「新型肺炎はヒト・ヒトで感染者10万人確実」北大教授が推計 流行は「5月までは続く」

「新型肺炎はヒト・ヒトで感染者10万人確実」北大教授が推計 流行は「5月までは続く」

新型肺炎の感染が確認された大阪市在住の女性について記者会見する厚生労働省結核感染症課の日下英司課長(手前) ©時事通信社

 世界的な流行となりつつある中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。中国の保健当局によると、1月29日現在の患者数は7700人を超え、死者も170人となった。

 日本でも1月28日、武漢への渡航歴のない感染者が確認され、厚労省も「国内で人から人への感染が起きている」との見解を示した。日本国内でも、いよいよ緊張感が高まっている。

 今後の感染の広がりが気になるが、中国での感染者数について「2月第1週までに感染者が10万人に達するのは間違いない」と語るのは、流行データの分析が専門の北海道大学医学研究院(理論疫学)の西浦博教授だ。

 西浦教授の研究チームは、1月24日の時点で800人程度と公表されていた武漢市内の患者数について「5500人」とする推計を、欧州専門誌に発表して話題となった。「週刊文春デジタル」では、西浦教授に今後の感染拡大について聞いた。

◆◆◆

■2月には感染者は10万人以上に

――中国当局の発表では、1月29日時点の新型肺炎の感染者数は7700人と公表されています。西浦先生の推定結果は、どのようになっているのでしょうか。

西浦 私たちの推定では、1月27日正午の武漢市内の新型肺炎の患者数は、2万314人となっています。これは、中国本土以外で報告された感染者数と、武漢市から外部への渡航者数のデータをもとに算出した数字です。

 24日時点で約5500人だったのが、たった3日で2万人まで増加したのは想定内です。現在は中国国内の「感染拡大期」と呼べる状況で、今後も日に日にびっくりするような数字が推定され、その数が現実性を帯びていくことになります。

 特に今回の新型肺炎は軽症で済む人もいるので、そういった人は病院で受診しないかもしれない。また、受診しても症状は咳と熱だけでインフルエンザと診断されているかもしれない。そうすると、潜在的な患者数と実際に報告があがっている患者数との間に大きな乖離が出来てしまう。感染症研究では、実際の罹患者よりも診断される人数が相当少ない状況が生じる「診断バイアス」という用語があるのですが、今回の新型肺炎は、まさにこの「診断バイアス」が強くかかっています。実際の感染者が発表よりも多いことは確実です。

――なぜ「診断バイアス」が強いと判断したのですか。

西浦 私たち感染症研究者は、ウイルスの発生地から海外に渡航した感染者(=輸出感染者)が、いつどこで観測されるかに注目しています。今回は1月13日にタイで中国国外初の感染者が見つかり、次いで16日には日本で確認されました。これには愕然としてしまいました。

 というのは、1月中旬時点の中国当局が発表した感染者数は50人にも満たなかったのですが、日本で世界2例目が観測された状況のデータから計算すると、武漢で何百人という規模で感染者がいないとおかしい、と推定されたからです。

 それで、「これはヒト・ヒト感染が相当数起こっている。拡大していないとおかしい。これは大きな混乱になる」と確信しました。それが、今回の推定研究を始めるきっかけでした。

――英米の研究チームは、2月4日までに武漢だけで感染者が最大35万人になると発表しました。

西浦 少なくとも2月第1週が終わる頃には、武漢を中心とした感染者が10万人を超えることは確実です。英米チームの35万人という数字も非現実的なものではありません。2月初旬は、中国当局が進める都市封鎖などの施策がどこまで効果が出ているか判断できるタイミングになるでしょう。

 今回の新型肺炎での死者は、発病から死亡まで2週間くらいかかっている。2月初旬に感染者が10万人規模となった後に、遅れたようにやってくる死亡者数は数百人というレベルでは収まらなくなると思います。そこで国際社会がどのように対応するか。それまでに世界で広く流行が拡大していなければ、各国で国境封鎖などの施策も検討されるかもしれません。

■脅威は「インフルエンザ以上SARS以下」

――そもそも新型コロナウイルスがどれほどの脅威なのか教えてください。

西浦 2009年にメキシコで発生した新型インフルエンザの大流行と比べると、わかりやすいかもしれません。日本でもマスクが品薄になり、食料の買いだめや行政によるタミフルの大量備蓄も話題となりました。それくらい騒がれた2009年のインフルエンザですが、蓋を開けてみたら致死率(1人の患者が死亡する確率)は0.01%〜0.03%を下回る程度でした。季節性のインフルエンザと大きくは変わりませんでした。

 一方、中国で2002年から2003年にかけて流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の致死率が17%くらい。現状を見る限り、今回の新型コロナウイルスの脅威は「インフルエンザ以上SARS以下」というのが妥当なところでしょう。

 いま手元にある数字で、新型肺炎と診断された患者数で計算すると致死率は4%から5%くらいになります。しかし先述の通り、実際の感染者数はもっと多いはずですので、全感染者中の致死率はもっと低くなることは確実です。

――いつまで感染が続くのでしょうか。

西浦 2月初旬でピークが終わるとは思えません。いまのところ教科書通りのカーブを描いて感染者が増え続けています。香港の研究チームも発表していますが、この感染は5月ごろまでは続くでしょう。私たちの研究でもほぼ同じ結果が出ています。まだ収束する気配はありませんから、長丁場になることが予想されています。

■外圧があって初めて流行を認めた中国政府

――なぜここまで感染が広がっているのでしょうか

西浦 正直に言って、SARSを経験した中国は感染症対策についての情報公開が進んでいると思っていただけに、実際の罹患者よりも診断される人数が少ない「診断バイアス」が、ここまで強くかかっていたことにはショックを隠せませんでした。海外の研究チームが外圧的に推定して患者数を推計するようになるまで、中国政府は武漢で流行が起こっていることを認めませんでしたから。

 中国の情報公開制度が劣悪かというと、そういうことでは全くないんです。中国の保健省の機関である「中国疾病管理予防センター」(China CDC)の研究能力はSARSの時と比べて格段に飛躍しています。今回も、速やかにWHO(世界保健機関)とデータを共有できています。

 ただ、原因不明の肺炎が発見された時に、おそらく武漢ローカルのレベルで、勝手に上層部に報告を上げない文化や政治的な思惑があって、事実が明るみに出るのが遅くなってしまった。そして、新型肺炎という診断が遅れた。これは不幸の連鎖でした。その間にも、感染初期の感染拡大は起こってしまっていたのです。そこは大変残念だったなと思います。

■感染者を追跡すれば、流行を止められる

――日本にいる私たちがすべきことは何でしょうか。日本でも、武漢のような大流行が起こりうるのでしょうか?

西浦 東京など都心部に住んでいると、パンデミックが起こるのではないか、と不安になる方もいるでしょう。しかし、感染症は人が多いからと言って伝播が進みやすい訳ではありません。感染するかどうかは、当然ながら感染源に出合うか否かで決まりますが、例えばSARSにしても、感染者が人混みに出ることで感染が拡大したわけではない。感染者との長時間の濃密な接触をした結果、感染するケースが多かったのです。

 新型コロナウイルスは、二次感染が起きて伝播が広がるサイクルが平均で7日くらいとされています。インフルエンザは3日くらいです。この期間の違いで何が変わるかというと、感染者と接触のあった人を追跡して、二次感染を防ぐことができるかどうかです。

 インフルエンザはサイクルが早すぎて二次感染を予防するのが非常に難しい。新型コロナウイルスは、サイクルが長い分、追跡ができる可能性があります。SARSの流行がなぜ止まったかというと、やはり伝播するサイクルが長く、「感染者を見つけて隔離をする」、そして「接触者を追跡して行動制限をする」という対策が上手く取れたから。感染の性質上、いわゆる「封じ込め」が可能だったということです。

 日本でも続々と感染者が発表されていますが、対岸で感染者が爆発的に増えている状況下では渡航が完全に止まらない限り、これはいつか必ず起こることでした。あとは流行を最小限に留められるか否かです。

 都市部に住む人も、マスクをつけて、人との濃密な接触を防ぐことに気をつけていれば過度に心配する必要はありません。今後明らかにされていく情報にアンテナを伸ばしていて下さい。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)