無人コンビニ×、シェア自転車×……中国スタートアップ、もうオワコンなの?

無人コンビニ×、シェア自転車×……中国スタートアップ、もうオワコンなの?

人口1200万、深?の街並み ©iStock.com

 猛烈な速度で変化を続ける中国は、継続的にウォッチするだけでも大変だ。かつて「スゴイ」と言われていた中国のイノベーション・ブームもかなり下火。加えて米中対立のもとで西側諸国から中国への風当たりが強まったことで、近年は中国製アプリの言論統制問題など、IT事情に限っても剣呑な話題が多くなっている。

 そんな激動の2019年の中国IT関連の動向を中心に、1月17日のイベント「 B級中国 vs. S級中国 」の開催を控える中国ルポライターの安田峰俊氏とアジアITライターの山谷剛史氏に振り返ってもらった。

 もはや毎年恒例となった両者の中国対談。興味のある方は2018年記事( その1 、 その2 )と2017年記事( その1 、 その2 )もご覧いただきたい。

◆◆◆

■「中国の社会がきっちりしちゃって、つまらなくなった」

安田 おはようございます。今回は2人のスケジュールが合わなかったので、昆明にいる山谷さんとLINEのテレビ電話での対談です。最初はWeChat(中国で普及しているチャットソフト)で喋ろうかと思ったんですが、政治的にまずい話が出ると日本語の会話でも当局にチェックされてしまうので、あえてLINEに。

山谷 夜になると、VPN(中国でtwitterやLINEなどをはじめ様々な西側のネットサービスを利用するために用いる暗号化技術)が接続しにくいんですよね……。去年の6月に香港デモが始まってから、よりキツくなった印象です。ネット接続の面倒ひとつを取っても、中国だけを拠点にすると厳しい時代になりました。

安田 山谷さんは雲南省の昆明に長く住んでいましたが、数年前から日常生活の拠点を日本国内に移しましたよね。

山谷 昆明との縁は18年目で、今後も定点観測は続けますが、最近の生活拠点は日本で、中国以外を見ていこうと動いてます。理由はネットの件や物価の上昇もありますが、なにより中国の社会がきっちりしちゃって、つまらなくなった点も大きい。もちろん、まだカオスなものは残っていますが、往年の縮小再生産みたいな感じはあります。

安田 私もそれを感じています。最近は別の国に行って中国っぽいものを追いかけるほうが、未知の世界を見られて楽しいんですよ。2018年末以降だと、『 もっとさいはての中国 』で書いたカナダやルワンダ、ケニア、ほかに技能実習生関連の取材で行ったベトナムなんかが面白かった。どの国でも、取材言語はほとんど中国語です。

■中国人はカンボジアではっちゃける

山谷 わかります。他の国で中国を追っかけるのが楽しいんですよね。僕は去年の10月にカンボジアのシアヌークビルに取材に行ったんですが、かなりワクワクしました(『 中国人の「ギャンブル」「詐欺」産業が集中するカンボジアのシアヌークビルに潜入した 』を参照)。かなりアナーキーな場所で、中国人が数十人〜数百人単位で捕まるニュースがばんばんあるんですよ。

 ネットカジノの運営をやらないかと中国国内で人を騙して集めて、カンボジアに着いたらパスポートを取り上げてタコ部屋に軟禁して強制労働とか。あと、カンボジア政府は中国からの援助……という名の借款漬けになっています。

安田 借款といえばケニアもやばいんですよ。国家予算の3分の1になる98億ドルも中国から借款を抱えて、中国国鉄と同じ車両が走るSGRっていう新鉄道を建設したんですが、その2本目の路線は野生動物保護区の国立公園をブチ抜いています。どうやらケニア政府の役人が中国のワイロ漬けになり、線路を通しちゃいけない場所への建設計画にゴーを出したみたいなんですよね。

 最近の中国人は自国ではお行儀よくしなくてはいけないのですが、ガバナンスがユルい国に行くとハジけるんです。世界の発展途上国の中国人たちは、社会がユルくてギラギラしていた胡錦濤時代(2003〜2013年)のノリで動いている。まあ、日本でも500ドットコムが自民党議員にワイロを渡してハジけちゃってましたが……。

山谷 シアヌークビルもほんと胡錦濤時代の中国そのまま。10年前の中国内陸の地方都市っぽかったですよ。でも、スマホ決済のWeChat Payとアリペイはどこでも使えた。中国国内のフードデリバリーアプリの「美団」は使えなかったけど、 在シアヌークビル中国人の地場の出前アプリ「西港招牌」「微西港」 があって、店の人がバイクでホテルまで料理を届けてくれる。ちなみに西港というのは、シアヌークビルの中国語地名です。

安田 あ、カナダにもそれありました。「飯団外売」という地場の中国系出前アプリで、バンクーバーやオタワ、トロント、モントリオールなんかの中国人が多い街をカバーしています。中国国内でスマホでの出前注文に慣れちゃうと、それがない生活はキツい。需要が生まれるんでしょう。

■ルワンダの中国人材に祖母を紹介される

山谷 中国の知識を持って第三国に行くと、ディープなものを簡単に掘れるのがいいですね。バンコク支局やナイロビ支局に常駐して英語で取材している特派員の記者よりも、中国絡みの情報に限ればもっと深いものを拾えてしまう。中国国内では、もともと95%の情報量が97%になるだけだけど、第三国で中国を入り口に取材すると0%が65%ぐらいになるから、快感の度合いが大きい。

安田 それはかなりありますね。あと、現地の中国語人材を取材したり、通訳(現地語⇔中国語の通訳)にすると面白いことが多いんです。過去にルワンダとベトナムで試してみたんですが、彼らは普段は中国人相手の通訳をやっているので、当該国と中国との現場レベルの情報がバンバン入ってくる。

 日本語や英語の通訳だとビジネス的な浅い人間関係で終わりますが、中国語を学んだ外国人同士だと、若いころの留学生寮の仲間みたいな同胞意識が生まれて、もっと深く仲良くなれるわけです。例えばルワンダだと、田舎の実家に招待されてばあちゃんを紹介してもらったりとか。

山谷 面白いですね。日本語の通訳よりも安いはずだし、僕も今度やってみよう。でも、なんでそれに気づいたんですか?

安田 2016年にイスラエル取材に行ったときに、中国で博士号を取って現地の投資コンサルで働いているユダヤ人の女性と友達になったんです。エルサレムの喫茶店で、日本の神風特攻隊とパレスチナ人の自爆テロの違いを議論していたらめっちゃ盛り上がって。彼ら彼女らとしては、中国人とほぼ同じ顔で中国語でコミュニケーションができるのに、中国人とは異なる考え方をする日本人は興味深い存在になるんですよね。

■日本に上陸したシャオミの戦略はアリか?

安田 2019年の日本国内の中国ITニュースですと、比較的大きいのは12月のシャオミ(Xiaomi)の参入でしょうか。シャオミは中国のスマホ大手で、世界シェア4位とされています。

山谷 はい。中国国内のスマホ市場は頭打ちでヤバいので各国に進出していくなかで、ついに日本にもやってきました。ただ、日本ではハイエンド製品を中心に展開していく方針みたいなんですが、日本市場の一般ユーザーが中国系のスマホに求めるニーズを読み違えてないですかね。

安田 中国系メーカーのハイエンド製品は充分なクオリティだと思いますが、日本の場合はアジア系のメーカーに対して一種の偏見がありますからね。サムスンのギャラクシーですら、携帯ショップで「韓国系という点が気にならなければ、すごくいい携帯です」みたいな説明をされたことがあります。

山谷 それはありますねえ……。あと、もしかしたら日本のガジェットマニアが中国詣(もうで)をしたときに、シャオミのハイエンドを買って「すげえ」とSNSでつぶやいているのも影響していたりして。でも一般ユーザーとマニアの好みは違うわけで、シャオミはそこわかってるのかなあ。

■「日本語専攻者はAV業界に行け」と言ってた会社

安田 なるほど。ところでシャオミって、中国国内ではデジタルガジェットだけではなく、カバンや炊飯器までシャオミ的なライフスタイルを提案する「デジタル風味が強い無印良品」みたいなブランドですよね。ガジェットオタクのラブドール仙人( 過去記事参照 )は「シャオミにはすべてのものがあるが、欲しいものはひとつもない」という名言を残していましたが(笑)。

山谷 中国国内ではそうですね。いっぽう海外市場ではスマホ販売がメインで、特にインド市場が大きくて中国国内と同じくらいの市場規模を持っています。ただ、韓国だけは面白くて「スマホ以外」だけを売っているんです。

安田 ちなみに、シャオミは2017年9月に同社の当時のイノベーション部門の責任者が就職説明会で「あなたが日本語専攻の学生なら出て行って。そうじゃなきゃ映画業界でなら仕事させてやるよ」と発言した会社でもあります。ここでいう「映画業界」はAVの隠喩です。

 この発言は炎上して当事者が謝罪文も出したんですが、シャオミが2年前まで「日本語専攻者は不要だからAV業界に行け」と言っていた会社である点は、日本人は忘れちゃいけないと思いますけどね。今回の日本進出の際に掘り返されるかと思ったら、意外と報道が少ないですが。

山谷 時系列的に流れを見ている人が少ないからですよねえ。目の前の「スゴイ」だけ見ちゃうから、昔のことを忘れちゃうという。

■ゴビ砂漠に赴任命令を出してリストラ

山谷 2019年は中国のスタートアップ・ブームがひいた年でした。僕はHuaweiがやっている中国スタートアップ紹介メディアの『36kr (日本語版)』の特別解説員をやっているんですが、最近は中国発のスタートアップ関連のニュースが減ってしまって。中国版36krを読んでいると記事数を減らすわけにはいかないので、中国ネタの代わりに他の国のスタートアップ紹介をやってるんです。

安田 確かに、無人コンビニは「 ただの箱 」になってるし。「中国新四大発明」とまで騒がれたシェア自転車はかつての勢いがなくなったし、シェア自動車もヤバい。中国は新しいものが一瞬で盛り上がるし、勢いに乗っているときには関係者がスゴいイメージを吹きまくるんだけれど、オワコンの気配が漂うと一気に死に絶えていく。

山谷 けっこう生き残ってるのはスマホを充電するシェアバッテリーですね。個人経営の食堂なんかにも「街電」なんかの機種がしっかり置いてある。

安田 2017年8月に「HI電」という弱小シェア充電器チェーンが、リストラ策として「自費で新疆ウイグル自治区のカザフスタン国境の街に赴任しろ。3日以内に来なければクビ」という命令を社員に出すなど、ヤバい会社が修羅場になっていました。ちなみにHI電社員の赴任先はカザフスタン国境の他に黒竜江省のロシア国境、雲南省の紅河ハニ族自治州、内モンゴルのゴビ砂漠の街なんかもあったそうですが……。さておき、この大量絶滅から生還しているところもある。

山谷 ですね。あと業界全体がヤバいのは電子タバコです。一時期、雨後の筍のように大量の新興メーカーが登場したんですよ。一昔前のmp3プレーヤーの製造メーカーみたいな感じで。でも、アメリカで電子タバコが禁止されて大ダメージ。さらにお膝元の中国でも、EC(電子商取引)での電子タバコ販売が禁止されてしまったので、今のEC時代では「ほぼ死亡」という感じです。

■インドの会社が中国のダメ宿を侵食する

山谷 最近の中国で、草の根的な面白いトレンドだと「OYO」があります。インドの会社なんですが、個人経営のホテルをチェーン化するサービスです。シャンプーや歯ブラシなんかのアメニティとか、シーツのデザインなんかを統一して、チェーン化する。

 どういう場所で普及しているかというと、いわゆる「意識の低い場所」です。城中村(大都市内部の低所得者層が多い地域。「都市のなかの農村」とも呼ばれる)の出稼ぎ労働者向けのダメダメな安宿なんかが、大量にOYOに加入するようになっているんです。

安田 へー! 面白い。1泊60元(約930円)ぐらいの招待所や賓館なんかのダメ宿がチェーン化されるわけですか。ダメ宿はアメニティが終わっていて、歯を磨ききったときには歯ブラシの毛が3分の1ぐらい脱毛したりするので、そこのクオリティが担保されるのはありがたいなあ。

山谷 でしょ? OYOは日本では賃貸物件のシェアリング、つまりスマホで予約できるウィークリーマンション事業みたいなことをやっていて、ネットの評判を見る限りは賛否両論みたいですが、中国では上手くやってる。

安田 個人経営宿泊施設のチェーン化は日本でもやれると思いますけどね。うちの地元の国道沿いにある、見るからにボロボロの「旅館みゆき(仮)」みたいなヤバげな宿が、最低限の品質を担保されるわけですから。むしろやってほしい。

■インドネシアのすげえサービス

山谷 チェーン化はいまの中国のスタートアップのトレンドですね。面白いのは例えば、派多格(PETDOG)っていうペットショップのチェーン化。加入した店は、「犬のトリミングができます」とか、スタッフができることを登録するわけです。それで、トリミングができない系列チェーンの他店舗に手伝いに行ったりできる。このサービスはまだうまくいくかわかりませんが、面白い試みです。

安田 これも日本でやれそうですよね。業界事情はわかりませんが、たとえば美容室とか、チェーン化して人をやりくりすると便利なことが多いかも。メンズのカットが上手な人を、女性客が多い店に回したり……。

山谷 あ、それはインドネシアのGO-JEKがやっていますよ。スマホでオーダーすると、バイクで美容師さんなんかのプロを運んだり、モノを運んだりしてくれる。美容師さんを自宅にデリバリーしてくれたりもするわけです。支払いはキャッシュレス化されていて、その電子クレジットをレストランでの支払いに使えたりする。

安田 これまたすごいのがきましたね。インドネシアもあなどれない。

山谷 GO-JEKはかなりいいですよ。個人的には中国のイケているサービスに張り合えると思います。

■求む、ダメなやつ

安田 そろそろ締めの話題に入りますが、2020年は自分が最初の著書を出してからちょうど10年目なんですよ。それで、noteを始めてみた 最初の記事 に昔の話を載せてみたりもしたわけです。

 あと、この年末年始に沖縄に住む20代のライターの記事をなんとなくアドバイスする流れになって、次回上京時に泡盛1本をもらうのを条件にずっと教えたりもしていたんですね。山谷さんは「後進を育てたい」みたいなことを考えたことありますか??

山谷 後進を育てたいまでは考えないけれど、ノウハウを教えてちょっとお金にしたいというのはあるかな。ニュースソースの発見の仕方とか。どう検索するか、何に目をつけるかみたいなの。安田さんはなにを教えたいんです?

安田 文章術を教えてみたいですね。私、たまたま中国と縁が深いので現代中国ルポの専門家みたいになっていますけど本質的にはライターなので。今度、中国とはまったく無関係な恐竜の原稿を書く大型の仕事があって、出張予定が入っています。

■教育系スタートアップで拾えないニーズ

山谷 中国では教育系のスタートアップもあって、技術を持つ人がそれを有料で教えるようなサービスもあります。ライター術を有料コンテンツで売ることは日本でもできるはずだけど……。ただ、不特定多数の人に一方通行で売るのはつまらないですよね。自分が教えたいと思う人に教えたい。

安田 ですよ。前に「アシスタントやりたい人いる?」ってTwitterでつぶやいたら、「商社勤務で副業でライターもやりたいです」という方がお返事をくれたんですが、ちょっと違うかなあって。君は副業しなくても生きられるやんけ! という。

山谷 わかる。教えるなら昔の僕らみたいな人をなんとかしたい。

安田 大学なり大学院なりで真面目に勉強してから就職したけれどブラック企業のパワハラで退職して、現在はコンビニでレジ打ってる年収200万円のライター志望者28歳男性(彼女いない歴8年)みたいなやつを、そこそこ名の売れたライターに育ててみたいですねえ。そいつは別に中国に詳しくなくてもいいわけですよ。矢吹ジョーを育てる丹下段平のポジションを体験してみたい。

山谷 それ、育てたやつが最後にホセと試合して燃え尽きるやつじゃないですか(笑)。ともかく、そんな感じで本年もよろしくお願いします。

安田 ですね。2020年の中国がどうなっていくかも、引き続き見ていきましょう。

(安田 峰俊,山谷 剛史)

関連記事(外部サイト)