振り向きエリカ様、嵐二宮結婚、桜を見る会……日本中が「ポカーン」とした2019年を総ざらい

振り向きエリカ様、嵐二宮結婚、桜を見る会……日本中が「ポカーン」とした2019年を総ざらい

沢尻エリカ ©共同通信社

■沢尻エリカ逮捕と、前日撮影の「美しすぎる後ろ姿」の衝撃

速水 いろいろ1年を振り返るけど、まずはピエール瀧のコカイン使用、沢尻エリカのMDMA所持など、ドラッグ関連のニュースは多かった。

おぐら 大麻ではKAT-TUNの元メンバー田口淳之介と元女優の小嶺麗奈、RIZEのJESSE、Dragon Ashのサポートメンバーも務めるKenKen、スノーボード元日本代表の国母和宏。覚醒剤では田代まさしも。

速水 いまどきは、薬物依存は疾病だから安易に人格を攻撃するなという意識と、白い粉や注射器の映像は出すなという報道ガイドラインが、そこそこ徹底されてきているんだけど、沢尻エリカの報道はそんなのをふっ飛ばすレベルの大騒ぎ。

おぐら ニュース映像でもMDMAのカラフルな錠剤の写真がバンバン使われてましたね。

速水 マカロンっぽいカラフルなやつ。あれは中毒患者でなくても、ちょっとコーヒーと一緒に欲しくなるよ。

おぐら 飯テロ的な。ともかく、ワイドショーの報道は連日すごい規模でした。沢尻エリカが自宅を出て、渋谷のクラブへ向かうためにタクシーまで歩いて行く姿をTBSのカメラが撮っていて。あの映像は何度も流れてました。

速水 あれは最高にかっこよかった、じゃなくて、TBSにリークして逮捕前の映像を撮らせるのはどうなんだっていう。『新・情報7daysニュースキャスター』では、安住アナの「確度が高い情報をもとに」という説明とともに放送された。

おぐら 「確度が高い情報」って、裏モノの匂いしかしない。でも逮捕前日の夜ですよ。マスコミがそこまで正確に逮捕情報を掴んでるって、そんなことあります?

速水 逮捕のXデーまで教えてもらっていたとは考えにくいけど、少なくとも逮捕が近いことは警察内部からリークがあったんだろうね。とはいえ、警察は自信満々で捕まえに行ったのに、薬物反応も出なければ、出てきたのがMDMAがたったの1錠(のちに2錠及びLSD)って、正直「え、それだけ?」と思ったはず。どう考えても取れ高が少なすぎる。

おぐら 1錠でも出てきたら、とりあえずの面目は保たれないですか?

速水 ありえないでしょ。半年とか1年とか内偵した上で、摂取した直後かつ、必ず所持しているという確信があって初めて逮捕に行くはずなんだよ。これはコストかけすぎ。

おぐら いまどきは逮捕や調査もコスパ重視なんですね。仕事も恋愛も娯楽も、コスパ最優先。「絶対に損したくない」が時代の気分。

速水 芸能人の薬物は見せしめというか、そもそもコスパのいい宣伝という側面があるんだけど、今回は特に警視庁組織犯罪対策5課が、厚労省の麻薬取締部に対抗心を燃やして沢尻に手を付けたという話らしい。つまり、自分たちの手柄を最大限にアピールするためにテレビを使った。

■『アナと雪の女王2』でステマ問題が発覚

おぐら それならちゃんと【PR】って画面に表示しないとダメですね。そういえば、お笑いコンビのミキが、京都市の施策をPRする内容をツイートして、のちに宣伝委託契約だったことが判明、というのがありました。契約内容としては、2回のPRツイートで100万円と。これはかなりコスパいいです。

速水 映画『アナと雪の女王2』でも、劇場公開に合わせて何人もの漫画家が一斉に宣伝漫画をツイッターに投稿、これも結局はステマで、ディズニーが謝罪してた。

おぐら まさに「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」ですね。

速水 松たか子が歌う『アナ雪2』の主題歌ね。でも、どういう意味?

おぐら あ、いや、なんかそれっぽいかなと思って言ってみただけです。うまいこと言ったふうになるかと思って。

速水 こういうくだらない会話を記事にして配信すると、コスパ重視層から「読んで損した」「金返せ」って言われるよ。

おぐら この記事は無料なので、かんべんしてください。

■踊る沢尻エリカの横で「ばかうけを食べる片瀬那奈」

速水 沢尻エリカの話、まだ続けていい?

おぐら 別に……いいですよ。

速水 ネット上では、沢尻がクラブで踊っている動画がすぐに出てきて、一気に拡散した。

おぐら あの動画、SNSで出回っているのは一部分がトリミングされていますが、オフィシャルが配信しているもとの動画を見ると、冒頭から女優の片瀬那奈がマイクを握り、ラッパーのS.L.A.C.K.にマイクリレーしてるんですよ。DJはokadadaで、イベントは日本支局をDOMMUNEが担当しているBOILER ROOMと、センスのいい良質なパーティなんですよね。

速水 片瀬那奈が沢尻の隣で「ばかうけ」を食べながら踊ってる姿ばかりが話題になってたけど。たしかに沢尻は、いいパーティを選んでる感じがする。10年前の「ECLIPSE 2009 奄美皆既日食音楽祭」とかも、石野卓球、JUZU a.k.a. MOOCHY、REE.KといったDJ陣が揃っていたパーティに沢尻はちゃんと行ってたからね。

おぐら よく知ってますね、そんな情報。

速水 当時は、のりピーがそのパーティにいたのが話題になってたの。そこにいた沢尻エリカと、当時付き合っていた高城剛が同じホテルに泊まっていて、コメントしていたのを覚えてる。

おぐら 奄美で皆既日食でレイヴパーティって、かなり直球ですね

速水 その一方で、この12月には熊本で、台湾からの密輸覚せい剤600キロが押収された。この規模の密輸が海上で行われていることのほうが、よっぽど重要なニュースネタだよね。過去最大規模だって。

おぐら 覚せい剤600キロって、とんでもない量ですよ。

速水 末端価格360億円だって報道されてた。ちなみに360億円って、カルロス・ゴーンの日産での算定された不正額(350億円)とか、ジャニー喜多川の遺産(推定300億円)とか、広島カープが優勝した年に地元広島にもたらす経済効果の額と同レベル。あとは、日本の年間の特殊詐欺の被害額(390億円)にも相当する。

■特殊詐欺のトレンドは「海外拠点」と「公共料金の未納はがき」

おぐら 特殊詐欺の集団は、このところ海外で逮捕されるケースが増えてますよね。5月にはタイで、オレオレ詐欺の日本人「掛け子」グループ15人が逮捕されたり、11月にはフィリピンのマニラで日本人の特殊詐欺グループ36人が逮捕されています。

速水 国内の取り締まりが厳しくなって、拠点が外に移ってるんだよね。頭脳の海外流出。

おぐら 頭脳って……。先端技術に携わるエンジニアが海外企業に引き抜かれるのと同じですか。

速水 フィリピンで捕まった集団は、キャッシュカードを交換する必要があると電話でだますタイプだったみたいね。最近のこの手の高齢者向け特殊詐欺のトレンドは、公共料金の未納はがきを送りつけるやつだって。大金をせしめるのではなく、気付かれないように少額を集める。

おぐら 高齢者はすぐさまネットで調べたりしないから。

速水 ポイントはググらないってこと。電話ですべてを済まそうとする。だから特殊詐欺が減らない。

おぐら もはや電話自体を廃止したほうがいいレベルかと。

速水 ほんとそう。いまどき親に電話なんてできないよね。まぎらわしくて。あと家の電話なんておかしな電話しかかかってこない。

■山ちゃん蒼井優の電撃結婚に象徴される「結婚ラッシュの1年」

おぐら ほかの出来事も振り返りましょう。2019年は結婚ラッシュの年でもありました。ざっと挙げると、前半はベッキー、篠田麻里子、西野カナ、加藤ミリヤ、高橋みなみと続いて、話題になったのは山里亮太と蒼井優ですね。

速水 その結婚会見の直後に吉本興業の闇営業問題の発覚があったから、よく覚えている。グレー勢力の会合に参加したのが問題になった。

おぐら グレー勢力でなくて、反社会的勢力。グレーは宮迫博之の不倫が発覚した時の言葉です。ちなみに2019年末になった今も、宮迫さんと田村亮さんは芸能界に復帰してないですね。

速水 吉本の国費100億円を投じての教育進出の話も、そのままだよ。こっちもよっぽどグレーだ。

おぐら 結婚話を続けると、2019年の後半は、8月にロケバスの運転手と結婚した新川優愛、窪田正孝と水川あさみというビッグネーム同士も結婚しています。

速水 9月にはTOKIOの城島リーダーが、グラビアアイドルの菊池梨沙と24歳の年の差婚で話題になり、11月は菊池桃子が官僚と結婚、そして嵐の二宮和也の結婚発表も11月だ。

おぐら 11月はまだありますよ。壇蜜と『東京都北区赤羽』の漫画家・清野とおる、オードリーの若林正恭、『世界の果てまでイッテQ!』の担当ディレクターと結婚したイモトアヤコ。12月にはバカリズムと夢眠ねむの結婚が発表され、おそらく年内はこれで最後かと。

速水 この一連の結婚ラッシュで重要なのは菊池桃子でしょ。ラ・ムーが近年のシティポップブーム、ヴェイパーウェイヴブームの中で再評価されたタイミングでの結婚。

おぐら いや、そもそも本人はそのブームも再評価も気づいてないのでは……。

速水 まあ女性活躍、働き方改革関連の分野での評価のほうが、シティポップ的な評価よりも上ということか。

おぐら 社会全体としてはそうでしょうね。

速水 菊池桃子と官僚の結婚は、安倍政権の陰謀だっていう話もあるし。

おぐら それはないでしょう。

速水 そう? 菊池桃子は2020年の「桜を見る会」に呼ばれそうだけど。

おぐら もう中止が決定してますけどね。

■ジャニーズ史上、最もファンを怒らせた結婚発表

速水 芸能人の結婚でファンが悲しんだり怒ったりするのはよくある話だけど、さすがに二宮くんの場合は、ジャニーズ史上、ファンを最も怒らせた結婚発表なんじゃないかな。

おぐら 時期的な問題なのか、それとも、相手の問題ですか?

速水 12月のツアーのタイミングというのもあるし、そもそも嵐の活動休止が発表されてみんな傷ついているのに、年内に結婚までするのか、ということなのかな。まあ正直、相手の問題もあると思うけど。

おぐら 嵐メンバー内の不仲説まで出てますよ。

速水 でもタイミングとして、ここしかなかったんだろうね。お相手も来年40歳を迎える。11月9日の「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の近くにぶつけるわけにもいかなかったし。

おぐら テレビ報道では、結婚相手の名前や顔は隠してましたけど。

速水 強めの忖度が働いてるんだろうね。芸能界を引退したら実名で報道しないという謎ルールができてる。でも、ネットで「二宮和也 結婚」で検索したら、名前も顔写真もどーんと出てくる時代に意味があるのかって思うけど。

■サクラップは宮内庁的にはオッケーなんですか?

おぐら 「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」では、嵐が奉祝曲を歌いました。作詞が岡田惠和、作曲が菅野よう子、この人選は誰が決めたんでしょうか。

速水 それは当然、ジャニーズ事務所じゃない?

おぐら 宮内庁の中にポップカルチャーにアンテナを張っている担当者でもいるのか?って思いましたけど。

速水 菅野よう子は、これまでにもジャニーズとは関わりがあるし。関ジャニ∞や、新しい地図にも曲を書いてる。

おぐら 宮内庁の歌詞チェックとかは受けるんですかね。

速水 たぶん。「はじけりゃ Yea!」とか、そういうのは宮内庁的にもNGじゃない?とかって判断するんでしょ。

おぐら サクラップはセーフかな、とか。

速水 サクラップはグレーじゃないかな。でも奉納された歌詞を見ると「僕らのよろこびよ君に届け」とかいう感じで、ちょっとサクラップの出番はなさそう。あと岡田惠和っぽさもない。

おぐら ないですね。

速水 あと、この歌詞の「君」は、当然”天皇”のことを歌ってるのかなって。

おぐら 嵐の歌で「雅子さま感激の涙」と報道されていました。

速水 かつて1999年にYOSHIKIが天皇即位10年のイベントに出たときは、日本の左翼文化人は批判的だったりしたんだけど、もはや皇室イベントに嵐が出ても誰も何も言わないよね。まあ、YOSHIKIが批判されたのは遅刻が多いからとかいう可能性あるけど。

おぐら もし嵐ではなく、関ジャニ∞だったら何か言われますか?

速水 それは俺も言いたくなるよ。嵐にはロイヤル感があるけど、関ジャニ∞にはちょっと(笑)。キンプリなら問題なさそうな気も。

おぐら King & Princeで「王様と王子様」ですからね。

■いつの間にか当たり前になった「天皇陛下をSNOWで撮影」

速水 気になったのは、祝典と即位のパレード(11月10日)を見てると、天皇をスマホで撮影するのはもう当たり前になったこと。

おぐら 2014年に、栃木の女子高生が両陛下を〈小山駅に天皇陛下いた…ベストショット撮れた〉というコメントを付けて写真をアップしたときは、「不敬だ」とか「許可をとったのか」というリプライがきてましたよね。

速水 それが今回は、数万人が天皇にスマホを向けて写真を撮ってるという。

おぐら 写真加工アプリ「SNOW」でキラキラになった写真もネットには上がっています。

速水 もはや加工もOKなのか。うーん、2019年は何の転機でもないし、新しい時代だなんてまったく思ってないけど、天皇のスマホ加工がありっていうのは、新しい時代が来た感あった。

おぐら いろんなものがカジュアルにはなってますよね。

速水 もう天皇がYouTuber宣言したり、ラップを披露しても誰も驚かないかも。あと、写真が加工されたという意味では、菅官房長官の「令和」発表もいろいろパロディ加工が流行った。

おぐら 「令和おじさん」とか言われて。

■“令和おじさん”と“セクシーポエム大臣”

速水 ただ、その後の下落感がすごい。頂点は、8月の小泉進次郎と滝川クリステルの首相官邸への結婚報告。あれも同じ神奈川支部のドンである菅官房長官への報告だったわけで、進次郎のいい話題は全部、菅さんのポイントにもなっていた。だからこの頃の菅は、一気にポスト安倍の一角に躍り出ていた。

おぐら その後、小泉進次郎は環境大臣に就任し、セクシー大臣として話題を集めましたよ。

速水 いや、それはプラスポイントではなく、環境会議で中身のないスピーチだって批判されたんだけどね。

おぐら セクシーポエム大臣。

速水 でも、あれだけ人気で、スピーチで人の心を掴むとさえ言われていた小泉進次郎が、大臣に就任した途端、雲行きが怪しくなった。その後、不倫や政治資金絡みの文春砲が撃ち込まれるんだけど。まあ、そういう失点はすべて菅官房長官のマイナスポイントになっているわけで、誰も菅さんが次期首相候補だなんて言わなくなった。

■日本中がぽかーんとした「反社の定義は困難」見解

おぐら 新内閣が発足してから次々と大臣が辞めたり、いまだ謎に包まれた「桜を見る会」招待者名簿の問題もあり。結局、名簿は内閣府のシュレッダーで裁断されたってことでいいんでしたっけ?

速水 たぶん。デジタルデータも消えていて、「バックアップデータは行政文書には該当しない」って菅官房長官が返答をしてた。「情報は自由になりたがっている」みたいな深遠な言葉だよね。この頃は、毎日ワイドショーで内閣府のシュレッダーとシンクライアントシステムの説明を見ていた気がする。

おぐら 菅官房長官でいうと、さらに「桜を見る会」に反社勢力が参加していたことの発覚でもあたふたしてました。

速水 政府は公式見解として「反社の定義は困難」なんだと。名簿のデータを消しちゃったのも問題だけど、定義が困難って言われちゃうと。

おぐら 日本中がポカーンとしましたね。吉本興業の闇営業問題は一体何だったんだ。

速水 いや、いろいろあった1年だよ。この国は電話だけでなく、コンピュータも廃止したほうがいいいかもね。

おぐら 文章も絵も手書き、保存は記憶、メールは手紙……って、それはコスパ悪いのでダメですね。

写真=原田達夫/文藝春秋

(速水 健朗,おぐらりゅうじ)

関連記事(外部サイト)