東大合格者数激減!? それでも、武蔵が「御三家」である理由

東大合格者数激減!? それでも、武蔵が「御三家」である理由

©iStock.com

東大進学NO1・開成生は、なぜ何よりも「運動会」を重要視するのか から続く

 わたしは前回、前々回の記事( なぜ名門男子校・麻布は「反体制派」を量産するのか 、 東大進学NO1・開成生は、なぜ何よりも「運動会」を重要視するのか )で男子御三家各校(麻布・開成・武蔵)の卒業生たちのキャラクターについての「たとえ話」を紹介した。次のようなものだ。

 もし複雑なプラモデルを組み立てるのであれば?

・麻布生……組立説明書は無視、感覚だけで独創的かつ味のある逸品を製作する。
・開成生……組立説明書を一言一句しっかり読み込み、精巧で完璧な作品を製作する。
・武蔵生……組立の途中で各パーツにのめりこんでしまい、なかなか作品が完成しない。

■武蔵は「御三家」から凋落したのか!?

 今回紹介するのは東京都練馬区にある「武蔵」。広大なキャンパスと敷地内の豊かな緑が印象的なキャンパスだ。そこに一歩足を踏み入れると、周囲からの雑音が消え、清々しい空気に包みこまれたような気分になる。

 30年程前までは東京大学合格者数ランキングでベスト10入りの常連であり、一時期は90名近い合格者を輩出したこともあった武蔵。しかし、東京大学合格者数はその「全盛期」と比較すると低迷気味であり、その状況を指して「武蔵は御三家から凋落した」などとメディアがシニカルに書き立てた時期もあった。2019年度の東京大学合格者数は22名(全国第27位)。もっとも、卒業生数(高3の1学年)が約400名の開成、約300名の麻布に対して、武蔵は約160名と少ないのではあるが。

■武蔵は「受験勉強」をするところではない

 公立大学の准教授を務める40歳の卒業生は武蔵で教員から言われたことばをよく覚えている。

「ぼくは高2・高3のときに同級生集めてセンター試験の問題を解く勉強会を開こうと考えたのですが、『受験勉強なんか学校でやるもんじゃない。ここは学問をやる場所だ』と先生に却下されました(笑)。この学校は中学校に入った瞬間、『諸君、学校は学問をしにくるところです。勉強は各自勝手にしなさい』と叩き込まれるのです」

 この話を武蔵の副校長の高野橋雅之先生に振ってみた。ご自身も武蔵の卒業生である高野橋先生は微笑んだ。

「入学直後に教師から『教師の言うことを信じるな』と言われました。そして、世の中のテレビや新聞に書かれていることを鵜呑みにするなよ、と。自分で1次情報をちゃんと集めて、それを基にして自信で判断する。そんな姿勢を6年間で身につけなさいということだったのでしょう」

 この武蔵のスタンスはいまも昔も変わっていないという。

■新入生が衝撃を受けた武蔵の授業

 武蔵のひとつの授業を具体的に紹介しよう。これは卒業生が自身の入学直後に受けた「衝撃」の授業体験を振り返ったものだ。

 一人の少年が教室で身を固くして、授業の始まりを待っていた。

 今日は少年が最も得意にしている理科(生物)の授業である。いままで小学校や塾で習ったものよりも、もっと高度な解説がなされるのかもしれない。少年の心は期待と不安がない交ぜになっていた。

 ガラリとドアを開けて入ってきたのは、40代後半くらいの白衣を羽織った短髪の男性教員。チョビ髭がなんとなくユーモラスな雰囲気を醸している。

 その教員は第一声こう発した。

「じゃあ、今日はみんなで紐を作るぞ」

 そして、タコ糸のような細い紐を生徒たちに見せながら、器用に編んでみせた。
「いいかい、俺みたいにやってみろ」

 生徒たちに細い紐が配られた。教室全体がざわついていた。それもそうだろう。少年を含め、全員男子なのだから3つ編みにした経験などない。どうしてこんな作業を? 少年は戸惑いながらも、数十分かけて紐をようやく編み上げた。

「はい、今日の授業はこれでおしまい」

 男性教員の大きな声が響く。

 ところで、今日は何の授業だったのだろうか?

■無我夢中になる「生きた」授業

 1週間後、その男性教員が教室へやってくるなり、生徒たちの顔を見渡すようにして言った。

「前回作った紐はあるな。……よし、じゃあこれからルーペをみんなに配るから、その紐を括り付けて、首からぶら下げろ」

 そして、男性教員はこう続けた。

「全員準備はできたな。それでは、みんなで外に出よう。ルーペで好きな植物を観察してみなさい。テーマは特にない。気になったものを観察しなさい」

 少年は広大なキャンパスの構内を首からぶら下げたルーペとともに散策した。

(いまって授業中だよな。体育じゃないのだから、こんなふうに外へ出てよいものか……)

 少年は訝しく思いつつ、目についたケヤキやポプラ、桜の木の葉っぱ、そして、それらの木肌をルーペで観察し始めた。少年の体は少しずつ熱を帯び、やがて無我夢中でルーペを覗き込む自分がいた。

■生徒たちは一心不乱に作業にとりかかった

 3回目の授業の冒頭。

 男性教員はにっこりと微笑みながら、生徒たちにケント紙を配り始めた。

「これから、先週ルーペで各自が観察したものをここにスケッチするんだ。いいか、絵画を描けと指示しているわけではない。だから、線を引くことは厳禁だ。言っている意味が分かるか? その輪郭、濃淡……すべてを点で表すんだぞ。スケッチの真髄はここにある」

 生徒たちは一心不乱に作業にとりかかっている。

 少年は先週観察したポプラの葉を思い浮かべながら、鉛筆の芯をケント紙に打ち付けた。

「コンコンコン……」

 周囲からはただひたすら鉛筆を打つ音が鳴り響いていた。

■武蔵の学びは「ワクワク、ワイワイ」

 武蔵の卒業生たちに取材を重ねていると、とにかく授業のアカデミックさを熱く語る人が多いのに驚かされる。毎週毎週ナウル(南太平洋の島国)の話ばかりの地理の授業、1年間使って延々と「江戸時代の相撲」を熱弁する日本史の授業、膨大な時間をかけて『古事記』の原文を読み解く国語の授業……。

 武蔵の授業の話を聞いていると、大学の講義のようである。そう感想をもらすと、一人の卒業生はうなずいた。

「そう。大学の講義みたいです。それも、パンキョー(一般教養科目)ではなく、専門のレベルです」

 実際、武蔵の教員は専門分野における「研究者」である場合が多い。聞けば、武蔵の教員は研究日が与えられていて、授業は週4回以内で収まる教員が多い。

 校長の杉山剛士先生は、武蔵の教員たちの質の高さが誇りだという。

「わたしがいつも感心させられるのは、先生方はみんな普段から研究テーマを持って勉強していて、学問的な好奇心旺盛な方ばかり。そういう先生方が分割授業なども取り入れた少人数制の指導をおこなっているので、生徒たちは好奇心を刺激されていく……そんな学びの仕掛けが武蔵にはずっと受け継がれているのです。武蔵の学びは『ワクワク、ワイワイ』……そんな雰囲気の中で生徒たちは創造性、個性を培っていくのでしょう」

■武蔵生は「自調自考」の姿勢を身にまとう

 校長の杉山先生はこんなエピソードも教えてくれた。

「たとえば、今年の記念祭(文化祭のこと)の講演会に卒業生でミュージシャンの亀田誠二さんが登壇しました。その彼が講演会で『武蔵で学んだことは“自ら調べ自ら考える”』って口にしたのです。そして、同じく卒業生の早稲田大学総長の田中愛治さんを講演会に招いたときも、やはり『武蔵では自ら調べ自ら考える姿勢を身に付けた』っておっしゃっていたのです」

 武蔵の教育について調べていると、「自調自考」ということばがキーワードで度々登場する。

 武蔵を運営する「学校法人根津育英会武蔵学園」のウェブサイトの「学園長ご挨拶」に次のような文言がある。その一部を抜粋しよう。

「武蔵学園は問題を自ら調べ自ら考え、そして自ら解決する力を身につける教育を重視しています」(学校法人根津育英会武蔵学園 学園長・有馬朗人氏)

 こんな話を聞くと、「でも、大学受験が不安で……そんな悠長なことを言っていてよいのですか?」と不安に駆られる保護者がいるだろう。

 副校長の高野橋先生は子どもたちの成長を「待つ」ことが大切だと強調する。

「男の子は中学入学当初はなかなか目に見える成長はないけれど、あるときにギュッと伸びることがよくあるのです。だから、男の子を成長させるにはひたすら『待つ』ことしかないと思いますよ。すると、あるとき男の子はスイッチが入る瞬間があって、そこから人が変わる……そういう男の子の成長観、教育観というのは、再確認すべきでしょう」

■武蔵生の進路が多岐に渡る理由

 先述したが、難関大学合格実績で台頭するライバル校と比較されて「武蔵は御三家から凋落した」という辛辣な文句でメディアに報じられた「苦難」の時期もあった。

 しかし、武蔵の「合格実績」は誇れるものだと高野橋先生は胸を張る。

「わたしが進路担当として外に対して広報活動していたときに、進路先をはたと見直してみたのです。すると、東大ではないけれど、旧帝大、国立医学部、早慶……大半の生徒はこの範囲の大学に進学しているのです。東大に拘らないバラツキはどうして生まれたのだろうと考えて分かったのは、高校時代に『自分はこれをやりたい』と決まる生徒が多いことです。たとえば、建築やりたいと思ったら東大を選ばない。なぜなら、進学の振り分けが途中でありますから建築に行けるとは限らない……それなら早稲田の建築に行こうとかね」

 校長の杉山先生もこう言い切る。

「進学実績、生徒たちの進路希望を叶えなければ武蔵ではない。そう思っています。そのために大切なのは現場の一人一人の先生がどういう教育デザインを描いていくのかが大切です。もちろん、進路希望の実現、イコール、東大とは考えていません」

 最後に、冒頭の「たとえ話」を再掲しよう。

〈武蔵生……組立の途中で各パーツにのめりこんでしまい、なかなか作品が完成しない〉

「自調自考」の姿勢が芽生えるまで、武蔵の教員は生徒たちを温かく見守り、「学問」の奥深さを伝え続けていく。すると、彼らは何かをきっかけに将来の具体的な展望を思い描くようになる。

 武蔵とはこのような魅力あふれる独自性のある男子校なのだ。

INFORMATION

男子御三家の卒業生は、中高6年間でそれぞれ身につけた独自の「色」があるように感じます。それでは、あなたの性格は「麻布的」「開成的」「武蔵的」……一体、どれでしょうか?

ちょっとした企画として適性診断テストを筆者が用意しました。10の質問に回答するだけで診断結果が表示されます。ぜひお試しください!

男子御三家・適性診断テスト
http://www.tokyo-gosanke.com

(矢野 耕平)

関連記事(外部サイト)