「許されざるパワハラ」辛坊治郎“女性社員に壁ドン”日テレ「社内報告書」入手

辛坊治郎氏パワハラ疑惑 報告書に番組プロデューサー「許されざるパワハラ」と記す

記事まとめ

  • BS日テレ「深層NEWS」の辛坊治郎氏の女性スタッフへのパワハラ疑惑を週刊文春が報じた
  • 辛坊氏はツイッターなどで「完全な捏造記事」などと否定、週刊文春は社内報告書を入手
  • その場に居た番組プロデューサーは「許されざる『パワハラ』に当たる」と記していた

「許されざるパワハラ」辛坊治郎“女性社員に壁ドン”日テレ「社内報告書」入手

「許されざるパワハラ」辛坊治郎“女性社員に壁ドン”日テレ「社内報告書」入手

辛坊治郎氏 ©共同通信社

「週刊文春」1月9日(木)発売号が報じた「深層NEWS」(BS日テレ)の 辛坊治郎氏(63)による女性スタッフAさんへのパワハラ疑惑 。辛坊氏は自身のツイッターなどで「完全な捏造記事」などと報道を完全否定している。このほど「週刊文春」取材班は、その場に居合わせた番組プロデューサーB氏が記した「社内報告書」を入手。そこでB氏は〈心理的に強い恐怖心を抱かせ、社会通念上許されざる「パワハラ」に当たるものだと思います〉と記していた。

 また被害者であるAさんが記したA4用紙15ページにおよぶ報告書も入手した。B氏とAさん、いずれの「報告書」も昨年12月16日付となっており、“事件”が起きた詳細な経緯に加え、日テレの社内事情、辛坊氏への不信感についても克明に記されている。

 この2通の「報告書」によると、辛坊氏は激高したのは、 12月12日の放送終了後、AさんとB氏が辛坊氏に出演者をめぐるトラブルを報告した時だった。

〈これまでの上機嫌な様子が一変し、辛坊氏が「間違ったことは言ってない」と激高した〉(B氏の報告書より。以下B氏)

〈「おまえは何がしたい!」と怒鳴る。「何がしたい」「何がしたい」「何がしたい」と矢継ぎ早に繰り返す。(略)「おまえがそういう解釈するならおまえが馬鹿だからだ」〉(Aさんの報告書より。以下Aさん)

 怒鳴り続ける辛坊氏が、Aさんを壁に追い詰め、“壁ドン”する様子も詳細に記されている。

〈体感としては10分から15分に渡り、逃げても、またその隣に。顔が10センチの距離の時も。壁には両手で囲むときもあれば片手の時もありました。力では負けるなと思いました〉(Aさん)

〈Aに体を覆いかぶせそうな勢いで顔を近づけ、報道機材庫を背中にした壁際にじりじりAを詰め寄っていった〉(B氏)

 ?Aさんは報告書を次のように総括している。

〈言葉を使う仕事でありながら“圧”“暴力”で黙らせられると勘違いしているんだなと思いました。(略)まぶたの裏に顔が思い浮かべ、時間が経つほど張っていた気が緩み、(略)我慢していた分、涙が出ます〉

 辛坊氏に改めて尋ねたが、「番組の制作に関する論争はあったかもしれませんが、相手を恫喝するようなことはなかった。パワハラだと私は思っていません」と答えた。

 B氏とAさんの報告書について日テレに尋ねたが、日テレ広報部はそれには答えず、「弊社内の調査、聞き取りに基づき、このようなことが再び起きないよう、辛坊治郎氏に申し入れました」と回答した。

 被害者であるAさんだけでなく、番組責任者の一人であるプロデューサーB氏も「パワハラ」と断定するなかで、今後、日テレがこうしたパワハラ報告にどのような対応をとるのかが注目される。

 1月16日(木)発売の「週刊文春」では、AさんとB氏が書いた社内報告書の内容を公開。「おまえ上祐に似ているな」「おまえら、腐っているな」などの辛坊氏による数々の発言も報じている。また辛坊氏の反論インタビューも詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月23日号)

関連記事(外部サイト)