韓国“自殺大統領のトラウマ”が生んだ「ハン(恨)」の行動原理 2020年の文在寅政権の反日政策

韓国“自殺大統領のトラウマ”が生んだ「ハン(恨)」の行動原理 2020年の文在寅政権の反日政策

文在寅大統領 ©AFLO

「彼らのゴッドファーザーに相当する盧武鉉の自殺(2009年)は、現在の文在寅政権につながる韓国の左翼革新勢力にとって歴史的トラウマになっている。韓国風にいえば『ハン(恨)』である」

 史上最悪の状態が続く日韓関係。昨年から引き続き、元徴用工の補償問題をはじめ二国間の課題は山積している。2020年、文在寅大統領の対日姿勢は変化するのか。

 韓国特有の「ハン」という表現で、文大統領の行動原理を分析するのは、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏だ。30年以上のソウル駐在経験を持つ黒田氏が「週刊文春デジタル」への特別寄稿で明かしたのは、盧武鉉大統領の自死というトラウマに縛られる文在寅政権の姿だ。

■"挫折"しても路線変更できない理由

 黒田氏によれば、「ハン」とは「他者に対する恨みつらみもさることながら、それ以上に自らの希望、期待、願い、理想、あるべき姿が実現しなかったことからくる、やるせない鬱憤を意味する」。

 文大統領は2019年、後継者に考えていだ国(チョ・グク)前法相が世論の猛反発を受けて辞任を余儀なくされた件や、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を米国の圧力で回避せざるを得なかった問題などで"挫折"を味わった。一部ではその経緯から、2020年は「現実主義」に移行し、外交でも「対日接近」に期待する見方もある。

 しかし、その行動原理を「ハン」で読み解く黒田氏は、次のように論じている。

「政界筋によると、文政権内部には左翼系の原則主義というか強硬論が強くあって、途中で現実主義に転換した盧武鉉政権の経験を逆に反面教師として、否定する声が結構あるというのだ。つまり盧武鉉は途中で現実と妥協したため、左翼革新政権としての目標(理想)を実現できず失敗したという評価である。

 彼らの主張によると、その結果が次の政権を保守勢力(李明博)に明け渡すことになり、ひいては退任後の盧武鉉の自殺という悲劇にもつながったということになる。(略)

 では、彼らは今後の政局において政権の政策基調を『左派的な原則維持』でいくのか、それとも『現実主義への変化』を目指すのか。『盧武鉉のハン』でいえば、方向性としては前者である。左翼革新勢力にとっては、現実への妥協は現実に押されたことであり、それは政権(権力)への求心力の低下につながると考えるからだ」

■国民に見透かされた露骨な「反日風」

 ただ一方で、文在寅大統領の繰り出す「反日カード」には、国民も"白け"はじめているという。黒田氏が寄稿で引き合いに出すのは、韓国政界で使われる「北風」という言葉だ。

 韓国では、選挙前に北朝鮮の軍事挑発などがあると世論に警戒論が高まり、対北強硬論の保守派に有利に働くことを「北風」という。ところが近年、北の脅威が後退して、国民の間には「北風」の政治的利用に不信感が広がっている。これと同じ反応が、「反日カード」にも見られるという。

「゙国を追い落とした野党・保守陣営のデモには『文在寅の反日扇動にはだまされるな!』のスローガンも見られた。世論のかなりの部分は文政権の昨年夏以来の反日政策について、゙国スキャンダルなど内政上の困難回避のための術策と見破っている。とすると今後、反日カードの効用は制限的にならざるをえない。(略)

 反日カードも『日本風』あるいは『反日風』ということができる。この風は『北風』と違って保革、左右関係なく政治的効果があったが、これも露骨に使われると逆効果の可能性があるというわけだ。保守陣営の゙国批判デモで『文在寅の反日扇動にだまされるな!』のスローガンが登場したのはそれを物語っている」

■文政権を支える「国家より個人」という思考

 長期化しそうな日韓の緊迫した関係。その根底にあるのは、「国家」を重視する日本に対し、韓国が「個人」を重視するという、政治的体質の違いがあると黒田氏は分析する。

「日本は1965年の日韓基本条約や請求権協定など国際法の優先を主張しているのに対し、韓国は個人の要求を重視した最高裁判決という国内法を優先している。図式的にいえば日本は『国家』を重視し、韓国は『個人』を重視し対立していることになる。これは保守・右派の安倍政権とリベラル・左派の文政権の、政治的体質の違いでもある。

 韓国では軍人政権時代が終わった1990年代以降、いわゆる民主化によって『国のかたち』が変わってしまった。民主化時代とは『国家より個人』の時代ということである。(略)それが国内についてだけなら問題はなかったのだが、日韓関係という対外関係にまで持ち出されるようになった。とくに懸案が日本との過去にかかわる場合、韓国側には国際関係というよりどこか国内問題のような心理がある。(略)

 しかし日本側には経済発展し大きく強くなった韓国に対し、これまでとは違って『もう特別扱いはしない』という雰囲気が広がっている。(略)こうした日韓の変化とすれ違いのなかで、安倍・文在寅というリーダーシップないし政権の性格の違いが重なり、外交的、国家的対立が深まったというのが昨今の日韓関係の現状である」

 日韓関係の歴史的分析、韓国政治「10年周期の法則」、さらには黒田氏が予想する文在寅政権の「ツートラック」の政策スタイルまで――。黒田氏の特別寄稿の全文「韓国"自殺大統領のトラウマ"が生んだ文在寅政権『ハン(恨)』の行動原理 2020年は内外『ツートラック』使い分けへ」は、「 週刊文春デジタル 」で公開している。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)