珍百景 日本一美しい「東山円筒分水槽」をいつまでも眺めていたい

珍百景 日本一美しい「東山円筒分水槽」をいつまでも眺めていたい

新鮮な魚介類ももちろん美味だが、魚津市の魅力はそれだけではない

なぜ「ヤギ」を飼うことが限界集落の活性化につながったのか から続く

 富山県魚津市といえば、市の名前から想像できるように、魚が美味しい。市内の寿司屋で、地物の「のどぐろ」を頼むと、風味があって、舌がとろけるような食感だった。まさに「きときと」(富山の方言で「新鮮なこと」)。やはり、一番のイメージは「海の街」ではないだろうか。

(全2回の2回目/ #1 より続く)

 観光の目玉の一つが、現存する中では国内でもっとも古い「魚津水族館」だ。ほかにも、海側には、「海の駅蜃気楼」、「蜃気楼展望地点」など、蜃気楼の名所にちなんだ観光スポットがある。4月から6月までは、蜃気楼予報を出すくらいの人気だ。「魚津埋没林博物館」もあり、立ち寄る場所は多い。また、大正時代の「米騒動」発祥の地であり、その碑も海側にある。

■見ていると時間を忘れる「東山円筒分水槽」

 しかし、今回、筆者が訪れたのは山側。立山連峰の北側に連なる毛勝三山の麓だ。その中に、猫又山を源流とする片貝川がある。富山県七大河川の一つで、平均勾配8.5%の急流河川でもある。万葉の歌人・大伴家持は「片貝の 川の瀬清く 行く水の 絶ゆることなく あり通ひ見む」と詠んだ。源流から河口まで、魚津市内で完結し、富山湾に注ぐ。

 片貝川右岸沿いを行くと、田園風景の中に、円形の物体から水が流れているものを見ることができる。なんだろうか? 「東山円筒分水槽」だ。「ナニコレ珍百景」(テレビ朝日)でも紹介されたことがある。直径9.12メートル、高さ2.5メートルの水槽のようなものだ。中心部分から水が溢れ出し、3方向の農業用水路に流れ出る仕組みだ。理屈を離れ、細かく見ていると、時間を忘れてしまいそうになる。

 昭和29年に完成した東山円筒分水槽は魚津市の「水循環遺産」に指定されているほか、「とやまの文化財百選(近代歴史遺産部門)」にも選定されている。国の文化審議会は11月15日、国登録有形文化財として登録するよう答申した。早ければ、年明けにも登録される見込みだ。

■かつて渇水期の夏には水をめぐる争いが…

 不思議な光景だが、このような仕組みには理由があった。「魚津観光ボランティアじゃんとこい」の伊東清隆さんらによると、以下のような説明になる。

 以前は、片貝川の水をめぐる争いがあったという。7月末から8月にかけて、渇水期となるためだ。農業用水の取水口を上流に作るほど、水を多く引き入れることができる。地域が競ってしまえば、水不足になる。そこで考え出されたのがこの方法だ。

「水門を作る方法よりも公平で争いがないのです。水門にすると、夜中に勝手に水門を開けてしまって、自分の地区に水を引き入れてしまう。さらに、地区内でも、自分の田んぼの近くの水路に横になり、水が乗り越えて、田んぼに水を入れるという人もいたとか」(伊東さん)

 それだけ夏の渇水期には水をめぐる争いがあったということか。しかし、円筒分水槽にすることで、人為的な分割ではなく、自然に任せた。耕地面積に応じて、円周が分割されている。結果として、争いがなくなった。公平に分配される仕組みなのだ。

■片貝川の水を水力発電にも活用

「分水槽は全国に170ほどあるそうですが、この東山円筒分水槽が一番美しいと言われているんです」(同)

 一般にはあまり馴染みがないが、円筒分水ドットコムというサイトがあるほど一部のマニアには注目されている。

 しかも、ここ東山円筒分水槽では水を分割するだけではない。片貝川の水は、北陸電力の水力発電所「片貝第一発電所」の発電用に利用されている。そして、放水口から水路トンネルを通り、円筒分水槽に運ばれる。無駄がない。

 観光としては写真撮影のスポットにもなる。満月の夜に訪問できれば、インスタ映えを狙った撮影もできるはずだ。毎年春先には掃除のために分水槽の水を抜くという。マニアにはたまらない瞬間だろう。

■上流には「富山の37滝」選定の沌滝が

 さらに上流部へ。すると、「富山の37滝」にも選定されている「沌滝」がある。落差25メートルの段瀑(3段)だ。「沌滝」の岩は、約6600万年前の火砕流が冷えて固まったものだという。

 周辺にはトチノキが群生している。雪崩から守るために、禁伐林として保護されている。樹齢数百年のものもあり、登る前に見ているだけでも癒される。

 この季節だからこそ、トチノキの実も落ちていたり、キノコが生えていたりするが、シソ科の「ムラサキシキブ」という植物を目にすることもできた。

 滝見台に行く途中、分かれ道になっており、右方向に曲がると、沌滝川を渡ることになった。この日は水量が多いため、注意しながら渡った。登るのに苦労しつつ、沌滝にたどり着く。山の中でマイナスイオンを浴びることができる。iPhoneの内蔵カメラのスロー機能を使うと幻想的だ。

 一度、川付近まで戻り、逆の方向に登ると、風穴がある。沌滝までの道のりも疲労感があるが、風穴まで来ると、汗をかき、涼しさが恋しくなる。「風穴では冷たい風が流れているのでは?」と期待して登っていく。標識の横に、岩の穴を見つけることができた。

 穴の前に立つ。「涼しい風か!」と思いきや、なにも吹いてない。穴に手を入れても何も感じることができなかった。季節によっては、風は吹かないということか。今度こそ、冷たい風を浴びにこようと思ってしまったが、またここに登るのか? どなたか、沌滝までご一緒しようではないか。

 さらに片貝川の上流へ向かうと、途中で自然環境保護のためもあり、マイカー規制になる。その先には「蛇石(龍石)」と「洞杉」があるが、「市道南又線駐車場」から50分ほど歩くことになる。なお、駐車場の手前にあるキャンプ場から先は携帯電話の電波は届かない。今回は、特別な許可を得て、車で進むことになる。

■黒っぽい蛇が巻きついている!?

 しばらく行くと、「蛇石(龍石)」の看板が見えてくる。上流の南又谷の河原に、白い花崗岩に黒っぽい蛇が巻きついたような文様が見える。なぜ、この石を特別視していたのか。それは、「東山円筒分水槽」にも通じる話だが、川の枯渇が影響しているという。

「片貝川は夏に枯れることがあります。そのため、古くから、雨乞いをしてきたとされているんです。地域の小学生は郷土学習に訪れることもありますよ」(伊東さん)

 この石を叩くと豪雨があるともいわれているなど、蛇石にまつわる民話も残る。

「今でも、毎年春には、雨乞いの神事が行われていますが、神聖な行事なので、一般には非公開なんです」(同)

■巨大な洞杉の群生に感じる大自然

 さらに上流に行くと、「洞杉」が群生をしているエリアに到着する。「洞杉」は、幹の内部が空洞になっている、というのが名前の由来だ。見た目では、すべて大きな岩を抱えている。岩は火山活動によって形成されたものだ。

「岩には苔が生えますが、そこに杉の種が落ちる。苔があれば水分を十分に保つことができる。杉は、芽になったときに、その上に落ち葉などがあると育つことができません。岩の上なら落ち葉があっても、風に吹かれて除かれ、杉が育っていく。しかし、成長とともに、雪が幹を圧迫し、横方向に伸びます。数十年立つと幹が立派になり、まっすぐに伸びていきます」(同)

 こうした杉が岩の上にいくつか生えると、杉同士が絡み合い、中心部は空洞になる。一方で、岩を抱えるようにして、巨木へと育っていく。岩を抱えている木は珍しい。一つひとつの洞杉が個性的で、大自然を感じる。

 群生地の入り口には「杉ノ尾の岩屋」が目に留まる。岩の部分がやや突き出しており、猟師が狩猟基地として、米や味噌を運び入れ、冬に備えたという。雨風や雪除けに使っていたと言われている。

 奥へ進むと、最大の「洞杉」を見つけることができる。4本株立ちのもので、幹周りの合計が30.1メートル。このうち、一本として最大の太い幹は15.6メートルあり、環境省がかつて行った「巨樹・巨木調査」によると、新潟県の将軍杉や、鹿児島県の屋久杉についで3番目の巨木だ。

 どうしてここまで残されたのか。かつて加賀藩は、領内の杉の伐採を厳しくしていた。片貝谷では、マツ、スギ、キリ、カシ、ツキ、ヒノキ、クリの7種を切り出すことを取り締まったからという。

 自然環境の偶然の産物と、そこに住む人たちの歴史や文化の結果、「洞杉」を今でも見ることができる。この地で生きてきた人たちに思いを馳せることができる観光でもある。そして、岩を抱えた杉なんて、まさにインスタ映えだ。

 海沿いをドライブしながらの観光もいいが、遊歩道を歩き、自然と触れ合う観光もよい。ただ、海側に比べると、まだまだ知られていないような気がする。

 それにしても、魚津市の、山側だけでも1日で回ることは体力が必要だが、数日間、滞在して、回るのもよし。リピーターになり、何度か訪れて、ゆっくり制覇するのもおすすめだ。

取材協力=片貝地域振興会
写真=山元茂樹/文藝春秋

(渋井 哲也)

関連記事(外部サイト)