東大最年少准教授が“ネトウヨ2.0”に覚醒した理由――学歴ロンダリング差別の犠牲者か?

東大最年少准教授が“ネトウヨ2.0”に覚醒した理由――学歴ロンダリング差別の犠牲者か?

大澤昇平の著書『AI救国論』(新潮社)

 東大バイトテロ、[Apology] 、過学習……と、令和元年末の1ヶ月あまりで多数の流行語を生み出したのが、東京大学情報学環特任准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)、大澤昇平氏のTwitterでの暴走だ。今年9月に「東大最年少准教授」の肩書きを名乗って刊行した著書『AI救国論』(新潮社)がヒットし、非正規職員とはいえ日本で最高峰の大学でポストを得ていた若きAI研究者の奇行と没落を、複雑な気持ちで眺めていた人も多いことだろう。

?ことの発端は比較的些細なことだった。11月11日、大澤氏は自身のTwitter上で、P2PソフトWinny開発者の金子勇氏(故人)を「犯罪者」と投稿。だが、このWinnyはユーザーによる著作権侵害が多発したツールだったものの、開発者の金子氏については2011年に最高裁で無罪が確定していた。現在、金子氏は日本のIT戦略の保守性ゆえに悲劇的な運命をたどった天才だったと評価されることも多く、大澤氏の冷淡な評価に一部で反発が起こった。

 後から考えれば、この時点で謝っていればよかった。だが、大澤氏は11月19日から20日にかけて、Winny問題について根拠不明の陰謀論を投稿。さらに引き続いて、彼の社会的評価に決定的なダメージを与える投稿をおこなってしまった。

■一発アウト発言と[Apology]

<私が関係筋から聞いた話によると、金子勇のWinny開発には中国共産党が関与している。
 中国当局はその後、情報暴露型のワーム(Antinny/キンタマウイルス)を日本に蔓延させ、自衛隊の軍事機密をWinny経由で大量に流出させることに成功した。
 これは国家レベルのスパイ活動であり、サイバー犯罪である。>
2019-11-19 23:43:33 https://twitter.com/Ohsaworks/status/1196801189481873408

<弊社 Daisy では中国人は採用しません>
2019-11-20 11:12:54 https://twitter.com/Ohsaworks/status/1196974667422035968

<中国人のパフォーマンス低いので営利企業じゃ使えないっすね (※引用リツイート)>
2019-11-20 13:21:39 https://twitter.com/Ohsaworks/status/1197007069464842240

 言うまでもなく、これらは一定の社会的地位のある人間としては一発でアウトとみなされる発言であった。ゆえに東大や同学情報学環が非難声明を発表したほか、大澤昇平氏の寄付講座に寄付をおこなっていた各社が協力の打ち切りを表明。さらに大澤氏が経営するDaisy 社の提携先も提携停止を発表した。

 一連の反応を受けてか、大澤氏は12月1日付けで[Apology]と題した謝罪文をTwitterで発表。問題の投稿は「限られたデータにAIが適合し過ぎた結果である『過学習』によるもの」だとするユニークな見解を示して逃げ切りを図ったのだが、後日になり東大からは事実上追放されてしまった模様だ。

 これらを受けて、その後の大澤氏は東大関係者を名指しで批判し、荒ぶりツイートを再開するようになった。彼が「左翼」「反日」といった一部のネット界隈でウケのいいロジックを多用したことで、そうした単語を使った攻撃的な物言いを好む新たなファン層も形成されはじめた。

 必死の闘争が功を奏し、やがて上念司氏や有本香氏など保守論壇業界の大物たちが大澤氏に好意的な態度を表明。今後の大澤氏はおそらく、慢性的な若手不足にあえぐ保守論壇のニュースターとして、ネット上の保守アカウントたちの称賛を浴びながら第二のキャリアを築いていくのではないかと思われる。

■「意外とちゃんとした」著書の妙なこだわり

 大澤昇平氏はなぜ深い沼に引きずり込まれてしまったのか。すでに評論家の古谷経衡氏が 「《東大特任准教授ヘイト炎上》『30代アカデミック男性はなぜイキるのか』」 という記事を発表しているが、私の視点からも原因を分析してみたい。

 結論を先に書けば、大澤氏の「イキり自爆」の背景には、彼がこれまでに周囲の東大関係者から継続的に受けてきたかと思われる根深い差別と、それによって彼の心のなかに形成された猛烈なルサンチマンが関係していると思われる。

 大澤氏の著書『AI救国論』を実際に読むと(こう言っては失礼だが)意外とちゃんと書かれた本であり、AIテクノロジーの面白さと重要性、それをビジネスや社会デザインに結びつけることの必要性を十分に感じ取れる。11月中旬以降のTwitterにおける乱暴な言葉づかいとは異なり、大澤氏が少なくとも本人の専門分野において一定水準以上の能力を持つ人材なのは間違いない。

 ただし、著書の記述のなかには本来論ずるべき内容からはやや浮き上がっているように思える、異質な要素も存在している。

 それは大澤氏の出自である「高専(高等専門学校)」学歴の有用性や、高専出身者が正規の入試合格者よりも「優秀」であること、2年次〜3年次から有名大学に編入できる高専出身者が「学歴ロンダリング」の非難には当たらないことなどを声高に主張し、さらに大澤氏が東大大学院において人工知能研究の権威・松尾豊研究室に加わっていたことを再三にわたって強調している点だ。

■本人がWikipediaの編集を繰り返していた?

 こうした要素はWikipediaの「大澤昇平」の項目からも感じ取れる。ページの編集履歴を確認すると、この記事は著書『AI救国論』刊行の約1週間前にあたる9月8日、ほぼ「大澤昇平」のみを編集しているIPアドレス「60.125.48.246」によって新規作成されたものだ。同じユーザーからは同日中に合計12回の編集がなされた。

 さらに翌9日にも、東京大学に割り当てられたIPアドレス「130.69.198.191」(こちらもほぼ「大澤昇平」の関連項目のみを編集している)によって合計34回ほどの編集が繰り返された。その後も数日間、「大澤昇平」記事だけを複数回編集した同一IPによる編集履歴がいくつも確認できる。

 記事作成のタイミングや更新頻度、この時点では関係者しか知らなかったはずの内容の書き込み(後述)から判断して、大澤氏本人かごく近い人物が記事作成と編集を手がけた可能性はかなり高いとみていいだろう(一応書いておけば、大澤氏は9月9日16:26:44付けのツイートで「いつの間にか小生の Wiki が爆誕してた」と投稿しており、本人の関与を否定しているが)。

 もっとも、本人や利害関係者がWikipediaの記事を作成する行為は、出版業界では(担当編集者による作成を含めて)ある程度は多く見られるようだ。サイト内ルールでは推奨されていない振る舞いとはいえ、バレるとちょっとカッコが悪いだけで別に違法行為というわけではない。

 さておき、ここでの重要なポイントは、本人か関係者が作成したかと思われる「大澤昇平」記事の第1版の段階で、すでに松尾豊氏の指導を受けたことを明記しており、さらに記事内の本人経歴の部分でも「松尾豊研究室」という単語が2回も登場する(つまり1記事内に「松尾豊」の名前が3回も出てくる)ことだ。

 しかも、上記の「130.69.198.191」による最後の編集である9月10日14:11時点の版まで、Wikipediaにおける大澤氏の経歴は彼の最終学歴である東大松尾研での博士号取得“のみ”が記されていた。つまり、彼が福島工業高等専門学校出身で筑波大学に編入、修士号も筑波大院で取得したという経歴は書かれていなかった。

■「東大生え抜き」「松尾研」を巡るWikipedia編集合戦

 この9月10日14:11時点の版まで、Wikipediaの該当記事は(おそらく同一人物と見られる)「60.125.48.246」と「130.69.198.191」だけがほぼ編集している状態だった。しかし興味深いのは、『AI救国論』刊行直前の9月12日04:24時点の版から、これらとは別の人物と思われるIPアドレス「153.125.130.35」による記事の書き換えが繰り返されるようになったことだ。

 ここで「153.125.130.35」が真っ先におこなったのは、「大澤昇平」記事の経歴欄に彼の高専卒と筑波大院修了の学歴を加え、さらに記事中から松尾豊氏や松尾研といった固有名詞を削除することだった。

 その後、記事は大澤昇平氏の松尾豊氏とのつながりを強調したいユーザーと、それを削除したがるユーザーによる編集合戦に陥り、9月19日には一時保護処置(管理者のみが記事編集可能な状態にすること)が取られるようになってしまった。

 Wikipedia記事の編集履歴からは「利害関係者によると思われる中傷」といった文言が見つかるほか、利用者たちが記事内容を議論するノートページでは「153.125.130.35」と、大澤氏を擁護する「60.125.48.246」と「130.69.198.191」の間で内輪向きの話題での論戦も観察できる。この編集合戦を仕掛けた「153.125.130.35」は、研究の場において大澤氏とごく近しい関係者で、しかも大澤氏を好ましからず思う人物である可能性が高いとみられる。

 研究者の優劣は、本人の経歴のいかんを問わず論文の質と執筆本数だけで決めればいいように思える。だが、どうやら大澤氏が生きていた世界では、東大の生え抜き(=一般入試を突破した学部入学者)であるか否かや、松尾研との距離が近いかどうかが、長々と時間を使いWikipediaにかじりついて編集合戦をおこなうくらいの重要な関心事らしいのだ。

■「東大の教養課程を受けていないから無教養」

 この「東大生え抜き」問題の根深さは、大澤昇平氏が中国人不採用ツイートで炎上した5日後の11月25日、彼の所属先である東京大学大学院情報学環准教授の伊東乾氏がウェブメディア『JBPress』に発表した謝罪記事からも見て取れる。

 記事の題名は「東大発『ヘイト書き込み』への心からのお詫び 教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省」だ。下記に特徴的な内容を引用してみよう。

“この青年が雇用されているのは特定短時間勤務・有期雇用教職員というポストで、フルタイムの無期雇用教授会メンバーではありません。(略)一般に東京大学出身者は「東大最年少」などとは、まず書き込むことはありません”

“法学部などでは20代で助教授就任も普通にあるので、学内のことを知らない人間の書き込みとすぐに分かります。事実この青年は博士課程からの編入生で、学内事情など何も知らず、夜郎自大のラッパを吹いたように見えます”

“この青年の受けてきた教育で、一点、明らかに欠如しているのは「教養課程」と思われます。少なくとも東京大学教養学部で必修「情報」のカリキュラムを修めたなら…ここまで酷い無教養を晒すことはなかったと思います。私も長年担当しましたが、この科目を履修しないと2年生以上に進級することができません。(略)これらの書き込みには、学部1年必修レベルの情報リテラシー教育の欠如を指摘してしかるべきと思います”

 伊東乾氏の文意をやや荒っぽく要約すれば、大澤氏は東大に学部1年生から入学しなかったせいでまともな教育を受けていない無教養な人物(=学歴ロンダリング)だから差別ツイート問題を起こした、そもそも彼は東大の「最年少准教授」でもなんでもないただのバイト(=特定短時間勤務有期雇用教職員)なので東大の正規の教員(=無期雇用教授会のメンバー)とは本質的に異なる存在である――。といったところになるだろうか。

※『JBPress』の伊東乾氏の記事はなぜか12月に入ってから削除されているので、原文はインターネットアーカイブ上の記録を当たっていただきたい。

■「中国人差別」を「学歴差別」で殴る

 客観的な事実としてはおおむねその通りだろう。事実、少なくとも11月中旬以降の大澤昇平氏の一連のツイート内容からは教養の「き」の字も感じられない。

 また古谷経衡氏が すでに記事中で指摘 したように、大澤氏は歴史をはじめとした文系分野の基礎知識が高校生レベルにすら達しておらず、そのこともTwitterでポリティカル・コレクトネスを無視した暴言を連発する一因になったと思われる。

 だが、それはそれとして、伊東乾氏の文章も読んで心がざわつく。なぜなら東大に一般入試で入学しなかった大澤氏を「無教養」と切り捨てる伊東氏は、学部・大学院ともに東大の生え抜きで、東京都生まれの武蔵高校出身という「東大生の純血種」のような存在なのだ。

 さらに伊東氏は東大学術博士号を持ついっぽうで著名な作曲家でもある(=それだけの教育・文化資本を持つ社会階層の出身者だということだ)。くだんの『JBPress』の文章から、「東大王朝」の門閥貴族が塞外の夷狄を見下すかのような冷ややかな目線を感じ取るのは私だけではあるまい。中国人への差別ツイートを糾弾する当事者が、別種の学歴差別意識を振りかざして大澤氏を殴っていると言えばさすがに言い過ぎだろうか?

 ちなみに高専出身の大澤氏の生まれ故郷は福島県いわき市の漁港の近所で、著書によれば実家は「中流のやや貧困層より」だったそうである。

■「残念に思います、松尾」

 Wikipediaの不毛な編集合戦や伊東乾氏の冷淡な言説などからは、ある想像も浮かぶ。高専・筑波大という外様の立場から東大院(博士課程)に進学してからの大澤氏は、これまでにも彼の「学歴ロンダリング」を見下す東大生え抜きイデオロギーの持ち主たちから有形無形の蔑視を受け続け、人格をこじらせてきたのではないかということだ。

 大澤氏が著書や(本人は関与を否定しているが)Wikipedia記事において、日本の人工知能学界におけるトップランナー・松尾豊氏との関係を過度に強調しているのも、「学歴ロンダリング」という東大関係者だけに認識される負い目を覆い隠すために、より高い価値を持つ別の権威にすがったと考えれば納得しやすい。

 もっとも、大澤氏が松尾研において工学博士号を取得したことは確かだ。彼はただ自己愛とルサンチマンが強すぎて感情の抑制能力が低く、文系の基礎教養に欠けているだけで、少なくとも専門分野では「東大生え抜き」組よりも優秀な部分もある若手研究者だったに違いない。

 私はくだんのツイート内容にはまったく同意しないのだが、大澤氏がイキりすぎて「ネトウヨ2.0」に覚醒していった経緯については、一抹の同情と憐憫も覚える。いじめられっ子が運良く成功の果実を手にして鼻息が荒くなり、墓穴を掘って取り返しのつかない事態を引き起こす構図は、昨今の中国政府の対アメリカ外交にも通じる悲しいパターンなのである。

……最後に、『文春オンライン』編集部が大澤氏の心の師である松尾豊氏にメール取材をおこなった際の回答文を紹介して、この記事を終えたい。

“ご連絡ありがとうございます。
差別的な発言については残念に思います。
在学時に特に差別的な言動やエリート主義的な振る舞いがあったようには思いません。
よろしくお願いいたします。

松尾”

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)