非公開の展望台と松虫姫伝説 終点・印旛日本医大駅“4つの謎”

非公開の展望台と松虫姫伝説 終点・印旛日本医大駅“4つの謎”

(c)鼠入昌史

 毎日乗り込む通勤電車。満員電車に揺られながら車内放送に耳を傾ければ、聞こえてくる終点の駅名はよく耳にはするけれど一度も行ったことがない。会社に行かずにそのまま電車に乗り続け、終点まで言ったらどんな世界が広がっているのだろうか……。

 と、電車通勤の社会人なら一度はしたことがあるはずのこの妄想。それを実際に叶えてみようということで、これまで筆者は東急田園都市線の 中央林間駅 やJR高崎線の 籠原駅 を訪れてきた。そして今回は京急・都営浅草線ユーザーには馴染みの深い「印旛日本医大駅」である。その駅名からは、「きっと医大があるんじゃないか」「なんかとっても遠くて田舎っぽい」なんてイメージを抱くことだろう。では、本当の印旛日本医大駅、一体どんな駅なのか。

■“日本一運賃が高い鉄道路線”の終点

 というわけで都心から約1時間、千葉県は印西市にある印旛日本医大駅にやってきた。北総鉄道北総線の終点。北総線はしばしば“日本一運賃が高い鉄道路線”として取り上げられる路線で、京成高砂〜印旛日本医大間を結ぶ。この区間は京成成田スカイアクセス線と共有していて、都営浅草線・京急の列車も乗り入れる。つまりは、羽田空港と成田空港を結ぶ超のつく重要路線。特急「スカイライナー」もこの区間を駆け抜けている。

 ただし、成田空港に向かうのはあくまでも“京成成田スカイアクセス線”。なかなかややこしい話だけれど、京急や浅草線内で「北総線直通」と案内される場合は、北総線終点の印旛日本医大駅どまりだ。あと少し頑張れば成田空港まで行けるのに、その列車が“北総線”の列車扱いだと直前で寸止めを食らう。この話だけでも、なんだか侘びしく虚しい印旛日本医大駅なのである。さっそうと当駅を通過していくスカイライナーがやけにカッコイイ……。

■ドーム状屋根、非公開展望台 2つの謎に駅員は首を傾げるばかり

 そんなやるせなさを感じつつ、印旛日本医大の駅舎である。珍妙な駅というのはあるもので、なぜかドーム状の屋根を持ちその中は展望台(が、非公開)。まるでモスクか教会か、と宗教戦争のきっかけになりそうな独特なデザインだ。一体なんでこんな駅になったのか、駅員に尋ねてみても首を傾げるばかりでその理由は皆目検討がつかない。一応「関東の駅百選」にも選ばれているというが、そもそもせっかくの展望台も非公開ではもったいないではないか。

■3つ目の謎 なぜ副駅名が「松虫姫」なのか?

 空港を目前にしての寸止め駅の虚しさに加えていきなり釈然としない思いを胸にいだきながら、駅の周辺を歩いてみると、そこに広がるのはいわゆる“住宅団地”が建ち並ぶ典型的なニュータウン。印旛日本医大駅の周辺は、北総線沿線に広がる千葉ニュータウンの西の端にあたる。

 駅の横には大型マンション、線路を挟むように南北に戸建住宅が立ち並び、いずれも南に向けて屋根にソーラーパネルを並べた似たような形状。犬の散歩に休日のレクリエーションにと役に立ちそうな公園も。キレイに整備されつつ平日日中は人気のない街路もまた、よくあるニュータウンのそれである。駅が開業した2000年当時はまだまだ開発途上だったようだが、なんだかんだで都心まで1時間ちょっとでその上ほぼ確実に座って通勤できるという利点も相まって、どうやら開発は着実に進んでいるようだ。

 と、ここまで読んで「ああ、別に何の変哲もない駅と住宅地の町なのね」と思った方、ハッキリ言って大間違いである。印旛日本医大駅のホームにある駅名板を見てみると、「松虫姫」という名の副駅名が書かれている。

■転地療養の聖地? 松虫寺にも行ってみた

 松虫姫とは、チンチロリンの鳴き声が秋の風物詩のアレ……ではなくて、古くは奈良時代、聖武天皇の皇女松虫姫のこと。病に冒された松虫姫が、夢のお告げに従って印旛沼のほとりのこの地に下向して快癒を祈願し、結果見事に病が癒えたとか。それを喜んだ聖武天皇が松虫寺を建てさせた。というエピソードが副駅名「松虫姫」の由来である。今も印旛日本医大駅から徒歩15分ほどの鬱蒼とした林の中に松虫寺は鎮座しており、観光客もたびたび訪れるという。

 このように、ただの首都圏の外れにあるニュータウンの終着駅と思わせておいて、意外にも歴史由緒たっぷりなのが印旛日本医大駅なのだ。ただ、駅舎の珍妙なデザインは件の松虫寺と似ても似つかないのはちょっと残念である。

■4つ目の謎「日本医大」とは何を指すのか?

 こんな思わぬ観光を楽しめる印旛日本医大駅、意外と“通勤電車乗り過ごしの旅”にはうってつけなのかもしれない。都心から約1時間、ちょっと観光しても午前中には都心に戻ることができる。中央林間駅や籠原駅とは一味違う印旛日本医大駅への旅、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 ちなみに、駅名にある“日本医大”。これ、別に日本医科大学のキャンパスがあるわけではなく、同大学の附属病院である千葉北総病院が近くにあることから来ている。この病院は山P&ガッキー出演の月9ドラマ『コード・ブルー』のロケ地だったというおまけのエピソードを最後に紹介しておきたい。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)