自衛隊の本来任務は「国防か、災害派遣か」ヘリパイロットが明かす想い――「消防や警察にも負けない」

自衛隊の本来任務は「国防か、災害派遣か」ヘリパイロットが明かす想い――「消防や警察にも負けない」

陸上自衛隊第1師団第1飛行隊の航空操縦士・吉田達雄さん

“台風15・19号”災害派遣で活躍 自衛隊ヘリパイロットが忘れられない「あの光景」 から続く

 台風15号・19号と、立て続けに関東地方を襲った巨大な台風。その中で人命救助や物資輸送などで力を発揮したのが自衛隊の災害派遣だ。この台風における災害派遣で、ヘリコプターによる航空偵察や物資輸送などを担った陸上自衛隊第1師団第1飛行隊の吉田達雄さん。前回は実際の災害派遣活動の任務について詳しく聞いたが、今回は陸上自衛隊における“ヘリコプター”の役割や飛行技術について聞いた。

(全2回の2回目/ #1 より続く )

◆◆◆

■「1都6県の防衛が第1師団の任務」

「第1飛行隊では通常時は2機がいつでも飛び立てるように待機しています。ただ、そうそういつも何かが起こるわけではないので、待機だけで終わることも多い。そうした時には、基本的に訓練ですね。実際にヘリを飛ばして訓練することもあるし、机上で訓練の計画を立てる業務もあります。

 私たちの本来の任務は国防です。第1師団で言えば、1都6県の防衛。国民の皆様の生命や財産をお守りすることが我々の仕事です。ですから、そのために必要な技術を磨く訓練を日々続けているんです」

■「上空から地雷散布をすることも考えられる」

「第1飛行隊のUH-1Jというヘリは、陸上自衛隊の他のヘリと比べれば小さいのですが、機数はいちばん多くて汎用性の高い多用途ヘリ。いろいろな任務のための装備を取り付けられるのが特徴で、ホイスト装置や映像伝送装置はもちろんですが、他にも緊急患者の搬送の時は担架を取り付けることもできます。人員輸送という点でも後部に10名ほどは乗せられますし、使い勝手の良いヘリ、と言えますね。

 その上で、私たちの主とする任務は、いわゆる戦闘支援です。有事の際に戦闘する隊員たちを必要な場所に運ぶ。もちろん航空偵察も入ってきますし、地雷散布装置を付けて上空から地雷散布をすることも考えられる。機関銃を装備しての訓練ももちろんしています」

 こうした“有事”の際のさまざまな任務。いざというときにそれを確実に実施するために、吉田さんら飛行隊の隊員たちは日々訓練を続けている。訓練の中心は、戦技飛行。航空機同士の戦闘を想定してのものだ。

■夜間飛行、木の枝すれすれ飛行、緊急操作……

「夜間飛行もそうですし、地形を縫うような飛行も訓練します。戦闘を想定した時、敵の監視やレーダーで発見されないように隠れて飛ばないといけません。ですから、山の間の木の枝すれすれを飛んだりすることも必要なんです。

 もちろんこれも訓練をするのですが、基本的に航空法では一定の高度以上で飛ぶことになっています。そこで、民家などのないエリアを訓練地域として設定し、日々訓練飛行をしています」

「あとは緊急時対応もあります。ヘリに不具合が発生したケースを想定して、緊急操作を訓練します。簡単に言いますと、アクセルを踏むとクルマが前に進むように、ヘリも出力を上げると揚力を得て飛ぶわけです。でも、クルマはニュートラルにしても大丈夫ですがヘリは揚力を得られなくなったら飛べなくなります。そこで、あえて出力を下げて安全に着陸する訓練をする。正直、ミスをしたら危ないです。でも、そうした状況でも我々は被害を出すことなく安全に着陸させる必要があります。訓練はさまざまな場面を想定して、というのが基本です」

■最も難しいのは「ホバリング」

 このような訓練を通じて高い技量を身に着けていくのだが、吉田さんが“特に難しい”と話すのが、ヘリを空中に停止させるホバリング。ホイスト装置を用いる物資輸送や人命救助をするときには欠かせない技術だ。

「ヘリの操縦の中で最も難しいのがホバリングだと認識しています。ピタリと空中に停まって動かさないというのは、風の影響もあるのでかなり難しい。ヘリの機種によってはオートホバー、つまり自動でホバリングしてくれるタイプもあるのですが、私たちの乗っているUH-1Jでは自分の技術でやらないといけません。

 ポイントとしては、その時の重量重心や風向き、風の強さを頭に入れて、一番安定しやすい方向を定めてそこに停止する。風は絶えず変化するものですから、強風が吹いてから対応していたらもう遅い。次にどういう事態が生じうるか、すべての可能性を想定して判断して操作しないと。コクピットの中にいますが、それでも風を体で感じるんですよね。これはもう……言葉ではなかなか伝わらないでしょうし、経験しないと身につかないものですね」

■なぜ自衛隊のヘリパイロットになったのか?

 こう話す吉田さんは操縦士としてのキャリアは11年に及ぶベテランパイロットだ。中学校を卒業後に自衛隊に入隊し、横須賀の少年工科学校(現在は高等工科学校)を卒業後に航空科職種に進んだ。2006年には宇都宮市にある陸上自衛隊航空学校に入校して操縦士の国家資格を取得、三重県の第10師団第10飛行隊に配属されて、以来ヘリのパイロットとして活躍してきた。

「熊本県の出身で、近くに自衛隊の駐屯地があってヘリが飛んでいるのをよく見ていたんです。小さい頃から憧れみたいなものがあったんですよね。それで中学を卒業する時に、普通に高校に進学するのもおもしろくないなと。おじさんが自衛官だったこともあって、自衛隊に入ることにしたんです。あの当時の少年工科学校は1学年で300名ほどで、自衛隊員としての訓練に加えて通信制を利用して高校卒業の資格も取れるんです。ほんと、中学を出たばかりの世の中を知らない連中が集まって、楽しいところでしたね(笑)」

■11年のキャリア――ヘリのパイロットに必要なものは?

 第10飛行隊で操縦士として7年間空を飛び、明野駐屯地の航空学校では3年間パイロットの教官も務めた。そして2019年3月に立川駐屯地の第1飛行隊へ。東日本大震災をはじめ、災害派遣でも幾度となく出動した経験を持つ。そうした経験豊富な吉田さんが思う“ヘリのパイロットに必要なもの”とは何なのか。

「資質と技術の2つが必要だと思います。資質というのは、やはり使命感や責任感ですよね。ヘリはある程度のリスクを負って飛んでいるので、その中での全責任をパイロットが負ってます。ですから、責任感がないものは操縦士にしてはならない。

 加えて、柔軟性も大切です。空中では本当にいろんなことが起きるんです。東日本大震災の時もそうでしたが、狭い空域に沢山のヘリが飛んでいることもあります。更に天候の変化もあるし、ヘリそのものも毎日同じ状態ではなくて日々調子が変化するもの。そういう様々な要素を踏まえて柔軟に対応していく能力が求められるのかなと、思っています」

「やはり私たちの任務は判断の連続なんですよね。ただ空を飛んでいるだけではなくて、時間や燃料などあらゆることを判断し続けながら飛ぶんです。そしてその判断のひとつひとつが命に関わることもある。ですから、なんのために飛んでいるのかという目的意識を持って、不測の事態にも対応できる判断力を身に付けて、そしてそれを実行できるだけの操縦の技術を練成する。

 私たちの任務は、国民の皆様の生命を守ること。ですから、操縦をミスして墜落するようなことがあっては本末転倒なのです。守るべきものを守れないのでは、そもそも意味をなさない。だから技術はもちろんですが、資質の部分も持っていなければヘリの操縦士としてはダメなのかなと思っています」

■国民の期待が高まる「災害派遣」への想いは?

 吉田さんが言うように、自衛隊の本来の“主たる任務”は国の防衛である。そうした中で、近年は“従たる任務”である災害派遣の頻度が増え、国民からの期待も高まっている。そうした現状を、吉田さんはどう考えているのだろうか。

「国民の方々からの災害派遣への期待の高まりは、私としては仕事のやりがいにつながりますし、生きがいにもなります。ただ、忘れてはいけないのは主たる任務である国防への任務意識。国防のために必要な練度を磨いていくことです。そしてそれを主たる任務以外に当たる、従たる任務である災害派遣にも活かしていかなければならない。ある意味で高いハードルを与えていただいているのかなとも思いますし、だからこそ、それをクリアしていくというのが私たちに課せられているものなのだと思っています」

■「消防や警察に負ける気はしない」

 吉田さんの所属する第1飛行隊は東京西部、立川市の立川駐屯地にある。立川駐屯地は自衛隊の一駐屯地であると同時に、立川広域防災基地の一部分を構成する。駐屯地の飛行場は東京消防庁や警視庁の航空隊も共用で、消防や警察との共同訓練も実施しているという。毎年開催されている立川防災航空祭には自衛隊と消防、警察がともに参加するなど、相互の連携も重視されている。陸上自衛隊のヘリパイロットとして熟練の腕を持つ吉田さんは、消防や警察のヘリをどう見ているのだろうか。

「消防は本当に人命救助に命をかけているんだなというのは見ていてもよくわかりますし、警察は保安を主としているんだなというのもわかるんです。普段は離着陸をするところくらいしかみることはできないのですが、やはりそれぞれがそれぞれの求められるところで力を発揮するべく訓練をしているわけですから。ただ、私たちも毎日厳しい訓練をしていますから。だから、離着陸ひとつとっても、消防・警察に負ける気はしないです。それも陸上自衛隊第1飛行隊のプライド、誇りのひとつだと思います」

 先だっての台風15号・19号をはじめ、多くの災害派遣に従事してきた自衛隊のヘリパイロット、吉田さん。昨今は災害の頻度も増えて激甚化も進み、自衛隊の災害派遣の機会は飛躍的に増えている。そしてそうした自衛隊の活動を通じて、安心感を抱いたり頼りがいを感じている国民も多くなっていることだろう。その中で、自衛隊は“主たる任務”である国防のために日々訓練に励んでいるのだ。

写真=石川啓次/文藝春秋

(全2回の2回目/ #1 “台風15・19号”で活躍 自衛隊ヘリパイロットが忘れられない「あの光景」 から続く)

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)