賛成?反対? JR中央線の「車内トイレ問題」――全国鉄道トイレ事情を調べてみた

賛成?反対? JR中央線の「車内トイレ問題」――全国鉄道トイレ事情を調べてみた

JR中央線トイレ設置否定派も

賛成?反対? JR中央線の「車内トイレ問題」――全国鉄道トイレ事情を調べてみた

トイレの導入が進む中央線のE233系(使用開始は今年度末予定)

 冬になるとトイレが近くなる。電車に乗る前に、念の為と思ってトイレに行っても寒風吹きすさぶホームで電車を待っているうちにまた催してきてしまい、もう一度トイレに行くかそれとも我慢して電車に乗るか葛藤する……。そんな経験、きっと多くの人があるに違いない。今年はホームで寒風に耐えるほどのことはない暖冬ではあるが、冬場のトイレが悩みどころなのは事実であろう。

中央線の4号車が妙に混んでいる……

 で、そんなことを考えながらいつも使っているJR中央線に乗った。すると、なんだか4号車のあたりが妙に混んでいるのだ。平日の昼過ぎ、普段ならばとりたてて混み合う時間でもないのに、4号車の高尾寄りが混んでいる。いったいこれはなんだろうと思ってよく見てみると、普通ならば3人がけの座席があるはずの車両の端っこに見慣れぬものがある。どうやら、トイレのようだ。

 というわけでJR東日本八王子支社広報課に聞くと、「2019年5月以降、順次トイレを設置しています。ただ、現状はまだ使用することはできず、2019年度末以降ご利用いただけるように準備を進めているところ」だとか。導入対象は中央線や青梅線に使われるE233系の4号車だ。ついでに導入目的についても尋ねてみた。

「首都圏の5方面の路線でトイレがないのは中央線だけだったこともあり、サービス向上の一環として導入することになりました」

 5方面というのは東京都心(すなわち山手線)から郊外に伸びる東海道線・宇都宮線(東北本線)・常磐線・総武線・中央線のこと。たしかに、この5方面の列車のうちトイレがないのは中央線だけであった。

 中央線は2023年度からグリーン車を連結するという計画がある。その一環としてのトイレ設置なのだろうと思ったが、増結するグリーン車内にもトイレは設けられるようなのでそれとは別の、いわば“利便性向上”の一環ということなのだと思われる。

 今まではなかったトイレが設置される中央線。トイレが近くて悩んでいる利用者にとってはきっと朗報に違いない。とりあえず中央線ユーザーの知人に聞いてみた。

■中央線ユーザーに聞いた「トイレ設置に賛成? 反対?」

「う〜ん、むしろそこだけ混雑が激しくなるんでしょ。端っこの車両とかならまだいいけど、混雑するほうが困りますよ。トイレよりも」(40代男性)

「トイレ? まあいざというときにはありがたいかもしれないですけど、中央線って昼間でもそこそこ混んでるでしょ。だから他の車両に乗っていてトイレに行きたいなあと思っても、たくさんの人をかき分けて4号車まで行くのって無理じゃない? かき分けかき分け移動しているうちに次の駅に着くからそこでトイレに行けばいいし……」(30代女性)

 確かにそのとおりである。中央線の朝ラッシュ時の混雑率は中野〜新宿間で182%(平成30年度)。そんなに混み合っている電車の中に新しくトイレを設えて混雑を悪化させる必要があるのかどうか。ただ、確かに快速なら駅間距離は短くすぐに次の駅に着くが、中央特快に乗れば9分ほど停まらない区間もある(三鷹〜中野)。それに中央線のE233系は高尾から先、大月まで運転されることも多い。高尾駅と相模湖駅の間も約9分。それくらいの時間が空けば、トイレを要する人もいるかもしれない。事前に4号車にあるとわかっていれば、そこに乗っておけばいいから安心ではあるだろう。

 そんなわけで、果たしてトイレの設置がいいのか悪いのか。実際にまだ開かぬ中央線のトイレに寄りかかっていた大学生にも聞いてみた。

「朝、満員でしんどくなったらこのトイレに入って座ってればいいんじゃねえの、と思ったりしちゃいますけどね。まあさすがにマナー違反ですけど」

 確かにそんな人が現れそうな気もしないでもない。

■そもそも全国の鉄道のトイレ事情はどうなっている?

 さて、これで終わりではつまらないので、他の路線に広げて鉄道のトイレ事情を考えてみることにする。実は、鉄道の車両にはトイレが付いているほうが一般的だ。新幹線や特急列車にトイレがあるのは誰もが知っている。長距離長時間乗り続けるのだからトイレがなければ大いに困る。そして地方ローカル線を走る車両もその多くにトイレがあるし、都市部の路線でも長距離を走る車両にもトイレがある。

 例えば、首都圏であれば東海道線や湘南新宿ライン、宇都宮線、高崎線などを走るE231系・E233系。これらにはちゃんとトイレが取り付けられており、車両にもよるが中にはグリーン車を含めて4ヶ所にトイレがあるものも。小田原や熱海から東京都心を抜けて北は高崎や宇都宮まで行こうという長距離列車だからトイレは欠かせない。東海道線だって混雑率は191%(川崎〜品川、平成30年度)と激混みなのだからトイレのために車内の移動は難しいが、4ヶ所にあればその不安もいくらかは軽減されそうだ。

■JRのローカル線でトイレがないのは……

 また、駅間距離が長く無人駅も多いローカル線でもトイレは当たり前の設備。それに関してちょっとしたエピソードがある。中国地方を中心に運行されているJR西日本のキハ120形と呼ばれるディーゼルカーは、もともとトイレを設置していなかった。1993年に木次線と三江線(今は廃止)でデビューした車両なのだが、それまではあったトイレがなくなったことで利用者が途方に暮れてしまったという。木次線を例にとると、宍道駅から備後落合駅まで全区間の所要時間は約3時間。途中には駅間10分を上回る区間がいくつもある(出雲坂根〜三井野原間に至っては18分もかかる)から、利用者が困る気持ちもよくわかる。それで沿線自治体などがJR西日本に要望し、2005年以降トイレ設置の改修工事が行われたのだ。同様に、JR東海の中央線で使われている211系も当初トイレがなく、苦情が寄せられたという。

 現在、JRのローカル線でトイレがないのはJR四国の予土線キハ54形くらい(同じ形式でもJR北海道の車両にはトイレがある)。予土線も随分長い距離を走る路線だからトイレがないのは致命的な気もするが、数年前に乗ったときにはお客が途中の駅で運転士さんに頼み込んで駅のトイレを使っていた。こうした柔軟性でトイレなし長距離列車が成立しているのだろう。

■中央線の4号車ユーザーは要チェック

 こうして見てきたが、そもそもトイレがない車両というのは大都市圏の通勤路線ならではの、むしろ例外的な存在なのである。JR西日本に聞いても、大阪環状線の323系にもトイレはないという。駅間距離が短くすぐに次の駅に着くから問題ないという判断なのだ。

 そして中央線のトイレ問題。もちろん、次の駅まで待てないような緊急事態もないとは言えない。体調が急に悪化してしまうこともあるだろう。とはいえ、ただでさえ激しい混雑に苦しんでいるところにトイレがさらにスペースを取るとなると、嫌だなあと素直に感じる人も多かろう。毎日のように乗っている路線であればだいたい乗る車両は決まっているもの。中央線の4号車付近を利用しているみなさま、これからは“トイレ”に要注意である。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)