【高校サッカー】日本から留学生選手がいなくなる? 悩める監督とサッカー協会に聞いてみた

【高校サッカー】日本から留学生選手がいなくなる? 悩める監督とサッカー協会に聞いてみた

今年の全国高校サッカー選手権大会は、決勝で静岡学園が青森山田を下し24年ぶり2度目の優勝を果たした ©AFLO

 全31人のうち、南アフリカ、トンガ、オーストラリアなど外国籍の選手を含む、16名までが海外出身者で占めたラグビー日本代表が、昨秋のW杯で史上初のベスト8入りという偉業を成し遂げた。選手それぞれの出自の多様性をむしろ強みとして、勝利を目指し「ONE TEAM」に団結したチームが、多くの日本人の心を揺り動かしたことは記憶に新しい。

 そんなラグビーW杯の開催期間中だった2019年10月10日、日本サッカー協会(JFA)の理事会で、サッカー留学で来日した18歳未満の選手は原則的に公式戦に出場できなくなることが決まった(ただし2019年度現在で在学中の留学生は、卒業までプレーを続けられる)。

 高校生年代を例にとると、今年度は静岡学園の優勝で幕を閉じたばかりの全国高校サッカー選手権や、夏のインターハイ、それらの地方予選といった公式戦で留学生選手がプレーする姿は、今や珍しいものではなくなった。その象徴的な存在としてサッカーファンに強烈な印象を残しているのが、卒業後はJリーグで活躍し、やがて日本に帰化すると代表選手としてW杯出場を果たした、三都主アレサンドロ(明徳義塾高卒)や田中マルクス闘莉王(渋谷幕張高卒)だろう。

 彼らのような宝石を生んだ “留学生選手”という系譜が、2021年度をもって途絶えてしまうのだ。

■ラグビーと比べると時代の流れに逆行?

 ラグビーW杯での日本代表の多様性――中でもリーチマイケル主将やヴァルアサエリ愛らの日本との縁は、ニュージーランドやトンガなどからの留学生として、日本の高校へ入学したことから始まっている。そして高校ラグビー公式戦への留学生選手の出場は、現在も認められている――が際立っていただけに、昨年10月のJFA理事会決定は不可解だし、時代の流れに逆行したものに見える。

 この決定を知った時、私の頭にすぐ浮かんだのは、千葉・渋谷幕張高校(渋幕)教諭の宗像マルコス望氏だった。

 1959年、ブラジルで日系二世として生まれ、サンパウロFCの下部組織などを経て80年から82年まで東洋工業サッカー部(現サンフレッチェ広島)でプレーした後、東海大学、サンパウロ大学で学んで体育教師の資格を取得。85年に再来日して、その2年前に創立したばかりの渋幕の体育教師に採用され、以降、同高サッカー部の監督も務めてきた。

 渋幕は開校以来、留学生を積極的に受け入れている。特にサッカー部には87年以来、マルコス氏が母国でのコネクションを生かして数百人という候補の中から選考するブラジル人留学生選手が、継続的に在籍してきた。その数、現在まで計26名。闘莉王やサンドロ(元ジェフ市原、FC東京)など、卒業後にJリーグクラブへ入団した選手も多い。

 そんなマルコス氏に、同高での留学生選手の実情と、今回のJFA決定について思うところを聞きたいと思ったのだ。

■全国から相談が寄せられるマルコス氏の苦悩

 マルコス氏が取材に訪れた私を案内してくれたのは、渋幕の図書館奥にある一室だった。ガラスの壁を隔てたすぐ向こうには、各国からの留学生たちが日本語の補習を受けている。その日、会うなりマルコス氏は「このところ留学生選手を抱える全国のサッカー部の監督から、電話がひっきりなしにかかってくるんですよ」とため息をついた。「来年度以降、JFA決定にどう対応すればいいのか」と、留学生受け入れ実績が豊富なマルコス氏のもとに相次いで相談が寄せられているのだという。

――そもそも、渋幕が留学生の受け入れに力を入れているのはなぜなんでしょう。

「『国際人としての資質を養う』が、設立理念のひとつなんですよ。身近にいろいろな国からの生徒がいて、日頃から接することができれば、それは国際人になる近道じゃないですか」

――ブラジルからの留学生選手は、どんな高校生活を送っているんですか。

「他の日本人の生徒と同じですよ。現在サッカー部には3人のブラジル人留学生がいますが、彼らはみな、朝のホームルームから教室にいて、日直だって回ってきますし、放課後の掃除までやります。その後、サッカー部の練習に参加するわけです。渋幕の留学生は1年間の短期が主なのですが、サッカー部のブラジル人留学生は3年間在学し、渋幕の生徒として卒業していきます」

――サッカー留学で来日した18歳未満の選手が公式戦に出場できなくなるというJFA決定を知って、どう思われました?

「国際サッカー連盟(FIFA)が18歳以下の選手の国際移籍を禁じる規則を定めているのは、私も知っています。しかしその決まりは、才能ある若い選手がまるで人身売買のように欧州のビッグクラブへ売り飛ばされていた状況に歯止めをかける目的で作られたはず。教育を受けるために海外からやってきて、学校の部活動としてサッカーをやっている選手にまで、なぜ適用されるんでしょうか? まともな学校であれば、留学生として来日させる見返りとして、その選手の家族に金銭を渡すような真似などするわけがない」

■「(サッカーだけ)留学生選手がなぜ出場できないんでしょう?」

――JFAに伝えたいことは?

「昨今は特に、国際交流を考えなければいけない時代。そんな中、世界で一番普及しているスポーツであるサッカーの試合に、留学生選手がなぜ出場できないんでしょう? 他の高体連種目では留学生選手の出場が認められているのに、サッカーだけがダメなんです。JFAは我々にFIFA規則を杓子定規に押し付ける前に、FIFAに対して日本の部活スポーツというもののあり方をきちんと説明し、人身売買を対象としたルールの適用から除外してもらえるよう、どうして働きかけなかったんでしょうか?」

 では、JFAが18歳未満の留学生選手の公式戦出場を禁じるに至るまで、どんな経緯や背景があったのか? そちらも明らかにしておかなければ、フェアではないだろう。

■専務理事が語ったJFAの見解は?

 JFA側の担当責任者としてインタビューに応じてくれたのが、須原清貴専務理事である。米ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得後、ベルリッツ・ジャパン代表取締役社長、ドミノ・ピザ・ジャパン代表取締役兼COOなどを歴任。自身にプレー経験はないが、子息が通っていたクラブにお父さんコーチとして関わるようになったことからサッカーと出会い、魅了され、2級審判員の資格を取るまでに。2014年にJFA審判委員会の委員となり、16年からは非常勤理事に就任。さらに“経営のプロ”としての手腕を期待した日本協会に招かれ、18年3月からフルタイムで現職に就いている。

 今回、留学生の公式戦出場禁止の決定について取材を申し込むと、ぜひJFA側としても詳細を説明したいと、須原理事が自ら対応を引き受けてくれたことはあらかじめ記しておきたい。

――サッカー留学で来日した18歳未満の選手の公式戦出場が2020年度から不可能になるに至った、経緯と理由を教えていただけますか。

「今回の理事会決定の背景には、FIFAの定めた国際統一ルールの存在があります。かつて、海外の資金の豊富なクラブの間では、青田買いよろしく将来性のありそうな自国外の少年選手と契約を交わし、渡航させて下部組織で育成することが常態化していました。しかしその選手が期待したほどのレベルに達しなかった場合、いとも簡単にクラブから契約を打ち切られたり、ひどい場合には選手の渡航直後、間に入った代理人が契約金を受け取ったまま姿をくらましたりする例が後を絶たなかったのです。するとその選手は不法滞在者の扱いを受けるなど、異国の地で幼くして路頭に迷ってしまいます。また資金力のあるクラブの青田買いを放置しておくと、財力に恵まれないクラブとの戦力格差がますます広がってしまうという側面もあります。そこでFIFAは世界のサッカーを統括する団体として、この人身売買とも言える状況の規制に踏み切ったのです」

■留学生選手の公式戦出場停止が決定された“ある理由”

――具体的にどのような規制を?

「2001年に全世界規模で、18歳未満の選手の国際移籍を原則的に禁止するという規則を設けました」

――“原則的に”ということは、例外も?

「選手の親が自身の仕事のために海外へ移住し、それに子供がついてきた場合や、外国籍であっても当該国で5年以上継続して居住した後の場合、難民認定されている場合などは、当該国の協会への登録が認められ、公式戦でのプレーが可能となります」

 だとすると、合点のいかないことがある。

――2001年にそのFIFA規則が定められて以降も、日本の高校サッカーでは留学生選手が公式戦に出場していましたよね。

「ええ。というのも、生徒が学校教育の一環としてスポーツ・文化活動に打ち込む『部活』は、日本が世界に誇るべきポジティブかつユニークな伝統です。そんな日本独特の背景や長年の歴史を考慮し、JFAとしては選手登録制度を柔軟に運用してきました。部活でプレーする留学生選手は、教育上の理由で日本の学校にやってきて、その学校のサッカー部に入部したわけですから、クラブ強化のために契約して海外から移籍させた選手とは異なる存在であるという解釈で、選手登録や公式戦でのプレーを認めてきたのです」

 JFAは部活サッカーにおける留学生選手に対し、最大限の配慮をしていたわけだ。

――それがなぜ突然、昨年10月のJFA理事会で留学生選手の公式戦出場停止が決定されてしまったのでしょう。

「2018年、ある高校の部活チームへの留学生選手の登録に関して、FIFAから規則違反を指摘されました。確かにその選手は18歳以下でしたし、例外条件を満たしていたわけでもないので、指摘内容は認めざるを得ません。結果として我々はFIFAから是正勧告を受け、罰金も支払いました。ただ補足させてもらえば、FIFAからの処罰の対象になった選手は、まったく純粋に勉学目的で留学してきた生徒でした。当然、高校側も強化目的で彼を入部させたわけではなく、受け入れに際して金銭のやりとりなども行われていません。人身売買などとはまるで無縁の選手登録だったのです。にもかかわらずFIFAのモニタリングで検出され、問題視されたというわけです」

■「忸怩たる思いなのは確かです」

――運が悪かったとしか……。

「我々の口からはそう言えませんが、忸怩たる思いなのは確かです。国際交流や、今盛んに言われているダイバーシティーを考えると、外国人留学生が学校や教室にいてくれて、一緒にボールを蹴るっていうのは素晴らしいことじゃないですか。ですが一方で、JFAもFIFAの加盟協会である以上、定められたルールをしっかり守る義務があるのです」

――では規則違反の指摘を受けた時点で、JFAとして日本特有の部活という制度の実態をFIFAに言葉を尽くして説明し、留学生がサッカー部でプレーするのはFIFA規則の適用から除外されるべき事例なのだ、と理解を求める努力はされたのでしょうか。

「もちろんです。私も含めたJFAスタッフがスイスのFIFA本部まで出向いて日本の部活の詳細を説明し、規則適用からの除外を訴えました。そしてFIFAの側も、日本特有の部活文化については一定の理解は示してくれました。しかし全世界の連盟を統括していく立場としては、それぞれの協会の個別事情に配慮した例外を認めるわけにはいかない、と」

 そう語る須原理事の表情には、無念の色がにじんでいた。

■「簡単な道のりでないことは確かですが……」

――この先、JFAの訴えが聞き入れられる見込みはまったくないのですか?

「簡単な道のりでないことは確かです。ですが日本の留学生選手の案件は、FIFAのハイレベルな意思決定機関でも、正式な議題とまではいかないんですが、議論はされています。そしてJFAとしても、我々事務レベルが正面からFIFAに訴え続けていくのはもちろん、田嶋幸三会長はFIFAのカウンシル(評議会)メンバーでもあるので、様々なパイプを持っています。そういったルートも活かしながら努力を続け、なんとか留学生のプレーが認められるように持っていきたいと考えています。あとは、どうやってFIFAの規定やその解釈に風穴を開けるかという作戦の部分ですね。その議論はJFA内で何度も行っています」

――ただ現時点では、2022年度から18歳以下の留学生選手は公式戦でプレーできない、と決定しているわけですね。

「残念ながらそうなります」

 最後に、マルコス氏が取材時に聞かせてくれたこんな話を紹介しておきたい。

■東日本大震災で被害を受けた渋谷幕張にやってきたのは……

 2011年の東日本大震災時、千葉市の沿岸部にある渋谷幕張高の学校施設やグラウンドも、液状化現象の被害を受けた。その応急措置が終わり、ようやく生徒たちに通常の学校生活が戻った頃、マルコス氏のもとに当時名古屋でプレーしていた闘莉王から連絡が入った。

「『サッカー部の練習に顔を出したい』と言うんです。その時、彼は負傷後のリハビリ中で、かつて在籍していた水戸まで震災見舞いに行った後、念のため浦和時代のチームドクターにも患部を診てもらうことになっていました。そこで、せっかく関東に来ているのだから、渋幕を訪れたいと伝えてきたんです」

 約束通り、闘莉王はまだ震災の爪痕が残る渋幕にやって来た。そして、ただ来ただけではなかった。

「私の担当だった6限目の体育の卓球の授業から飛び入り参加したんです。生徒たちが大はしゃぎするもんだから、授業になんかなりませんでした」

 その放課後、彼はわざわざ名古屋のトレーニングウェアに着替えてサッカー部の練習に合流した。

「部員たちにしてみたら、憧れの先輩が所属するプロクラブのウェアを着て一緒にボールを蹴ってくれるんだから、もう感激です。いや、部員だけじゃありません。学校中の生徒が鈴なりになって、グラウンドの外から見てましたよ。闘莉王はまだ完調じゃないというのに軽く流したりせず、競り合いでスライディングまでやる入れ込みようでした。そして部の練習が終わると、あいつは私に『今日はみんなの元気な姿が見られてよかったです』と言い残して帰っていったんです」

 自らもリハビリ中でありながら、母校を思う気持ちから遠路はるばる後輩たちを励ましにやってきた闘莉王の心遣いに、マルコス氏は我が教え子ながら「やられたよ……」と感じ入ったのだという。

 日本の学校の一員としてボールを蹴った日々を、闘莉王は今もかけがえのない記憶として、胸に刻んでいるようだ。

 しかし、元留学生選手と母校とのこうした幸せな関係が育まれる可能性は、2021年度を限りに消滅してしまうのである。

(河崎 三行)

関連記事(外部サイト)