【大阪小6女児誘拐】ラーメン屋でバイト、自動車学校事務……伊藤仁士容疑者(35)の人物像

【大阪小6女児誘拐】容疑者の人物像 同級生「高校受験で第一志望落ち人が変わった」

記事まとめ

  • 大阪小6女児誘拐事件で、栃木県警は23日、容疑者を未成年者誘拐の疑いで逮捕した
  • 容疑者の中学時代の同級生は「高校受験で第一志望に落ちてから、人が変わった」と指摘
  • ラーメン屋や自動車学校で働いていたが、最近は引きこもりのような状態だったとか

【大阪小6女児誘拐】ラーメン屋でバイト、自動車学校事務……伊藤仁士容疑者(35)の人物像

【大阪小6女児誘拐】ラーメン屋でバイト、自動車学校事務……伊藤仁士容疑者(35)の人物像

伊藤容疑者の中学剣道部時代(卒業アルバムより)

 大阪市住吉区の小学6年生の女児が誘拐された事件で、栃木県警は11月23日、小山市の伊藤仁士容疑者(35)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。

 伊藤容疑者の中学時代の同級生が話す。

「伊藤は生まれ育ちはこのへんですよ。中学時代は剣道一筋の3年間。女子生徒と交流するタイプではなく、大人しい性格で、勉強は成績優秀で表彰されるくらいだった。でも、高校受験で第一志望に落ちてから、人が変わってしまった」

■仕事は「ラーメン屋バイト」と「自動車学校事務」

 伊藤家の知人はこう話す。

「仁士くんが高校を卒業したかどうかはわかりませんが、ラーメン屋さんでアルバイトをしたり、自動車学校の事務をしたりしていたと思います。最近ではお母さんが掃除、洗濯をしていたと聞いています」

 最近では“引きこもり”のような状態だったという。近隣住民が証言する。

「仁士は二階建ての水色の一軒家の二階に住んでいました。最近はずいぶん遅くまで灯りが点いていましたね。洗濯は母屋に住んでいたお母さんの方でしていたみたい。仕事もしないで、夕方くらいに起きてくるような生活だったと聞いています。

 3人きょうだいのいちばん上でね。父親は交通事故で亡くなって、それから家族は遺族年金で暮らしていた。仁士の2人のきょうだいはもう家を出て、立派に働いている。妹さんは医療関係だったはずです。お母さんは最近、母屋でおばあちゃんの介護に付き切り。仁士は20代の頃から引きこもりがちで、母親が近所の人と立ち話をしていると、『おい、いつまで話しているんだ!』と怒鳴ったりしていた。最後に仁士を見たのは先週でしたが、変わった様子はありませんでした」

 11月24日(日)未明、自宅から出てきた伊藤容疑者の家族とみられる人物に声をかけたが、「すみません。急いでいますので」と言葉少なに立ち去った。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)