建築家の安藤忠雄氏はこれまでに5つの臓器を摘出も仕事邁進 元気の理由を語る

記事まとめ

  • 建築家の安藤忠雄氏は、2009年にがんを患い、これまでに5つの臓器を摘出した
  • 安藤氏は今も仕事に邁進しており、「摘出しても今まで通り仕事できた」と語っている
  • 安藤氏は元気でいられる理由を「希望を捨てない気持ちのあり方が何より大切」と述べる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております