藤井聡太タイトル挑戦ならず なぜ将棋界では「最年少記録」が注目されるのか

藤井聡太タイトル挑戦ならず なぜ将棋界では「最年少記録」が注目されるのか

©相崎修司

 11月19日に行われた第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグ戦は、類を見ないほどの注目を集めた。4勝1敗で並んでいた広瀬章人竜王と藤井聡太七段の直接対決があり、勝った方が渡辺明王将への挑戦権を獲得する。藤井には最年少タイトル挑戦の記録もかかっており、多くの報道陣が集まった。

■10代でタイトル戦に登場した棋士はわずか3名

 王将リーグは定員7名、残留4名という棋界一の「狭き門」。しかも、今期は藤井七段以外の全員が順位戦A級在籍、そしてタイトル経験者という難関だった。

 これまでのタイトル戦登場年少記録は別表の通りだ。最年少記録の屋敷伸之九段をはじめとして、10代でタイトル戦の大舞台に登場した棋士はわずか3名しかいない。そして10代でタイトルを獲得したのは、屋敷九段と羽生善治九段の2名しかいないのだ。

 注目の一戦は広瀬が押し気味に進め、快挙を期待していた報道陣にも「これは次回か」というムードが漂う。だが、終盤で広瀬に手順前後のミスが生じた。一気に控室のボルテージが上がる。藤井の師匠である杉本昌隆八段も将棋会館に姿を見せており、「間違えなければ(藤井が)勝てると思います」と話した。

 先に受けなしになったのは広瀬の玉だ。あとは藤井の玉を広瀬が仕留め切れるかどうか。検討では詰みなしと判断されていたが「危ない」という声も。わずか一手でも間違えれば奈落の底というのが将棋の怖さだ。

 はたして、持ち時間を使い果たして「1分将棋」になった藤井にはツキがなかった。最後の最後で二択を間違えて、自玉がトン死してしまう。「これは仕方がない。そういう局面に追い込んだ広瀬竜王がすごかった」とは控室の声である。

 対局後、藤井七段は詰めかけた多くの報道陣を前にして、

「うっかりしていました。最後に間違えてしまったのは残念ですが、それが実力かなと思います」

 とかすかな声で語った。

■なぜ最年少記録がここまで注目されるのか

「天才」と呼ばれる藤井七段にとっても、屋敷九段の記録を破ることは容易ではなかった。14歳2ヵ月でプロデビューを果たした藤井七段だが、タイトル戦登場の最年少記録を更新するチャンスは、あとは来年6月に五番勝負開幕が予定されている棋聖戦のみとなった。

 同じく屋敷九段の持つ18歳6ヵ月という、タイトル獲得最年少記録は棋聖戦の他、次の王位戦、王座戦、竜王戦までにチャンスがある。

 かつて神谷広志八段が記録した公式戦28連勝は、その30年後に藤井が更新するまで長らく不滅の記録と言われてきたが、屋敷九段の最年少記録も同様に思われていた。驚異の神童はアンタッチャブル・レコードを塗り替えることができるかどうか――。

 そもそも、なぜ最年少記録がここまで注目されるのか。基本的に将棋界は「大器晩成」ではなく「栴檀は双葉より芳し」の世界だからである。藤井以外の中学生棋士は皆タイトルを獲得しているし、そもそも彼らはデビュー当時から時のタイトル保持者並みに強く「将来のタイトル間違いなし」と見られていたのだ。

■大山名人に弱冠20歳で挑戦した「神武以来の天才」

 タイトル戦出場の年少記録を紐解くと、初めて20代の棋士がその大舞台に立ったのは、1948年の第7期名人戦。当時25歳の大山康晴八段(段位は当時、以下同)である。「高野山の決戦」と呼ばれた升田幸三八段との名人戦挑戦者決定戦を制して、塚田正夫名人への挑戦権を獲得した。

 この時は塚田に一日の長があり、名人獲得とはならなかったが、大山はのちに1950年の第1期九段戦で初タイトルを獲得し、また名人戦では第11期名人戦で木村義雄名人を破って初戴冠。以降「不世出の大名人」としての地位を着実に固めていく。

 その大山名人に弱冠20歳で挑戦したのが「神武以来の天才」こと加藤一二三八段である。1960年の第19期名人戦だ。第1局は加藤の快勝で「すわ20歳名人なるか」と騒がれたが、当時は百戦錬磨の大山が貫禄勝ちした。加藤が大山を破って初タイトルを獲得したのは1969年の第7期十段戦である。この時の第4局で一手に7時間かけて発見した一着を「素晴らしい決め手」であると加藤は振り返っている。

 先輩、同輩、後輩をことごとく葬り去ってきた大山はタイトルを独占し続け、1950〜60年代はまさに大山一強の時代であった。それを如実に示すのが、大山が持つ「タイトル戦連続出場50期」という不滅の大記録である。大山は1957年の名人戦から1967年の名人戦まで、この10年間に行われていたタイトル戦番勝負50期に全て出場していた。50期のうち獲得は44期、取られても翌年に勝ち上がって挑戦権を得、タイトルを奪い返していた。なお羽生善治九段も自身の七冠獲得前後にすべてのタイトル戦に出続けていたが、それでも3年間、23期である。

■「大山先生は記録への執着が強かったから」

 この大山の偉大な記録に終止符を打ったのが、当時20歳の中原誠五段である。1967年の第10期棋聖戦で山田道美八段に敗れて棋聖位を失った大山は、第11期での奪回を目指して勝ち進んでいたが、1967年11月21日に行われた棋聖戦準決勝で中原に敗れて、連続出場の記録が止まった。

「大山先生がタイトル戦に出るのは当然の時代だったが、止まったことはそれほど騒がれなかった。ただ、先生は記録への執着が強かったから、かなり悔しかったんじゃないかな」と中原は振り返る。

 そして「私自身は大山先生との初手合いだったので、そちらを意識していた。思い出すのは私がいるにもかかわらず、盤側で新聞社の方と棋聖戦五番勝負の日程を調整していたこと。さすがにいい気分じゃなかったね」とも語った。

 難攻不落の居城を攻め落とした中原は、続く挑戦者決定戦でも板谷進六段(のちに九段、藤井七段の大師匠である)を下して山田棋聖への挑戦権を獲得。このときは敗れたが、続く第12期棋聖戦で再び挑戦権を獲得し、初タイトルを奪取。20歳10ヵ月でのタイトル獲得は、それまで大山が持っていた27歳3ヵ月を大幅に上回る年少記録となった。のちに中原は24歳で名人を大山から奪い、棋界は大山時代から中原時代へと移り変わっていく。

■不滅の記録かもしれない「21歳名人」

 中原は名人を9連覇したが、10連覇をかけた第40期名人戦で加藤に敗れる。初挑戦から22年、42歳で悲願を実現した加藤だが、時代は早くも次世代のスターを生み出そうとしていた。

 第41期名人戦で加藤への挑戦権を獲得したのは谷川浩司八段。加藤に続く史上2人目の中学生棋士であり、初参加のA級順位戦でも7勝2敗と先輩を圧倒し、中原とのプレーオフを制して挑戦権を獲得した。

「光速の寄せ」を引っ提げて名人戦に登場した谷川はいきなり3連勝。第4局、5局は加藤が意地を見せたが、箱根のホテル花月園で行われた第6局で21歳の新名人が誕生した。1983年6月15日のことである。

 名人挑戦は棋士デビューから最短でも5年かかるため、21歳名人もあるいは不滅の記録かもしれない。藤井には記録更新の可能性があるが、それでも今後の順位戦で全く停滞せずにA級に上り、さらに1年目で挑戦し、奪取すればという極限の条件である。

 谷川新名人に憧れて、多くの少年が棋士を目指した。その集団がいわゆる「羽生世代」である。

 史上3人目の中学生棋士としてデビューした羽生が、初めてタイトル戦の舞台に立ったのは1989年の第2期竜王戦だ。研究会を共にし、公私で世話になった先輩の島朗竜王に挑戦。川崎市民プラザで行われた第1局は、史上初めてタイトル戦の公開対局が行われた。

■史上初の10代タイトルホルダーに

 羽生は当時のことを「9月18日の挑戦者決定戦に勝ってタイトル戦出場のキップを手に入れた時の気分は複雑だった。もちろん、嬉しいに決まっているのだが、その反面、不安もあったから。何しろタイトル戦を一回も見学しに行ったことがないので、何から何まで初めてづくしなのだ」と書いている。

 ちなみに藤井は2016年の第29期竜王戦第1局で、現地の天龍寺を訪れている。

 第2期竜王戦は4勝3敗1持将棋で羽生新竜王が誕生した。ときに1989年12月27日。19歳3ヵ月のタイトル獲得なので、史上初の10代タイトルホルダーとなった。

 その数週間前、史上最年少タイトル挑戦を実現したのが17歳10ヵ月の屋敷伸之四段である。中原棋聖との五番勝負となった第55期棋聖戦が開幕したのは1989年12月12日だ。開幕前に中原は「一番イヤなのが出てきた」とボヤいたそうだ。親子ほどの年の差があり、正直やりにくかったとも振り返っている。

 この時は中原がフルセットで防衛を果たしたが、第56期で屋敷が再び挑戦。フルセットの末に今度は屋敷が勝利。18歳6ヵ月の史上最年少タイトルホルダーが誕生した。

 間もなく別表の通り、佐藤康光、郷田真隆といった新進気鋭が相次いでタイトル戦番勝負への登場を果たす。その中でも羽生の存在は抜きんでていた。1996年2月14日は羽生七冠誕生の日だが、当時の羽生は25歳4ヵ月。現在(2019年11月)のタイトルホルダーに25歳以下の棋士はいないことからも、羽生の凄さがわかろうというものだ。

■19歳4ヵ月で羽生王座に挑戦した渡辺明五段が……

 このまま永遠に羽生時代が続きそうとあるいは錯覚していたかもしれないような風潮の中、史上4人目の中学生棋士が風穴を開けにきた。2003年、19歳4ヵ月で第51期王座戦に登場した渡辺明五段だ。

 当時の羽生は王座の他、竜王、名人、王将を持つ四冠王。また王座戦では11連覇中と圧倒的な強さを誇っており、下馬評では羽生が圧倒的に有利だったが、第1局に惜敗した渡辺は続く第2局で圧勝し、風向きを変える。

 フルセットにもつれ込んだ第5局では渡辺にチャンスもあったが、羽生が辛くも勝利。最終盤で決め手を指そうとする羽生の指先が震えたことから、渡辺は「羽生を震えさせた男」として話題になった。そして1年後の第17期竜王戦で渡辺は森内俊之竜王を破り、20歳8ヵ月(史上3番目の若さ)で初タイトルを獲得することになる。

 当時、駆け出しの記者だった筆者は、王座戦の第1局で感想戦を終えた渡辺が自室に戻るとき、廊下で「くそっ」と信玄袋をたたきつけたシーンを見た覚えがある。絶対王者を相手に善戦であろうとも、敗戦では意味がない。棋士の勝負にかける思いを見た気がした。

■さらに覚醒した神童が

 仮に藤井が最年少挑戦を来年の棋聖戦で実現したら、その相手は渡辺だ。現在は棋王・王将・棋聖を保持する三冠王であり、直近ではJT杯でも優勝。またトップクラスの戦場で戦いながら、今年度は全棋士の中で唯一勝率8割を維持している。まさに現在最強の棋士であろう。

 もちろん藤井が最年少挑戦・奪取の記録を更新するかどうかは未知数だし、また待ち受ける他の棋士もそれをやすやすと許すつもりはないはずだ。ただ、強豪ぞろいの王将リーグで好成績を挙げたのは本人にとっても自信につながっただろうし、また先輩と指すことで得た経験も大きいはずである。

 藤井が「覚醒」したのは、デビュー直後に行われた「炎の七番勝負」で次々と強敵相手に指す機会を得たのが大きいとも言われている。今期の王将リーグがその再現になる可能性は低くないだろう。さらに一皮むけたであろう神童が、どのような戦いを見せるか。棋界の頂点にたどり着く日も決して遠くないはずだ。その日を楽しみに待ちたいと思う。

(相崎 修司)

関連記事(外部サイト)