共産党1600人の大検挙「三・一五事件」で浮き彫りになった“政府の言論弾圧”

共産党1600人の大検挙「三・一五事件」で浮き彫りになった“政府の言論弾圧”

大阪地裁に入る三・一五事件の被告たち(「写真記録昭和の歴史@昭和の幕開け」より)

【特高警察が証言】共産党員大検挙「三・一五事件」の知られざる内幕 から続く

■解説:「記事差し止め」で“牙”を抜かれた新聞報道

 今回の 本編 も直接の当事者による回想で、よく引用もされている。しかし、それはあくまで「現在の体制を維持し、国家安寧を図る」側の一方的な言い分。そちら側に立てば、「温泉での秘密会議」を特高(特別高等警察)の刑事がかぎつけ、そこから検挙と組織壊滅に至る展開はサスペンス映画を見ているよう。「警視庁史 昭和前編」も「(共産)党首脳者は検挙を免れるため、地下に潜入し、ある者は海外に逃走するなど、これを追及する捜査陣の苦心は実に血涙秘話の連続であった」と書いている。

  本編 の筆致も「捕物帳」のように読める。逆の側から見れば、風景は一変。「権力による暴力的な弾圧」となる。「日本共産党の八十年」は「天皇制政府は、総選挙を通じて国民の前に姿を現した日本共産党の前進を恐れ、全国一斉に大弾圧を行い、1600人に及ぶ日本共産党員と党支持者を検挙して、野蛮な拷問を加えました」としている。

 これ以上は踏み込まないが、この時、検挙されたのは約1600人。家永三郎ら編「近代日本の争点」所収の神田文人「吹きすさぶ大弾圧」は、「当時共産党員は409名であったというから、非党員までも一斉に検挙したわけである」と書いているが、その程度の表現ではすまないだろう。1910年に幸徳秋水らが逮捕された「大逆事件」は、全国で社会活動をしていた個人やグループが根こそぎ摘発されたことで知られるが、それに匹敵するほど、全国各地の社会運動家が“血祭りにあげられた”のではないか。最近になってようやく、北海道などの地域史研究の中で影響を捉え直す動きが出ている。

■特高の衣替えとして生まれた「公安警察」

 1つ書いておきたいのは、本編の筆者・纐纈彌三氏のことだ。戦前は大分県知事、戦後は公職追放・解除の後、衆議院議員を4期務めた。初代の警視庁特高部長で敗戦時の内務大臣だった安倍源基を筆頭に、特高関連部局のトップを務め、のちに国会議員など顕職に就いた元内務官僚は多く、大臣などになった人物もいる。

 敗戦で特高は廃止されたが、GHQ(連合国軍総司令部)と折衝した結果、「早くも(1945年)12月19日、GHQの了解を得て、(特高に)『代わるべき組織』として(内務省)警保局に『公安課』が設置された。各府県にも『警備課』が設置されていく。『公安警察』の誕生である」と荻野富士夫「特高警察」は書く。共産主義の拡大防止のために必要とされ、特高は公安警察に衣替えして生き延びた。

 彼らの「国事に携わった自負」は分かるとしても、小説「一九二八年三月十五日」で特高の拷問の残虐さを描き、5年後、自らも特高の拷問で死亡した作家・小林多喜二ら、獄死した人たちや家族のことを思えば、不公平な印象はぬぐえない。

■報道の自由に反する「記事差し止めの通知」が届く

  本編 にあるように、この「三・一五事件」では記事掲載禁止命令が出された。当時の新聞紙法第23条の「内務大臣は新聞紙掲載の事項にして、安寧秩序を紊(みだ)し、または風俗を害するものと認めたる時は、その発売及び頒布を禁止し、必要においてはこれを差し押さえることができる」という規定に基づいていた。報知新聞記者だった楠瀬正澄「捜査戦線秘録」にはその時のことが書かれている。

「『近く極左の連中の大検挙があるから、僕の留守中は頑張ってくれ。共産党の日本支部が組織されたというので、警視庁が秘密裡に大活動をしているから……』私の同僚であり、都下労働記者会の権威であるK君は、社用で出張する際に懇々と私に後事を託して行った」

「3月14日の夜、私は宵からの空気が妙に怪しいので、警戒のために自動車を飛ばして各方面を訪ねて回った。だが……纐纈特高課長も石井特高、浦川労働係長も自宅にはいなかった」

「その夜は警戒を打ち切り、午前1時近く、社に帰って疲れた体をベッドに横たえた。ウトウトとしたと思うころ、私は守衛に揺り起こされた。『記事の差し止めですよ』。守衛の声にびっくりして飛び起きてみると、共産党大検挙の記事差し止めの通知だ。私はそのまま自動車で警視庁へ駆けつけたところ、数時間前まではヒッソリとしていた特高課は戦場のような騒ぎだった。午前5時を期して全国一斉に共産党員の大検挙が行われたのだ」

■当局の描いた事件の構図に合わせた紙面に

 結局、記事が解禁になったのは1カ月近くたった4月10日の夕刊(紙面の日付は11日付夕刊)。そのことを紙面に載せた新聞もいくつかあった。朝日は「本日記事の差し止めを解除さる」と小さな見出しにしたほか、中外商業新報(現日本経済新聞)は記事のリードで「検挙と同時に記事掲載禁止となり、報道の自由を有しなかったが、4月10日午後3時、禁止一部の解禁となった」と明記している。記事の内容は五十歩百歩。それだけ報道管制が厳しく、当局の描いた事件の構図に合わせた紙面になってしまったのだろう。

 見出しを拾ってみても、「共産党の結社暴露し 全国で千余名大検挙 過激なる宣言綱領を作成して 画策した一大陰謀」(東京朝日)、「労農党其他二団体に 政府、解散を命ず 国家の基礎を危くするものとして」(東京日日)、「全国の大学、高校に 左傾思想弾圧の手 共産系の教授も罷免の方針」(国民新聞)など、当局の発表そのまま。解散を命じられた労農党幹部の談話なども載っているが、「国体を根本的に変革し、労農独裁政治を目論む」(東京朝日)と、司法省発表の事件概要を見出しにするような大勢の前では焼け石に水。

■関心が高かった五色温泉での秘密会合

 やはり、五色温泉の秘密会合には関心が高かった。「人目を欺く無礼講の宴 社長の慰安会と触れ込んで 各自様々に変装して乗込む」(東京朝日)、「廊下には見張りを置き 密議の後には酒宴 蓄電池会社員と称する十七名 雪の五色の結党式」(東京日日)、「俄か社長に某氏が 吹雪の五色で一狂言 漏れるを恐れた周到さ」(国民新聞)……。

 1つ不可解なのはその日10日付の読売朝刊だ。2面トップに「某重大事件の顛末 けふ政府から公表」の見出しの記事が。具体的な内容は書いていないが、「記事差し止め」はどうなったのだろうか。正力松太郎社長が警察官僚OBだったことと何か関係があるのか。ちなみに正力社長は同じ1928年8月に、「昭和の35大事件」で取り上げた 「東京都大疑獄事件」 のうち「京成電鉄事件」で検挙され、その後、贈賄幇助罪で執行猶予付き判決を受けている。

■社説を見てみると……

 注目は社説だが、これも大筋では横並び。荒っぽくまとめれば、「事実関係がよく分からない」のを前提に、「共産党は認められないが、こうした事態を招いたのは政府や社会にも責任がある」ということになりそうだ。「(政府側の発表が)大体において誤りなきものとすれば、われらは共産党の掲ぐるところのプログラムならびに、これを遂行せんとする手段方法に対して、絶対否認を表明するものである」(東京日日「共産党事件」)と主張。一方で「なにゆえにかくのごとき陰謀が現代に企てられたかについては、社会全体として、畏(おそ)れ、かつ考うるところがなくてはならぬ」「反省すべきは今日の社会、ことにいまの為政者ではないか」(東京朝日「共産党事件の検挙」)と述べる流れがほぼ共通している。

■なぜ共産党と共産主義を全面否定するのか

 これには当時の田中義一首相とその内閣が専制的な体質で、同年2月に行われた初の普通選挙でもあからさまに選挙に干渉。不評を買っていたことも関係している。この事件自体、政権の仕掛けとする見方もあったほど。時事新報「過激運動と厳法の効果」が、逆に「右傾主義」にも警鐘を鳴らしたのと、国民新聞と報知新聞が、共産党と切り分けて、無産政党の存在意義を強調したのが目立った程度だった。

 しかし「秘密結社」「陰謀」「国体の変革」と言いつつ、なぜ共産党と共産主義を全面否定するのか、各新聞とも明確な指摘はない。

 この点について、纐纈氏の戦後のインタビューも収録している下里正樹・宮原一雄「日本の暗黒・実録・特別高等警察第1部『五色の雲』」は、取り締まる側の内務省警保局保安課の課員からも疑問の声が出ていたとし、「(彼が)最後に持ち出すのが『国体の変革』である」と書き、課員の言葉を引用している。「国体の変革を目的とする点からいえば、私が申し上げるまでもなく違憲であって、たとえ政党とするも、かような政党がわが国に容認されるべきものでないことは無論である」。同書は「弾圧の根拠を大日本帝国憲法第3条にいう、天皇の地位は『神聖ニシテ侵スヘカラス』に求める。それよりほかになかったのである」と結論づけている。当時の感覚からすれば「おそれ多い」ということだろうが、各紙の社説はそこまで詰めて論じていない。

■石橋湛山は共産主義をめぐる討論の必要性を強調

 そんな中で、東洋経済新報1928年4月28日号に掲載されたのが石橋湛山の社説「共産主義の正体 その討論を避くべからず」だった。「勃興せんとするある思想を権力をもって抑圧し撲滅せんとするほど、愚極まったことはない」と断定。

「記者のここに強く主張せんと欲するのは、ただ次の一点だ。世人はどういうわけか、共産主義と聞きさえすれば、その正体の何ものかもしらずして、頭から国家を覆滅する危険思想なりと断定する。そして、いたずらにその研究討議をさえも抑圧するが、これはかえって危険なことだ」と、共産主義をめぐる討論の必要性を強調している。さすが湛山と言うべきか。各紙の社説より二段、三段高い視点からの論評だった。

■「『国民取り締まり』の文章や言議を公表するのを奇怪に感じる」

 山室清「新聞が戦争にのみ込まれる時」を読んで、歌人与謝野晶子が三・一五事件について書いていることを知った。晶子は「大正時代から毎週1回の割で横貿=横浜貿易新報(現神奈川新聞)=紙上に進歩的で鋭い社会時評を寄稿」(同書)していた。「與謝野晶子評論著作集第十九巻」を見ると、記事解禁直後に2回、触れていた。

 1928年4月15日の「国体の絶対性」では「私は百人や二百人の共産主義者の秘密結社が司法事件を生じたからといって、それに関連して、大げさにも『国体の毀損』を口にし狼狽しつつ、田中(義一)首相、鈴木(喜三郎)内相、水野(錬太郎)文相などが『国民取り締まり』の文章や言議を公表するのを奇怪に感じる」と、政府に厳しい姿勢を示している。以前から、当時の田中首相と内閣を毛嫌いしていたようだ。しかし、共産主義者を現在では活字にできないような言葉で表現。「わが国体の金甌無欠(国家主権が確立して外国に降伏したことがない)であることは絶対のものである」とするなど、いささかバランスを失した評論と言わざるを得ない。

 4月29日の「国難と政争」は「共産党の秘密結社事件の真相を私は知らないが、少しばかりその事実が存在しているのを、現内閣が政略的に誇張して『国難』の感を国民に抱かせ、注意を転じさせて、内閣倒壊運動の気勢を弱めようという計画であろう」と指摘。比較的分かりやすい政府批判になっているが、問題の本質に迫っているとは言い難い。

■「91年前のこと」と見過ごせない政府の言論弾圧

 こうして見ると、三・一五事件をどう捉えるかは、共産主義と共産党、そして天皇制と正面から向き合うかどうかにかかっていたことが分かる。そして、ほとんどの言説は内務省、特高など、取り締まる側の論理に乗ったまま、問題の本質を捉えきれず、独自の視点を持てなかったといえる。よく新聞報道は「満州事変」(1931年)で軍部支持に変わったといわれる。

 新聞記事の掲載禁止措置も「満州事変以来、差し止め件数もうなぎ上りに増え、1932年に差し止め件数はピークに達した」(前坂俊之「兵は凶器なり」)。その件数は64件。しかし、実際の新聞は満州事変より3年前に、政府の言論弾圧によって「牙」を抜かれてしまっていたのではないだろうか。最近のメディア状況を見ていると、91年前のことと見すごせない気がする。

本編 「赤色戦線大検挙」 を読む

【参考文献】
▽警視庁史編さん委員会編集発行「警視庁史 昭和前編」 1962年
▽日本共産党中央委員会出版局「日本共産党の八十年1922〜2002」 2003年
▽家永三郎ら編「近代日本の争点」 毎日新聞社 1968年
▽荻野富士夫「特高警察」 岩波新書 2012年
▽楠瀬正澄「捜査戦線秘録」 新光閣 1932年
▽下里正樹・宮原一雄「日本の暗黒・実録・特別高等警察第1部『五色の雲』」 
新日本出版社 1990年
▽石橋湛山「石橋湛山評論集」 岩波文庫 1984年
▽山室清「新聞が戦争にのみ込まれる時」 かなしん出版 1994年
▽内山秀夫・香内信子編集解題「與謝野晶子評論著作集第十九巻」 龍渓書舎 2002年
▽前坂俊之「兵は凶器なり 戦争と新聞1926―1935」 社会思想社 1989年

(小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)