“鬼の棲み家”を振り飛車で蹂躙。初のA級入りを果たした菅井竜也八段の力の源は?

“鬼の棲み家”を振り飛車で蹂躙。初のA級入りを果たした菅井竜也八段の力の源は?

©iStock.com

 私は流行に乗るのが得意ではない。みんなと同じことを同じような考えのもとにやろうとしても、すぐに落ちこぼれてしまうのが関の山だからである。

 肥沃な土地は大多数に任せ、自分は湿っぽい木の陰で思うように不思議なキノコを作る。そのような隙間産業的なやりかたで生きてきた自負はある。

 そんな私もとうとう、流行のうずに巻き込まれてしまった。不本意ではあるが、こうなってしまったからには無駄な抵抗をしても仕方ない。流れに身を任せて、他日を期するよりないであろう。

(訳:風邪をひき、布団にくるまって過ごす日々。来週こそ必ず現場に行くことであろう)

■1月19日、日曜日。

 NHK杯戦の▲広瀬章人八段−△稲葉陽八段戦は、まだまだ流行が続く角換わり腰掛け銀だった。棋譜はこちら( https://www.nhk.or.jp/goshogi/shogi/score.html?d=20200119 )。

 攻める広瀬、しのぐ稲葉という展開から、最後は一瞬のスキを見逃さずに寄せ形を築いた稲葉八段の勝ち。

 寄りそうで寄らない中段玉は、穴熊よりも手ごわいことがある。早指しならば尚更である。

 本局の観戦記は上地隆蔵さんが担当した。届いた原稿には、上地さんが稲葉八段に後日取材したことにより明らかになった、実に恐ろしい変化が記されていた。

 詳しくは2月半ばに発売されるテキスト「NHK将棋講座」3月号にて。

■イパネマ海岸で花火を見ながら年越し

 午後、翌日が締め切りになっている棋王戦挑戦者決定戦第2局の仕上げに取り掛かる。

 新聞観戦記は分量の縛りが厳しいため、何を書いて何を書かないかの判断が非常に難しい。書ききれなかったこと、いわば積み残しが出てしまうのは惜しいが、これらは「いつか」への布石になると信じるしかないだろう。

 そうは言っても、表に出さないのはもったいないので少しだけ。対局翌日に南米旅行に飛び立った佐々木大地五段は、イパネマ海岸で花火を見ながら年を越し、ファベーラ(どんな場所かは各自調査のこと)にも行って現地の人に髪を切ってもらったそうだ。

 何事もなくてよかったと安心すると同時に、耳学問だけでは得られない体験ができて、うらやましいなと思った。

■1月20日、月曜日〜1月24日、金曜日。

 ここで書くテーマはひとつなので、いっそのこと日付をまとめてしまった。順位戦、順位戦、順位戦である。

 1月22日のB級2組( https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78b2/index.html )は、丸山忠久九段が全クラス通して最初の昇級を決めた。

 元名人の格、将棋に対する真摯な姿勢、もちろん地力においても妥当な結果だと思うが、年齢を重ねることで乗り越えなければいけないものが増えていく現実もある。当然はまったく当然ではないのだ。

 かつては相手の望みを絶つ指しまわしから「激辛流」といわれた丸山将棋も、ここ数年は自ら身を投げ出すような積極的な姿勢で勝機をつかむ棋風に変わったように感じられる。

 結果が出れば新味として認められ、結果が出なければ年をとって短気になったといわれてしまう。今回の昇級は、そういう向きとの戦いにも勝った証しになる。

 昇級のもう1枠は、横山泰明七段が残り2局でマジック1。以下、近藤誠也六段、鈴木大介九段、橋本崇載八段まで可能性が残っている。2月5日に行われる次節、横山七段は田村康介七段と。鈴木−近藤の直接対決もあり、熱い一日になりそうだ。

■もうひとつのA級行きの切符は……

 1月23日のB級1組( https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78b1/index.html )では、菅井竜也七段(新八段)がA級昇級を決めた。星取表を見渡して、このメンバーで10勝1敗を取れる棋士がどれだけいるか。文句なしの強さである。

 B級1組は古くから昇竜の勢いの若手にとっての壁になってきた。A級に行けなかった者、行ったけれど跳ね返された者が「上で勝負したいなら俺を倒して行け」と次々に向かってくることから、「鬼の棲み家」とも呼ばれている。

 菅井八段自身もB級1組の過去2期は苦戦し、指し分け、負け越しだった。それでも自身のアイデンティティである振り飛車に磨きをかけて、今回の昇級をつかみ取った。

 伝え聞くところによると、近しいファンの方に「自分の目の黒いうちにA級八段になった姿を見せて欲しい」と言われて発奮したとか。ファンとのつながりを大事にする菅井さんならではのエピソードだと思う。

 もうひとつのA級行きの切符は、3敗の斎藤慎太郎七段、行方尚史九段、千田翔太七段、そして4敗の深浦康市九段と永瀬拓矢二冠まで権利がある。最終戦の行方−千田戦、深浦−永瀬戦が関係するような展開になるかどうか。

 残留争いでは、谷川浩司九段のB級2組への降級が決まった。改めて言うまでもなく谷川九段には数多くの実績、称号があり、棋界の覇者と見られた時期も確かにあった。

 私自身、将棋に本格的に熱中しはじめた時期に谷川四冠が誕生し、谷川将棋に対する憧れはとても強かった。胸を躍らせながら年賀状を書き、思いがけず返事をもらって、比喩でもなんでもなく鼻血が出たこともあった。実に鼻粘膜の弱い少年であった。

■ためいきしか出なかった棋譜並べの終盤

 それから数年後、谷川ファンだというほっぺたの丸い生意気な小学生が師匠の教室にやってきた。

 彼とはよく一緒に『谷川浩司全集』の棋譜を並べた。彼は一局並べ終わってから駒を並べ返すのが早く、先後どちらを選ぶかは、だいたい向こうの役割だった。彼はサッと勝つ側を持つ。

 彼の短評付きの棋譜並べはとても楽しかった。私も勝手なことを言ったりもした。しかし終盤に入ると、もうどちらも、ためいきしか出なかった。収束が見事すぎるのである。

 報道によると谷川九段は、いまのところフリークラスには転出するつもりはないという。永世名人資格保持者がB級2組で指すのは初になるが、いずれ誰かがやるであろうことが今回来ただけだ。過去に何度も復活を遂げてきた谷川九段は、また不死鳥のように蘇ることができるか。

 ちなみに現在C級1組全勝の藤井聡太七段が今期順当に昇級し、B級2組、B級1組、A級、名人獲得と一気に突き抜ければ、谷川九段が持つ最年少名人記録(21歳2か月)を更新(20歳11か月)することになる。両者の直接対決が見られるかもしれない来期のB級2組は、がぜん注目度が増すことだろう。

 A級順位戦は1月20日と24日に計3局が行われ、その結果により渡辺明三冠の名人挑戦が決まった。一緒に谷川全集を並べていた少年が名人戦の舞台に立つのは、やはりなかなか感慨深いものがある。

 きっと当時の彼は、年上の名人に挑む自分を描いていたと思う。しかし現実の世界では、年下の豊島将之名人との対戦となった。竜王・名人の大二冠と三冠が激突する頂上決戦は、4月8日に東京で開幕する。

■1月26日、日曜日。

 NHK杯戦の▲丸山忠久九段−△佐藤康光九段戦は、佐藤九段のダイレクト向かい飛車に対し、丸山九段が早々の自陣角で局面を動かしていく展開だった。棋譜はこちら( https://www.nhk.or.jp/goshogi/shogi/score.html?d=20200126 )。

 堂々と銀挟みの変化に飛び込んでいき、そのまま銀損して頭を抱え、それでも最後にはハラハラドキドキの勝負形に持ち込んでしまう佐藤九段は、ある意味ではやりたい放題である。

 それを冷静に対処して手際よくまとめた丸山九段は、威厳あふれる猛獣使いのようだった。

 この将棋の観戦記は美馬和夫さんが担当。美馬さんが丸山九段のところにあいさつに行くと、丸山さんは「あっ、あの美馬さんですか!」と対局前とは思えない笑顔で応じていた。

 美馬さんはアマチュアの強豪として有名で、特に穴熊が得意であるため、穴熊ならぬ「ミマグマ」と呼ばれて恐れられていたのだ。

 会ってみれば普通の温厚なおじさんなのだが、ミマグマの名から熊のような大男を想像する人もいて、丸山九段も「もっと大柄な人だと思っていました」とニコニコしていた。

 観戦記が掲載されるのは、広瀬−稲葉戦と同じく「NHK将棋講座」3月号。美馬さんが丸山九段のあの大きな扇子に鋭く迫る部分は、観る将のみなさんにぜひご一読いただきたい。

(後藤 元気)

関連記事(外部サイト)