織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点

織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点

提訴のため、弁護士とともに大阪地裁へと向かう織田信成氏(左) ©時事通信社

「フィギュアスケート界の悪弊へ一石を投じる思いで提訴した」

 11月18日、フィギュアスケート元五輪代表の織田信成氏(32)が、1100万円の損害賠償を求め、関西大学アイススケート部の濱田美栄コーチ(60)を提訴した。織田氏は2017年4月から同部の監督に就任したが、今年の9月9日に突如辞任。その原因は、濱田コーチからの度重なる“モラルハラスメント”にあったという。

■「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」

 監督就任前から始まった濱田コーチからの「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」などのハラスメント行為によって、織田氏は次第に体調を崩し、今年3月下旬から1週間ほど入院。しかし退院後も「理由なき敵意」は止まず、5月末を最後にスケートリンクへも顔を出せなくなり、遂には監督を辞任せざるを得なくなった――というのが、織田氏の主張だ。

 一般に、職務上の上下関係を背景に上司が部下に身体的・精神的苦痛を与えることを「パワハラ」と呼ぶが、「モラハラ」は言葉や態度での嫌がらせによって相手に精神的苦痛を与えることを言い、当事者間の立場や地位は関係しない。そのため職場の同僚同士や、家庭の夫婦間でも起こりうる“ハラスメント”だ。

 では、損害賠償が認められるほどの「モラハラ」とは、一体どのようなものなのか。織田氏の裁判における争点や過去の判例について、職場でのハラスメント問題を10年以上にわたり取り扱っている、安西法律事務所の荻谷聡史弁護士に聞いた。

◆◆◆

■「職場でのモラハラ」に約7300万円の賠償を命じた判例

――詳しい事実関係はこれから徐々に明らかになっていくと思いますが、織田信成さんが主張しているような「モラハラ」に対して、実際に賠償が命じられた判例はあるのでしょうか?

荻谷 今回のケースは監督とコーチ間の出来事であり、基本的には「職場でのモラハラ」が問題とされている事案と捉えて良いでしょう。例えば「職場における言葉での嫌がらせ」が問題となったケースとしては、高校卒業後に正社員として勤務し始めた部下に対し、「会社を辞めたほうが皆のためになるんじゃないか、辞めてもどうせ再就職はできないだろ」「死んでしまえばいい」「今日使った無駄な時間を返してくれ」などと上司が発言していたところ、その部下が自殺した事案があります。その事案で裁判所は、上司の発言と自殺との因果関係を認め、会社及び上司に対し、遺族への約7300万円の賠償を命じる判決を平成26年に出しています。

――他方で、損害賠償が認められないケースもあると思います。その線引きはどういった点でなされるのでしょうか?

■「された側が不快に感じたらハラスメント」とはならない

荻谷 裁判では、問題とされる言動が「違法と評価できるか否か」が問われます。ハラスメント問題では、よく「された側が不快に感じたら、それはもうハラスメントだ」などと言われます。しかし、裁判における「違法かどうか」の判断基準は、“した側”の認識でも、“された側”の認識でもなく、あくまで社会的に不相当といえるか、つまり、世間一般からみて悪質さが一定レベルを超えるものか、というところにあります。

――織田さんは、濱田コーチから受けたモラハラ行為として「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」などがあったと主張しています。また、直接怒鳴られることもあったと。

荻谷 そうした言動自体は、残念ながら、一般に様々な組織で少なからず見られるものであり、誰かの陰口を言ったり、誰かを無視したりした人全員が、裁判を起こされたら負けてしまう……ということにはなりません。そうした言動により、裁判において金銭賠償の請求が認められるには、それが違法と評価されること、すなわち、通常の人が受け入れられる範囲を著しく超えるほど悪質である、と認められることが必要です。

――なるほど。「これは一般的にはハラスメントだけど、金銭での賠償責任を負わせるほど悪質なものではない」という範囲が存在していて、そこを超えないと慰謝料などの損害賠償請求までは得られない、ということですね。

■「馬鹿」「役立たず」「無能」といった発言はNG

荻谷 そうです。その上で「違法と評価できるか」を判断するには次の4つのポイント、すなわち言動の「内容」、「頻度・期間」「言動が行われるに至った経緯と言動が行われた際の具体的状況」「加害者とされる者と被害者とされる者との関係」などを考慮することになります。陰口や怒鳴るという行為においては、特に「何を言ったか」「どのような経緯や状況で言ったか」が争点になるでしょう。

――具体的にどんな発言がNGなのでしょうか?

荻谷 一般に問題となるケースとしては、「殺す」や「死ね」といった、相手に恐怖を与える発言が挙げられます。また、職場において、上司が「辞めさせてやる」などの、雇用を脅かすような発言をすることもいけません。それ以外ですと、「馬鹿」「役立たず」「無能」といった、人格を否定するような発言がなされた場合も、賠償が認められているケースがあります。例えば、上司が部下に対し、他の従業員がいる前で「ばかやろう」と罵ったり「結局大学出ても何にもならないのだな」と発言した事案で、裁判所は会社へ80万円の支払いを命じる判決を出しています。

■裁判では「恥をかかす」という行為が重く見られる

――もうひとつの「どのような経緯や状況で言ったか」という側面では、何がポイントになるのでしょうか?

荻谷 同じ「怒鳴る」という行為でも、当事者同士しかいない状況で怒鳴った場合と、周りに人がたくさんいる状況で怒鳴った場合とでは、印象は変わってきますよね。裁判においては「恥をかかす」という点に着目する傾向が見られまして、今回のケースで言えば、周りに何人も学生がいるような場で織田さんが怒鳴られていたとしたら、場合によっては“違法”と認められやすくなるかもしれません。

――本人がいない場での「陰口」も、同様にハラスメント行為となりうるのでしょうか?

荻谷 それも発言の内容と状況によるでしょう。すなわちどのような陰口を、どの程度の範囲の人に言い、それによって織田さんにどれだけのダメージがあったのか、という点がポイントになるはずです。ただ、仮に織田さんが主張するとおりの言動があったとしても、それが違法と評価されるかはまた別問題です。その判断のうえでは、部内における織田さんと濱田コーチの関係性も重要になるはずです。

■「監督がコーチを訴える」という関係性

――部内では織田さんが監督兼コーチ、濱田さんがコーチということで、肩書としては織田さんの方が上でした。

荻谷 職場でのハラスメントは、互いの肩書とは関係なく起きうるものです。ただ、立場が上の人からハラスメントを受けた、という状況の方が、違法な行為として認められやすくはなります。同僚や部下から無視されるよりも、やはり上司など、立場が上の人から無視されたほうが心理的苦痛は大きいと考えられるので。

――織田さんは、濱田コーチとは30歳近く年が離れていて、指導者としてのキャリアも濱田コーチの方が明らかに上であることから、監督という立場であっても自分に「決定権はなかった」と語っていました。

荻谷 織田さん側としても、そこを主張していくのではないかと思います。肩書上は織田さんの方が上でも、実際のパワーバランスでは濱田コーチの方が上だった、と。ただ、今回は織田さんにとって簡単な裁判にはならないと思います。

■ハラスメント行為を織田さん側が立証しなければならない

――それはどういった点においてですか?

荻谷 例えば「酷い陰口を言われた」と主張するのであれば、織田さん側は具体的に、いつ、どこで、どのような陰口を受けたかを明らかにする必要があるだけでなく、そうした陰口が存在することを証拠とともに立証しなければなりません。陰口を目撃した第三者の証言があれば有力な証拠となり得ますが、そうした目撃者がいなかったり、いたとしても様々な事情により証言できなかったり……というケースも、一般には見られます。さらに本件では、その陰口が違法、すなわち、通常の人が受け入れられる範囲を著しく超えるほど悪質なものであると、評価される必要もあります。

――織田さんは「具体的なモラハラ行為は裁判で明らかにしていく」と述べていましたが、会見では「濱田コーチに挨拶をしようとしたら、踵を返すようにどこかへ行ってしまった」などの例を挙げていました。

荻谷 その行為だけでは、現実的には賠償請求が認められるのは難しいと思います。今回の裁判においては、「違法」と評価されるほど悪質な行為を受けたと、織田さんがどれだけ具体的に主張することができるか、また立証できるのかがポイントになると考えられます。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)