宇宙の歴史から地球温暖化を捉え直す……ビル・ゲイツが11億円を出資した「ビッグヒストリー」とは?

宇宙の歴史から地球温暖化を捉え直す……ビル・ゲイツが11億円を出資した「ビッグヒストリー」とは?

地球温暖化について警告するグレタ・トゥーンベリさん ©共同通信社

「あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです」

 今やその一挙手一投足がメディアに取り上げられる、スウェーデン出身の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(17)。彼女の言動が特に注目を集めたのは、昨年9月にニューヨークで開催された気候行動サミットでの“怒りのスピーチ”だった。

 サミットに集まった各国の代表達を、「私達は大量絶滅の始まりにいるのです。なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり」などと強烈に批判したのだ。

 事実、地球温暖化は確実に進行しているものの、日本を含めた各国政府は具体的な対策を打ち出せていない。まさにそこに迫っている危機を、うまく認識できていないようにも映るのだ。

■人類の歴史を捉えなおす「ビッグヒストリー」

「そんな時、『ビッグヒストリー』が大きな役に立ってくれるのです。この学問が与えてくれる広大な視野で世界を眺めてみれば、地球環境に今何が起こっているのかを、より深く理解できるはずです」

 こう語るのは、歴史学者のデイヴィッド・クリスチャン氏(73)。クリスチャン氏が1991年から提唱しはじめた「ビッグヒストリー」は、人類の歴史を、ビッグバンから始まる宇宙の138億年の歴史として捉えなおそうというものだ。

 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は「ビッグヒストリー」に魅了された1人で、その普及のための教育プロジェクトに1000万ドル(約11億円)を出資している。

 クリスチャン氏が「文藝春秋」の独占インタビューに答え、ビッグヒストリーから見た気候変動の問題について解説した。

■ホモ・サピエンスの誕生は100分前

 地球はその誕生時から数十億年もの時間をかけて、地表の温度を生物の存続に適したものになるよう調整してきた。ビッグヒストリーの観点から見れば、その地球の温度調節機能を、わずか20万年前に現れた“新参者”であるホモ・サピエンスが一気に破壊しているということになる。

 分かりやすく時間を縮めると、宇宙の誕生が13年8カ月前としたら、地球に生命が誕生したのは3年9カ月前、ホモ・サピエンスが誕生したのはわずか100分前となる。

 なぜ我々人間は他の生物と違って、ここまで地球環境に影響を与える“異質”な存在となったのか――。

 人間を特別にしている能力は「言語」だと、クリスチャン氏は言う。

■人間が獲得した「集合的学習」とは?

「もちろん、多くの生物はお互いにコミュニケーションをとることが可能です。例えばヒヒは鳴き声をあげることで、群れの仲間に捕食者の接近を知らせることが出来ます。しかし単なる鳴き声だけでは、情報の量や密度、正確さは限定される。動物の言語が共有できるのはごく単純な概念だけで、ほぼ全てが目の前の事実に関わるものとなります。

(中略)それに対して人間は、限られた言語を無限に組み合わせることによって、様々な意味を生み出すことが出来ます。複雑なコミュニケーションが可能となり、目の前にないもの、抽象的なもの、架空の存在など、様々なことについて他者に語り始めました。

 そうなると、言語を介して人々の間で有益な情報が共有され、それが世代を追うごとに蓄積されていくことになります。このメカニズムを『集合的学習』と呼びます」

 この「集合的学習」を人間が加速させていった結果、「農耕革命」、そして地球温暖化の始まりとなる「化石燃料革命」へと結びついていくことになるという。

「集合的学習」を手にした人類が、非常に短い期間で環境に大きな影響を与えるようになった過程を辿り、その結果もたらされた地球温暖化を解決するための「視点」を提示したクリスチャン氏のインタビュー 「138億年の歴史と地球温暖化」 の全文は、「文藝春秋」2月号、「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

?

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年2月号)

関連記事(外部サイト)