【富岡八幡宮の宮司ら殺傷事件】容疑者が犯行直前に書いた"遺書"を週刊文春が入手

記事まとめ

  • 江東区の富岡八幡宮で宮司らが日本刀やサバイバルナイフで殺傷された事件
  • 元宮司の容疑者が犯行直前に書いた"遺書"を「週刊文春」取材班が入手したという
  • お家騒動に対するお詫びから始まり、姉などとの確執の詳細が綴られているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております