「桜を見る会」疑惑の“仕掛け人” 共産党・田村智子とは何者なのか?

「桜を見る会」疑惑の“仕掛け人” 共産党・田村智子とは何者なのか?

共産党の田村智子・参議院議員

 共産党の田村智子議員をご存知だろうか。「桜を見る会」問題の火付け役というと「ああ」と思い出す方も多いかもしれない。11月8日の参議院予算委員会で「首相が後援会関係者を多数招待しているのでは?」と追及。報道各社が一気に後追いをはじめた。

 にわかに浮上した「桜を見る会」の私物化疑惑。4月に東京新聞が報じ、5月に共産党の宮本徹議員が支出額の増加や招待基準について国会で質問。さらに10月13日の赤旗(日曜版)がスクープ――だがその時点では、まだ追随するメディアはなかった。

 ではなぜ、田村議員が“火付け役”になったのか? 田村議員のもとを訪ね、疑惑追及のきっかけと今後、そして国会で話題になる質問のポイントを探った。

◆◆◆

■地元後援会はツアー旅行のつもりだから悪気がない

――メディア取材が殺到しているそうですね。

田村 先週(11/18〜)はすごかったですね。「桜を見る会」野党追及チームが動き出したこともあって、毎日のように取材が入っていましたから。

――そもそも11月8日の参院予算委員会で「桜を見る会」を取り上げるきっかけは?

田村 4月の東京新聞の記事があって。そのあと5月の宮本徹さんの衆議院での質問。そのときは「芸能人をどんどん呼んでいるんじゃないか」ぐらいでした。ただ、それがきっかけでうちの『しんぶん赤旗』が独自に取材を進めて、安倍総理の地元後援会の方に聞いて回るとみなさんツアー旅行のつもりでお金も払って参加しているから悪気がない。色々お話が聞けて、どんどん証拠が出てきて、赤旗で記事になった。

――それが10月13日。

田村 はい。その記事を見て、これはぜひ私も国会で質問したいと考えて……内閣府の予算ですから、内閣委員会、菅官房長官宛てに質問する機会をどこで得られるかと狙っていて。臨時国会の内閣委員会での質問が10月31日に当初予定されていたんです。

 そこで質問するつもりで原稿も完成させて、質問通告も済ませたら、当日の朝に河井(克行)法務大臣が辞任して、すべての委員会が吹っ飛んだ。

――そうでしたか。

田村 野党は「政治とカネ」の問題で2人の大臣が次々に辞めたので、予算委員会を要求して。それで参議院では11月8日に予算委員会が予定されたので、「安倍総理に直接質問できるじゃないか」ということで結果的にタイミングがばっちり合ったんです。

■赤旗の記者とは普段から情報交換している?

――10月13日の赤旗を見ましたが、「安倍首相の後援会への便宜」「昭恵夫人の推薦枠」など問題点がその時点で網羅されている印象です。

田村 その通りです。

――赤旗の記者の方は共産党の職員ですよね。普段から交流があるのですか?

田村 党員であることが記者になる要件です。日常的に記者の方と交流があるわけではないのですが、国会で取り上げたいと思っているテーマで、赤旗が追っていると分かっていれば、記者さんに連絡を取って意見を聞きます。

 今回は私が記事を見て、記者さんに「資料を見せてもらえないか」「取材して文字にしていないことを教えて欲しい」とお話を聞きました。

■無邪気なブログ「選挙のうぐいす嬢を呼びました」

――最初に問題を調べているときはどう思いました?

田村 萩生田(光一)さん、稲田(朋美)さんをはじめ、出席者のブログも記者さんがよく押さえていたので、それらを見ていけば見ていくほど分かりやすい“私物化”だなと思いました。

 森友学園・加計学園問題のときは関係者が限られていた。あるべき資料も捨てられたり、場合によっては改ざんされた。でも今回は隠しようがない。みんなが喜んでブログやTwitterに「桜を見る会に参加しました!」ってあげてくれていますから。

 一番面白かったのは松本純さん(自民党国対委員長代理)の「選挙のうぐいす嬢を呼びました」というブログ。選挙でお世話になる人を呼んで、何の迷いもなく投稿しているのを見て無邪気だなと。

――その後、話題が大きくなりました。

田村 「桜を見る会」は毎年テレビでも放映されて、旬の芸能人が安倍総理と一緒に映像に映る。みなさんどこかで見た覚えがあるのであらためて説明する必要がないんです。

 それに消費税を10%にしたあとでしたから「税金ってこういうところに使われているの?」という庶民感覚での疑問が湧いたのが大きな要因だと思います。

――それまで、東京新聞、宮本議員、赤旗が取り上げて。でも11月8日の田村議員の質問までは火がつきませんでしたね。国会質問するさいに気をつけているポイントはありますか?

田村 11月8日はテレビ中継が入っていましたし、言葉遣いを含めて「耳で聞いてもとにかく分かりやすい」ということは気をつけています。あとは“上から目線”にならない、けんか腰にはしないというところでしょうか。

■26分間の質問がYouTube100万回再生

――田村議員の質問は26分間という長さですが、YouTubeでもかなり再生されています。

田村 共産党のチャンネルで24万回ほど、ほかに上がっているものを合わせると100万回を超えているようです(11月27日現在)。昨日新宿西口で街宣したら若い人が「桜の人だ」って指差して通り過ぎて行きました(笑)。拡散されているのを感じます。

――YouTubeで11月8日の動画を見ました。まず、気がついたのは「いきなり本題に入る」というところです。質問が始まってすぐに「桜を見る会ですが安倍総理のもとで参加者数、支出額が激増しています」と。

田村 あらゆる政策で予算をあれほど超える支出というのは普通認められないんですよ。同じ内閣府の予算で性犯罪・性暴力被害者の『ワンストップ支援センター』が47都道府県に作られていて、それぞれに対して助成金も出している。でも今年は予算が足りなくなっちゃって、当初約束した額を渡せないと。

 あるいは国家公務員の方だって、残業代は予算の範囲内しか出ないのでサービス残業がいっぱいある。予算を抑えるためにそういうことが行なわれているのをたくさん見聞きしています。それなのに「桜を見る会」は予算(1767万円)の3倍支出している(5519万円、2019年)。これは有り得ない。私としてはそれが質問を準備しているときの怒りの出発点なんです。ですからその怒りから切り込むことにしたんです。

■吉良よし子議員のパネルが分かりやすかった

――あと吉良よし子議員が、質問する隣で支出額やブログなどのパネルを出す役をやられていて分かりやすかったです。

田村 通常、委員会の質問では紙の資料を出席者に配布するんです。ただ予算委員会のようにテレビが入るとき、パネルにすればNHKなどは寄ってくれますから。見ている方がより分かりやすくなる。

 じつはこれは先輩議員から受け継いだ日本共産党の伝統。今は当たり前になってきましたが、1970年代くらいから共産党ではパネルを作っていて。予算委員会の質問をするときにはまず「パネルどうする?」っていうのは職人的に考えながらやっています。

 今回も「どういうパネルにしたら分かりやすいのか」「棒グラフ、折れ線グラフの使い分けをどうするか」などの相談を国対メンバーと行ないました。

――それと「大事なポイントを2回読む」というのも気になりました。稲田朋美議員のブログを読み上げるさいに、「地元福井の後援会の皆様も」というところを2回読まれていましたね。

田村 あれは最初さらっと読みすぎちゃって「あっ」と思って、もう1回言い直したんです。私は早口なところがありますから、ここはちゃんと伝えなきゃいけないというところは2回繰り返す。あとはスピードの緩急ですね。畳み掛けるところはバーッと速く、でもここがポイントで質問にも答えて欲しいというところはゆっくりめに、と心掛けています。

■「加計学園のとき、YouTubeを意識し始めた」

――田村議員は2期目(2010年初当選)ですよね。そういうことは最初から意識できていたものなんでしょうか。

田村 そうですね……じつは加計学園問題も取り組んでいて、そのときにテレビ中継が入っていない委員会でもYouTubeで見て頂けているということが分かって。ですから「YouTubeで見てくれている方に分かりやすく」というのはその加計学園のときに意識が始まりましたね。2期目に入って余裕が出てきて、演出的な部分にも気が回るようになったかなと思います。

――伝え方は大事だと。

田村 私も「なるほど」と思ったのはTwitterに「お酒飲みながら(国会中継を)見よう」という投稿があって。見ていて「これ面白いね」「気持ちがスカッとする」というのは結構重要なポイントだと思います。もちろん重いテーマのときはスカッとする質問にはならないんですけど。

――「桜を見る会」問題での安倍総理の反応はどう見ていますか。

田村 11月8日の予算委員会で私の前まではヤジも飛ばしていたのに、私が質問を始めた途端静かになって、総理に向けて質問しても応えない。痛いところをついたのだろうなと。11月15日のぶら下がり取材で「次の質問は?」と記者の質問に応えたのも異例でしたよね。私が注目しているのはそこでホテルとの関係についてばかり話し、「桜を見る会」本体についてはほとんど触れなかったこと。そこはやっぱり弱点なんだろうと思います。

■「ジャパンライフ」元会長を誰が招待したのか?

――これからのポイントは?

田村 今週(11/25〜)はマルチ商法を展開し破綻した「ジャパンライフ」元会長が招待を受けて、それを宣伝に悪用した件を追及しています。2014年にこの会社は行政指導を受けているのですが、そのあと2015年に「桜を見る会」に招待されている。

 しかも個人宛ではなくて、会社宛に送られた招待状だったんです。これまでは誰が招待したか分からなかったのですが、内閣府の資料から「受付票に書かれている番号」を発見しまして、どうやら総理、副総理や官房長官など推薦者ごとに番号が振られているらしい、と。「ジャパンライフ」の元会長は「60番」が振られていました。それが誰によって招待されたものなのかというのを国会でも探っていきます。

――最後に、田村議員とお話ししていて、国会答弁でもそうですが、声が通る印象を受けました。学生時代は混声合唱団に入っていたそうですね。

田村 そうです、小学4年生からずっと合唱をやっていました。発声法?はよく分かりませんけど、国会質問中も私のときはボリュームを落としますし(笑)。

 早稲田大学時代に学費値上げがいきなり発表されたことがきっかけで、共産党の学生活動を始めたのですが、一方で混声合唱団も続けていました。当時はバッハとか歌っていましたから。「ハンドマイクでの演説」と「合唱」を二足のわらじのように。ですから声が通るというのはよく言われますね。

写真(人物)=杉山拓也/文藝春秋

たむら・ともこ/参議院議員。1965年長野県小諸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2010年、参議院初当選。2016年4月党副委員長就任、7月再選。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)