 6月19日)。

 衆院選前にも「批判も受け止め国民に説明もしながら選挙を行う」(日テレNEWS24 9月25日)と語っていたが、街頭演説などでは一切触れずじまい。党首討論会では「私もこれまで予算委員会や閉会中審査で丁寧に説明を重ねてまいりました」と“過去形”にしてケリをつけてみせた(日本記者クラブでの党首討論会 10月8日)。

 そして冒頭の言葉である。しかし、首相指名選挙を伴う特別国会では「物理的に厳しい」として、さっそく質疑に応じない方針を打ち出した。もう説明するつもりがないのなら、そう言えばいいのに。これには身内の公明党・大口善徳国対委員長も「6月の臨時国会要求から時間もたっている。代表質問や予算委に応える必要がある」と釘を刺しており、与党内部からも「野党の要求に全く応えないわけにもいかない」という声が上がっているという(毎日新聞 10月25日)。

 結局、トランプ米大統領の来日やベトナムで開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)への出席などの外交日程が続くことから、特別国会は実質3日間のみで会期延長も行わず、臨時国会も見送る方針が明らかになった(朝日新聞デジタル 10月26日)。国会で森友・加計学園問題について「丁寧に説明」するどころか、あれだけ訴えていた「北朝鮮の脅威」についての議論さえ行わないのだからどうかしている。そもそも国会をまともに開く気がないようだ。官邸関係者は「このまま逃げ切る構え」と明かしている(『週刊文春』11月2日号)

麻生太郎 副総理
「明らかに北朝鮮のおかげもある」
産経ニュース 10月26日

「ヒトラー」「武装難民」「キチガイ」と、どれだけ短期間に失言を繰り返しても平気の平左の麻生太郎副総理。今回は自民党の衆院選大勝について、「北朝鮮のおかげ」と言い放ってみせた。

 安倍首相が北朝鮮の脅威を訴えて「国難突破選挙」とぶち上げたのはご存知のとおりだが、これでは北朝鮮を選挙に利用したと自ら認めているようなもの。政権寄りの報道を続ける産経新聞も「北朝鮮による挑発が続く中で、不適切な発言だとの指摘を受ける可能性もありそう」と心配顔だ(10月26日)。

 ニューズウィーク日本版は、北朝鮮のミサイルにおびえる北海道えりも町の人々の声をレポートしている(10月19日)。ミサイルが通過したのは上空500キロ以上、落下したのも1000キロ以上離れた太平洋上なのに、Jアラートが鳴り響くたびに漁を営む人々は不安に陥る。同町には「やっぱり安倍さんじゃなきゃ、だめじゃない」と自民党を支持する人が実際にいるのだから、自民党の勝利は麻生氏が言うように「北朝鮮のおかげ」である。

衛藤晟一 首相補佐官
「まさに天の時を得た。全力を挙げて発議する」
時事ドットコムニュース 10月25日

 衆院選の結果を受けて、注目を集めているのが憲法改正だ。自民党と公明党は改憲発議に必要な310議席を上回る議席を獲得している。これに希望の党と日本維新の会を加えると全体の8割を改憲勢力が占めることになる。

 安倍首相は22日の記者会見で「私たちの案を具体的に取りまとめ、そのうえでできるだけ多くの人に賛成してもらえるよう汗を流したい」と語ったが、翌23日に党本部で行われた記者会見では「政治だから皆さますべてに理解をいただけるわけではない」と強調。与野党で合意形成できない場合は、改憲に前向きな勢力だけで発議に踏み切る姿勢を示した(朝日新聞デジタル 10月23日)。

 25日、憲法改正を目指す運動団体「日本会議」が主導する「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の集会に出席した衛藤晟一首相補佐官は「天の時を得た」と高らかに宣言してみせた。主催者の一人で、ジャーナリストの桜井よしこ氏は「安倍政権のもとで憲法改正を成し遂げなければならない。このチャンスを逃したら本当に後は難しくなる」と呼びかけた(朝日新聞デジタル 10月25日)。

「天の時を得た」とは大きく出たものだ。共同通信社が投票日直前に実施した全国世論調査では、安倍首相の下での憲法改正に賛成は34.9%で、反対が51.3%と大きく上回っている。「安倍首相の下での」という質問の仕方がミソだろう。改憲そのものの議論は認めるが、安倍政権下での改憲には反対という声が大きいのである。

 安倍政権下での改憲議論をリードしているのは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」だ。同会は以下の7つの項目を改正の対象に挙げている(BuzzFeed NEWS 2016年6月28日)。

「前文」…美しい日本の文化伝統を明記すること
「元首」…国の代表は誰かを明記すること
「9条」…平和条項とともに自衛隊の規定を明記すること
「環境」…世界的規模の環境問題に対応する規定を明記すること
「家族」…国家・社会の基礎となる家族保護の規定を
「緊急事態」…大規模災害などに対応できる緊急事態対処の規定を
「96条」…憲法改正へ国民参加のための条件緩和

 この中で最優先とされているのが「緊急事態条項」だ。自民党の改憲草案にも緊急事態条項について明記されている。2015年11月の参議院予算委員会で安倍首相は「大規模な災害が発生したような緊急時において、国民の安全を守るため、国家そして国民自らがどのような役割を果たしていくべきかを憲法にどのように位置付けるかについては、極めて重く大切な課題であると考えています」と述べていた。

 一方、憲法学者の木村草太氏は、「緊急事態宣言中、三権分立・地方自治・基本的人権の保障は制限され、というより、ほぼ停止され、内閣独裁という体制が出来上がる」と批判している。

「日本会議」の田久保忠衛会長は、安倍自民の改憲案を「生ぬるい」と一喝。「安倍政権には左からでなく、右からのパンチの方が効くんです」と言い切った(AERA dot. 10月25日)。むろん、右からのパンチを放つのは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」だ。憲法改正の議論がどう進んでいくのか、注視が必要だ。

小池百合子 希望の党代表・東京都知事
「今回の総選挙で鉄の天井があるということを改めて知った」
朝日新聞デジタル 10月24日

 政権奪取を目標に掲げながら、結局、大惨敗を喫した希望の党。代表の小池百合子氏は出張先のパリでインタビューに応え、「私の言動で不快な思いを抱かせてしまった。これまで知事選、都議選と完勝で来たが、今回は完敗です」などと述べた(『週刊文春』11月2日号)。

 フランスの新聞フィガロは、希望の党について「(政策)信条より、利己的な計算や利害によって作られた」と酷評、小池氏を「逃亡中の女王のようだ」と皮肉った(産経ニュース 10月23日)。

 23日、小池氏はキャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談し、惨敗した衆院選について「都知事に当選して(女性の活躍を阻む)ガラスの天井を一つ破った。都議選でもパーフェクトな戦いをしてガラスの天井を破ったかなと思ったけど、今回の総選挙で鉄の天井があるということを改めて知った」と語った(朝日新聞デジタル 10月24日)。

「ガラスの天井」とは、資質や成果にかかわらず、マイノリティや女性の組織内の昇進を妨げる見えない障壁のことを指す。つい先日、稲田朋美元防衛相が選挙演説で「ガラスの天井にぶち当たって立ちすくむこともありました」と言っていた(『週刊文春』10月26日号)。小池氏も稲田氏も「女性だから」足を引っ張られたというのだ。

 その後、小池氏は「女性だからということと直接関係ない」とコメントしたが、だとしたら言葉の選び方が明らかにおかしいと思う(朝日新聞デジタル 10月24日)。無意識に言い訳が飛び出してしまったということだろうか?

若狭勝 希望の党・前衆院議員
「政治活動はいったんここで退く。引退でもいい」
産経ニュース 10月26日

 衆院選で希望の党公認で立候補して落選した若狭勝氏は、26日のテレビ番組で政界を引退する意向を表明した。若狭氏は小池百合子氏の側近として知られている。

 小池氏が率いる地域政党・都民ファーストの会を離党した音喜多駿都議は、24日のテレビ番組で「若狭さんも最後は排除されていたと思う」と指摘している(スポーツ報知 10月24日)。週刊誌の「小池氏から切られているとは思わなかったか?」という質問に「全然ありません」と強弁していた若狭氏だったが、結局は自らのキャリアを「リセット」することになった。ちなみに2015年の所得等報告書によると、若狭氏の弁護士としての収入は推定2500万円に上るという(『週刊文春』11月2日号)。

 政治をひっかき回すだけひっかき回して退場することになった若狭氏。彼が主宰する政治塾「輝照塾」は11月18日に2回目の講義が予定されている。行く人、いるの?

足立康史 日本維新の会・衆院議員
「大阪9区以外の皆様からも比例票を通じて『足立支持』の票を多数いただいたことを知り、そうした有権者のお気持ちに応えていく決意を固めました」
ツイッターより 10月23日

 日本維新の会の足立康史議員のツイッターより。全文はこのようなものだった。「私は、公示日に前後して『連続落選なら比例枠を返上する』『相手陣営と正々堂々と戦った上でなら二言なし』『背水の陣で戦い抜く』とツイートしましたが、大阪9区以外の皆様からも比例票を通じて『足立支持』の票を多数いただいたことを知り、そうした有権者のお気持ちに応えていく決意を固めました」

私は、公示日に前後して「連続落選なら比例枠を返上する」「相手陣営と正々堂々と戦った上でなら二言なし」「背水の陣で戦い抜く」とツイートしましたが、大阪9区以外の皆様からも比例票を通じて「足立支持」の票を多数いただいたことを知り、そうした有権者のお気持ちに応えていく決意を固めました。

― 足立康史 (@adachiyasushi) 2017年10月23日

 足立氏は2014年の衆院選挙に維新の党公認で大阪9区より出馬して落選。重複立候補していた比例近畿ブロックで復活していた。10月11日、足立氏は「そもそも、重複立候補は党の方針。その上で、小選挙区で連続落選なら次は公認なし、だ。しかし、私はそれでは甘い、と言っている。連続落選なら、私は比例枠を返上すると言ってるんだ」とツイート。自民党の原田りょう大阪府議のツイートによると、足立氏は公開討論会でも「今回小選挙区で落ちれば比例復活は無し。政界を引退することが決まっております!」と発言していたという(10月10日)。

維新の足立康史候補が、昨日の公開討論会で「今回小選挙区で落ちれば比例復活は無し。政界を引退することが決まっております!」と発言。しかし、今回も比例区に重複立候補しており、小選挙区で落ちても比例復活できるので引退にはならない。あたかも政界引退するように市民を欺き、票を稼ぐのは卑怯。 pic.twitter.com/lsIR1pF18X

― 原田りょう【大阪府議会議員】 (@haradaryo_net) 2017年10月10日

 ものすごく勢いよく「連続落選なら比例枠を返上」「政界を引退」とぶち上げておきながら、いざ落選して比例復活が決まると、それ以上の勢いで前言を撤回してみせたということになる。当選すれば何を言ってもいいと言わんばかりだ。「比例票を通じて『足立支持』の票を多数いただいた」とあるが、有権者は「維新」と書いただけで「足立支持」というのは自分の解釈に過ぎない。ここまであからさまな前言撤回をする議員が憲法改正の一端を担うのかと思うと、暗澹たる気持ちになる。

枝野幸男 立憲民主党代表
「私は自分のことをリベラルと言ったことはありません。保守だと思っています。私は日本の保守本流だと」
ホウドウキョク 10月22日

 立憲民主党の枝野幸男代表がインタビューで語った言葉。24日に出演したテレビ番組でも、自身が「保守である」と定義づけてみせた。

 飛鳥時代に聖徳太子が制定したとされる十七条憲法冒頭の「以和為貴(和を以て貴しとなす)」を座右の銘として紹介した枝野氏は、「日本の一番古い政治方針です。私は和を以て貴しとなす以来、日本の歴史と伝統は『リベラル』だと思っています」と説明した。

 枝野氏は以前にも「かつての(自民党の)大平正芳さんや加藤紘一さんは『保守だけどリベラル』と言っていました。あえて言うと、私の立ち位置はその辺だと思います」と語っている(ハフィントン・ポスト日本版 10月9日)。

「保守だけどリベラル」という主張は、ちょっとわかりにくい。もう少し説明をしてもらうと、次のような言葉になる。「自由を大事にして多様な価値観を認めて、自由放任な自己責任論ではなくて、お互いに支え合うことを大事にする。これはリベラルであると同時に保守なんですよ」

 選挙中は「保守」を自任する漫画家の小林よしのり氏が枝野氏の応援に駆けつけ、「なぜ保守のワシが枝野氏を応援するか。それは、希望の党も自民党も保守じゃないからだ。枝野氏の方がもっと保守だ」と叫んだ(日刊スポーツ 10月14日)。

青山雅幸 立憲民主党・衆院議員
「あとで一緒に風呂行く?」
『週刊文春』11月2日号

 躍進を遂げた立憲民主党に、さっそくスキャンダル発生。新人議員・青山雅幸氏が20代の秘書にセクハラを繰り返していたというのだ。

 彼女のノートにはセクハラ被害が詳細に綴られている。手を握られたり、抱きつかれたりされるだけではなく、別の秘書と3人で出張した際は、2人きりになった瞬間、「ハイハイをしながらこちらへ寄ってきた」こともあったという。一体どういうシチュエーションなんだ? 「あとで一緒に風呂行く?」というメールも送られてきた。

『週刊文春』の取材に対し、青山氏は「逆にしたという証拠があるの? 彼女の一方的な言い分だと思うんです。全部が全部、彼女の話が本当だと思われると間違いだと思うし、名誉毀損になる。彼女は人をハメる人」と秘書への批判を繰り返した。青山氏の弁解は、レイプ被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織氏に対する元TBSワシントン支局長・山口敬之氏の反論そっくりだ。

 立憲民主党は報道を受けて執行役員会を開き、青山氏を無期限の党員資格停止処分とする方針を決めた。同党は「性暴力の根絶を求めている我が党で、セクハラで当該女性を傷つけるような状況が発生していることは、甚だ遺憾だ」というコメントを発表している(TBS NEWS 10月26日)。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)