東大合格者ランキングトップ30の高校のうち、3分の1が私服通学OKだった

東大合格者ランキングトップ30の高校のうち、3分の1が私服通学OKだった

©iStock.com

 大阪府立懐風館高校の3年生の女子生徒が、生まれつき茶色い頭髪を黒く染めるよう学校から強要され、精神的苦痛を受けたとして、大阪府を相手取り約220万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こしました。学校側は指導の理由を「茶髪の生徒がいると学校の評判が下がるから」と説明したといいます。

 一方で、東大合格者ランキングトップ30のエリート校の中には私服通学OKの高校が、思いのほか多いのです。いかにして学校は生徒に対し「信頼」をおくことができるか。今、教育現場の矜持が試されているのではないでしょうか。

◆◆◆

■私服通学できる高校には進学校が多い

 生まれながらの茶髪を黒髪に染め直させる。どう考えても理不尽だが、学校の言い分は、「校則で黒髪と決められているから」だった。そこまでして校則を強いる指導とは、およそ対極的な学校がある。

 JR中央線国立駅を降りて10分ほど歩くと、通りをはさんで都立国立高校、私立桐朋高校がある。登下校時になると通りは高校生であふれる。地元の人からすれば見慣れた光景だが、初めてこの街を訪れる者には、不思議な光景に映ることがあるようだ。

 国立、桐朋いずれの生徒も制服を着ていない。色とりどりの私服を着ている。両校とも私服通学が認められているからだ。茶髪も見られる。

 私服で通学できる高校は全国的にはそれほど多くはない。しかし、地域によってはありふれた光景ではあり、公立は北海道、長野、東京、三重の進学校に、私立では歴史の古い伝統校で見られる。

 そして、注目すべきは、私服通学できる高校には進学校が多いことだ。

 2017年の東大合格者数上位5校のなかで3校、上位30校のうち3分の1が私服で通える高校である。

もともと制服着用が義務づけられていたが……

 2017年度、東京大合格者数上位校で私服通学可の高校は次のとおり(◎は私立、□は国立、無印は公立)。

【東京大合格者・70人以上】
□筑波大学附属駒場(東京)、◎灘(兵庫)、◎麻布(東京)

【69人〜20人】
□筑波大学附属(東京)、◎甲陽学院(兵庫)、旭丘(愛知)、◎女子学院(東京)、◎武蔵(東京)、西(東京)、◎東大寺学園(奈良)

【19〜10人】
国立(東京)、水戸第一(茨城)、小石川(東京)、長野(長野)、札幌南(北海道)、戸山(東京)

【9〜5人】
◎桐朋(東京)、秋田(秋田)、東葛飾(千葉)、武蔵(東京)、仙台第二(宮城)、津(三重)

 これら学校の多くはもともと制服着用が義務づけられていた。

しかし、1970年前後、全共闘などが登場した学生運動が盛んだったころ、いくつかの進学校で学生運動(高校生運動とも呼ばれていた)が行われていた。高校生の活動家たちは「受験体制打破」「政治活動の禁止粉砕」を訴えるとともに、制服着用を管理、統制、抑圧と受け止め、制服自由化を求めていた。

 たとえば、女子学院高校である。

■「服装は本来自由なものであって、通学服も同じこと」

 1969年11月10日、バリケード封鎖が起こった。活動家たちは「日常性を一時停止することで何が自分にとって問題かを考えるためにバリケードを築いた」と訴える。この間、授業は行われず、女子学院の教育をめぐって教師と生徒が膝詰めで議論がなされた。その1つに管理教育への見直しがあり、制服廃止につながっていく。当時の女子学院院長の大島孝一は次のように話した。

「服装は本来自由なものであって、通学服も同じこと。自分にふさわしいものを選びとっていくことが大切。このためには規定は邪魔になる」(『女子学院の歴史』1985年)。

 1969〜1972年、女子学院のほかに麻布、灘、筑波大学附属駒場(当時、東京教育大学附属駒場)と筑波大学附属(同、東京教育大学附属)、西、旭丘、国立、小石川、長野、札幌南、戸山、水戸第一、東葛飾では高校生運動が盛んで、学校の管理体制に反発して、ストライキ、授業ボイコットあるいはバリケード封鎖が行われている。ストなどが行われず平穏だった学校でも、生徒側の要望を受け入れ、制服は廃止され、私服通学が認められた。こうした歴史的経緯が今日につながっている。一方で、生徒側の要望とは関係なく私服通学を認めた学校もある。

 上記以外で、私服通学可のおもな高校は次のとおり。

■全国のおもな私服通学OKの高校

【北海道】 函館中部、小樽潮陵、岩見沢東、旭川東、帯広柏葉、◎函館ラ・サール

【宮城】 仙台第一、仙台第三、宮城第一、石巻、◎東北学院榴ケ岡

【埼玉】 浦和西、川越、熊谷、◎立教新座、◎慶應義塾志木

【東京】 新宿、立川、三鷹、井草、北園、◎恵泉女学園、◎早稲田大学高等学院

【神奈川】 希望ケ丘、横浜国際

【長野】 上田、松本深志、飯田、諏訪清陵、野沢北、飯山

【京都】 紫野、◎同志社、◎同志社女子、◎立命館

【大阪】 天王寺、池田、◎桃山学院

【兵庫】 芦屋、尼崎北、◎神戸女学院

(◎は私立、□は国立、無印は公立)

■「生徒同士による行きすぎ是正、センスの向上に信頼をおくのが、本当のはず」

 立教女学院は開校以来、私服通学を認めている。小川清院長(当時)がこう話している。

「スカートが短すぎるなど、自由であるために、いろんなトラブルが絶えないが、それならいっそ制服にしてしまう、というのでは教育にならない。生徒同士による行きすぎ是正、センスの向上に信頼をおくのが、本当のはず。制服がないほうが自然なのだ」(サンケイ新聞、1971年6月21日)。

 進学校は自由放任でも大丈夫だ。非進学校は厳しい校則を課して生徒を管理、統制しないと秩序が保たれない、という考え方がある。勉強ができる子、勉強が苦手な子に対する1つの見方だが、これは果たして妥当だろうか。いかなる学校においても生徒に「信頼をおく」という発想は、いまの時代、難しいのだろうか。

 黒髪強制と私服通学のコントラストを見せつけられて、いかんともしがたい不条理さを覚えた。

(小林 哲夫)

関連記事(外部サイト)