人種差別、性差別、暴力事件……なぜローマ法王は世界に“謝罪”しつづけるのか?

人種差別、性差別、暴力事件……なぜローマ法王は世界に“謝罪”しつづけるのか?

ローマ法王フランシスコ ©AFLO

 11月23日、ローマ法王フランシスコが来日を果たした。ローマ法王の来日は前回のヨハネ=パウロ2世以来、実に38年ぶり。滞在中は長崎や広島を訪問し、天皇陛下や安倍首相とも面会する予定で、最終日の26日まで綿密な予定が組まれている。とはいえ、ローマ法王は日本人にとってはあまり馴染みのない存在。そもそもどのような役割を担っているのか、疑問に思う人も多いのではないだろうか。そこで、比較文化史家の竹下節子氏による『 ローマ法王 』(角川ソフィア文庫)より、序章「ローマ法王とはだれか」の一部を抜粋してお送りする。

◆◆◆

 全世界に億単位の信者を有し、1人の首長を戴く教派としては世界最大を誇るローマ・カトリックの首長であるローマ法王は、生き神のように絶対の正義、絶対の真理を擁していると見なされているのだろうか。答えは否である。それどころか、(1998年当時)法王の座について20年以上になろうとしていた法王ヨハネ=パウロ(ヨハネス=パウルス)2世が、公式の文書で何と94回もカトリック教会の非を認めている。そのうちの24の文書は「私は赦しを請う」という言い回しを含んでいる。そのテーマは教会が犯したと思われる人種差別、性差別、暴力など多岐にわたっている。特に1994年の春からは2000年紀の最後に向けての教会の反省の姿勢が強くなった。

■ローマ法王が“謝罪”を始めたのはいつから?

 自ら過ちを認めて謝罪するという行為はヨハネ=パウロ2世が始めたことではない。ヨハネ(ヨハネス)23世は戦後ユダヤ人やイスラム教徒を攻撃する祈りの文句を修正したし、その後のパウロ(パウルス)6世は1963年の第二ヴァティカン公会議の第二セッション開会の辞でカトリック以外のキリスト教諸派を「別れた兄弟たち」と呼んで、それまでの異端糾弾の歴史を謝罪した。

 もっとも、それ以前に法王が謝罪した例はというと1523年のハドリアヌス6世に溯る。プロテスタントが、堕落したカトリック教会の非を唱えて反旗を翻した宗教改革の時代だった。法王は法王庁内の醜聞を認めて、それらを一掃するよう努力することを言明した。その態度がその後のカトリック内部の改革を可能にしたのだ。

■ナチス政権に非を唱えられなかった過去

 権力者が自らの非を認めたり一国が歴史上の過ちを認めて謝罪したりするという行為はいつも非常な困難をともなっているものだが、今のカトリック教会は驚くべき熱心さでそれをしている。第二次大戦中のナチスによるユダヤ人虐殺にカトリック教会が沈黙していたことに対する謝罪はその代表的なものだろう。当時のカトリック教会は、特に宗教を弾圧した新興ソヴィエトの共産主義勢力を恐れるあまり、ソヴィエトへの盾ともなるナチス政権に積極的に非を唱えなかった。ドイツ国内のカトリック弾圧を招かぬための保身でもある。

 とはいっても個別教会のレベルでの態度表明はあった。オランダのカトリック教会とプロテスタント教会は1942年にナチス批判の立場をとった。しかしオランダのユダヤ人の92パーセントが殺されたという結果は変わらず、もっと積極的な戦いをすべきではなかったかという反省が1995年に発表された。

 ドイツでも神学者カール・バルトに代表される反ナチスのプロテスタント教会が存在した。しかしナチスの意向を汲んだ国家主義の教会が勢力をもち、戦後の1945年には他の教会に対して過ちを認める宣言をしている。個人では、ベルリン大聖堂のリヒテンベルク参事会長がナチスの政策を攻撃し、その功績で1996年に法王から福者(聖人になる前段階)の列に加えられたことも今のカトリックの立場表明であろう。ドイツのカトリック教会は1945年の6月に、ユダヤ人虐殺は悲劇であったとコメントしたが、ナチスの犯罪に対して沈黙したことについての悔悟を正式に発表したのは1975年のことだ(ヴァティカンがイスラエルを国家として認めたのは1993年である)。

 フランスのカトリック教会は、1997年の9月にようやく謝罪表明をした。ドイツ占領下にあったフランス国内の多くのユダヤ人を収容所に送る中継地となったパリ郊外のドランシーで、フランス・ユダヤ教会の首長らを招いて、「未だ抗議と保護とが可能でありかつ必要であった最初の時期に援助をしなかったという責任を負い、その過ちを宣言する。我々は神に赦しを請うとともにユダヤの人々がこの悔悟の言葉を聞きとどけてくれるよう願うものである」とサン・ドニの司教が読み上げた。

■4世紀前の虐殺事件まで謝罪する“反省合戦”

 ユダヤ人に対する謝罪だけではない。フランスのカトリック教会は、1997年7月になってパリのサン・ジェルマン・ロクセロワ教会に新教徒(プロテスタント)の代表を招いて、4世紀前の聖バルテルミーの虐殺事件を正式に謝罪している。宗教改革時代には、もちろん新教徒によるカトリック教徒の虐殺も存在したわけだから、今になってカトリック側が一方的に謝罪するというのは一種のスタンドプレーだと見られかねないほどだ。このように現カトリック教会の精力的な反省合戦の「身の軽さ」はなかなか印象的である。

 しかしこれは現在の、ローマ教会全体としての確固たる方針なのだ。法王自身が、古くは十字軍による侵略への反省やルネサンスのガリレオ・ガリレイに対する糾弾の取り下げから、宗教改革のルターの破門の取り下げ、聖バルテルミーの新教徒虐殺の謝罪、再征服当時のスペインのイスラム教徒への謝罪、アメリカ先住民の虐殺や黒人奴隷の売買、異端審問の専横にいたるまで、あらゆる機会に謝罪している。ヨハネ=パウロ2世がポーランド人であるからこれらの罪の重さに耐えやすかったのだという意見もある。十字軍にもスペインの再征服にも、異端審問大法廷にも、ガリレオ裁判の法廷にも、黒人奴隷商人の中にも、ポーランド人はいなかったからだ。1996年6月に訪独した折には、わざわざルターの教会に行って破門を取り消そうとしたが、反対にあってあきらめている。2016年10月に始まったルター宗教改革500年記念年は、フランシスコ法王がスウェーデンのカテドラルでルター派と共に祝い、1年後には、ヴァティカン郵便局が十字架の下にルターを描いた記念切手まで発行した。

■なぜローマ法王はいとも簡単に謝罪できるのか?

 それにしても、仮にもひとつの宗教の首長ともあろう者が、何世紀も前の「過ち」にいたるまでこうしていとも簡単に謝罪してしまうのにはどのような背景があるのだろうか。

 これが普通の国家なら、戦争や国際問題についての公の謝罪をするとなると、ナショナリズムから自虐史観まで、ありとあらゆる思惑の対象となる。その理由は、普通の国家の謝罪には、当然物質的な賠償問題がともなうからだ。金、領土の割譲、主権の委譲などである。また謝罪を実際に行う個々の政治家や元首にもリスクがかかる。それは次の選挙における当落であったり、権威の失墜や世襲の断絶だ。

 その点、ローマ法王はこれらすべてから自由である。ヴァティカンは主権を有する国家として認められ、国連にも議席をもっているが、いわゆる領土はない。教会や修道会を通して世界中に不動産や文化遺産をもっているし世界中から喜捨があるが、賠償金として差し出す種類の金ではない。首長であるローマ法王はいわゆる国籍を超越している。ヴァティカンの主要構成民であるカトリックの聖職者たちは独身制を保っているから家族を持たず、ヴァティカンで生まれて育つ聖職者などいない。ローマ法王は原則として終身制であるが、子孫がいないから世襲は不可能だ。基本的に独立した成人のみを構成員としている上に、中核となる教えには共通の了解事項があるから歴史教育の配慮も必要ない。自国内での意見の調整や票集め、人気取りの画策も意味をなさない。保守保身の論理を前提としないのだ。

■どんな罪でも懺悔告解すれば基本的には赦される

 ローマ・カトリックは罪の懺悔告解のシステムを高度に発展させてきた。どんな罪でも自分で告白して悔悟の念を示しさえすれば基本的には赦される。告解は、第二ヴァティカン公会議まではラテン語で「mea culpa」(メア・クルパ 私の過ちなり)と言って胸を叩くことから始まっていた。告解の後で、司祭は罪障消滅を宣言してやる。もっともそれぞれの罪の軽重によって、祈りや断食などの贖罪行為が要求されるし、たとえ神の名によって司祭から罪を赦されたとしても、世俗の法廷で裁かれ直して刑に服する場合もある。しかしカトリックの伝統の中で、ともかく罪を告白しさえすれば、霊的には浄められ、良心に恥じるところがなくなるという認識には大きなウェイトがおかれていた。

 その背景には「もしあなたの兄弟が罪を犯すなら彼をいさめなさい。そして悔い改めたらゆるしてやりなさい。もしあなたに対して1日に7度罪を犯し、そして7度『悔い改めます』といってあなたのところへ帰ってくればゆるしてやるがよい」(ルカ17-3、4。以下、引用は日本聖書協会発行『口語訳聖書』より)というイエスの言葉がある。またペトロが罪は7回までゆるせるのかときいたとき、イエスは「7度を70倍するまで」とも答えている(マタイ18‐22)。その上、何といっても、その第一弟子のペトロ(ペテロ)、初代ローマ法王であるペトロ自身がイエスを裏切ってしまった。イエスが捕らわれた夜に、係わりあいを恐れて、鶏が鳴くまでに3度も、「イエスを知らない」と偽ったのだ。イエスを裏切ったことを恥じ、悔いたペトロが、復活したイエスにゆるされた、というエピソードがキリスト教信仰の出発点になったことも大いに関係しているだろう。

■土下座するほど尊敬される「謝罪外交」

 つまり、謝罪することで神に対して恥じるところがなくなるという了解があるので、ローマ法王は、謝罪外交をして各国に土下座して回っても決して侮られないどころか尊敬すらされるのだ。実際、ヨハネ=パウロ2世は行く先々の国で、空港に降り立つとまずその国の地面にひれ伏して大地に接吻するという儀式をしていた(老齢と健康上の理由でその姿勢が無理になってからはわざわざ接吻用の土を盆の中に用意しておいてもらっていた)。ローマ法王の謝罪や謙遜はそのまま神の祝福につながるのである。

 もちろん自らも、1981年の暗殺未遂事件の犯人を獄舎に訪ねて罪の赦しを宣言したように、率先して「赦し」を実践している。謝罪と謙遜は、加害者と被害者の間の互いの潜在的な赦しあいを前提としているからこそ、積極的で効果的な使徒的使命の一環と認められているのだ。

 このように、ある倫理に基づいて確固たる態度をとることは、外交における謝罪問題でいつも内外ともに戦々兢々としている日本の政治家などが一度深く考えれば役に立つのではないだろうか。ローマ法王ウォッチングはいろいろな意味で実に示唆に富んで興味深いといえるだろう。

(竹下 節子)

関連記事(外部サイト)