「なぜ初対面のおじさんについていったの?」誰かに受け止められたかったゲイ男子・七崎良輔さんの心境

「なぜ初対面のおじさんについていったの?」誰かに受け止められたかったゲイ男子・七崎良輔さんの心境

もちぎさん(手前)と七崎良輔さん(奥)

 ゲイ風俗やゲイバーで働いた経験を赤裸々に発信し、ツイッターのフォロワー数53万人超えのもちぎさんが、幼少期や10代の頃のことを綴ったエッセイ 『あたいと他の愛』 を上梓。同性パートナーと出会うまでの半生を綴ったエッセイ 『僕が夫に出会うまで』 の著者で、江戸川区を中心にLGBTQの啓発や同性婚実現に向けた活動をしている七崎良輔さんとの対談が実現しました。

 もちぎさんと七崎さんの意外な共通点、七崎さんがぶつけられてモヤモヤした言葉、もちぎさんの一人称「あたい」に隠された深〜い理由……様々な話題が飛び出した、ユーモラスな2人のトークをお楽しみください。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

七崎『あたいと他の愛』、とっても楽しく読みました。まったく違う人生を歩んでいながら、似ている部分もあって……自分の過去のことも振り返ることができて、いい経験になりました。

もちぎ 自分も、『僕が夫に出会うまで』めちゃくちゃおもしろく読みました。やっぱり、印象に残っているのは自分の経験と重なっているような部分です。たとえば、七崎さんの高校時代のお話で、大柄な友人の「あず」ちゃんが登場するかと思うんですが、僕も高校時代の親友が、大柄な女の子だったんですよ。

七崎 腐女子のカナコちゃんですよね。

もちぎ そうそう。枠から外れた者同士、でもないけど、同じような仲間が集まるときって集まるんだな、って思い出しました。

七崎 逆に、私とまったく違う経験をされているなと思ったのは、もちぎさんと、初恋の相手でもある中学校の先生とのエピソード。私は理解のない先生たちに出会うことが続いてしまったから、大人や社会に対する反骨精神ばかり育っちゃったんです。25歳くらいまで、先生という人種がすごく苦手だった。

もちぎ 七崎さんが小学校の人気者の先生に「ぶりっ子してるから、いじめられるんじゃない?」と説教されるエピソードはすごい衝撃でした。自分、キャラクターとしてのもちぎの一人称は「あたい」だし、ブリブリな感じでホゲてるんですけど(*1)、これまでずっと、いわゆる“男の子らしい”男の子だったんですよ。

*1 ホゲる……男性による、いわゆる“女性らしい”言動のこと。

七崎 そうなんですね。2丁目で働いているときは、ホゲてるんですか?

もちぎ ゲイ風俗のときはまったくホゲてなくて、ゲイバーではちょいホゲくらい。でも、普段はすーん、男の子です、って感じ。「ゲイだってバレたらどうしよう」って葛藤もなかったので、幼い頃から「自分は周囲と違う」って感じていた七崎さん、とてもつらかっただろうなと思います。

■「スーツを着たゲイ」を見て発信しようと決めた

七崎 もちぎさんが、発信を始めたのって『おっさんずラブ』がきっかけと聞きました。

もちぎ そうなんです。2018年の10月からSNSでの発信を始めたんですけど、テレビでパートナーシップ制度について報じられたり、『おっさんずラブ』で女装していない、化粧もしていない、スーツを着たゲイがマスメディアに登場したタイミングでした。

七崎 スーツ、というのが一つポイントなんですね。

もちぎ スーツが好きだからってのもあるんですけど(照)。年上や権威を象徴しているのが好きというか……。

七崎 私もスーツの人、好き。でも、自分は制服を着ていたいというか。そういうプレイはたまに彼とします。

もちぎ なるほど。オフレコですね、これは(笑)。

 今までマスメディアで見るゲイって、何か突出した人だったと思うんです。女装家であったり、奔放だったり、センスが良かったり。でも、『おっさんずラブ』は普通のサラリーマンが題材だった。『きのう何食べた?』に至っては、主人公たちがゲイである特別な理由はない、もはや確率みたいな話になってきたな、って思ったんです。

七崎 いい意味での驚きがありましたよね。

もちぎ 当時はびっくりしました。それを見て、もっと身近なゲイの話をしたい、自分たちが見てきた話をしたいと思ったのがきっかけです。

七崎 それで、実際経験された、ゲイ風俗の話をされるように。

もちぎ はい。ゲイやレズビアンといえば、真実の愛をつかんでいて、権利を求めてがんばっている人ばかり、というのもちょっと違うなと思って。LGBTQの中でも、いいやつも、悪いやつもいるし。

 ゲイ風俗も、「風俗に勤めているからには何か特別な事情があるんだろう」って思われがちですけど、実際は同年代のゲイのコミュニティがそこしかなかったから勤めている子もいたし、おじさんにちやほやされた経験を捨てられずに、就職したのに辞めて戻ってきた子もいたし。そういうリアルな事情や、誰でも持っている弱さも発信していきたいなって。

■「ちやほやされたい」という気持ちはわかるかも

七崎 ちやほやされたいって気持ちは、わかるかもしれないです。私も、カミングアウトするまでは自分の周りに壁を作って、男らしくしなきゃと思いながら生活してたから、ありのままの自分を受け止めてくれる人がいるってことがすごく嬉しかったんですよ。それが、たとえ身体だけの関係であったとしても。もちぎさんはサポ(*2)の経験があると本で書かれていましたが、実は私もサポの経験があって。

*2 サポ……援助交際のこと。

もちぎ おお、そうだったんですね。

七崎 でも、振り返ってみると、お金に困ってたからやった、というよりは、ゲイの自分を喜んでくれる人がいるっていうのを実感したかったんだと思います。紆余曲折があって結局働かなかったけど、ゲイ風俗の面接も受けたことがありました。だから、もちぎさんの話には、なんというか、巡り合わせを感じます。ちなみに、サポっていくらくらいでした?

もちぎ 男同士入れるようなラブホもない田舎で、毎回スーパー銭湯の無料開放してる駐車場の中で、という感じで……だから、相場も分からず、4000円くらいで買い叩かれてました。

七崎 今思えば、私も買い叩かれてたな。私は銀座からちょっと行ったところに細い家を持ってる人の自宅に行ってサポ受けたけど、5000円でした。大人になってから、どれだけ危ないことしてたかやっと気づいた。

もちぎ ツイッターでもつぶやいているんですけど、お店に在籍していれば、手取りは減るかもしれないけど買い叩かれはしないし、性教育もしっかり受けられる。今は、サポしている子を見つけたらお店に誘うようにしてます。本当に危ないですから。

 七崎さんの場合、初体験が掲示板で出会った初対面のおじさんだったって本で書いていましたよね。苦いご経験だったみたいですが、それは大丈夫だったんですか。

七崎 当時はね、利用されたって感覚は全然なかったんですよ。ゲイの人って地球上に数えるほどしかいないんじゃないかと思ってたから、ようやく会えたのがすごく嬉しくて。焼き鳥買ってくれて、エッチもしてくれて、訳も分からずビデオ撮影されちゃったけど、でも「やったーありがとう」って感じ。

もちぎ 純粋だ……。

■「なぜ初対面のおじさんの家に」と聞かれて

七崎 本を書いているときに「そもそも、なんで初めて会ったおじさんの家に行っちゃったの?」って編集者に指摘されて、ようやく「あれ、私、ズレてたんだ」って気づいたの。でも、誘われるがままついて行ってしまったのは、当時、ゲイの話をするのに、都会のカフェじゃ人目が気になるって思っちゃったからだったんですよ。

もちぎ なるほど、隠れなきゃいけないような気持ちになってしまったんですね。そうやって、社会の目を気にしなければならないから被害が闇に隠れてしまう、さらに被害に遭う機会が生まれてしまう……ゲイの世界ですごくよくあることだと思います。

 今ってSNSがあるから、昔よりマイノリティの姿が可視化されているし、マイノリティ同士でつながりやすくなった。自分たちの世代からすると隔世の感があるけど、かといって若いゲイがその分生きやすくなっているかというと、疑問な部分はあります。

七崎 私たちなんて、iモードとかEzwebの世代だもんね。今は、格差じゃないけど、自分のセクシャリティを早くから受け入れて楽しい生活をしている子もいれば、傷ついている子たちもまだまだいる感じがします。

(続き「 『マイノリティは人生懸けて声をあげろ』はおかしい ゲイ作家・もちぎさんが覆面を貫く理由 」を読む)

写真=平松市聖/文藝春秋

?

「マイノリティは人生懸けて声をあげろ」はおかしい ゲイ作家・もちぎさんが覆面を貫く理由 へ続く

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)