【元AV女優として】私のデビュー作のギャラ100万円は、何に対して支払われたのか

【元AV女優として】私のデビュー作のギャラ100万円は、何に対して支払われたのか

©iStock.com

 作家、社会学者の鈴木涼美さんが、2014年から2019年までのTV Bros.連載に加え、各雑誌やWebに掲載されたエッセイ・評論・書評などをまとめた、5年分のコラム集『 可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい 』(Bros.books)を上梓。新刊に収録された文春オンラインへの寄稿「私のAVデビュー作のギャラ100万円は、何に対して支払われたのか」(原題)を再公開します。(初出:2017/12/29)

■ほとんど全て予想通りの未来が来ただけなのに

 当時まだパカパカと開くタイプだった携帯電話の着信画面に、2ヶ月ほど前の飲み会で出会ってから仲良くしている男の名前が光った。二人きりで会ったのはまだ3回くらいだったのだが、同じ飲み会にいた彼の同僚たちとバーベキューの計画も立てていた。大学院生の私から見るとあまりに忙しい人で、こちらから誘うのは憚られるので、いつも向こうからお誘いの電話が来るのを待っていた。急いで通話ボタンを押すと、「今仲間と超盛り上がってるよ! お前AV出てたんだって? すごいじゃん」とテンションの高い声が飛んでくる。ほとんど全て予想通りの未来が来ただけなのに、私は地下鉄の駅で固まった。

 AV嬢のデビュー作のギャラ100万円は何に対して支払われるのか。これは私がこれまで何度も何度も考え、考え直し、さらにまた考え直してきた問題であり、これからもまた何度でも塗り替えていく問いだ。AV業界がこれまでにないほどに「叩かれた」年の年末に、現時点で思うところを少し書き留めておきたいと思った。

■AV嬢が支払うことになる「未来への対価」について

 どんな仕事の対価も、シンプルな一つの労働に対して支払われているというより、その人の現在(その労働や時間)、過去(学歴や顔など)、未来(その仕事の将来的なリスクなど)に対して複合的に支払われているというのはそれなりに妥当な考えだ。そして、AV嬢は他の仕事に比べて、もらうお金に対する「未来への対価」の割合がことさら大きい。それに比べれば、現役時代に支払った代償なんて大したことないと思えるほどに。

 私はこの「未来への対価」について現時点で思うことを、ここで書いておきたい。「偏見をなくして職業として認めよう」という議論と「偏見があるからこそ高額なギャランティが保持されている」という議論は両方理解できる。ただ私は正直、そんな話にもう飽きてしまったし、実際の「中身」は「偏見」や「リスク」という単純明快な言葉を与えられる類の話ではないように思うからだ。元新聞記者としてでなく、 『「AV女優」の社会学』 の著者としてでもなく、元AV女優として、個人的な経験や感覚から紡ぐ文章にしようと思う。

■「風俗嬢への偏見をなくそう」議論のノリ

 メリッサ・ジラ・グラントの著書 『職業は売春婦』 (2015年/青土社)の中に、とてもステレオタイプでわかりやすい、以下のような一文がある。

 セックスワーカーは抑圧される存在だと決めつけているせいで、セックスワークに対しても人目をはばかる仕事でしかないという見方しかできない。私はこうした狭い見方を排除し、想像の売春婦像を打ち破りたいと思っている。
 
 売春は犯罪である、売春婦は汚れている、犯罪ではないけれども道徳的に良くない、援助交際は魂に悪い、売春の非犯罪化によって人権を守るべき、売春は立派な職業、セックスワークはワークである、売春はセーフティネット、セックスワーカーは誇り高き職業人、売春の何が悪い、むしろ立派な仕事だ、売春したところで救われない貧困層もいる、売春でも高収入なら勝ち組……。
 

 どれもこれも耳にタコと寝癖ができるほど聞き飽きた言説だが、どの主張にもそれなりの論理と、それなりの正義と、それなりの傷が入っている。それはわかる。基本的に最近の界隈の議論は「偏見をなくそう」と「悪しき慣習や無意味な法を一掃しよう」という方に向かっていて、その傷だらけの主張に何も感じないかと言われれば微妙なのだけど、ものすごく身を入れて打ち込めるか、というとそれも微妙だ。

 性犯罪や人身売買の被害者をなくそうという主張と、風俗嬢その他への偏見をなくそうという議論は全く分けてなされるべきで、前者に対してはもはや抗う力がどこかにあるとは思えないが、後者に関しては正直、なんか私はちょっとイマイチそのノリについていけていない。というか、その緩やかな方向性に異存があるというより、どこまでやるつもりなんだろう、という点で大いに疑問なのだ。本当に、完全に、偏見をなくそうなんて思っているのだろうか。そんなこと、可能だろうか。そもそも、それは必要なのだろうか。

■太古から続く「売春」への偏見

 例えば先に挙げたグラントの著作の中では、売春婦の人権が認められないが故に、警察にも国にも頼れない彼女たちの非常に悲惨な現状が盛り込まれているし、それはかつてCOYOTE(米の売春婦権利擁護団体)や 『セックス・ワーク』 (F.デラコステ、P.アレキサンダー編 1993年/パンドラ)が前提としていたような状況でもある。

 例えば日本でも1987年に池袋で起こった、利用客に暴力を振るわれたホテトル嬢が抵抗して利用客を刺殺し、過剰防衛と認定された事件を覚えている人も多いだろう。この事件の判決で検察官が「被告人はそもそも売春行為を業としており」と留保をつけたことは、現在でも当事者や支援者によるセックスワーク関連運動の大きな論拠となっている。

 現代に突発的に出て来た事象(オタクとか草食男子とか流行病とか)に対するものならともかく、女性にとって最古の職業とまで言われる売春への偏見はそれなりに根深い。もちろん、根深いから諦めろ、というのではなくて、根深いのにはそれなりに理由がある、と私には思える。スティグマも伊達じゃない、と言いますか。

 無論、見知らぬ男性とホテルの密室で二人きりになることを想定したホテトル嬢やデリヘル嬢は首を絞められても身体に刃物を突きつけられても文句は言えない、なんてとても思えないし、時給2万円の代償がそれほどに大きいとは信じたくない。しかし、時給2万円には時給2万円の理由があると考えるべきだし、さすがに自信過剰な私も、かつて自分に日給100万円の価値があったと言うのは苦しい。

 そこには当然、ある種の偏見と付き合っていくことに対するお駄賃が含まれると考えられるのだが、しかしそれでも正当防衛が過剰防衛とみなされるほどの強固な偏見は含まれていて欲しくない、というのが本音だ。「偏見を取り除こう」という運動が何を目的に「どこまで」やるつもりなのか、という問題は大いに、100万円には「どこまで」が含まれるのか、という問題である。

■100万円はスペック・現役時代の労働・未来への対価に支払われる

 私は常々、AVへの偏見がなくなったらギャラは暴落する気がしますけど、それでもその方がいいのか、という主張をしてきたし、根本的には今もそう思っている。拙著『「AV女優」の社会学』は大まかにいうと、AVのギャラは男優と性的演技をするそれ自体よりはるかに多くの要素に支払われている、という議論を記した本だが、個人的な感覚に立ち戻れば、あらゆる要素総体への対価というよりはもっと極端に、「何か」に対して多くが支払われていると今では思っている。そしてその「何か」は多くが「未来への対価」に関わっていると考える。

 ものすごく乱暴にではあるが、ギャラは何の対価であるか、と考えた場合の要素を列挙してみると、大きく分けて3つあるだろう。

 まず、過去やその人のスペック自体に支払われる要素がある。容姿やスタイル、二重整形や歯科矯正、豊胸経験、元アイドル、元客室乗務員、早稲田卒、京大生など。

 次に、現役時代に引き受けるべき労働などの要素が挙げられる。VTRの中で求められる演技力や具体的な動き・テクニック、いくつもの面接をクリアする容姿やコミュニケーション能力などの魅力、面接や撮影現場にきちんと現れる社会性、さらにはVTR撮影の外ですべきプロモーション・営業活動やセリフの研究・練習、性病など粘膜接触のリスク、AV女優として世間に顔出しすることによるリスクなどが思い浮かぶ。

 最後に、現役を引退してから重くのしかかる負担が当然考えられる。自分のVTRが未来永劫データとして残ること、AV女優や元AV女優に対する世間的な白い目を受け入れること、将来的に転職や結婚などの選択肢を狭めること、セックスについての世間の興味や品のない質問攻めに応えることなどだ。

「未来への対価」の割合が多い、というのが性産業の特徴であり、さらに輪をかけてその負担が重いのがAV女優の特徴だというのは、おそらく多くの当事者たちもわかっている。先に挙げた偏見の問題もその「未来への対価」に大きなウエイトを持って含まれるが、当然、それだけではない。そして、世間的な偏見以外の何かしらの「未来への対価」こそ、引退して10年以上経った私は重要視したいと思っている。

■未来永劫「元AV女優としてしか生きられない」ということ

 AV女優もバカじゃないので、AVとか出たら就職に不利かも、将来的に職場で噂になっちゃうかも、いずれ親にバレるかも、結婚が破談になったりするかも、くらいの想像力は当然ある。私もそう思っていたし、それが含まれてこその高額なギャランティ、というのは別に常識の枠を出るものではない。しかし、現役の頃に、あるいはデビュー前に考える未来への対価と現在の私が考えるそれは、必ずしもピタリとは一致しない。

 ギャランティが未来への対価である、というのは要するに未来永劫「元AV女優としてしか生きられない」ということだ。もちろん私は「元新聞記者としてしか生きられない」も背負っているし、電通の友人は電通を辞めても「元代理店マンとしてしか生きられない」し、歯科助手の友人は主婦になっても「元歯科助手としてしか生きられない」わけだが、「元AV女優」はそれらの中では特に向かい風が強い。

 しかも、世間の偏見なんていうのはそのうちのいくばくかでしかなく、例えば世間的に「元AV女優を差別するべからず」という認識が共有されたところで、自分の子供がなるべくならAV女優にならないで欲しいと思う親を責められるだろうか。自分の奥さんが元AV女優じゃない方がいいと考える男性が消滅するなんてことがあるだろうか。

 元AV女優でも魅力的な人となら付き合ってもいい、という男性が増えたところで、では両親に堂々と紹介できるという人ばかりだろうか。両親に堂々と紹介したところで受け入れられないという両親がいなくなるだろうか。渋々許してもらったところで、生まれた子供が何の感情もなく自分の母親が元AV女優だったと認められるだろうか。

■火傷だらけ傷だらけの人生は延々と続く

 正直、元AV女優である私的には、世間に後ろ指さされることよりも、身近な人の悩みの底に、常に自分の過去があることの方がよほど辛い。デビュー前にも、親バレ彼氏バレすることのリスクまでは考えていたが、親バレ彼氏バレした後も日常は終わりなく続いていくことへの認識は甘かった。AV出演は一瞬の花火で、親バレも一瞬の転倒だが、火傷だらけ傷だらけの人生は延々と続く。

 そして自分の好みや生きたいと思う人生だって変わる。ヤンキーがヤンキーをやっている最中はそれがそれなりに格好いいと思っているのと同じで、AV女優をやっている最中は自分がAV女優であるという事実はそれほど嫌なものではない。それに、嫌になったらやめればAV女優ではなくなる。でも「元AV女優」は、嫌になっても一生やめられない。すでに私は、AV女優として過ごした時間の何倍もを、「元AV女優」として過ごした。そして当然、「元AV女優」として生きる対価は現役時代に満額支払われてしまっているので、その後は一切お金などもらえない。年金もないし。

 私にとってAV出演など、当時は足元に転がっている石のようなものだった。不安や不満や憧れや期待など、要約するとアドレッセンスというようなものを持て余し、若干むしゃくしゃした気分で蹴っ飛ばした石が延々とはねっかえり続けて、自分の顔面や親の脇腹や恋人の後頭部にぶつかり続けて、10年以上経った今も、ビュンビュンと飛び交っているような感じ。時々それはまた私の顔面に直撃して鼻血をブーブー飛ばしたり、頭をクラックラさせたりする。そんな気分で私は生きている。ぶつかる度に私は、「この痛み、この悲しさがないなら何で100万円もらえると思ったの? 自分の顔に身体にそれだけの価値があるって思ったの?」と19歳のワタシを恨みがましく叱る。

■今の私にとって大切なものと出会えるとも思っていなかった

 AV強要問題など、昨今の業界を揺るがす問題が問題として成立しているのも、一つにはこの時間経過による意識の変化が関係していると私は考えている。強引なスカウト、不誠実な事務所、悪ノリする現場、その場でした嫌な思いはあるいは飲み込めることがあったとしても、どこかの時点でそれらの罪の重さを再認識させられる。その時の怒りは抑えようがないほど大きいだろう。

 私は(スカウトは若干強引というか巧みだったけど)別に強要被害者ではないので、訴える先もなく、文句は全て自分にはねっかえってくる。ちょっとでも泣き言を言えば自分の浅はかさを呪えと言わんばかりに非難される。

 逆ギレするわけではないけど、しょうがないじゃないですか。私は足元に転がっている石を蹴るのに、それがどこを通ってどこにはねっかえりどこにぶつかるのか、それほど深く考えてはいなかったし、もっと反射的に動いてしまった。今の私にとって大切なものと、当時はまだ出会っていなかったし、出会えるとも思っていなかった。時々、どんなに自分のせいじゃんと反論されてもいいから、いつまでやらなきゃいけないの、そろそろ許してもらえませんか、と言いたくはなる。

 私は長らくなるべくビュンビュンはねっかえってくる石を避けようと逃げていた。特に会社を辞めた後、そして週刊誌その他の報道の後、「元AV女優」の鈴木涼美さんになってからは、好きな人がいようが生きたい場所があろうが、意識的に夜職や似たような業界の男としか親しくしなかった。彼らの周囲には私と同じような女の子たちしかいなかったし、彼ら自身も私と同じくらいは世間に後ろめたさを感じているので、気楽なのだ。元カノもキャバ嬢だったり、私と別れてその後に付き合う彼女もAV女優だったり。

 それはぬるま湯にいるような居心地の良さがあっても、実は結構息苦しいことだ。このまま妥協してぬるま湯で生きるのも悪くはないけど、もし可能なら、誰かに掬い上げて欲しいと思ったし、できれば好きな人に掬い上げて欲しかった。でも、例えば運よく掬い上げてもらった先に、絶望や劣等感がある気がして、なかなか手を伸ばせなかった。

■?うちの母は元AV女優です、の怖さ

 今や、歌舞伎町の女の子たちがみんな真似して整形したがるほど人気のアイドルAV女優もいれば、別の分野で評価されながら誇り高く出演を続けるAV女優もいる。彼女たちに憧れる女の子たちがいるのは全くもって当然だし、私はそんな憧れを否定する言葉など持っていない。

 私は別に大したAV女優ではなかったし、「いやいやアンタには憧れないけど他の女優に憧れてんねん」と言われるでしょう。ただ、多くの浅はかで可愛い女の子たちを見ると、老婆心ながら「それ、AVのギャラだけじゃないよ、元AV女優として生きる人生全部へのギャラだよ。安くないか、もう一回考えてみたら?」くらいは思うことがある。

 AV女優になるのは全くもって女の子たち全てに開かれた自由です。だけど、女の子たちが自由であると同時に、「元AV女優はできれば雇いたくない」「元AV女優とはできれば結婚したくない」「母親が元AV女優だなんて恥ずかしい」と思う人たちは人たちで、そう思う自由を持っている。それは、偏見というよりもっと正直な、とても残酷で真っ当な感覚だと、私ですら思う。

(鈴木 涼美)

関連記事(外部サイト)