「胸を触ってみろよ」クラスメイトの“挑発”に応じた男子高校生が、「セクハラ」を理由に部活禁止処分

「胸を触ってみろよ」クラスメイトの“挑発”に応じた男子高校生が、「セクハラ」を理由に部活禁止処分

取材に応じる敏志さん(仮名) ©渋井哲也

 2016年11月、都立高校に通っていた男子生徒・敏志さん(仮名、当時1年生)は、同級生の女子生徒・明子さん(仮名)との会話中に「胸を触ってみろよ」と言われ、応じたことがあった。放課後で、部活動の休み時間での出来事だった。

 ?触った後の明子さんの様子は無反応だった。笑っても、怒ってもいない。ただ、部活後のLINEでは「マジ殺す」「胸触ったでしょ」と言われたので、敏志さんは「触ってと言ったから」と返事をした。明子さんは「それは冗談な」と返す。その後もLINEのトークは続いたが、この話題は終わり、学校生活について盛り上がった。

■LINEでは一般的な恋愛トークや下ネタも

 ところが、半年以上が経った翌年6月、明子さんは「敏志さんからセクハラを受けた」として学校側に訴えた。敏志さんにとっては唐突だったが、胸を触ったことは認め、経緯を説明した。一方、学校側は別室指導を実施し、部活への参加を制限した。敏志さんは、当時の指導は不適切だとして、東京都を相手に損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。都側は棄却を求めている。

 1月31日の判決を前に、敏志さんが取材に応じた。「裁判は、名誉を回復するためのもの」と話している。

 訴状などによると、高校2年時の2017年6月、明子さんに対する断続的なセクハラを行ったことを理由に、敏志さんは約2週間の別室登校処分を受けた。この指導の前提となる調査が不十分だとしている。また、部活動への参加の禁止や制限も行われ、不利益な扱いを受け続けたと主張する。

 一方、都側は、準備書面によると、特別指導や部活動の制限に違法性はなく、校長ら教職員に注意義務違反はないと、原告の請求を棄却することを求めている。

 敏志さんによると、被害を訴えた明子さんとは音楽系の部活でも一緒であり、一般的な恋愛トークや下ネタも含めて、LINEでやりとりする仲でもあった。

■C教諭から「これは犯罪だからな」と言われ

 そもそも問題行動の把握について、都側は、明子さんが2017年6月13日、A教諭に身体接触を訴えたと主張する。敏志さんは翌14日にA教諭に言われるが、その前にB教諭に呼び出されることになる。「6月13日の部活中に、B教諭に呼び出されました。(身体接触について)認めた上で、『触ってみろよと言われた』と説明しました」と話す。

「明子さんがB教諭にLINEで被害を訴えたようですが、(そこに至る)経緯を(B教諭に)話してあったので、問題にならないと思っていました。

 翌14日に指導された際には、C教諭に『これは犯罪だからな』と言われ、携帯を取り上げられました。そして、封筒の中に入れられ、ホチキスで止められ、使用禁止になりました。私が合意だったと主張しても事情も聞かれず、そのやりとりがあるLINEの確認はされませんでした」

■ある先生から「空気のような存在になれ」と言われた

 6月14日午後、学校側から父親の携帯電話に連絡があった。「断続的なセクハラがあり、特別指導があります。明日学校へ来てください。(出場予定だった)全国大会には出られません」との内容だった。

 セクハラに関しては双方の主張が合致していない。しかし、きちんとした事実確認が行われないまま、結果、6月15日から28日まで、特別指導として別室登校となる。校長は、早急に処分に至った理由を「試験があるから」と両親に説明した。このときの前提事実は「セクハラ」だ。

 6月16日、敏志さんは「反省日誌」を書く。このときに「なぜ触ったのか。それは、あおられたことだ。『触ってみろよ』と言われたから。今となっては自分でも当時の自分をアホらしく思う」などとある。

 6月27日には謹慎期間のまとめとなる「反省文」も書いた。そのなかには「その友人が『胸を触ってみろよ』と言った」と書いた。しかし、学校側の指導で書き直され、削除されている。

「B教諭から口頭で、こう書くように、と(書き直しを)指示されました。(反省文なのに)俺の言葉で書かせてくれないんだな、と思いました」

 反省文には当初、「ある先生から、『空気のような存在になれ』と言われたので、そうしようと思います」とも書かれていた。これも削除された。都側は、発言を認めたが、人格否定の意図はないと主張する。

■特別指導の理由が「過度な身体的接触」と変更

 6月27日、両親はB教諭と面談した。このとき、書き直し前の「反省文」を見せられた。B教諭からは、「反省文に書いてあるように、胸を触ってみろと言われたのは本当なのだと思う」などと言われたという。また、第三者の女子生徒からの証言で、明子さんから誘った部分もあると聞かされた。

 明子さんは「触ってみろよ、なんて言ってない」と主張していたが、6月29日には、敏志さんと明子さんとのLINEで、性的な表現で挑発していたことを示すやりとりを両親が発見した。

 そのため、7月11日、両親は証拠を提出し再調査を願い出た。最終的に特別指導の理由が「過度な身体的接触」と変更され、12月まで部活動参加の全面禁止は続いた。そして「謝罪の会」が開かれた2018年1月になってようやく平日に限り、時間制限付き、練習復帰になる。しかし、大会や地元の行事には参加できなかった。

 敏志さんは当時、部活復帰を最優先して交渉した。当時の弁護士の立ち合いで「約束事」を守るという「誓約書」を交わした。敏志さんに制限を強いる不利な内容だが、「学校に行くのは当時、部活のためだった。面倒なことが増えましたが、部活は自分の生きる理由なので、我慢できました」と話す。ただ、特別指導前後の理不尽な対応と部活制限によって、精神的に影響が出る。

■練習は週3回という「約束事」を学校側は守らない

「クラスメイトとの学校生活は楽しかったですが、7月、外出時に過換気になり、心療内科に通院しました。部活を奪われた半年間は、一番苦しかったです。病院では、心理テストをして、『死にたいとは思うが、そのための行動までは取らない』という範囲と言われました。両親が、部活に行けない間、学校外での練習を勧めてくれ、ギリギリ生きていられました」

 敏志さんへのプレッシャーはまだ続く。部活に参加できるようになった後、毎回、校長とB教諭の前で「約束事」の読み合わせをさせられた。このことは「約束事」にはない。

 加えて、教員が付き添い、練習は週3回という「約束事」を学校側は守らない。「教員が部活動に付き添いする」との内容だったが、他の教諭がいても、B教諭が部活に顔を出せる週1回のみの参加になった。

「両親や弁護士が抗議をしてくれました。そのため、どうにかなるだろうと思っていたんですが、反面、週1回でも行けているのでいいや、という感覚が当時ありました」

 また、時期ははっきり覚えていないというものの、敏志さんは気分が悪いと、何度も保健室へ駆け込んでいた。特別指導にかかわった教員と一対一で話すとき、B教諭に部活でのポジションを制限されたとき、B教諭の担当授業のときだった。

「ストレスがお腹にかかり、お腹いっぱいで気持ち悪くなりました。薬を飲むと忘れられましたが、(ストレスがお腹にいっぱいで)お腹が空くことはありませんでした」

■B教諭の顔は見たくないし、しゃべりたくない

 3年生の11月、全国大会出場をかけた最後の大会で、敏志さんはリハーサル前日まで練習していた。その帰り道、学校から出場を認めないという通知が届く。再び、明子さんからの訴えによるものだが、学校側は事実確認をしていない。

 大会当日、応援に駆けつけると、B教諭から「部員と一緒にいること、記念写真を撮ること、ミーティングに参加することを禁止する。学校の決定である」と通告された。過剰と思われる指導がされたと主張する。

 現在、敏志さんは大学生だが、3年間の高校生活を振り返るとどう思うのか。

「部活動は、参加を禁止されたり、制限されたことはありましたが、それなりに充実しました。出会った先輩のなかで、一番好きな先輩にも出会えました。大切な同期とのつながりも続いていますし。

 しかし、きちんと手順を踏んだ特別指導をされなかったことに怒りを覚えます。B教諭の顔は見たくないし、しゃべりたくないです。校長も嫌いです。異動したと聞きましたが、正直、逃げたなと思いました。

 学校側の書面を読むと、いろんな感情が湧きました。『これが大人の言うことか』と。学校には名誉を傷付けられましたので、裁判では、特別指導の白紙撤回を望みます」

(渋井 哲也)

関連記事(外部サイト)