将棋YouTuber折田翔吾はプロになれるか――編入試験“初代棋士”の忘れられないひと言

将棋YouTuber折田翔吾はプロになれるか――編入試験“初代棋士”の忘れられないひと言

プロ棋士編入試験5番勝負の第1局で黒田尭之四段(手前)に勝利し、対局を振り返る折田翔吾アマ ©共同通信社

 1月27日、将棋ユーチューバーとして知られるアマチュアの折田翔吾さんが棋士編入試験第3局を戦う。

 折田さんは現在1勝1敗。あと2勝すれば合格となり、正式に棋士として認められる。逆にあと2敗した時点で試験は終了となる。

■15年前、“特例中の特例”だったプロ編入試験

――さかのぼること15年前。将棋界では特例中の特例として棋士編入試験が行われた。

 挑戦したのはサラリーマンの瀬川晶司アマ(当時)。35歳だった瀬川アマは若い頃にプロ棋士を目指すも夢はかなわず、アマチュアとして大会で活躍し、プロ棋戦でもアマ代表として高勝率をあげていた。

 いくらアマチュアで活躍しても、年齢制限によって棋士への扉は閉じられており、瀬川アマがプロになるのは不可能だと思われていた。

 しかしいくつもの偶然と意思が重なり、瀬川アマはその扉をこじ開けるチャンスを得た。このチャレンジは社会現象にもなり、瀬川アマは一躍時の人となる。

 今回の試験とは違って「6戦して3勝で合格、4敗で終了」という条件のなか、瀬川アマは1勝2敗で第4局を迎えた。残り3戦中、2勝で合格、2敗で終了という条件は、いまの折田さんと一緒だ。

 瀬川アマを第4局で迎え撃つ中井広恵女流六段は、女流棋士代表として必勝を期していた。この対局は、終盤戦で中井女流六段にビッグチャンスが訪れるも、危機をしのいだ瀬川アマに軍配が上がった。

 ここで負けていたら、勝負の流れとしても合格は厳しかっただろう。まさに運命を分けた一局だった。結果的に第5局も制し、瀬川アマは35歳にしてプロ棋士の資格を得た。

■「史上最年少プロ」vs.「35歳でプロ」

――それから12年後の2017年、瀬川五段(当時)は史上最年少の14歳2カ月でプロ入りしたばかりの藤井聡太四段(当時)と対戦した。藤井四段の順位戦における初対局相手だ。

 対照的な棋歴をもつ2人の対戦に世間の注目が集まった。デビューから25連勝中の藤井四段に対し、瀬川五段は積極的な攻めを仕掛けるも、残念ながら敗れた。

 終局直後、対戦相手もいるなかのインタビューで瀬川五段は、

「ぜひ連勝記録を達成していただきたいと思います」

 そう語った。

 テニスなど世界的なスポーツでは、戦ったすぐ後のインタビューで対戦相手に敬意を表すことがある。しかし将棋の世界ではあまり見たことのない光景だった。この紳士さが、一度は棋士を目指すもかなわなかった弱さでもあるだろう。

 だが、その人間味にファンは魅せられるのだ。

■「何故、安定を捨ててプロを目指したのか?」

 じつは筆者は、プロ入りが2005年10月で瀬川六段と1カ月違いという縁がある。瀬川アマがプロ入りを決めた一戦で、筆者はプロになって初めて解説を担当した。それまで大勢のお客様の前で解説をする経験はなく、緊張した思い出がある。

 そんな縁もあり、筆者は瀬川六段と「ブログ研」という会で一緒になる。「ブログ研」とは、渡辺明三冠、片上大輔七段、瀬川六段、筆者と、ブログを書く棋士4名で行う将棋の研究会だ。

 瀬川六段とは練習対局で盤をはさみ、打ち上げで酒を酌み交わし、多くの時間を共有した。

 瀬川六段は人の気持ちがわかる男だ。だから誰にでも優しい。先ほどの藤井七段へのエールも、並々ならぬプレッシャーにさらされている後輩を気遣ったのだろうと想像する。

 また、長年の付き合いで女性に人気があることもわかった。人の気持ちを考え、よく話を聞く男はモテるものだ。

「何故、安定を捨ててプロを目指したのか?」

 素朴だけど聞きづらいことを、酔いにまかせて聞いたことがある。

「やっぱり棋士はいいよ。自分は両方やったからわかるんだ」

 瀬川六段が噛み締めるようにそう答えたことをよく覚えている。

■茨の道でも「やっぱり棋士はいいよ」

――ある時、ブログ研の打ち上げで高級なステーキを食べに行った。

 それは瀬川六段が「フリークラス」を脱出した時のことだった。棋士編入試験に合格すると、まず「フリークラス」に入る。そして規定の成績をあげると順位戦C級2組に入ることになる。

 順位戦に在籍する限り、自らの意思以外で引退させられることはない。しかし、「フリークラス」で10年以内に規定の成績をあげられないと、引退に追い込まれてしまう。

 つまり「フリークラス」と選手生命の“終わり”は背中合わせなのだ。

 瀬川六段の場合、特例の編入試験のため、一部ではその実力を疑問視する声もあった。だから、瀬川六段にとって「フリークラス」を脱出して実力を示すことは、選手生命を伸ばすとともに、あとに続く人たちのための使命でもあったのだ。

 誰も口にせずともブログ研メンバーはそのことを理解して応援していた。酒席でみせた瀬川六段のホッとした表情はいまでも忘れられない。

 折田さんが合格できたとしても、さっそく「フリークラス」での引退へのカウントダウンが待っている。

 どこまでも茨の道は続くのだ。そんな茨の道を歩んでも瀬川六段は、

「やっぱり棋士はいいよ」

 そう言うのだった。

■49歳になった瀬川六段はもう一花咲かせられるか

 瀬川アマと中井女流六段の一戦を将棋AIを用いて改めて調べ、分かったことがある。当時は二転三転だったと伝えられていたが、それは誤った認識だったのだ。

 この一戦は、瀬川アマがずっとリードしていて、一瞬だけ中井女流六段にチャンスがきたものの逃した、というのが正しい認識のようだ。瀬川アマがずっと押していたわけだが、当時検討していたプロはそう見ていなかった。つまり、当時の瀬川アマはプロより正確に判断していたのだ。

 特に横歩取りという戦法では、当時の瀬川アマは多くのプロよりも優れた感覚を持っていたのだろう。

 試験初戦の佐藤天彦奨励会三段(当時)戦は敗れたものの、後に名人となる佐藤三段相手に横歩取り戦法を用いて終盤は勝ちに近い形勢だった。そして結果的に最終戦となった高野秀行五段(当時)戦では、横歩取り戦法らしいギリギリの変化に飛び込み、常にリードを保って押し切った。

 プロより優れた感覚を持っていたからこそ、アマチュア時代にプロ棋戦で高勝率を誇っていたのだろう。

 いま、横歩取り戦法は下火になっている。それもあって、瀬川六段も成績が伸び悩んでいる。横歩取り戦法の次となる新たな武器を持てなかったことが痛い。

 そして将棋AIの活用の波にうまく乗れていない印象もある。

 木村一基王位が46歳で初タイトルを獲得したように、いまの将棋界はベテランの活躍も目立っている。

 49歳になった瀬川六段も、もう一花咲かせたい思いを強くもっているはずだ。不可能を可能とした男の活躍を願うファンは多い。

■折田アマ、合格へのカギは?

 そして折田さんの挑戦はどういう結末を迎えるのか。合格へのカギは、試験官となる若手棋士よりも優れた感覚を持っているかどうかにかかっている。

 棋士編入試験第3局は、三間飛車戦法の使い手である山本博志四段が相手だ。そして第4局は、相掛かり戦法の使い手で、デビュー1年足らずでタイトル挑戦という偉業を達成した本田奎五段が相手となる。最大の強敵だ。

 それぞれの得意戦法に折田さんがどう向かっていくか。棋士編入試験第1局では対振り飛車戦法にうまい作戦でプロを圧倒した。プロ棋戦に出場した際は、相掛かり戦法で独特の感覚を見せて白星を重ねた。

 どちらの戦いも十二分にチャンスありと筆者はみている。

 折田さんの夢はかなうのか。茨の道は続く。

(遠山 雄亮)

関連記事(外部サイト)