【追悼】所持金わずか「83円」で来日 韓国出身のロッテ創業者・重光武雄の数奇な人生

【追悼】所持金わずか「83円」で来日 韓国出身のロッテ創業者・重光武雄の数奇な人生

若かりし頃の故・重光武雄氏 ©文藝春秋

「最後の大企業創業一世代 辛格浩ロッテ名誉会長他界」(朝鮮日報)、「83円持って日本に渡った文学青年、カバンひとつ持って帰国し韓国ロッテ設立」(中央日報)、「83円でスタート、ロッテの神話を描いた流通の巨人、辛格浩名誉会長他界」(東亜日報)、「ロッテ創業辛格浩名誉会長他界」(京郷新聞)、「辛格浩名誉会長他界、創業一世代没す」(ハンギョレ新聞)――。

 1月19日、ロッテグループの創業者、重光武雄名誉会長が他界した。享年98。

■「巨人」「辛格浩の人生にはグレー地帯が」

 韓国紙はいずれも一面で報じ、その生涯をつぶさに追ったところも多かった。ほとんどが日韓両国で起業し成功を収めた経済界の“巨人”として讃えたが、ロッテがグローバル企業となった2000年代頃から「規模に合ったシステムを備えておらず、辛名誉会長の一人経営体制にこだわり、さまざまな問題が明るみに出た」(韓国日報)と、晩年に報じられたコンプライアンス問題を指摘するところもあった。

 また、昨夏、日本が対韓輸出規制を強化した際、「ロッテは日韓どちらの企業なのか」という論争が起きた例にも表れたように、常に日韓の狭間に置かれた重光名誉会長の立場を慮る記事もあった。例えば、中央日報はこう書いている。

「韓国と日本の双方でロッテという帝国を作った。激しい慶尚道なまりと母国語並みのざっくばらんな日本語を交ぜて使った。両国で歓呼と疑いを同時に受けた。韓国人が日本でカネだけ稼いでいくという嘲弄と誹謗を聞いたりした。辛格浩の99年の人生には光と影、そして、はっきりしないグレーゾーンが共存する」(中央日報日本語版より)

■本名の「辛(シン)」にかけて「神」と呼ばれることも

 重光武雄名誉会長の本名は「辛格浩」。生前、日本に帰化したのではないかと取り沙汰されたこともあったが、韓国籍だ。「辛」は「シン」と発音することから、韓国メディアでは同じ発音の「神(シン)格浩」と表されたこともあった。

 日本名の苗字は二番目の日本人の夫人の姓であり、名前は、日本の植民地時代の創氏改名の時の名前だと伝えられている。ちなみに重光夫人は第二次世界大戦後、降伏文書に署名した重光葵外務大臣の親戚だといわれ、日本にいた頃は多くの恩恵を受けたと報じられたこともあったが、「まったく無関係」(月刊朝鮮2001年1月号)と重光名誉会長は一蹴している。

 重光名誉会長は1921年、韓国南東部、釜山市の北にある蔚山市の農家に10人兄弟(男5人女5人)の長男として生まれた。73世帯の小さな村の中では比較的裕福な家だったという。

■「老人が牛耳る故郷に発展はない」と悟り日本へ

 日本へ渡ったのは1942年。所持金はわずか「83円」、最初の妻と娘を韓国に残してのことだった。後に、なぜそこまでして日本に渡ったのかと訊かれた重光名誉会長はこう答えている。

「故郷の村の老人(ママ)は頑固でした。若い者が冬でも利用できる村の銭湯を作ろうとしたら、老人たちが私たちに向かって大声をあげながら『そんなおかしなことはするな』という。人が何か新しいことをやろうとしているのに老人の権威と影響力が削がれると考えたのでしょう。こんな村に残っていたら発展はないと思い日本に渡りました」(同前)

 日本では牛乳や新聞配達などをしながら、早稲田高等工学校を卒業。最初に手がけたのは金属加工用の切削油の製造だった。この事業を勧めた日本人は、当時アルバイトで働く学生だった重光名誉会長の真摯な姿勢を見込んで「6万円」を出資したといわれる。その後、空襲で工場を焼失するなどしたが、47年には、進駐軍の兵士が噛んでいたガムに目を付けてチューインガムの製造に乗り出した。

 48年、従業員わずか10人の「ロッテ」を設立。「ロッテ」の社名はかつて小説家を目指した重光名誉会長の愛読書『若きウェルテルの悩み』の主人公が恋するシャルロッテからつけられたというのは有名な話だ。

■ソウルのランドマーク・ロッテホテルをめぐる逸話

 日本で発売されたガムは買い求める人で行列ができるほどの人気商品となった。日本での成功を受け、「祖国韓国へ貢献する」という意志をひっさげて67年、韓国に「ロッテ製菓」を設立した。韓国では、ロッテグループといえば、ロッテ百貨店やロッテホテル、ロッテワールドなどの特に流通と観光業で高く評価されるが、事業は金融、建設、化学分野などにまで拡大し、韓国の五大財閥といわれるグローバル企業となったのは周知の通りだ。

 韓国の観光業の象徴とされるソウル市明洞のロッテホテルにはこんな逸話があるそうだ。ロッテホテルの建設は当時の朴正熙大統領の指示により、国際観光公社(当時)が経営していた「半島ホテル」を買収し始まったといわれる。しかし、38階建てを建設中、青瓦台の警護室からこんな電話が入ったという。

「ホテルから青瓦台が見えるので、18階までにしろという。38階建てを基準にしていましたから、半分にできるはずがない。技術的に不可能なので、国務総理に陳情して計画どおり38階建てにした」(同前)

 ロッテホテルは1979年に開業。重光会長の部屋は34階にあった。

■晩年はお家騒動で厳しい評価にさらされた

 一大財閥を築いた企業家として讃えられる一方、晩年は厳しく評価される局面が続いた。

 その筆頭として挙がるのが、2015年に起きた「王子の乱」や「兄弟の乱」と呼ばれたお家騒動だ。

「王子の乱」とは、重光名誉会長の長男、宏之氏(現SDJコーポレーション会長)と次男の昭夫氏(現ロッテグループ会長)、親族の間で経営を巡り起きた泥沼の争いのこと。

 騒動が明るみに出たきっかけは2015年7月末。重光名誉会長と長男の宏之氏が突然、次男・昭夫氏と取締役6人へ解任通告を行ったことだった。それまで、日本ロッテグループを長男・宏之SDJ会長が、韓国ロッテグループを次男・昭夫現会長が担う分業体制が確立していたが、実は、「2013年頃に宏之氏が韓国ロッテ製菓株を買い増しし始めた頃から、ロッテ内の紛争の存在は囁かれていた」(韓国紙記者)ともいう。

 当時、ロッテグループの関係者は筆者の取材にこんなことを言っていた。

「ふたりの性格は正反対です。昭夫氏は社交的でアグレッシブなタイプですが、宏之氏は物静かで学者タイプ。宏之氏は今回のような騒動(昭夫氏らを解任)を起こすような人物ではない。宏之氏の背後には、昭夫氏が韓国に来たことで韓国ロッテから外された親族がいると見る人は多い」

 重光名誉会長の死によりロッテの経営体制にも再度注目が集っている。しかし、「名誉会長の持ち株は少なく、昭夫会長体制でロッテグループは盤石に固まっている」(前出記者)という見方が強い。

 お家騒動の軍配は昭夫現会長に上がったが、事業継承の過程での贈与税などの問題から裁判沙汰となった。重光名誉会長は2017年10月、背任などの罪で懲役4年となり、罰金35億ウォンが科せられた。ただ、高齢であり健康上の理由から収監はされなかった。

■祖国のためホテルを建てた父、贈賄で収監された次男

 今のソウル市内の中心部には、青瓦台を見渡せる高層ビルがいくつも建ち並ぶ。ロッテホテルのエピソードを思い出しながら、38階建てという高さは当時、青瓦台を見渡せる途方もない高さだったのかと驚きとともに時の流れをまざまざと感じる。

 重光名誉会長は「祖国に貢献したい」と朴正熙元大統領の指示通りホテルを建てた。時を経て、次男の昭夫会長は、崔順実氏事件と関連して、朴正熙元大統領の娘である朴槿恵前大統領に贈賄したとして懲役2年6カ月の実刑となり、収監された。親子に渡る腐れ縁だろうか。

 タワーが語るのは、企業家としての成功の証、夢の結実なのか。それとも、最後まで第一線の経営者であらんとした故郷の村の老人のような執着なのか、どちらだろう。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)