【“愛子天皇”は是か非か】「皇族の女性はモノ的に扱われてはいないか」三浦瑠麗氏インタビュー

【“愛子天皇”は是か非か】「皇族の女性はモノ的に扱われてはいないか」三浦瑠麗氏インタビュー

三浦瑠麗氏 ©文藝春秋

【”愛子天皇”は是か非か】「悠仁さまを”差し置く”ことで起こる順位逆転の危険性」櫻井よしこ氏インタビュー から続く

 いよいよ安定的な皇位継承をめぐる議論が始まる。最大の焦点は「女性天皇」「女系天皇」を認めるか否かだ。皇位継承の問題をどのように捉えるべきか、「週刊文春デジタル」では各界の識者に連続インタビューを行った。今回は、国際政治学者・三浦瑠麗氏に聞いた。

 ◆

 11月10日に行われた祝賀パレードの報道を見ていて気づいたのは、新聞に載った写真やテレビの映像の多くが、オープンカーに乗った両陛下のお姿を、雅子皇后の側から写していたことです。主役は天皇陛下のはずなのに。

 伝統、といいますが、いまの皇室は伝統よりも大衆的人気を中心として捉えられています。戦後に始まった皇室の改革には、国民との距離を近づける大きな効果がありました。けれども、大衆化が始まったこと自体は、皇室を政治化した明治以来のこと。

 その当然の流れで、今があるわけです。そんな中、女性皇族は注目され、黙って淑やかにしていることを期待されるなど、振る舞いをとやかく言われるようになりました。週刊誌などは、皇室の嫁姑問題を口さがなく報じます。つまり、伝統を重んじているようでいて、実は大衆社会の方がその当時の「世間的道徳観」を皇室に押し付けているわけです。

「女性が、自分の夫の存在によってのみ社会的に規定される」ことは、私にとっては耐えがたいこと。けれども、高齢世代にはそうした価値観が残っています。ですから、急進的に物事が変わるだろうとも思いません。さらに特別な身分制である皇室の問題は、一般的な男女同権と同列には語れないところがあります。

 ただ、各国の王室を見渡すと、王位継承については、長子相続が一般的になりつつあります。たとえばイギリスの王室は、男性優位の価値観を捨てました。土地持ちの貴族という身分制度が残るイギリスは、男女の格差よりも身分の格差を保つことのほうを優先したのではないかと思います。身分制を民主的な世論に合わせることで守ろう、ということですね。

 戦後の日本では、男女差別は残っているとしても、男性同士の間では平等性が高まった。身分制を守ることよりも、「男系男子」の皇位継承という原理原則が優先されてきたのではないでしょうか。先進民主主義国の中で日本のように女性を前面に出さないという選択をし続けてきた国は、いまや珍しいと思います。

■「愛子天皇」なら歴史問題から自由になる?

 皇室は、茶道や歌舞伎の名跡と同じように、天皇という身分であり役職を、特定の家系の中だけで引き継ぐ制度です。これは身分制度ですから、もともと差別や区別があるのは仕方がないと思いますし、男系がよくないとまでは言いません。

 しかし側室制度を廃止して、皇后のみにするという西洋式の婚姻関係にコミットした時点で、男系男子の伝統を長期的に維持できる見込みは失われていたと思います。将来的にいわゆる「男系男子」が悠仁さまお一人になってしまうことを考えれば、配偶者には重責がのしかかります。苦労された雅子さまという前例がありながら、男子の出産という大きな重圧を受け入れられる覚悟のある女性が、本当に現れるのでしょうか。そもそも、妊娠は女性だけでできることでもありません。不妊や男子女子の産み分けが女性の責任であるという風潮自体、間違っています。

 今後、日本の歴史のどこかでおそらく「女性天皇」という存在は出てくるだろうと思います。女性天皇が即位すれば、いまのような天皇の後ろに控える皇后としての女性像とは異なる像が誕生します。それは興味深いだろうと思います。

 男性の元首は本人が関わっていなくても、過去の戦争などにおける加害者性を付与されやすい存在です。もしも愛子さまが天皇となったとしたら、歴史問題の反発が向かうことは考えにくい。そう考えると、皇室がそうした歴史問題のくびきから自由になる時代もそう遠くないのではないかとも思えます。今後は、日本においても他国の王室と似たような皇室像になっていくと思うし、そのほうが健全だと思います。

■危険はらむ「代替可能な人気」

 最近、「悠仁さまでなく、愛子さまを天皇に」という意見を目にするようになりました。こうした、廃嫡を伴いかねない制度変更には不穏さがともないます。現実の生々しい利害が絡むからです。なぜ、ここへきて急にそうした意見が目立って表明されるようになったのか。もちろん男女同権意識の高まりも指摘できますが、それだけでなく、“本家が分家に乗っ取られる”ことを厭う大衆感情があるのではないか、と感じています。一般庶民の道徳観念の投影として、代々受け継いだ田畑が分家のものになるのは嫌だ、というレベルの話です。今回のご即位で、雅子さまのイメージがとてもよくなった中で、両陛下が大切に育てられた愛子さまが皇位継承の候補から除外されるのはかわいそうだ、という判官贔屓的な感情も、「愛子天皇待望論」の背景にあることでしょう。

 ここ数年、秋篠宮家の紀子さまが週刊誌などに悪く書かれる理由も、同じ構図に見えます。実態はどうだかわからないのに、雅子さまと競い合っている間柄にされ、お家騒動的に王朝ドラマ化されて、大衆的な娯楽と化しています。

 このような見られ方をするのは、皇室が開かれた存在になった結果です。ただ、大衆の人気を博すということは、その人気が他と代替可能になることも意味します。「熱狂する対象はポップスターでもよかったんだけど、たまたま皇室が話題になっているから」となれば、国の精神的支柱うんぬんではなく、キラキラしたドレスを着ている人たちのゴシップにすぎなくなります。その点も、私たちは注意深くならなくてはいけないのかも知れません。

■女性宮家は何の解決にもならない

 現実的な対策として、おそらく最初に妥協されるのは女性宮家の創設でしょう。現に適齢期の女性がいらっしゃるわけですから、この人たちが結婚しても皇族であり続けることを取りあえず担保しておくことができます。

 ただし、それだけでは皇位継承の問題は何の解決にもならない。男系男子での皇位継承をするとなれば、旧皇族の血筋の男系男子の一般人を皇籍に入れるか、そうした男系男子の血を引く一般人男性と内親王が結婚しなければいけないのです。現行の皇室典範では、配偶者が一般の男性では、生まれた子どもが「男系」の皇位継承者になれないからです。

 特定の男性との結婚を期待される、という状況は、お見合い結婚が一般的だった時代なら、さほど非人道的ではなかったのかもしれません。しかし私より20歳も若い現代の男女が、そんな人生に納得するのでしょうか。国を挙げて「お前、あいつと結婚しろ」と圧力をかけるのですから、とても無責任なことです。

 結婚相手を選ぶ自由は、皇族の女性にも最低限あるべきです。とすれば、女性宮家を作ることは解決への一歩ではあるけれども、独立した解決策にはなりえないのです。

 男系の女性天皇のみ容認して、愛子さまが天皇になるとしても、状況はさして変わりません。やはり、愛子さまに「皇室の血を引く男系男子を婿に取れ」と迫るような状況が生まれかねないのは同じです。天皇の役職という重荷を背負わせた上で、次世代への責任まで背負わせるというのは、非常な負担です。

 男系男子主義者が声高に意見を言うほど、彼らに対する支持はなくなっていくでしょう。なぜなら、皇族の女性やお妃候補の女性、さらには旧宮家の男性まで、このようにモノ的に扱うことになるからです。

 ただ一方で、私からすると、「これからは男女同権の時代だから、眞子さまにはこうあってほしい」といった意見も、「愛子さまには、男系男子と結婚していただかなければ」という意見も同列です。どんな権利があって他人の人生に関与しようとしているのか、慎重に考えなくてはいけません。

■「女性」「女系」の区別が理解されない理由とは

 世論調査では、女性天皇に賛成する声が多数ですが、女性天皇と女系天皇の区別がついていない人もたくさんいます。それは、保守派のロジックに対して大衆的な支持が寄せられていないことの証左です。「だからこの世論調査は間違っている」ではなく、これだけメディアが啓蒙キャンペーンをやっても浸透しないということは、「みんな、女性と女系どっちでもいいと思っているんじゃないか」という話なのです。

 私には、女性天皇や女系天皇に反対する理由が思いつきません。ただし考えておかなければいけないのは、皇位は特殊な家系の跡目相続の問題であると同時に、憲法第1条に「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と規定されている通り、天皇の存在が民意に裏打ちされているという点です。

 憲法は、変えようと思えば変えられます。皇室制度を維持したければ、民意の許容できる範囲内で、時代に合った皇位継承を取り入れていくことが合理的でしょう。

 一方で、日本は生身の人間を天皇や皇族としていただいていることも忘れてはなりません。彼らが負う重責や心理的な圧迫感は、想像するだにすさまじいものだと思います。伝統文化を維持し、明日への期待を抱けるような社会の雰囲気を作る努力を、皇室に任せきりではいけません。自らのプライベートや、家庭や家族を犠牲にしすぎてはいけないということ。このバランスが大切だと思います。

(三浦 瑠麗/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)