ノーベル賞候補の娘が「初夜」から逃げ出し“結婚解消”――「鳥潟静子の結婚解消騒動」とは?

ノーベル賞候補の娘が「初夜」から逃げ出し“結婚解消”――「鳥潟静子の結婚解消騒動」とは?

「事件」を大々的に報じた東京日日新聞

 いまこんな「事件」が起きたら、テレビのワイドショーや週刊誌はさぞ大騒ぎするのではないだろうか。

 ノーベル賞候補に推薦された著名な医学者で大学教授の娘が、父の教え子の医師と結婚したものの、初夜に夫から性病感染を聞かされて結婚を解消。それを世間に公表した。双方が家ぐるみで自分の側の正当性を主張。メディアに大々的に取り上げられた。

■「タテに一本化された支配・服従の家族倫理にヒビが入り始めた」

「 佐藤選手の投身自殺 」でも述べたが、性病が社会に蔓延していた時代を裏付けているが、この事件はさらに、生まれつつあった女性の権利主張の動きの先駆けともなった。橋川文三「日本の百年7アジア解放の夢」は、「家族倫理の地スベリを背景にしている。親には孝行、天皇には忠節、夫には従順という、タテに一本化された支配・服従の家族倫理にヒビが入り始めたのである」と説明している。メディアの取り上げ方、騒ぎ方も含めて、現代にも密接につながる問題だといえる。

「鳥潟博士の令嬢 初夜に『結婚解消』 男性の利己主義を一蹴し 父君の説得も効なく 心の純潔を求めて」。こんな見出しで東京日日新聞朝刊社会面の約半分を使った記事が載ったのは1932年11月30日。この年は、この「昭和の35大事件」で取り上げた事象が集中している。3月には玉ノ井バラバラ事件が発生し(10月解決)、「満州国」が建国。10月にはギャング共産党事件も起きている。

 東京日日の記事本文はこうだ。「京都帝国大学外科教授鳥潟隆三博士の長女・静子さん(23)は同志社高女から山脇高女専攻科に学んだ才媛で」「京大医学部整形外科教室に勤務している京都府何鹿郡以久田村出身、医学士・長岡浩氏(28)と婚約を結び、10月30日、両人は前京大教授・市川清夫妻を正式な媒酌人として、京都・平安神宮で結婚式を挙げ、京都ホテルで披露宴を開いたが、その夜、長岡氏がとった行為に静子さんの疑惑が生じ、追究した結果、長岡氏が性病であることを告白したので、静子さんはそのまま父君の許へ帰ってしまった」

■ほとんど安全である程度の症状であることを説明

 記事には、見合い写真のような振り袖姿の静子と、長岡の顔写真も添えられ、プライバシーそっちのけの実名報道。「長岡氏がとった行為」の「行為」が中見出しのように大活字になっている。静子は、従姉が夫の性病に感染して重い関節炎を患っていることから、極端に性病を恐れていた。「仲介者である市川博士は長岡医学士の体を専門医に診せ、既にほとんど全治しているとの説明を得て静子さんに提示し」た。この後が面白い。

「(市川博士は)父君鳥潟博士と共に、性病の経験なき配偶者を求めることの困難なことと、絶対に感染の恐れなしとはいえぬまでも、ほとんど安全である程度の症状であることを説明し、静子さんの意を翻すべく努力した」。

■すぐさま平安神宮で結婚解消報告式

 だが、「静子さんは両博士の言うところは、いずれも男性の利己主義から出たもので、女性に対する大なる侮辱であると『応酬』(大活字)し、決然として結婚の解消を主張したので、鳥潟博士もさすがに苦しい立場に陥り、遂に11月9日、平安神宮で結婚解消報告式をあげると共に、同日付両博士連名で挙式解消の挨拶状を、結婚披露に招待した親戚、知友に送った」。

 その中では「その夜、浩より浩自身に関する意外なる事実の告白ありたるため、当夜における結婚儀礼の完了中絶のやむなきに至り」とした。記事が載った紙面の最下段には「淋病専門」などと銘打った病院の広告がいくつも並んでいる。

 さらに記事は、当事者それぞれの言い分が見出しと記事で詳しく紹介されている。「静子さんの主張 『隠して居た行為が心外』」「両家の言ひ分 恐しい従姉の実例 解消の外なかつた 妻の信を失へば夫の資格なし 鳥潟隆三博士談」「『まるでペテンにかゝつた心持』 長岡君の父と兄の談」「始めて知った『近代娘』の心 これからの男は楽ぢやない 媒酌の市川博士談」。中には「長岡君に同情集る」という記事もある。何も隠すものがないような報道といっていい。

 記事にはまた「妻たる女性から弾劾された長岡浩氏は、京都府何鹿郡以久田村の実家に引きこもっているが、同家は界隈の名望家で、数代続いて医を業として、父保氏は現に同村村長、実兄誠氏は綾部町で医師を開業している」とある。地方の名家のプライドがこの後、問題をこじらせる。

■追いうちをかけた父・鳥潟の妥協なき対応

 報道はこの後もすさまじい。2月1日付大阪毎日夕刊は、系列紙の東京日日の記事の前にこんなリードを付けている。「蜜の如き甘き愛を囁いた許婚との間の晴れの結婚式を挙げた其夜夫の性病を発見して新時代の女性の立場を護る為父を動かし、媒介者を動かし、遂に世にも奇抜な結婚解消報告式を挙げ男性に対して重大なるプロテストを投げ掛けた一女性がある」(原文のまま)。記者(デスク)の意気込みというか、面白がっているのが分かる。

 父の鳥潟隆三は秋田県出身。京都帝大医科大(現京大医学部)を卒業後、大阪医学校(現大阪大学)教諭などを経て京都帝大教授に。学生時代から「秀才中の秀才」とされ、外科学と血清細菌学の権威となり、免疫元「コクチゲン」の発明によって1939年のノーベル医学・生理学賞候補に日本人研究者から推薦されたが、受賞は逃した。

「覇気満々たる人物で、すこぶる自信が強い」「執拗な性格と率直な性格と容易に人と妥協しない」「一面親分肌」などと友人、知人に評される性格。そうした鳥潟の個性が問題の対応にも表れたのだろう。その姿勢に長岡家も態度を硬化させる。

■「鳥潟博士の発表された虚構の言葉」長岡の兄による声明書

 12月1日付大阪毎日朝刊は、長岡の兄・誠の声明書の内容を掲載している。「今年1月に、弟が鳥潟氏から結婚を申し込まれた時、約束はしていなかったが、某家との縁談があった際でしたので、最初はお断りしましたが、熱望されるままについに婚約が成立し、爾来10カ月の間、弟は令嬢とも交際し、鳥潟家へも出入りしていました」。

新婚初夜、弟から呼ばれた2人の宿泊先の奈良のホテルに駆け付けた兄は「まず私の胸を衝いたのは、常に口数の少ない弟のことさら沈んだ様子と、新婦の結婚前と変わらぬ水のごとき冷静さでした」と述べる。

「私たちはその時、弟の実に真摯な告白を聞いたのです。これを社会に公表することは私としては躊躇するところですが、鳥潟博士の発表された虚構の言葉に対し、愛嬢の将来を思われる骨肉の衷情を察することはできるのですが、ここに公表せねばならぬことはやむを得ないことです」

■記事の見出しには「初夜に鳴いた雉」

 声明書は、長岡が婚約2年前に「ごく軽度の淋疾に感染しましたが、ただちに治療法を講じて、婚約前には細菌学的にも全治とみなすべき状態にあったのです」とした。鳥潟家側から届いた覚書が「あまりにも予期しなかった」と不満と怒りをのぞかせ、「弟のような静かな性格には、理知よりも人間味、賢明よりも真情のある人を妻にしてやりたいと思います」と悔し紛れの言葉をつづっている。

 この記事の見出しは「初夜に鳴いた雉」。記事の最後に謎解きがある。「その当夜、弟がもし不幸にも鳴かざる雉として新婚生活の第一線に入っていたならば、きっと撃たれることはなかったでしょう」。つまり「キジも鳴かずば撃たれまいに」になぞらえているわけだ。

 では、 最初の記事 の「長岡氏のとった行為」とは何だったのか。それを記した鳥潟家からの覚え書きの内容が12月2日付大阪毎日夕刊に載っている。「(長岡が)コンドームを使用することを静子に告げたるをもって、静子は不安の念にかられ……」。密室の秘密が暴露されている。ここまであからさまにされてはと、長岡の兄の気持ちが分からないでもない気がしてくる。

■「当然二人の間で解決さるべきである」という長岡家の反論

 これに対する反論を全てぶちまけたような長岡の父・保の覚書も同じ紙面に掲載されている。「婦女のいったん嫁するや、偕老同穴、生死を共にするの覚悟をもってこれに臨むべきものなることはわが国古来の良風美俗にして、吾人の最も期待するところに御座候。

 しかるに、静子氏らにおいて、如上の用意と覚悟を欠き、温情なく冷静水のごとき処置に出でたるにかんがみる時、静子氏をめとることは当方将来のため面白からずと存じ、ここにお申し出に対し、破約を承認するのやむを得ざるは甚だ遺憾とするところに御座候」

 さらに、長岡本人のステートメントも出ている。「私はあらかじめ告白するべく決心していたし、また自分から進んでこれを打ち明けた」「これを秘して夫婦生活の一歩を踏み、肉体的には無難でも、心に影のある生活に入ることは、私の性格として耐えられないところである」

「当然二人の間で解決さるべきであると信じていた。私はその結果が破綻に導くとは考え及ばなかった。私は古い傷に痛みを感ずるけれども、それを告白したことを悔いたくない。私の傷をも抱擁してくれる人が世の中にあることを信ずる」

■「これは要するに愛の欠陥の問題」

 12月3日付大阪毎日にはこんな記事も。神戸地裁の松浦嘉七判事は長岡の親戚で、市川博士と交渉してきたが、問題が表面化すると、厳正中立な立場から問題を再批判し、「最後的判決書ともいうべき声明書」を同紙に公表した。その中ではこう指摘している。

「長岡浩君は婚姻の実をあぐるに際し、『二年前の疾患は全治していることを確信』し、万全の策として不自然な手段をとったというのであるが、医学上の素人からは『万全を期するため』という言葉の中に、その全治に対する信念を疑われても仕方ないという弱点があるとともに、これが告白の時期についても、他に方法がありはしなかったかということなどを考える時、何としても手落ちがあったことを否むことはできないであろう」

 そして、問題の核心に触れる。「これは要するに愛の欠陥の問題だと思う」「二人の間には燃ゆるがごとき愛は醸成されていなかった、十分なる精神的結合ができていなかったのである」

【参考文献】
▽橋川文三「日本の百年 7 アジア解放の夢」 筑摩書房 1978年

ドロ沼化した男女の騒動が“因習結婚の崩壊”を知らせた――「初夜」の暴露合戦が世間を賑わすまで へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)