「募ってはいるが募集はしていない」 ちゃんと説明されない“3大事件”を安倍首相の「私情」で読み解く

「募ってはいるが募集はしていない」 ちゃんと説明されない“3大事件”を安倍首相の「私情」で読み解く

安倍晋三首相 ©?文藝春秋

 中国の新型肺炎について新聞各紙のコラムの切り口はさまざま。

 産経新聞の名物コラム「産経抄」は中国政府の情報隠蔽についてツッコんでいた(1月27日)。“中国の情報公開”というお題にしぼって記事を追うのは確かにおススメしたい。中国の姿がリアルにわかる。

 結びはこれ。

《この緊急事態に、国会ではサクラがどうした、こうしたとのんびりした議論ばかり。議員の諸君、ボーっと生きてんじゃねーよ!》

 相変わらず感情が激しくて読むのが楽しい産経抄師匠。

 しかし桜を見る会について「のんびりした議論」と書いているが、「ちゃんと説明されない」という意味においては中国も日本も深刻な事態になっていることに気づいておられないのだろうか。

■本性は些細な振る舞いにこそ

 たとえば同じ日の日経新聞は世論調査の結果を大きく載せていた。

「桜を見る会 不信根強く」

 政府のこれまでの説明に「納得できない」の回答が78%だった。内閣支持層でも「納得できない」は63%にのぼった。

 ここで思い出したいのは「神は細部に宿る」という言葉だ。

 もし「小さなこと」の桜すら説明しないなら、今回の中国と同じような「大きなこと」が今後起きたときも「ちゃんと説明されないのでは?」と不安に感じてしまう。また、その可能性を警戒するのがマスコミの役割だ。国会のサクラは決して「のんびりした議論」ではないのである。

 1月30日の毎日新聞の社説は《政府はそうした不安にも応える対応と丁寧な情報発信をしてほしい。》と書いた。これは新型肺炎の対応について書いた社説である。求められることはやはり桜と同じなのである。

 本性は些細な振る舞いにこそ色濃く出る。

 なら「内閣支持層」こそ、桜の危うさに早めに気づき「とっとと説明せよ、面倒なことになるぞ」と叱るべきだった。それが本当の政権擁護の態度であったはず。

■「ちゃんと説明されない」件で、まず思い出す3人

「ちゃんと説明されない」件では例の3人も興味深い。河井案里、河井克行、菅原一秀である。最近やっと人前に姿を現したが、何も説明していないとブーイングが飛んでいる。

 しかし、あの3人が表舞台に出てこなかったのは「説明を避けた」のではなく「口を封じられていた」可能性も考えたほうがよい。出てくるな、しゃべるな、と言われていた可能性を。

 腐っても選挙で当選した政治家である。地元にはいち早く釈明し、おわび行脚をしたかったはずだ。それすらせずに雲隠れというのは政治家の本能としてあり得ない。

■安倍首相が忘れない「恨み」

 そもそもなんで岸田派の牙城である広島に同じ自民党からわざわざ「新人」(河井案里)がおくりこまれたのか?

 こちらの記事を読めばわかる。

「安倍は広島の仇敵を許さない 岸田が悩む“仁義なき戦い”」(「週刊文春」2019年6月27日号)

 首相はかつて、広島が地盤の溝手顕正氏(岸田派)に痛烈に批判されたことがあった。

《安倍氏は、そうした恨みを片時も忘れない。》

 こんなにわかりやすい理由だった。敵は野党ではなく自民党内にいたのだ。

 当時の新聞にも書いてある。

《河井氏は首相や菅氏に近い河井克行・党総裁外交特別補佐の妻で、菅氏が出馬を後押しした。》(日本経済新聞2019年7月23日)

 そして先週あらためて出たのが、河井夫妻の政党支部に「参院選前のわずか3カ月間で計1億5000万円が振り込まれている」という報道だ(「週刊文春」1月30日号)。官邸の力の入れ具合が「金額」で証明された。

 この事実には自民党内からも反応が出ていて面白い。朝日新聞の記事(1月25日)から抜粋する。

・竹下派の参院中堅は「刃向かう者は全力でつぶすという首相の残酷さがあらわになった選挙だった」

・別の若手議員は「僕らは立法事務費も政党交付金も党に召し上げられている。我々のカネでよく分からない人に肩入れした党本部、官邸にみんな憤っている」

・同じ参院選で当選した麻生派の中堅も「官邸に近い関係にあれば優遇されるのか」と語る

 さすがに選挙のおカネだけに敏感な反応がずらり。こんな一文も。

《党関係者は「幹事長が一つの選挙区に動かせる資金にしては額が大きすぎる」とし、首相官邸の意向が働いたことを示唆する。》

■首相の「私情」がキーポイント

 今回しみじみ思うのはまたしても首相の「私情」がキーポイントということだ。広島の溝手憎しも、モリカケも桜を見る会も共通するのは「私情」。そこには私怨や友情や贔屓が全部詰まっている。

 日刊スポーツの名物コラムに「政界地獄耳」がある。私は昨年末に「文春オンライン」と「日刊スポーツ」のコラボ企画で地獄耳師匠と対談したのだが、そのなかで「安倍政権の本質」について尋ねた部分がある。

鹿島 僕がなるほどなと思ったのは、来年度の「桜を見る会」中止が発表された3日後、地獄耳師匠は安倍政権のやり方をただ一言、「せこい」って書いたじゃないですか。

?

地獄耳 そう、巨悪じゃないんです。つまり、「権力の行使」と言うと絶対的なものすごいパワーだと感じるけど、そうじゃない。ちっちゃなところで権力を使うんです。そうすると、すごいせこい感じがしちゃって。何か困った時には「これは民主党政権でもやってました」と言い逃れに使うところも、せこさです。

 いかがだろうか。巨悪ではないがせこい。一強ゆえにそのせこさは身内からは文句が出ない。私情が過ぎて何かおかしくないか? と世間から問われると「説明しない」という選択で済ます。

 28日の衆院予算委では桜を見る会の参加者増加について「幅広く募っている、募集していることをいつから知っていたのか」と質問された安倍首相は「私は幅広く募っているという認識だった。募集しているという認識ではなかった」と答えた。

 するとツイッターには「#募ってはいるが募集はしていない」というハッシュタグが登場して大喜利化。

 私も「書き換えだけど改ざんじゃない」という日刊スポーツの見出し(2018年5月30日)を思い出して投稿した。ちなみにこの見出しの元ネタは「さよならだけどさよならじゃない」(1991年・やまだかつてないWink)である。まさに「募ってはいるが募集はしていない」の元祖だ。やまだかつてない首相。

 さて今回の「募っているけど募集していない」という首相の言葉に対し、「一国の総理が意味の取り違い、理解力や読解力不足」というツッコミ、もしくはあげつらいがあるが(東京新聞1月30日)、ポイントはそこではない。

 注目すべきはこの説明で大丈夫だと思っていたことである。この「言い換え」でいけると思っていた怖さである。ここでもちゃんと説明しない手法や言葉の言い換えが出たのだ。

 この体質がすすむとどうなるか。官僚は「誰か」を守るために公文書破棄をして結果として歴史を断絶することになってしまう。伝統破壊である。せこさが国の根幹を揺るがす大事となるのだ。

 このヤバさは、保守を自認する人こそ指摘してあげるべきではないだろうか。

 今こそ国を想い、憂いる。私は保守派の新聞にこそ、この役割を期待したいのである。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)