「なぜ保育園に入れないのか」――現場を知り尽くす地方議員が語り合った

「なぜ保育園に入れないのか」――現場を知り尽くす地方議員が語り合った

©榎本麻美/文藝春秋

 前回、「 保育園のエキスパート地方議員が語り尽くした、最強の保活『7つの鉄則』 」では、保育園の入園申請にまつわるウソとホントを解き明かしつつ、保護者に求められるテクニックと心構えを紹介した。

 しかし、そもそもなぜ希望する保育園に入れないのか? 待機児童問題は改善するのか?

 再び保育園のエキスパート議員3名に語り合ってもらった。

(司会・構成:渋井哲也)

◆◆◆

■親子で朝ごはんを食べられる「とちょう保育園」

――選り好みしなければ、どこかの保育園には入れる状態でしょうか?

 本目さよ(台東区議) 残念ながら、台東区はそんな状況ではありません。

 上田令子(東京都議) 江戸川区も大変。待機児童が23区内でワースト4位でした(※2017年度は420人)。しかも、「3歳までは親が子育て」という神話がまだ残っていて、全国的にも珍しく公立保育園で0歳児保育をやっていません。そのため、品川区や文京区などに“保育移民”をしてしまう人を何人も見送ってきました。

 伊藤陽平(新宿区議) お二人の地元と比べると、新宿は比較的入りやすい地域です。待機児童は27人でした。新宿区は子育てに力を入れていますので、保育園に入りやすくなってきました。日経DUALの「共働き子育てしやすい街2016」では、総合ランキング1位に選ばれました。

 上田 そういえば、昨年10月にできた都庁内の「とちょう保育園」は、評判がいいようですね。地域枠部分は認可保育園と同じ扱いで、希望者は新宿区に申し込む仕組みです。

 伊藤 あそこはいいですね。手ぶらで行けて、しかも親子で一緒に朝ごはんを食べることができる。

 本目 共働きのご家庭にとって朝は忙しい時間ですから、それは助かるでしょうね。

 上田 朝ごはんのサービスは有料ですが、それでも毎月1回居酒屋に行くのを我慢すればいい程度の金額です。

 伊藤 都庁職員だけではなく、近くの企業の人や新宿区民も利用できます。実は舛添要一前都知事時代に決まっていた事業ですが、話題作りとしてはよかったと思います。企業内保育所の先鞭になるのではないでしょうか。

■1歳からの入園が難しい

――0〜2歳児の保育園に預けていた子が、3歳以降に転園する先が見付からない「3歳の壁」という問題も指摘されていました。年齢によって、保育園の定員状況は違いますか?

 上田 以前ほどは「3歳の壁」とは言われなくなった気がします。

 伊藤 新宿だと、1歳からの入園が難しい。このため、需要に応じるために0歳児クラスを作らずに1歳児クラスから、という園もある。0歳児クラスがあると、持ち上がりだけで1歳児クラスの定員が埋まってしまうのです。

 本目 台東区では、0〜2歳を対象にした小規模園や乳児園は増えてきました。ただ、1歳からの入園については十分に対応できているとは言えません。むしろ私立の認可園が、0歳児クラスの定員を増やしています。ニーズというよりも、0歳児を多く受け入れた方が、園の経営的には儲かるようです。

 上田 江戸川区は幸か不幸か0歳児保育をほとんどやってこなかった。だから、1歳児の4月入園が一番入りやすいですね。

■「良妻賢母型」の子育て政策を推進してきた自民党の罪

――国政レベルでは、幼児教育の無償化が検討されています。

 本目 段階的に無償化すると国は言っていました。最初は3〜5歳児とのことですが、後から保育園の0〜2歳児も付け足しになるのではないでしょうか。

 上田 なぜ幼稚園業界ばかり大事にされているのか。私は、ここ20、30年の保育政策を担ってきた自民党の罪は大きいと思いますよ。基本的にはモデルケースになっているのが良妻賢母型なんです。「子育て放棄の働く女はダメだ」という価値観。これでは優秀な女性ほど子どもを産まない。未来の納税者という“金の卵”を産み育てている“金の雌鳥”であるワーキングママをこれだけ疎外して、いまさら「輝け」と言われても……。

 本目 専業主婦のほうが育児ストレスは高いという研究結果もあるので、一時的に預けられる施設は、絶対に必要だと思います。保育園で一時保育ができればベストですが、とてもそんな余裕はないので。

 上田 幼稚園業界の歩み寄りなくして解決なし、と言いたいですね。現状、幼稚園では乳児を見られないわけですが。

――保育園の「保育士」と幼稚園の「幼稚園教諭」は違う資格だからでしょうか?

 上田 いまの若い世代は、両方の資格を取っている人が多いですね。

 伊藤 むしろ運営側の意識の問題が大きいと思います。「保育と教育は別物だ」と。

 本目 幼稚園が幼保連携した「こども園」になってくれれば、キャパ的にはかなり待機児童を減らすことができます。また、文京区では公立幼稚園が預かり保育を始めたことで、一定の保育園ニーズを吸収できました。

 上田 文京区は区長が熱心なので、先進的な取り組みをしていますね。なんでも補助金ありきではなくて、既存のリソースを弾力的に運用することが大事です。保育園の需要増と反比例するかたちで幼稚園は定員割れになっていきますから。幼保連携型こども園への株式会社参入も認められなかったのですが、ユーザー目線で考えるとおかしいですね。公立保育園だけでは、「お泊まり保育」や「土日保育」のような新しいニーズに応えるサービスは打ち出せません。

■「知らない子どもの声はうるさいんだよ!」

――保育園の建設をめぐる反対運動は実際にあるんでしょうか?

 本目 それはありますね。

 伊藤 騒音が体調に影響を与える場合があると。そこはやはり配慮が必要だと思います。保育園としても防音環境を整えることで対応しています。

 上田 クレームは高齢者からが多いですね。「公園の子どもがうるさい」なんて声もあります。あるとき、「なんでうるさがるの?」と聞いてみたんです。すると、「知らない子どもの声はうるさいんだよ!」との返事でした。「なるほど」と思って、その人の町会でやっている盆踊りに子どもたちを参加させたんです。そうすると「知らない子ども」ではなくなる。逆に、子どもたちの声が聞こえないと、「どうしたんだ?」と心配されるようになりました。コミュニケーションをとっていくことが大事だなと痛感させられました。

 本目 いま、保育園を作る土地がなかなか確保できません。台東区では、都有地か区有地でしか、来年開設できる園がありません。民間で3園募集したものの、家賃の折り合いがつかなかったんです。騒音問題だけではなくて、土地代がオリンピックに向けて高騰していることが影響しています。

 伊藤 都心では、どこも土地が悩みの種になっています。新宿区では、民間の賃貸物件を活用した保育園を増やしました。園庭がない点は目をつぶってもらうしかない。待機児童の解消が最優先である点をご理解いただくことが大切だと考えています。

――保育園を建てる上での工夫は他にありますか?

 本目 古い建物は、保育園に転用するための用途変更が難しい場合が多いです。また、いろいろな細かい規制もネックになっています。例えば、0〜2歳児用の小規模保育園は、児童福祉施設なのでバリアフリートイレの設置が国のルールで義務付けられています。ただ、入所者数が1桁の保育園でも一律にバリアフリートイレが必要なのか。議論を重ねた結果、台東区では区長が認める施設では除外できることになりました。

 上田 本当に建物の規制は多すぎますね。建築基準法施行令や消防法で定められている「2方向避難」は、もちろん園児たちの安全性を考えれば必要ですが、実質的には2方向から避難できる場合でも、細かい規制に引っかかってしまうと業界から相談があります。すぐに図面のやり直しを命じられたり……。行政の申請手続きハードルは見直さないといけないと考えています。

 本目 台東区では、一定規模のマンションを建設するときに、保育園の併設を求める条例を制定しました。保育園を作らない場合には、負担金を売り出し価格に上乗せしてもらう。今度、その第1号となる保育園ができます。

■福祉政策ではなく「政局に」する

――どうしたら、誰でも入りたい保育園に入れるようになりますか?

 本目 保育園を増やすしかないですね。ただ、これから人口が減ってゆく中でどこまで増やすのか……。0歳児の保育料を試算すると、自治体によって試算が違いますが、1人あたり月20〜60万の税金がかかっています。財政と相談しながら進めていかなくてはいけません。

 上田 保育園を福祉政策の一環でやろうとすると、おのずと限界があります。私は、小池百合子都知事を動かして「政局」にしました。もしかしたら小池都知事は保育園に関心がなかったのかもしれませんが、現場を見てもらった上で予算をつけていただきました。

 結局、保育政策は労働問題であり、財政問題です。福祉やジェンダーの問題だけではありません。労働人口を増やして、納税者を増やすために何ができるのか。離婚をしても、働いている女性は納税者であり続けます。専業主婦だと生活保護になって、税金を使う側になってしまうケースも多い。そういった観点から政局にすれば、誰も反対できなくなります。

――地方議員としては具体的に何ができますか?

 伊藤 若い世代の話を聞くと、保育園を望んでいる人と、そうではない人がいます。子どもを保育園に入れなくても、近所の祖父母に預けるとか、他の方法があります。幅広い選択肢を提供することが行政の務めだと思います。最近、保育バウチャー制度(保育園ではなく、保護者に補助金を出す制度。保護者が自由に保育園を選べる)も、都では一部実現しました。

 本目 今年は2015年に実施された子ども・子育て支援新制度の中間年度になります。もうすぐ次の計画の見込み量調査(利用希望把握調査)が行われますので、待機児童などのニーズをどう修正していくのか。今後の議会でしっかりチェックしていきます。

 例えば、新宿区には24時間保育園がありますが、台東区では遅くて22時までの保育施設しかありません。お互いに夜勤をする夫婦だったら、夜は子どもを置いて働くしかない。現在、夜間保育所は全国に81カ所だけ。24時間保育の是非はまた別途議論するとして、こうしたニーズ調査も細かく行う必要があります。

 上田 仲間がいなければ大きな動きは作れませんから、「保育族」は増やします。今度の統一地方選では、財政をチェックしながら、ハコモノに回す予算を切って保育に回すことができる議員を1人でも多く当選させたい。先日行われた葛飾区議選でも、シングルマザーの候補を1票差で当選させることができました。

 伊藤 そうですね。私は区議会では一人会派で活動しています。議会活動では多数派形成がうまくいかないときも、間接的に都議会や社会全体に訴えかけることもできる。実現したい政策をうまく説明できれば、他の会派からも共感してもらえると自信を持っています。

 本目 保護者の方は「行政ががんばってないから、希望する保育園に入れない」と感じているかもしれません。ただ、行政は敵じゃないという点はお伝えしたい。もちろん行き届かない点は多々ありますが、なるべく相談にも乗りたいと考えている職員が大半です。それでも話が通じないなら、ぜひ議員を使ってください。個人的に保育園に押し込むのは無理ですが……。

 伊藤 将来的に保育の環境を良くするためにも、私たちが住民の声をきちんと議会や行政に伝える役割を果たしていきたいと思います。

【12/11追記】「とちょう保育園」を「認証保育園」とした発言は誤りでした。正しくは「認可保育園」です。訂正いたします。

写真=榎本麻美/文藝春秋

(渋井 哲也)

関連記事(外部サイト)