殺された大将は「機関銃94発が命中していた」 担当検事が振り返る、残忍すぎた二・二六事件とは

殺された大将は「機関銃94発が命中していた」 担当検事が振り返る、残忍すぎた二・二六事件とは

二・二六事件発生時 ©文藝春秋

軍上層部の弛緩から起った二・二六叛乱軍はどの様にして鎮圧されたか、担当検事の綴る秘録
初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「二・二六事件秘録」( 解説 を読む)

 二・二六事件といえば、もう19年も前の出来事であるが、私の検察官生活を顧みてこの事件は最も思い出の深いものの一つである。二・二六事件の前哨戦ともいうべき血盟団事件や五・一五事件(民間側)には、私が東京地検の検事として捜査及び第一審の公判立会を担当したのが因縁で、二・二六事件でも民間側の主任検事として軍側の捜査に協力することになったのである。

■首相官邸から国会議事堂の辺りは通行止め

 想い起すと、丁度昭和11年2月26日の早暁のことであるが、私はまだ床の中に入っておってウトウトしておると、枕許においてあった警察電話のベルがけたたましく鳴る。私は不吉な予感を抱きながら急いで受話機をとると、当時の警視庁特高課長の毛利基氏からの電話で「今暁叛乱軍が首相官邸などを襲撃した。然し、まだ詳しいことは判らないが一応報告する」というのであった。

 私は、急いで床から飛び出し、すぐ身仕度をして当時の住居であった池袋4丁目の自宅を出ていつも検事局に通勤するときの順路である池袋駅から省線(今の国電)に乗り市ヶ谷駅で下車し、それから当時市ヶ谷新橋間を通っておった黄バスに乗った。すると、乗客の内の誰かが「けさ何か起ったらしい」というようなことをいっており、私は、これは叛乱事件のことをいっておるのだと思った。

 このバスは、普通は市ヶ谷から?町4丁目に出て平河町から左に曲り国会議事堂の北側を通り裁判所のところに出て新橋に行くのであるが、この日はバスが動き出すと、車掌が「けさは何か事故があったようで、このバスは平河町から右に折れて山王下から新橋に行くことになりましたから」といっていた。私はこれは叛乱事件のため首相官邸から国会議事堂の辺りは通行止めになっておるのだと思ったので、?町4丁目でバスを降りて、通りがかりの円タクを拾った。

■「車のままでは困るからこれから先は歩いていってもらいたい」

 半蔵門のところまで来ると、両側から銃剣の兵隊さん達が私の車をとりまき「これから先は行くことが出来ないから戻ってくれ」という。私はそのときはまだこの兵隊さん達が叛乱部隊の人達とは思わなかったのであって、実は、首相官邸等を襲撃した連中は、五・一五事件のときのように、襲撃後はすぐ引き上げて、その後を警備しておる正規の兵隊さん達だとばかり思い込んでいたのである。

 それで、私はこの人達に名刺を出して「これから検事局に登庁するのだから通してもらいたい」と頼んだが、中々承知してくれない。2、3押問答をしておるうちに、1人の下士官が「何だ何だ」といいながら出てきた。私が前に血盟団事件や五・一五事件(民間側)の主任検事であった関係で陸海軍部内でも多少私の名前が知られておったためか、その下士官も私の名前を知っておったらしく「木内検事殿ですか、それなら通ってもよろしい。しかし、車のままでは困るからこれから先は歩いていってもらいたい」というので、私は車をすてて三宅坂に向って歩いていった。

■まかりまちがえば突き殺された

 三宅坂のところまで来ると、また銃剣の一隊にとりまかれ、これから先は通せないから戻れといって聞き入れてくれない。それで、私は「半蔵門のところで通してくれたのだし、桜田門は眼の前であるから」といって更に頼むとやっと承知してくれたので、どうやら無事に検事局に着くことができた。

 三宅坂のところでは、参謀肩章をつけた陸軍の将校連中が大勢銃剣の一隊に阻止されて陸軍省や参謀本部に入ることが出来ずにウロウロしていた。

 検事局に着いてから警視庁に連絡して色々報告を聞いて見ると、これらの兵隊さん達は叛乱部隊であって、襲撃後もそのまま占拠しておるのだということが判り、私も知らぬが仏で、これらの兵隊さん達に力んで来たが、まかりまちがえば突き殺されたかも知れなかったと思い冷汗をかいた次第である。警視庁も叛乱部隊に占拠されておって小栗一雄警視総監以下警視庁の幹部は既に神田錦町警察署に移っていたのである。

■機関銃の弾94発が命中していた渡辺大将

 これから、私は二・二六事件の民間側の主任検事としてこの事件の捜査に当ったのは勿論、戒厳令が布かれてからは、検事局側の代表として戒厳司令部参議員(参議院会議の構成メンバー)に任命され、又軍官捜査連絡会議にも検事局側の代表委員としてこれに参加し軍側の捜査に協力することになった。警視庁側の委員は、当時の特高部長の安倍源基氏及び特高課長の毛利基氏であり、陸軍側の委員中には、その後太平洋戦争当時の首脳幹部となった人が多く、当時の軍事課高級課員武藤章中佐、兵務課長田中新一中佐、軍事課々員有末精三少佐、同課々員真田穣一郎少佐などなど錚々たる人々がおった。

 この日叛乱部隊に暗殺された主要な人物は斎藤実内大臣、岡田啓介内閣の高橋是清大蔵大臣、教育総監渡辺錠太郎陸軍大将らであって、岡田首相は難をのがれ、侍従長鈴木貫太郎海軍大将は負傷したが生命はとりとめた。ただこれらの人々の死骸を見て最も眼を蔽わされたのは、渡辺大将と高橋蔵相であって、渡辺大将は、機関銃の弾94発が命中しており、又後頭部等に3ヵ所も致命的切創を受けておって、寝室の周囲等には無数の弾痕があった。高橋蔵相も拳銃の命中弾3ヵ所、大小切創5ヵ所という傷跡で残忍悽愴の感に打たれ、洵に遺憾に思った。

 次に「陸軍大臣告示」から討伐までの経緯について一言したい。二・二六事件の首謀者である青年将校連の間では、昭和11年2月22日に集団的一斉蜂起の最終的決定をなし、2月25日夜麻布第三連隊に叛乱部隊を集結し、翌26日午前5時を期して予定の計画を決行したのであるが、この事件が勃発するや、陸軍の最高首脳部は直ちに宮中に集り、これが鎮圧策を講ずるために陸軍々事参議官会議を開き鳩首協議の結果、軍事参議官一同の意向を文書にしてこれを叛軍に示して鎮撫せんとしたのである。

 ところが、朝香、東久邇の両大将宮も軍事参議官であってこの会議にも列席しておられたから、軍事参議官一同の意向として発表することは皇室に累を及ぼす虞があるという意見も出たので、同席の陸軍大臣の川島義之大将の承諾を得て、この意向を「陸軍大臣告示」という形で発表することになったのである。

 この告示の案文は、軍事参議官の荒木貞夫大将がその席におった軍事調査部長の山下奉文少将に口授して筆記せしめたのである。

 その文言は

「陸軍大臣ヨリ
 一、蹶起ノ趣旨ニ就テハ天聴ニ達セラレタリ
 二、諸子ノ行動ハ国体顕現ノ至情ニ基クモノト認ム
 三、国体ノ真姿顕現ノ現況(弊風ヲモ含ム)ニ就テハ恐懼ニ堪ヘス
 四、各軍事参議官モ一致シテ右ノ趣旨ニヨリ邁進スルコトヲ申合セタリ
 五、之レ以外ハ一ニ大御心ニ俟ツ」
 というのである。
(註) 右側傍線の部分は、次に述べるが、後になって訂正されたのである。
警備司令官の香椎浩平中将もその席におって山下少将の傍でこれを筆記したのである。

■引上げるように説得させる考え

 軍事参議官一同の意向としては、山下少将は平素から叛軍の幹部である青年将校連からも好感を持たれておったので、同少将にこの「陸軍大臣告示」を持たせて叛軍の占拠しておる陸軍官邸に赴かしめ、叛軍の幹部連にこの告示を示して、陸相や軍事参議官一同もこの通り汝らの蹶起の趣旨はよく了解しておるのであって、決して犬死させないから一応占拠地から原隊に引上げるように、といって説得させる考えであったのである。

 ところが、香椎警備司令官としては、職責上この告示を少しでも早く叛軍に伝えて之を鎮撫したいとの一念から直ちに警備司令部に電話して参謀長の安井藤治少将にこの告示を筆記させこれを隷下の師団長に通達し叛軍に伝達させようとしたのである。そこで、安井参謀長は部下に命じてこれを謄写に付し、近衛師団長の橋本虎之助中将と第一師団長の堀悌吉中将とに通達しこれを叛軍に伝達して鎮撫するよう命じたのである。

■自分らに都合のよいように利用した

 橋本近衛師団長はこの告示を見て少しく疑義を抱いたのでこれを隷下に伝達せずに握り潰してしまったのである。

 掘第一師団長は忠実にこれを叛軍に伝達したのであるが、叛軍側はこれを以て奇貨措くべしとして、この告示を自分らに都合のよいように宣伝の具に使い彼等の蹶起を正当化する手段に利用したのである。

 然るに、香椎警備司令官がこの告示を安井参謀長に電話した後で又々軍事参議官会議において「この告示の字句訂正」の議が起り、そのため前述の「告示」の文言の内の傍線を付しておいた部分が次の通りに訂正されたのである。

 その文言は

「陸軍大臣ヨリ
  諸子蹶起ノ趣旨ハ天聴ニ達シアリ
  諸子ノ真意ハ国体顕現ノ至情ヨリ出テタルモノト認ム
  国体ノ真姿顕現ノ現況ニ就テハ我々モ恐懼ニ堪ヘサルモノアリ
  軍事参議官一同ハ国体顕現ノ上ニ一層匪躬ノ誠ヲ致スヘク
  其以上ハ一ニ大御心ヲ本トスヘキモノナリ
一、?? ?以上ハ宮中ニ於テ軍事参議官一同相会シ陸軍長老ノ意見トシテ確立シタルモノニシテ閣僚モ亦一致協力益々国体ノ真姿顕現ニ努力スヘク申し合ハセタリ」

 というのである。

■飛行機からまかれた「今からでも遅くはない」の告示

 この告示が決定したのは、26日の午後2時過ぎ頃であるが、叛軍はこの告示や軍事参議官連の叛軍幹部と膝をつき合せての説得に対しても承服せず、彼等は真崎甚三郎大将を首班とする一種の軍事内閣の成立を熱望して一歩も譲らなかったのである。それで鎮撫の方法として叛軍を一応正規の部隊と認めることになり、同日午後4時過ぎ頃香椎警備司令官は叛軍を隷下の渋谷部隊(渋谷大佐の率いる歩兵第三連隊)に編入せんとしたが、叛軍の幹部連はこれに服せず、寧ろ小藤部隊(小藤恵大佐の率ゆる歩兵第一連隊)に編入されんことを要望したのでこれを許し一応小藤部隊に編入することになったのであるが、尚も彼等は陸軍上層部の弱腰を見すかしてなんと説得しても占拠地から引上げることを拒否しつづけたのである。

 そこでやむなく同日午後4時20分頃に至り戦時警備令を発動し、他面尚引続き説得に努めたのであるが、どうしてもこれに応じないので翌27日午前4時20分遂に戒厳令を宣布することとなり、香椎警備司令官が戒厳司令官に任命されたが、陸軍最高首脳部としては彼等の説得に最後の努力をしたのである。それにも拘らず少しもその効なく、一方、天皇陛下からはお叱りを受ける始末で、その翌28日には到頭次のような奉勅命令が発せられたのである。

「奉勅命令
 戒厳司令官ハ三宅坂附近ニ占拠シアル将校以下ヲシテ速カニ現姿勢ヲ撤シ各所属師団ノ隷下ニ復帰セシムヘシ
    昭和十一年二月二十八日
    奉勅 参謀総長 載仁親王」
 載仁親王とは閑院元帥宮のことである。

 この奉勅命令から推しても陛下がいかに御宸襟を悩まされたがが窺われる。

 奉勅命令が出ても叛軍は尚もこれに応じないので、翌29日愈々討伐命令が発せられ彼等も漸く観念して同日午後2時に帰順することになったのである。その間、大久保大尉筆にするところのあの有名な「今からでも遅くはない」という名文句の「兵に告ぐ」という戒厳司令官の帰順勧告の告示が放送され又飛行機からこのビラがまかれたのである。

■陸軍上層部の「事勿れ主義」が見過ごした“クーデターの兆候”

 然し、多少とも当時の陸軍部内の事情に通じておるものには、何れは二・二六事件のような事件が勃発するであろうということは予想されていたのである。

 殊に、昭和11年初頭に最も過激な国家革新の思想を抱懐し一斉蜂起の機を虎視眈々として覘っておった青年将校の一団の所属する歩兵第一連隊や第三連隊を隷下にしておる第一師団の満州移駐が発表されてからは、彼等は陸軍上層部が自分達を敬遠し遠島仰付ける意味でこの処置に出たものと深く思い込むに至ったから、事は一層面倒になり、彼等は必ずや渡満前に一斉蜂起を決行するだろうと考えられていたのであって、斯様な状勢にあることは陸軍上層部の人達は十分承知していた筈である。

 然るに、これに対して何等の対策を講ぜず唯々拱手傍観その日ぐらしの事勿れ主義の態度で終始していたため、二・二六事件が勃発するや、恰も天災地変が一時に突発したかのように周章狼狽、ただ鎮撫だ説得だと騒ぐのみで却って叛軍側に足許を見すかされて引き廻され、結局は、陛下の御一言でやっとフラフラ腰を立て直したのであって、陸軍上層部の無能というか、あのブザマな姿を見ては、洵になげかわしい次第である。

(元最高検察庁次長検事)

(木内 曽益)

関連記事(外部サイト)