国会で「ダマレ!!」と叫んだ“東条英機の側近”が明かす、「国家総動員法」成立まで

国会で「ダマレ!!」と叫んだ“東条英機の側近”が明かす、「国家総動員法」成立まで

©iStock.com

軍部の政治権力を確立せしめたと言われる「ダマレ」事件の真相をその当事者が初めて発表す!!

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「総動員法問答事件」( 解説 を読む)

■戦争遂行のため国家の総力を結集させる「国家総動員法」

? 支那事変が長期戦の様相を呈するに及んで、戦時体勢を確立するため、総動員法制定の必要が起って来た。

 総動員法は一戦時立法に過ぎなかったけれども、資本主義の動揺、政党政治の腐敗堕落に起因して、三月事件乃至二・二六事件等革命的諸事件の頻発と、未曽有の政局混乱の跡を承け、此の法律が期せずして、革新と現状維持との激突の契機を孕んで、時代的脚光を浴びて登場した。

 総動員法は、経済的には自由主義を基調とする資本主義機構を、国家的統制機構に変革し、政治的には政府の命令権を増大して、議会の権能を弱める性格を持つものであった。

 それは戦争遂行のため国家の総力を結集せんとするやむを得ない措置ではあったが、当時我国内に吹き荒れた革新の旋風に、現状維持の最後の牙城を守ろうとする反撥を呼んだのも、時代の然らしめる所であった。

■重要法案の審議に姿を見せなかった近衛首相

 総動員法が提案せらるべき、昭和13年1月再開される議会を繞って、政界には倒閣運動、新党運動、電力国家管理反対運動の底流が渦を巻いた。

 此等3つの運動は夫々異なるものではあったが、政府と議会との衝突を希望する点に於ては相通ずるものがあり、そして衝突の具として総動員法が覘われて居る事が吾々の眼に映じた。総動員法を政争の犠牲にしてはならぬと深く戒慎する所があった。

 総動員法案の紛糾が予想されたので、近衛首相に、成るべく此の法案の審議に出席せぬよう進言した人があったと云う事である。

 近衛首相を傷つけまいとする忠義立てか、或は逆に紛糾を激化しようと考えたのかも知れぬ。いずれにせよ不届きな進言であった。

 だから総動員法案が本会議に上程された際近衛首相は出席して居なかった。質問の第一陣に立ったのは牧野良三議員である。

 総動員法案が、当然法律で規定すべき事項を勅令等に委任してある点を指摘して、本法案は議会の立法権を、政府に白紙委任せんとするものとして、違憲論を以て責め立てた。

 其の論鉾は鋭く、攻撃態度亦堂々たるものがあった。併し其の論旨は当然予期せられた事であったから、近衛首相が之を受けて立ち、堂々所信を表明すれば爾後の審議も順調であったかも知れぬのに、肝腎の首相が居らず、広田外相が代って立ち、事は憲法上の重大問題だから、法制局長官をして答弁せしめる旨を答えたから、議場はおさまる筈が無い。忽ち混乱に陥り、休会が宣せられた。

 かかる重要法案を提出して置いて、首相が本会議の質問の矢面に立たぬ手は無い。議会が怒るのは尤も至極だ。

■「反対するだけ反対させて置けばよい」

 議場に在った私も大に政府の不誠意に憤慨した。而も政府は爾後の審議に当り、総動員法案は法律問題であるからと云うので、塩野司法大臣を質問の矢面に立てた。

 塩野法相は法律には明るいかも知れぬが、総動員業務の実体には必ずしも明るくは無かった。司法省其のものが、総動員業務には最も関係が薄かった。

 其後も政府側は押され勝ちで、議会側の反対気勢は日に日に高まった。

 反対するだけ反対させて置けばよい、決して否決など出来やしない。最後には必ず通過する。と、たかを括って居るのが政府の態度であった。

 これが議会馴れした老巧なる政府の熊度かも知れぬ。併しそれは政党の無力に対する増上慢であると共に、虎の威を借る狐でもあった。背後に軍部が控えて居るから、否決し得まいとの安心感があった。

 更にもう一枚めくると、甚だ狡猾なものが潜んで居った。近衛首相自身も、其の側近もかかる強権統制法攻撃の矢面に立ちたがらず、立たせたがらなかったのである。

■「適当に」の近衛内閣の成立にホッとした軍部

 政党内閣が絶え、政局混乱が続き、其の間各方面就中革新陣営から待望された唯一の切札は近衛内閣であった。

 近衛公が革新政策として如何なる具体的なものを持ち合わせて居たかはすこぶる疑問で、恐らくは、貴族院議長のような立場に在って、現状不満の訴えに耳を傾け、抽象的革新論に共鳴して革新派を喜ばし、其の反面、現状維持派にも希望を持たす、白面貴公子の“程の良さ”が持ち味であったようだ。

 それでも打ち続いた政局混乱の後を承けて政局収拾の為には無くてはならぬ一枚看板であり、近衛内閣が成立した時、各方面、軍部の吾々もホッとして、大に期待するものがあった。

 支那事変さえ起らなかったら、近衛公の人気と持ち味は当時の政界に何等か大なる功績を残したかも知れなかったが、組閣1箇月にして、事変が起り、しかも長期戦に陥り、戦時体勢の確立と革新とを一つにして、総動員法で律するか否かの岐路に立たされるに及んで、近衛公も全く「運命の子」となって仕舞った。

 ただし好むと好まざるとに拘らず、此の段階に立ち至った以上、右か左かハッキリ態度を決めなければならぬ。「程の良さ」で「適当に」と云うわけには参らぬ。

 総動員法は軍部や官僚が出せと云うから出すが、かかる強権統制の論難の矢面に立つのは御免蒙るでは、外の者は堪ったものでない。

 こうした首相の態度が総動員法審議の冒頭から、爾後の委員会にも、難航紛糾を激化させたのである。

■反対論が噴出「国民を犬猫同様に扱わんとするもの」

 かかる曖昧なる態度は独り総動員法に止まらず、日本の対内対外政策に甚大なる影響を及ぼした事は多言を要しない。

 委員会の総動員法案審議は、本会議に於ける政府側の不手際に引き続いて、反対論は議場を圧するものがあった。

 反対論の主なるものは本会議以来の違憲論と、本法は国民を犬猫同様に扱わんとするもので、日本人の忠誠心を無視するものだと云ったような類で、水掛論的悪口であったが、政府の不用意な答弁から法の実質に触れる厄介な問題が起った。

 政府は、反対気勢を緩和する意味で、本法は支那事変に発動する意志は無く、更に大なる戦争を予想して準備のために制定するのだとの意味の答弁をした。

■「法案が通りさえすれば、何時でも発動すりゃいいんだよ」

 私は直ちに法制局長官に、

「あんな答弁をしては困る。現在の情勢でも一部の発動は予期されるし、将来大戦争が起らんでも、支那事変だけでも全面発動の必要が起るかも知れぬから、答弁を訂正して貰いたい」とネジ込んだ。

「君、法案が通りさえすれば、必要が起これば何時でも発動すりゃいいんだよ。答弁なんかに拘泥する必要はない。通しさえすればそれでいいんだ」

 議会ズレしたゴマカシだが、其の可否は別として、支那事変に使わぬ法律なら今制定する必要がないではないかとの反対論が起るのは当然であり、審議未了にする口実を与えやすい。

 更に準備のために今制定しなければならぬと云うなら、準備の規定だけに止め、実施の規定は全部削除せよとの議論が出た。当時の議会内外の反対空気から見て、此の辺で政治的に妥協すると云う事にならぬとは断言出来ないものがあった。

 実施規定の削除論は常識論や法理論としては成り立つかも知れぬが、戦時立法の特質としては、実施規定無くして計画が立つものではなく、全然無意味になってしまう。

 ところが委員会に出席して居る大臣、政府委員の中には総動員の実務に関して明るい人は居なかったので、此の論争にピタリと止めがさせなかった。

 日は忘れたが2月末の或日板野議員が実施規定削除論を強調した後、

「此の法案は若い軍人や官僚達の起案したもので、政府諸公は分っちゃ居ないから、適切な答弁が出来ないのであろう。誰でもよいからに分った人が説明してくれ。」と云った。

 之に応じて私はバネ仕掛けの人形のように立ち上った。

■委員長の指示に依り再開した説明を妨害され......

 私は当時陸軍省軍務課の政策班長で中佐であり、政府委員の資格が与えられて居らず、説明員であった。説明員は議員の質問に応じて自ら進んで答弁の資格を有せず、国務大臣や政府委員の指示に依り、且つ委員会の同意があって始めて或る限定された事項の説明が出来るだけであった。

 だから毎日毎日駄問愚答と悪口雑言が繰り返されて居るのに、政府委員の後に坐して、玉藻前の道春のように、出るに出られず、徒に脾肉の嘆に堪えなかったが、板野議員の誰でもよいから説明して呉れとの要求は私に取っては渡りに舟であったから、好機逸す可らずとして飛び出したのであった。

 私は実務を例証しつつ滔々と説いた。従来のような瓢?鯰的な抽象論ではなく、具体的説明であった為めか、議員もよく傾聴して呉れた。30分近く長広舌を振って、愈々問題の核心に這入ろうとした時、宮脇長吉議員が立って、

「委員長ッ此の説明員に何処まで発言を許すのか」と喰ってかかった。私は、

「誰でもよいから説明して呉れとの要請に応じて説明して居るが、止めろと云うなら止めます」と述べた。

 小川郷太郎委員長は説明を継続さすべきや否やを委員会にはかったところ、殆んど全員が継続に一致したので、委員長の指示に依り私は説明を再開した。

 すると宮脇氏が更に立ち上って、私の発言を妨害したので、勘忍袋の緒が切れ、

「黙れ長吉ッ」

 とドナリツケた。但し場所柄に気が附き、「長吉ッ」だけは辛うじて呑み込んだ。

 委員会は混乱し、休憩が宣せられた。

■二・二六事件の1周年記念日に「熱海会議」が開かれたというデマ

 私は杉山陸軍大臣に叱られ、また塩野司法大臣(其時の委員会出席大臣)に御詑びして、爾後自発的に登院を遠慮した。此の事件の後法案の審議は極めて順調に進み、成立した。だから、総動員法の成立には怪我の功名とも謂われた。

 然し其裏面には甚だ奇怪な事件があった。此の事件の直後院内に「熱海会談」と云う次のようなデマが流布された。

「二・二六事件の一週年記念日の2月26日に、陸海軍の少壮将校が熱海で会合して、議会が国家の大事を忘れ、蝸牛角上の内争に耽ける暴状に憤慨し、クーデターをもくろんだ。佐藤も其会談に出席した、黙れ事件は会談の結果に基く計画的行為であった。」

 此の事実無根のデマは議会に相当の衝撃を与えたとの事である。

 此の謀略の主は政界の黒幕某氏であり、議会側を脅威して、法案の通過は勿論、反政府的政争に水を差さんとしたものであった。其黒幕氏は近衛内閣の熱心な擁護者であった。

■政党政治と軍部

 総動員法を繞って私の起した事件の経緯は上述の通りで、全く私の若気の未熟が致した過失であり、弁解の辞は無い。

 ただ之が私個人の過失としてでなく、之を以て、軍部が議場で議員を脅かし、黙らして、総動員法の如き強権法を押し通して、軍部の政治支配権確立に役立たしたように曲解された事は遺憾である。

 東京裁判でも右のように印象づけられたのかも知れぬ。が、実際は正反対で、私の説明を妨害する野次を封じたに過ぎないのである。寧ろ議員の質問に真面目に答えようとして却って犯した過失であった。

 議会において議員側が、政府側の答弁、説明に耳を傾け、然る上で正々堂々の論陣を張ってこそ、議会政治の面目に立つ。

 徒に野次妨害を事としたり、政権争奪の場と化したりして、議会側が真面目に政策、法案等の審議に努力しないから、政府側も、議会ズレした老巧さを発揮し、顧みて他を言い、ゴマ化しや瓢?鯰的な答弁でお茶を濁し、さてはとんでもない謀略を以て威嚇したりしたのが当時の議会の姿であり、斯くして議会政治の威信は失墜した。

 議会政治の威信失墜の根原は此の辺に在り、軍部の圧迫などと云うのは見当違いであろう。

 あれから十数年、戦後の議会は国政上に決定的に比重を増大したが、議会政治の真面目は進化したか、退歩したか、私は之を詳らかにしないけれども、議会に起った最近の諸事件を獄窓から眺めて、当時を回顧し、議会政治は何処へ行くか? 感慨ひとしお深いものがある。

 餅は餅屋でなければならぬ。議会政治は何と云っても健全な政党に担当して貰わねばならぬ。

 軍部が政治の舞台に登場するに至った如きは、不幸であった事は申すまでもないのみならず、軍部自身のためにも決して好ましい事ではなかった。

■宮脇氏の妨害にも理由があった

 私が事件を起したのは板野議員の質問に拠るものであったが、あの直後板野氏と直ちに握手して、よく語り合った。

 衝突の相手の宮脇議員とは其の機会が無かった。宮脇氏は私が士官学校の生徒の時工兵の区隊長であった。

 あの時宮脇氏が私の発言を妨害したのには理由がある。私が初からウッセキして居った不平不満をブチマケたから、説明と云うよりも寧ろ大声叱曹キるが如くであったそうだから、宮脇氏が「小僧生意気だッ」と思ったのも無理は無かった。

 過般宮脇氏の訃報を聞いたので、直ちに弔辞を贈り心から哀悼の意を表した。

        (戦犯として巣鴨服役中に執筆)

東条英機の側近が「黙れ!」の一喝――恐怖の「国家総動員法」審議中に巻き起こった騒動とは へ続く

(佐藤 賢了/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)