12の集落が“消滅”……過疎化が進む秩父市山中の「廃村地区」に広がる異世界

12の集落が“消滅”……過疎化が進む秩父市山中の「廃村地区」に広がる異世界

©文藝春秋

 県道沿いの駐車場に車を停めてから、坂道を登り続けること約20分。私たちは最初の廃屋にたどり着いた。板張りの2階建てで、手前に黄色の土壁の倉がついている。

 遠目の外観はそうではないものの、近づいてみると、人が住んでいたという気配は大分薄れている。軒先に新聞が落ちており、日付を確認すると1967(昭和42)年とあった――。(全2回の1回目/ 後編へ続く )

◆◆◆

 ここは埼玉県秩父市・浦山地区。別名「秩父さくら湖」とも呼ばれる浦山ダムからすぐ近くの山村だ。西武秩父駅から車で約15分の場所にある浦山地区は、1956(昭和31)年までは秩父郡浦山村という行政区だった。秩父市に編入されたのは1958(昭和33)年である。

 四方を標高1000メートル級の山に囲まれ、山岳部含め、南北12q、東西10q。南北にやや長い方形の地域だ。私と編集者Tは、浦山地区に広がる“廃村銀座”の現場を取材するため、ここを訪れた。

■半世紀あまりで人口が10分の1以下に

 日本全国の山村がそうであるように、高度成長期以降、浦山も過疎化が急速に進行した。1955(昭和30)年に1242人(262世帯)だった人口が、2013(平成25)年には104人(58世帯)と、半世紀あまりで10分の1以下になってしまったのだ。

 この人口急減には大きな理由がある。浦山川の渓谷の一部に、巨大な浦山ダムが建設されたことだ。1972(昭和47)年に着工し、1998(平成10)年に竣工した浦山ダムは、堤の高さが156メートルと、重力式コンクリートダムとしては全国2位の高さを誇る。堤体の上からの眺めは絶景で、秩父盆地はもちろん、遠く赤城山や日光連山まで見渡せる。

 しかしその裏で、浦山川沿いの県道脇に位置する計58戸が移転を余儀なくされ、加えて2つの集落が湖底に沈んだ。

■3分の2の集落が“廃村”になってしまった

 一方、山沿いの道に点在する集落はダム工事の影響を免れたものの、生業である林業・薪炭業の衰退や車が入れない不便さなどが理由で、1960年代後半から次々と住人が去っていった。その山沿いの道を上郷道(うわごうみち)という。大正期に浦山川沿いの県道が通じるまでは、そこは浦山村のメインストリートだった。

 そして時とともに、やがて一つ、また一つと、すべての住民が去り、無人となる集落が現れた。嶽(たけ)、巣郷(すごう)、有坂(ありさか)、茶平(ちゃだいら)、大神楽(おおかぐら)……。今では秩父市街に近いか、県道へのアクセスがよい3つの集落を残すのみで、上郷道はいつしか“廃村銀座”になってしまったのだ。

 浦山全体では、かつて18の集落があった。だが現在、人が住んでいるのはわずか6集落のみである。

 現地取材の前に、事情に詳しい地元の人を探すと、浦山公民館長の浅見(あざみ)俊一さんに行き着いた。今年で68歳になる浅見さんは、浦山で生まれ育ち、秩父市内の高校を卒業。一度は都内で就職するも、その後Uターンしたという、生粋の“浦山人”だ。

 本人に電話をしたら、上郷道を一緒に歩いて廃村を案内してくれるという。ご好意に甘えて、同行をお願いすることにした。結果的に、浅見さんに案内してもらわなければ、私たちは山中で道に迷ったり、崩れかかっている危険な箇所に足を踏み入れたりしていたかもしれない。

 年月の経過とともに、かつての“メインストリート”は、着実に自然の一部へと還りつつあった。

■人里近くまでクマが下りてきている

「ほら、あそこに見えるでしょう」

 取材当日の朝、浅見さんがまず案内してくれたのは、廃村ではなく、クマの痕跡だった。最初は鳥の巣かと思ったが、クマ棚だという。初めて聞いた。もちろん見るのも初めてだ。

 浦山ダムにほど近い車道。その脇に立つ、葉を落とした高さ20メートルほどのクルミの木の上に、多数の枝がからまっている。ツキノワグマが実を捕食するために登った木にできる……いや、正確には作るのだという。「こんな人里近くまで、クマ棚ができるようになった。今まではあり得ないことだね。異常気象のためなのか、最近のクマは冬眠もしないみたいだよ」と、浅見さんは不安そうにつぶやいた。

 その言葉を受け、私たちにも緊張が走る。前回の「 峰集落 」同様、今回もクマに注意しながらの取材になりそうだ。

■いざ、上郷道へ!

 そこから車で数分走り、肝心の上郷道へと向かった。駐車場に車を停め、3人で県道を歩き出す。12月半ばの薄曇りの平日、午前10時を少し廻った頃。都心より気温は数度低いはずだ。向かって左手、県道から少し上がったところには、上郷道の起点である大谷(おおがい)という集落が広がっている。浅見さんもここに住んでいるという。県道からも近く、車が容易に入れるからだろう、大谷には今も7軒の家があり、人が住んでいる。

 県道を少し歩くと、左手に舗装道の上り坂が見えてきた。近づくと、県道との分岐点には「熊出没注意」の看板がある。浅見さんがクマよけの鈴をリュックにぶら下げ、携帯ラジオを鳴らしてくれているので、まず安心……のはずだ。

 その看板を横目に、私たちは上り坂へと入った。しばらくすると、周囲も林に変わる。ここは既に上郷道だそうだが、予想に反して乗用車が入れそうな、しっかりした道である。

 浅見さんいわく、「ここは道を広げて、舗装してます。元の道は荷物を積んだ馬が片道通行できるほどの幅しかなかったんだけど」。

■山道の先に「最初の廃屋」が!

 15分ほど坂道を登っていくと、細かな砂利が敷き詰められた、開けた場所へと到着した。浅見さんも通った、浦山小学校の跡地だ。奥にある建物は、閉校後に建てられた地域の集会場だという。

 秩父地方ではいち早く1873(明治6)年に開校した浦山小学校は、1986(昭和61)年に閉校となった。浅見さんが通っていた昭和30年代は複式学級といって、2学年が一緒に授業を受けていたそうだ。

 このあたりは日向(ひなた)という集落になる。学校があったことからもわかるように、かつては浦山の中心で、江戸時代には名主の家や寺もあったそうだが、今では3軒の民家が残るのみだ。

 上郷道はこの辺りから、未舗装の山道に変わる。その道を登り始めてすぐに、私たちは冒頭の「最初の廃屋」にたどり着いた。

■時が止まったような光景

 家の玄関から中を覗くと、ザ・廃屋といった風情で、様々なものが散らばっていた。掘り炬燵もあり、上にはコンロが載っている。大きな梁が横に伸びているが、囲炉裏の煙が付着したのか、こちらは大分、黒ずんでいる。

 よく見ると畳はなく、板の間ばかりだ。この地区では客を迎える時など、特別な場合にだけ畳を敷いたという。

 家の隣には、黄色の土壁の倉があった。そちらを覗いてみると、中には臼が転がっていた。倉には2階もあり、壊れた窓から、木でつくられた格子状のものが何枚か立てかけられているのが見えた。浅見さんに尋ねると、蚕に繭をつくらせる蔟(まぶし)だという。倉は1階が物置、2階が蚕室になっていたのだ。

 家の外を覆う板を見ると、そこにはいくつも穴があいている。なかには野球ボール大のものもある。「これは全部、キツツキが突いた穴だね」と浅見さん。そうやって木の中にいる虫を食べるのだという。

■かつての段々畑はすっかり杉林に……

 さて、先は長い。若干の名残惜しさを感じながら廃屋を後にし、さらに上郷道を進むと、左手に練馬区立のキャンプ場があった。営業は5月から10月までで、私たちが訪れたときには立ち入り禁止のロープが張られていた。

 浅見さんは身が軽く、足も速い。毎年1回、富士山に登るというから相当の健脚だ。左右に鬱蒼とした杉林が広がる中、歩きながらかつての浦山のことを教えてくれる。

「私が子供の頃は、このあたりの斜面は一面、段々畑だった。日当たりがすごくよくて、麦や芋が植えられていてね。だけどその後、過疎化が進んで人がいなくなったから、行政が杉の植林を推奨して、補助金も出したんだ。その結果、ご覧のように、日も差さない杉林になってしまった」

■「手を付けると怖いお地蔵様です」

 先程の廃屋から20分ほど歩くと、嶽集落に到着した。かつては10軒ほどの民家があったが、10年ほど前には全住民が山を下りてしまった。その入り口には、可愛い六地蔵と馬頭尊が置かれていた。和んで見ていると、横の看板が目に入った。そこにはこうあった。

〈ここに昔からいたお地蔵様が行方不明になりました。

 ……この大きな1つのお地蔵様には昔から言われがあって、手を付けると、やけどをすると言われました。手を付けると怖いお地蔵様です。

 今まで嶽部落は何もありませんでしたが、そのさわりで25年8月に嶽部落が大火事になったのかもしれません。また、災難があると困るので、「お地蔵様」是非、元の場所へ帰ってきてください。お願いします〉

「浅見さん、大火事ってどういうことですか」。勢い込んで尋ねると、平成25年、つまり2013年8月に、ここからすぐ先の廃屋が3軒燃える火事があったのだという。しかも、消防団に通報したのは浅見さんだった。

■生々しいほどの火事の痕跡

 思わず速足で現場に向かうと、そこは枯れ草の間に緑が混じる平らな土地だった。まずここに2軒の民家があったそうだ。上に煙突が突き出した白壁の建物があって、中を覗くと、左側が風呂、右側がトイレになっていた。この“離れ”だけは難を逃れたらしい。

 そこから5メートルほど高くなった場所も平らに整地されていて、かつては1軒の廃屋があった。焼け焦げたトタン、バケツ、バイク、大きな釜状のものが眼に入った。

 他にも細々としたものが散らかっている。ブルーシートが、「ここが事故現場です」と私たちに伝えているようだ。

 上にトタンがかぶされた木箱のようなものがあった。正面にまわったら、小さなお宮がしつらえてあり、しめ縄も張られていた。

 何本か生えている杉の木の幹も黒くなっている。火事の跡だろう。それを見ながら、浅見さんがつぶやいた。「この木がなかったら、風にあおられた火が後ろの山に移って、被害は拡大したかもしれない……」

 この無人の廃集落で、一体何が起きたのか。私たちは浅見さんに事件当日の話を聞いた。

撮影=文藝春秋

( 後編に続く )

※今回の取材で訪れた埼玉県秩父市・浦山地区の「上郷道」は、急な斜面や、地面が崩れかかっている箇所が複数あり、事前の準備なく歩くのは非常に危険です。また、周辺の廃集落には今も私有地が多く、許可なく足を踏み入れてはいけない場所が点在しています。

7年前、秩父の廃村はなぜ燃えたのか? 山村で生きる公民館長が語る「無人集落のリアル」 へ続く

(荻野 進介)

関連記事(外部サイト)