東大合格者数で渋幕を超えられない……県立千葉高校出身の神童は安倍政権を支え、揺るがしていた

東大合格者数で渋幕を超えられない……県立千葉高校出身の神童は安倍政権を支え、揺るがしていた

安倍晋三首相 ©ロイター/AFLO

 2010年代から2020年代へ。安倍晋三政権の屋台骨が揺らぐことはなかった。加計・森友学園問題、「桜を見る会」問題が起こっても内閣支持率は極端に下がることはない。大臣の不祥事や失言が多く盤石とは言い難いが、安倍政権は何とか持ちこたえている。

 安倍総理を大好きなブレーン、安倍総理ととても近いメディア関係者や学者を見ると、意外なことがわかった。

 なぜか、千葉県立千葉高校出身者の神童たちが多い。

 小川榮太郎さん(文芸評論家)、長谷川幸洋さん(ジャーナリスト、元東京新聞論説副主幹)、すぎやまこういちさん(作曲家)、岩田明子さん(NHK解説委員)、奈良林直さん(東京工業大特任教授)である。

 まずは文芸評論家で日本平和学研究所理事長をつとめる小川榮太郎さん。1967年生まれで、大阪大文学部、埼玉大の大学院を経て現職。安倍総理とは電話で話し合える仲のようだ。2019年11月、安倍総理は「桜を見る会」問題で次年度の同会を中止すると発表した。その後、小川さんは安倍総理とやりとりしている。小川さんはこのときのホットラインを自身のツイッターでこう伝えた(11月14日)。

〈こんなにすぐに中止すれば、また「疑惑は深まった」とやられるんじゃありませんかと私が聞くと総理は大要次のように答えた。

「それはそうだけど、こんな状況では参加者が委縮してしまうから……。ブログから何から追跡されて嫌がらせされたりが続くわけだからさ」

「しかしそれでも判断が早すぎたのでは?」「予算執行の決断をしなければならないから今判断する必要がある」〉

 小川さんといえば、「新潮45」2018年10月号でLGBT問題について次のような論を展開して、物議を醸したのは、まだ記憶に新しい

「満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく」

 この記事には、LGBTと痴漢を同列に語ったことに批判が集まった。なお、新潮社は、「新潮45」同号の特集記事について、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」と告知したのち、同誌を休刊にした。

■「安倍首相の判断に脱帽だ」と語った人は?

 長谷川幸洋さんも千葉高校OBだ。1953年生まれ、慶應義塾大を経て1977年、中日新聞に入社した。のちに東京新聞に移り論説副主幹を最後に退職した。いま、政治動向を伝えており、2019年参議院選挙についてこう論評している。

「私は、消費税増税を訴え、参院単独で戦う選挙戦は『政権に厳しい結果が出てもおかしくない』と思っていたが、予想以上の健闘だった。安倍首相の判断に脱帽だ。(略)参院で改憲勢力が3分の2を確保できなかったので、当面は改憲の実現性が遠のいた。とはいえ、見方を変えれば、与野党がじっくり腰を据えて議論する時間を得た形になる。安倍政権は野党勢力内の改憲派と一致点を探るチャンスと捉えるべきだ」(夕刊フジ「 ZAKZAK 」2019年7月28日)。

 2018年、長谷川さんが司会を務めた東京MXテレビ『ニュース女子』の沖縄報道について、「基地反対運動について事実でない内容がある」と批判される。勤務先の東京新聞からも厳しい声があがった。これについて、長谷川さんは「社外で発言することが自社の報道姿勢と違っていても、それを保障する言論の自由を守ること」という旨の反論を行っている。

■安倍総理からも信頼 作曲家すぎやまこういち氏

 すぎやまこういちさんはドラゴンクエストの作曲家で有名だ。1931年生まれで、千葉高校の前身、旧制千葉中学に通っていたことがある。他校に転校したため、千葉高校を卒業してはいないが、OBと数えておこう。

 すぎやまさんの安倍総理への愛情は千葉高OB随一であろう。安倍総理からも信頼されており、2019年11月、産経新聞の「安倍日誌」で次のように伝えている。

「東京・若葉のフランス料理店『オテル・ドゥ・ミクニ』着。作家の百田尚樹氏、評論家の金美齢氏、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、有本香氏、作曲家すぎやまこういち氏と会食」(11月21日)

 2012年、第二次安倍政権が誕生した後、すぎやまさんは、こう話している。

「安倍政権に対する不安は、現在のところありませんが、足を引っ張ろうとする勢力がたくさんいるのが心配ですね。特にメディアは、揚げ足取りをしてでも引きずり下ろそうとする。それが不安です」(「FRIDAY」2013年2月22日号)

 また、2017年7月、すぎやまさんは会見でこう話している。

「安倍晋三さんのスピーチの時だけ、僕が聞いて感じたのは、中音部以下のやや低音域にちょっと、あのイコライザーをかけつつエコーをつけて、リバーブをつけてモヤモヤっと聞こえにくくしている。僕は見ててもう商売柄、やってるなと思いました。やってますね。あれ。音楽やって録音の作業をプロでやっていますから、それははっきりわかりました」

 すぎやまさんは、「放送法遵守を求める視聴者の会」代表呼びかけ人をつとめていた(2017年3月、代表は百田さんに交代)。TBS、テレビ朝日の報道番組の「偏向」を厳しく批判していた。

■東大からNHKへ入局した岩田明子氏

 岩田明子さんは千葉高校を卒業後、東京大からNHKに入局し、いまは解説委員として安倍総理の動向を伝える。取材力に定評があり、総理への食い込み方は半端でない。ときに総理の胸の内まで掘り下げる。

 たとえば、2018年の平昌オリンピックのころ――。

「安倍は五輪開催に祝意を述べた一方、慰安婦問題、そして徴用工問題に言及する。ここを避けては“未来志向の日韓関係”はあり得ない、との考えからだ。すでにソウル地裁は新日鉄住金などに対し、損害賠償を命じる判決を出していたが、この時点ではまだ大法院は確定判決を下していない微妙な情勢だった」(「文藝春秋」2019年12月号)

 安倍総理を賛美する言動は見られない。しかし、野党の一部議員からは「安倍シンパ」と思われている。2019年、次のような趣旨の解説が気に障ったからだろう。

「外交・安全保障政策の一貫性、継続性によって、日本の存在感が高まった」

「国際社会で首脳間の対立が目立つなか、安倍総理大臣が仲介役、橋渡し役となるケースが見受けられました」

「去年のG7サミットで、トランプ大統領とほかの首脳が対立した際には、安倍総理大臣が落としどころを示し、首脳宣言のとりまとめに一役買った場面もありました」

■「中東紛争に備え原発再稼働を急げ」

 奈良林直さんは1952年生まれ。千葉高校から、1972年東京工業大に進み、同大学院原子核工学修士課程を修了した。その後、東芝電力・産業システム技術開発センターで原子力の安全性に関する研究に取り組み、北海道大教授を経て、母校の特任教授となった。

 国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)の理事をつとめており、原子力政策で積極的に発信している。最近では、同研究所のウェブサイトで「 中東紛争に備え原発再稼働を急げ 」(2019年9月30日)と記した。その一部を抜粋しよう。

「中東紛争が拡大し、中東からの石油、天然ガスの輸入が途絶えれば、我が国経済への大打撃は避けられない。電力各社は既に東南アジアなどの天然ガスの追加発注をしているが、火力発電用の石油や、産業・運輸部門で使う石油は大幅不足に陥る。来年の東京五輪は猛暑のさなかに実施される。その時、電力供給が止まれば大混乱となるのは必至だ」

 また、「政府は、成長戦略の1つ、原発輸出・エネルギー政策を強靱化せよ」(2019年1月21日)がある。

 奈良林さんは産経デジタルのオピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」で論陣を張る。

「 福島の風評被害を煽り立てる原発『危険処理水』のウソ 」(2019年11月8日)
「 『原発を止めるリスク』北海道大停電が教えてくれた再稼動の意義 」(2018年9月12 日)
「 『原発はトイレなきマンション』のいい加減な批判に徹底反論する! 」(2017年1月10 日)

 安倍政権は原子力政策について、原子力規制委員会の規制基準に適合した原発の再稼働を進める方針を採っており、奈良林さんの考え方に近い。

■安倍政権とOBOGの親和性 その因果関係は?

 千葉高校著名OBOGの言動から、なるほど、安倍政権と親和性が高いと言える。だが、両者の因果関係を見いだすことなどできない。千葉高校が保守的な教育を行っているとか、思想的政治的に現政権寄りの生徒が集まったとかという話はまったくない。偶然の産物である。千葉高OBOGに聞いてもさっぱりわからない、という。

「関東のなかでは東京、神奈川よりも保守地盤が強く、自民党の牙城みたいなところがあるからかな」と話すOBがいたが、それだけの理由で、安倍政権にこれだけ近い、しかも、濃いメンバーが揃うという説明はできない。

■安倍現政権打倒に執念を燃やすあの人も

 こうしたなか、安倍現政権打倒に執念を燃やす千葉高校OBがいる。

 日本共産党委員長の志位和夫さんだ。1954年生まれ。千葉大学附属小中学校、千葉高校、東京大工学部物理工学科という当時、地元ではエリートコースを進んだ。東京大1年のとき、共産党に入党し、大学卒業後は党東京都委員会、党中央委員会に勤務した。1993年に初当選し、2000年党委員長になった。

 千葉高OBによれば、同窓会で集まっても卒業生の活躍があまり話題にならないという。何かと注目される小川榮太郎さんは、千葉高校同窓会メーリングリストに入っており、議論がわき起こることはないようだ。奈良林直さんが原発擁護派として批判にさらされたこともあったようだが、同窓会のなかではみなさん、大人の対応をしている。

 千葉高校は県内でもっとも古い歴史がある。神童、天才を育ててきた。2000年代前半まで県内では東京大合格者数で他校を圧倒していた。自他ともに千葉でもっとも賢い学校であり、勉強にはまじめな生徒が多かったという。その時代の卒業生が安倍政権に近いところで活躍しているが、千葉高校OBがこんな心配をしている。

「2002年、東大合格者数で渋谷教育学園幕張高校(渋幕)が千葉高校を初めて抜いて、卒業生はみんなショックを受けていました。そこから、渋幕を超えられない。もう、小川さん、岩田さん、志位さんのようの超個性的な秀才は現れないんじゃないかな。そういう意味で、いま安倍政権を取り巻くOBOGたちの活躍ぶりは、千葉高最後の華やかな舞台かもしれない」

 高校同窓たちが、同じ時代に政権のありようをめぐってこれほどキャラを立たせながら活躍するシーンはめったに見られない。千葉高OBOGはじつにおもしろい。最後とは言わないで、これから先、千葉高校の懲りない面々たちが暴れることを期待したいものである。

 千葉高出身者には、そのほかに神崎武法(元公明党委員長)、三谷太一郎(東京大名誉教授)、中江利忠(元朝日新聞社社長)、海堂尊、山川健一(以上、作家)、横澤彪(元フジテレビプロデューサー)、吉田填一郎(元日本テレビアナウンサー)、宇津井健、市原悦子(以上、俳優)、サエキけんぞう(ミュージシャン)、石井四郎(陸軍軍医、731部隊創設者)などがいる。

(小林 哲夫)

関連記事(外部サイト)