「異臭がする、汚部屋になった」実家に帰ったら確認したい“親の認知症チェックリスト10”

「異臭がする、汚部屋になった」実家に帰ったら確認したい“親の認知症チェックリスト10”

©iStock.com

 介護が始まる原因で、最も多いのが「認知症」だ。記憶力や認知能力の低下ばかりでなく、人が変わってしまったようにも感じられるため、介護する側の心身にわたる疲弊のもとにもなりやすい。また、自覚症状の少なさでも知られる。介護予防のためには、周囲がいかに初期段階のうちに気がついてあげられるか。すぐに使えるチェックリストを作成した。

◆ ◆ ◆

 年末年始やお盆など、長期休暇の際には、実家へ帰省し、高齢の両親と久しぶりに顔を合わせる人も多いだろう。その際、ちょっと注意して親や実家の様子を観察してほしい。帰省は、またとない認知症の“気づき”のチャンスだ。

 MCI(軽度認知障害)と呼ばれる認知症予備軍、あるいは認知症の初期段階には、様々な特徴的なサインが現れる。ほかの病気と同じく、認知症もまた早期発見が肝要。早く気づけば医学的な対処はもちろん、その先の人生をより平穏に過ごすための準備に時間を費やすことができる。 

 だが、認知症の兆候を、本人がそうと自覚できることは少ない。久しぶりに会う子や孫の目だからこそ、おじいちゃん、おばあちゃんに生じた些細な変化に気づきやすいのだ。

 その際の「注意すべき変化」をまとめたのが、以下で紹介していく10項目のチェックリストだ。

 チェックリストを監修したのは認知症専門医、土岐内科クリニック理事長の長谷川嘉哉氏。『一生使える脳』などの著書があり、年間約300人の患者を診る認知症のオーソリティーだ。

 以下、長谷川氏の解説とともに見ていこう。

■1 家の中の臭いが気になる。異臭がする

「みなさんそれぞれに、実家の懐かしい匂いがあると思います。ところが、いざ家に上がって、なにか臭うなと思ったら要注意。アルツハイマー型認知症の初期段階では、嗅覚機能が低下することがわかっています。臭う場合は傷んだ食材が残っていたり、ゴミが溜まっているケースが多い。『なんで平気なの?』と聞きたくなりますが、本人は異臭に気づいていない。

 あるいは、お風呂に入らなかったり、布団をずっと干さないこともあります。臭いを感じないので、掃除や換気への意識が薄れてしまうのです」

 嗅覚機能の低下だけでなく、ゴミが溜まっていることを気にしなくなったり、捨てることが出来なくなっている可能性もある。最近は可燃物、不燃物、カン・ビン、金属ゴミなど、ゴミの捨て方が複雑になっており、分類がきちんと出来ない、あるいは捨てる曜日がわからない。出す日を間違えた時に近所の人から注意され、出せなくなってしまう人も多いという。

■2 整理整頓が出来ておらず、家の中が汚くなった

 以前はきれい好きだったのに片付けが出来ておらず、部屋が汚くなっている……これは、年で体が利かなくなったから、だけではない。認知機能の低下が原因かもしれないのだ。

「あまりに雑然とし、平気でゴミや食べ物を落としたままにしていることもあります。食器棚の様子も注意して見た方がいい。同じお皿やお椀は、ふつう重ねて収納しますが、その場所がわからなくなり、ただ雑然としまっているだけ、という状況になっていることもあります」

■3 冷蔵庫に賞味期限切れの食材や、冷蔵庫に入れる必要のないものがある

「認知症による計画性の低下が考えられます。同じ食材ばかりを買ったり、買ったこと自体を忘れてしまっているのです」

 缶詰や煎餅など、冷蔵庫に入れる必要のないものが入っていることもある。預金通帳まで冷やされているケースも。防犯やへそくりではなく、「大事なものはとりあえず冷蔵庫に」という意識でやってしまうのだ。

「逆に、豚肉などの冷蔵品を戸棚にしまっていたケースもありました。認知症と診断される前の方でも、こういうことがあります」

 3日間ずっと同じ炒め物は変!

■4 料理の手順が悪くなり、レパートリーが減った。味が変わった

「手順が悪いのはデュアルタスク、つまり2つを同時進行する能力が落ちているということ。魚を焼きながら味噌汁を作るはずが、焦がしてしまい、鍋も吹きこぼす。それで仕方なく一つ一つやるので時間がかかる。

 もともと料理好きでレパートリーも多かったのに、この3日間ずっと同じ炒め物ばかり続くな……という場合も注意してください。自分の親なので客観的に見ることが出来ず、『たまたまこの食材をまとめ買いしていたんだな』と思い込みがちです。でも、さすがに3日連続は変ですよね」

 味が変わるのは、やはり嗅覚の問題が考えられる。ふつうの加齢変化ならば味覚が鈍くなり、味は濃くなる。ところが嗅覚や認知機能の低下の場合、調味料の加減という次元ではなく、味自体がめちゃくちゃになってしまうという。

■5 以前に比べ、金銭感覚が変わった

「無計画に使ってしまうケースが多いようです。親の通帳を見たらほとんど残っていなかった、という話もよく聞きます。何を買ったのか、何に使ったのかよく覚えていないこともある」

 親の通帳を見るのは、子といえど難しい。が、将来のシミュレーションとして相続の話をしてみるなど、どこかで一度機会をとらえ、財産状況を確認したほうがいいだろう。

■6 些細なことで、すぐ怒り出す

「これは前頭葉機能低下の前段階であることが多い。感情のコントロールが出来なくなっているのです。

 理性、理屈が通らない上に『なんでそんなことで』ということで怒ってしまう。

 どうも・地雷言葉・があるようです。知り合いの名前とか、なにかキーワードを聞いた途端、『そんな話するんじゃない!』と怒り出します」

■7 運転が危なっかしく、車に小さな傷がいくつもある。もしくは事故を起こした

「昼間に車をよく観察してください。電柱などにガツンとぶつけた大きな凹みではなくとも、擦り傷だったり、ボコボコとした傷が複数あるケースが多い。おそらくはスーパーの駐車場や狭い曲がり角などでぶつけているのに、気がついていないのです」

 それを指摘しても、止めている時にぶつけられたんだ、などと言い訳することも。車を手放す、免許の返納など、真剣に話し合うべき時かもしれない。

■8 髭をそらない、化粧をしないなど、以前に比べて身だしなみを気にしなくなった

■9 家の中でぼーっとしていることが増えた。外出が減った

「どちらも気力の問題です。以前はよく出かけて友達とおしゃべりしていたのに、ぼーっと1日中テレビを観ている。出かけないので身だしなみも気にしなくなり、引きこもりがちになってしまう」

 こうした生活を続けていると、うつ傾向になりやすくなるという。高齢者のうつは認知症発症のリスク要因のひとつだ。

■10 同じ話を繰り返したり、少し前の出来事を覚えていない

「誰でも加齢とともに物忘れの症状は出てくる。たとえば先月会った人の名前を思い出せない、というのは加齢によるものです。

 一方、出かけて誰かに会った、という行動自体の記憶がスポッと抜け落ちている忘れ方は、認知症特有のものです」

■母には息子、父には娘が説得する

 自分の家族が以上のような様子を見せた場合、物忘れ外来を受診させるなど、すぐに手を打つことが重要だ。

 だが、素直に行ってくれないケースもある。どうやって連れ出せばいいか。

「両親のうち元気なほうに頼んで、『私も不安だから一緒に受けましょう』と誘ってもらい、認知機能のテストを受けるのも1つの方法。自治体が実施している検診のタイミングなどで相談するのがいいでしょう。

 また、母親だったら息子が、父親であれば娘が、というように、義理の関係でもいいので異性が説得するのがコツです。実際に外来を見ていても、この組み合わせで来られるケースが多いですね」

 それでもどうしても納得してくれない場合は、専門医のチームに自宅に来てもらう方法もある。

 国立長寿医療研究センターの遠藤英俊氏が話す。

「2018年4月から『認知症初期集中支援チーム』が全国の市町村に設置されています。地域包括支援センターなどに連絡すれば、医療と介護の専門チームが自宅まで来て、相談に乗ってくれるので、無理に引っ張りださなくても大丈夫です。19年度には当センター主催の研修を受けた1万人の認知症サポート医が待機する体制になります」

 実家に帰ったとき、「何か変だな」と感じた場合、その直感は核心を突いていることが多い。毎日顔を合わせているとなかなか気がつかないことでも、たまに会った肉親だからこそ、親身に、細やかに見ることが出来るのだ。

 この10項目に当てはまる変化を感じたら、気のせいかな、ちょっと様子を見ようかな、ではなく、すぐに専門医に相談することが大切だ。

監修:土岐内科クリニック 長谷川嘉哉理事長

(「週刊文春」出版部/文春ムック 週刊文春 親も、子も、「疲弊しない介護」を教えます! これが正解! 介護の手引き)

関連記事(外部サイト)