「東京五輪の札幌マラソン、変則3周ってどうなの?」北海道マラソン優勝3回・千葉真子に聞く

「東京五輪の札幌マラソン、変則3周ってどうなの?」北海道マラソン優勝3回・千葉真子に聞く

決定された五輪コースではスタートしてすぐにすすきのを通過する ©iStock.com

 札幌市で実施される東京オリンピックのマラソンコースが12月19日、とうとう決定した。

 後半のコースは10kmを2周する。事前に決まっていた20kmを1周する前半と合わせて、札幌市の中心部を変則的に3周することに。果たして「変則3周」というのはどんなコースなのだろうか。

 現役時代同じく札幌を舞台にする「北海道マラソン」で3度の優勝を経験しているスポーツコメンテーター・千葉真子さんに聞いた。

◆◆◆

■札幌の人たちに「移転してもいいですか」と聞く暇もなかった

 11月に入って急に「東京五輪のマラソン、競歩が札幌に」という話が進み、札幌の人たちには「移転してもいいですか」と聞く暇すらありませんでしたよね。地元では困惑の声が広がったとも聞いています。

 そういった中でのコース選定。コース前半の「市街地の約20kmを1周する」というのは札幌市の意向だったと聞いていますから、これが導入されて良かったとほっとしています。

 さっぽろテレビ塔をバックにスタートし、すすきの、中島公園、北海道大学に赤れんが庁舎……市内の観光名所を走るコースですから、札幌の素晴らしさを世界に向けて発信できますよね。ゆくゆくはこの20kmをベースに“五輪メモリアルハーフマラソン”のような「レガシー」を札幌に遺すことも期待できます。

■「北海道マラソン」で感じた“札幌の人たちは応援が上手い”

 私は2001年、04年、05年と「北海道マラソン」で3回優勝させてもらっていて、札幌はランナーとしてもすごく思い入れの強い場所です。現役で15回レースを走ったうち、じつに4回が札幌だったんです。06年の引退レースも「北海道マラソン」を選びました。

「北海道マラソン」は五輪と同じく8月に毎年開催されるのですが、30年以上の歴史ある大会で運営や応援の実績もあります。

 発着地点の大通公園からはテレビ塔が見えるのですが、大会のときにはその時計が1分前から、59、58……とカウントダウンが始まって、10秒前からはランナーも沿道のお客さんも一緒に拍手してスタートの瞬間を盛り上げるんです。

 またすすきのや中島公園など市街地コースでは沿道の両側に三重、四重もの人垣が出来て、まるで応援のトンネルをくぐり抜けるような大声援につつまれて、高揚感とともに走れたことが忘れられません。

 マラソンが札幌に移転したことで新国立競技場発着ではなくなり盛り上がりを心配する声もありますが、今回決定した五輪コースも「北海道マラソン」と重なる部分が多いので、“マラソンを盛り上げるのが上手な”札幌の皆さんが選手との一体感を演出してくれるでしょう。

 そしてコース後半の20kmは「10kmを2周する」ことに決まりました。

■周回コースはなぜ世界のトレンドなのか?

 沿道のポイントによっては3度選手が通る場所も出来ました。マラソンの生観戦は、テレビで見ているよりもスゴく速く選手が通り過ぎて行くんです。ヒュッと目の前を走り去って「あれ、もう行っちゃった」と。でも周回コースになったことで沿道のお客さんも、選手を見るチャンスが増え、より楽しめるはずです。

 そもそも周回コースというのは世界大会のトレンドで、ロンドン五輪(2012年)やリオ五輪(2016年)もそうでしたが、コースがコンパクトになって、設営、ボランティア、交通規制などの様々な労力や費用が抑えられます。

 しかも選手にとってもプラスで、周回コースではお客さんが固まる分、声援をより多く感じながら走れます。

■「北海道大学」がメダルのポイントになる

 後半のコースで、私が「北海道マラソン」を走ってよく覚えているのが北海道大学です。緑に囲まれた場所を走れるので“心のオアシス”のようでした。8月の五輪を走る選手にとっても木陰が多いので、日光を避けられてリフレッシュしながら伸び伸び走れると思いますよ。

 そして北海道大学内はジグザグカーブがあります。五輪では30km手前、40km手前で2度このジグザグを迎えます。駆け引きが激しくなった展開ではこういうポイントで後ろの選手を引き離す作戦がよく取られますので、そういう意味でも北海道大学がメダル争いの勝負所になる可能性が大いにあります。

 そもそもマラソンが札幌に移転された背景には、昨年カタール・ドーハで行なわれた世界陸上(9月27日〜10月6日)の影響が大きい。特に女子マラソンでは、暑さを考慮して深夜23:59スタートだったのにも関わらず、68人の参加者中28人が棄権という大会史上最も低い完走率(58.8%)でした。ゴールラインに車椅子が並んでいて、次々に選手が運ばれてくるという光景は、選手の安全第一の視点で言えば、世界大会にはふさわしくないと感じた方も少なくなかったはずです。

 8月の最高気温の平年値は東京が30.8度、札幌が26.4度だそうです。そして札幌開催になったことで、スタート時間が東京で予定されていた朝6時から7時に変更になりました。6時スタートの場合、選手は2時ごろに起床しますが、それが3時と1時間変わるだけでも負担は大きく減ります。それは周りのスタッフやボランティアの方もそうですし、応援の方々も朝1時間遅くなったことでより沿道に出やすくなるのではないでしょうか。

■では日本人選手がメダルを取るための条件は?

 出場が既に決まっている男子の中村匠吾選手(富士通)、服部勇馬選手(トヨタ自動車)、また女子の前田穂南選手(天満屋)、鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)はコースが年内に決まったことでスッキリした気持ちで年明けを迎えられるでしょう。8月8日に女子マラソン、9日に男子マラソンが開催されることが決まっていますが、札幌移転の騒動もあり、先に開催される女子マラソンも大きな注目を集めるでしょう。前田、鈴木両選手ともにそれぞれ「北海道マラソン」で優勝の実績があり、札幌のコースを知っています。2人とも「五輪でメダル」と口にしており、格上のアフリカ勢をアッと言わせるような作戦や地の利を生かした日本人らしい緻密な工夫で実力差をどれだけ埋められるかが見所になりそうです。

 マラソンの話をしてきましたが、男子20km競歩(8月6日)、男子50km競歩、女子20km競歩(ともに7日)も先駆けて札幌で開催されます。競歩はメダル有力選手も多いので、札幌の街を大いに盛り上げてもらいたいと思います。そして、その勢いをマラソンにつなげて陸上競技がワンチームになって戦えば、プラスの連鎖を生み出せそうですね。今から楽しみです。

(千葉 真子)

関連記事(外部サイト)