中国人の「ギャンブル」「詐欺」産業が集中するカンボジアのシアヌークビルに潜入した

中国人の「ギャンブル」「詐欺」産業が集中するカンボジアのシアヌークビルに潜入した

建設ラッシュのシアヌークビルの中心部。カジノ勤務の地元女性が歩いている

 空港に着いたらそこは中国だった。中国人がベンチに座ってスマホをいじりながら国民的ソフトドリンク「王老吉」を飲んでいる。ここはカンボジアの地方都市なのに。

 私が訪ねたカンボジアの海沿いの街「シアヌークビル」は、昔は西洋人バックパッカー(ヒッピー)にひそかに人気のビーチリゾートだったが、今はすっかり中国化したと報じられている。空港では、早速中国人の男性による会話や痰吐きの音が左右から聞こえる。日本円が両替しづらい代わりに従来から米ドルが普通に使えて、加えて人民元も流通している。

■まるでバットマンの舞台ゴッサムシティ

 現地メディアの「クメールタイムス」によれば、今年に入りすでにカンボジア全土で1000人以上の中国人が逮捕されたとか。カンボジアの中国人絡みのニュースでも、シアヌークビル関連の件数は突出している。詐欺を行っていた数百人を母国中国に強制送還だとか、同胞の中国人を複数拉致監禁していた中国人を逮捕だとか、中国人同士がストリートファイトをしたとか、中国資本による建設中のビルが崩壊したとか、ニュースの数は食傷気味になるほどある。それはまるでバットマンの舞台ゴッサムシティのような街に聞こえる。

 一方で、外務省の海外安全情報によれば、「全土で危険レベル1:十分注意してください。」となっていて、シアヌークビルだけ特別悪い中国人が暗躍しているので渡航をお控えください、とは言っていない。実際に旅行で訪れている日本人もいるようなので、私もこの目で現状を見ようとシアヌークビルに降り立った次第だ。見渡す限り、悪そうな中国人ではなく、中国の地方都市で見るようなゆるい中国人ばかりだ。

■2年前から中国人が大挙してやってきた

 シアヌークビルの空港から市内までは遠いうえに空港バスがない。より正確にいえば、中国語が話せれば市内のカジノまでワゴン車による送迎バスはある。私はホテルが用意したタクシーに乗り、舗装が不十分なガタガタ道を行く。時々道沿いに見える看板はみな中国語で、中国の奥地を車で移動しているかのようだ。

 運転手は44歳になるカンボジア人の男性だ。彼は英語を話せるが、中国語は話せない。昔は西洋人や日本人がやってきたが、2年前からカジノやオンラインのギャンブルビジネス目当ての中国人が大挙してやってきた。外国人観光客が激減、日本人に至っては消えたという。カンボジアでカジノを近々排除する方針にしたことから、最近はカジノ関係者が減って、中国と貿易を行う中国人が残っているという。

■中国の街を完全再現しようと計画

「中国は嫌いだが、息子や娘も養わなければならないなかで、この仕事がどこまで続くかわからない」とカンボジア人ドライバーは恨み節をずっと語っていたが、会話の途中で一旦車を止めて男性はこちらを向いた。「ここから見えるのがチャイニーズエリアだ」――高台から見下ろした先には、中国を長く見ている私にとって見慣れた中国あるあるの高層建築物が無数に建っていた。開発ラッシュだ。

 シアヌークビルの街中に入ると、さらに「中国らしさ」は増していく。大通りも中国語で書かれた建物が目立つが、中心部で裏通りに足を踏み入れると、いよいよほぼすべて中国語の看板ばかりとなっていく。肝心のカンボジア人がやりくりする店舗のほうが少ないくらいだ。

 カジノがある中心部から離れたエリアは通称「中国城」と呼ばれており、中国式団地までも複数建てられ、中国の街を完全再現しようと目下計画が進んでいる。中国城にカンボジア要素は皆無で、むしろ中国の地方都市そのものと化している。「中華街」なんて表現が甘っちょろく見えるほどに、どうみても中国の片田舎の街そのままだ。ときおりカンボジア人と話すときだけは、ああ外国なんだなと我に返る。

■中国式管理が抜けた、パラレルチャイナ

 今の中国にあって、シアヌークビルにないものがある。監視カメラだ。逆に今の中国からは消えて、昔の中国のようなシアヌークビルにあるものもある。工事現場のトタンの壁や街角のコンクリート塀に貼られた闇金やギャンブルや風俗業者の貼り紙だ。おっさんの街だからか、中国ではよく見かけるクレーンゲームの代わりにカジノのほかギャンブルゲーム台や入れ墨屋が目立つ。

 最近の中国は違法サービスを排除し、市民を監視することで中国式の「よりよい社会」を構築している。シアヌークビルは中国式管理が抜けた、パラレルチャイナになっていた。

 店の名前を見てみると、中国本国でお馴染みのチェーン店がある。日本にも進出した火鍋チェーン「海底撈火鍋」が住宅地にしれっとあるほか、街歩きをしていると有名なスーパーの名前を冠した個人商店や、街の家電屋程度にコンパクトになった家電量販店が次々に見つかる。念のため見つけた店の中国サイトを確認しても当該店はリストになく、これらは全部ニセブランドの店舗だ。

 日本で例えるならば、「東横イン」「サイゼリヤ」「丸亀製麺」「ヨドバシカメラ」「イオンモール」といった全国展開のチェーンから、「日高屋」や「スーパー玉出」や「セイコーマート」や「牧のうどん」といった地域限定のブランドまで勝手に名乗る店舗があると思ってもらえればいい。カンボジアのシアヌークビルは、中国のどの都市よりも様々な(ニセ)チェーンが集中していた。

 中国人経営の店舗の中も、棚の並べ方からレジの仕組みまで本国そのもの。日本のリアル中華街よりも、より本場感がある。おまけにキャッシュレスのアリペイやウィーチャットペイが利用可能だ。これは決済システムではなく、送金扱いでやっていること。つまり、中国に銀行口座を持っていて、アプリを利用するための中国の電話番号があって紐付けできている人が対象になっている。だからカンボジア人は現地に住んでいながら、まったくキャッシュレスの恩恵は受けていない。

■カンボジア人が貧しくなったわけではないのだが……

 中国人の経営する商店やレストランは、中国製のエアコンがかかった中国の田舎にありがちな建物で、カンボジア人向けの商店はリアカーだったり、よくてエアコンのない暗い店舗となっている。中国人が入ったことでカンボジア人が貧しくなったわけではないのだが、それにしてもあまりにも店構えが違う。

 カンボジアにはあまりオリジナルの飲料がないので、中国から輸入したジュースを米ドルで購入してボトルを片手に街を歩く。すると周囲のカンボジア人は何か怯えているかのように私を見るのに気づいた。どうも私を中国人と思っているらしい。中国商店でしか買えない中国のペットボトルを持っている私は、カンボジア人にとってはトゲバットを持っているチンピラのように見えるのだ。

■お互い近寄ろうとはしない

「いや、私は日本人の旅行者なんです、中国語が話せるので」と説明した上でカンボジア人に英語で話を聞いてみると、シアヌークビルでの逮捕ニュースを日々見ているため、中国人は乱暴で犯罪に手を染め、関わってはいけない人たちだと思っているのだという。

 逆に中国人はカンボジア人を面倒臭がっている。中国人に話を聞くと、特に路線バスがないシアヌークビルで唯一の交通手段であるトゥクトゥク(三輪タクシー)での運賃交渉で、足元をみられ本来の額の何倍もの額を提示されることをはじめとして、ぼったくられると不満を語る。英語やカンボジアのクメール語を話そうとする中国人は極めて少なく、言葉がわからない同士でやり取りしており、お互い近寄ろうとせずお互いのコミュニティ内で生活している。

 中国城は、シアヌークビルの中でもとびきり中国人同士のトラブルが頻発する地域としてカンボジア人に恐れられている。それもそのはず、中国城は中国のマッチョな兄貴たちが全力で街づくりをしているところなので、ちょっとしたトラブルから肉体と肉体をぶつけ合い、まれに拳銃まで出てくるケースもあるのだという。

 昼間こそ彼らは工事現場にいてのんびりしているが、夜になれば一斉に上半身裸の兄貴たちが戻ってきて、中国の飯屋に入ってはビールを片手に食事をかきこむ。私も食堂に潜入して中国人のふりをしてチャーハンを注文したが、そこでは気が強くて強そうな人や気が弱くて強そうな人が円卓に座り、会話をしていた。たしかにちょっとした誤解で拳と拳で会話しかねない、そんな感じは受けた。

 豪快なのは作業員だけではない。建設が急ピッチで進む中国城ではたくさんの大型トラックが往来する。筆者が道沿いの別の中華食堂で食べていたところ、大型トラックが低速ながら店の柱にぶつかってきて驚かされた。しかし中国人店員はちょっと様子を見ただけで、何事もなかったかのように元の場所に戻りスマホをいじり始めた。「大丈夫ですか?」の質問には店員は「大丈夫。よくある」といい、まったく動揺していなかった。

■マッチョな兄貴とは別の、怖そうな人たち

 マッチョな兄貴とは別に明らかに怖そうな人たちがいる。シアヌークビルで数え切れないほどあるカジノの中の中国人だ。特に経営者であろう中国人は、より近づきがたいオーラがある。会話をこっそり聞いていると、たまたま出身について話し合う会話を聞くことができた。聞いた限りではもともと風俗産業などグレーゾーンなビジネスが多い広東省の深センと広州の間にある東莞という街出身であり、それは例えるなら歌舞伎町が厳しくなったから小岩に移動するような、それをもっとスケールを大きくしたようなものに聞こえた。

 利用者も怖そうな人々ばかり。カジノの中はスロットもあるが、バカラがとにかく人気で入れ墨のある中国人中年らがタバコを吹かしながら、初々しいカンボジア人の若者のディーラーの前で米ドル札を置いて賭けていく。ただ、札束が飛び交うような世界ではなく、置かれているのも5ドル札や10ドル札ぐらい。1円パチンコのような庶民的な世界であった。カジノは中国庶民の暇つぶし、そこはマカオではなくシアヌークビルなのである。

 もっともダメ中国人が集まりそうなシアヌークビルだが、明らかに善良ともいえる中国人もよく見た。それが(ニセブランドであれ)商店や食堂や宿を開いた中国人だ。彼らはシアヌークビルに進出した知人友人やネットの口コミをみて、これはビジネスのチャンスとばかりに、シアヌークビルに移動して店を構える。中国語で話すと実に本国同様にフレンドリーにいろいろ喋ってくれる。中国人はすぐ転職すると言われるが、遠く離れた異国の街でもさっと引っ越して店を構える。

 そうした勢いもあって2年間で一気に、パラレルチャイナは出来上がった。

 今後はさらに国際連合工業開発機関(UNIDO)の公認のもと、中国深セン都市計画研究院とカンボジア政府が協力し、シアヌークビルを金融センターの街にするという。さらなる中国化でシアヌークビルは激変していくのは間違いない。

写真=山谷剛史

(山谷 剛史)

関連記事(外部サイト)