A級順位戦で惜敗、糸谷哲郎八段がエレベーターで見せた素顔

A級順位戦で惜敗、糸谷哲郎八段がエレベーターで見せた素顔

この日、将棋会館で行われていた対局 ©?後藤元気

■1月29日、水曜日。

 A級8回戦の一斉対局。私は▲渡辺明三冠−△糸谷哲郎八段戦の、朝日新聞の観戦記を担当。毎日新聞の観戦記は上地隆蔵さんだった。上地さんは元奨励会の先輩で、週刊将棋に勤めていたときも先輩で、観戦記者としても先輩で、いつも何かとお世話になっている人である。年上なのにちっとも偉ぶらないので、私は勝手に友人と思ってお付き合いをさせてもらっている。

 順位戦と名人戦が朝日新聞社、毎日新聞社の共催になったのは第66期(2007年度)だから、干支を一周してしまっている。もうそんなになるのだなぁ。

 最初のうちは盤側に記者が2人いる不思議さ、どうやって上座下座を決めるか、そしてもちろん内容の違いなど気になる点もあったが、慣れてしまえばどうということはなかった。

 観戦記は、もとい将棋は多角的な視点によって厚みが増すものだから、一局を複数で書くことに問題があろうはずはない。見逃したことや聞き逃したことを補完しあえるメリットもある。後世の人がどう評価するかは見当もつかないが、きっといろいろな意味を込めて「いい時代でしたねぇ」と言われるような気がしている。

■「彼は形勢に自信を持っている」

 将棋のほうは、夕食休憩に入るまでは糸谷ペースの評判だった。新聞解説の片上大輔七段もそう見ていたし、控室で検討する面々も同様だった。

 夕食どきに片上さん、君島俊介さん(▲羽生九段−△木村王位の観戦記を担当)と3人で食事に出ようとエレベーターを待っているときのこと。

 開いたエレベーターの中に、糸谷さんがひとり佇んでいた。こういうときは対局者優先が暗黙のルールである。

 糸谷さんは「そんな、別にいいんですよ」と笑い、それでも我々が「どうぞお先に」と譲ると、「いやぁ、2階はもう解説会が始まってますかね? いまのうちに飲み物を調達しておこうと思って」と頭をかいた。

 糸谷さんを見送り、扉が閉まったところで3人、おかしくなって顔を見合わせた。「彼は形勢に自信を持っている」。言葉にせずとも同じことを感じたと分かったのだ。

■「ふじもと」のとんかつ店へ

 将棋会館を出て、久しぶりに「ふじもと」のとんかつ店へ。先客はなし。うなぎもよいけれど、時間が掛かりすぎると仕事に影響が出てしまうかもしれない。

 注文を済ませて棋界のよもやま話をしていると、別の一団が入ってきた。何やら「ダニー」とか「会長」とか「あまひこ」とか聞こえる。どうも大盤解説会に来たファンの皆さんのようだ。

 男女が混じった若者のグループであり、棋士を愛称や呼び捨てで呼びながら楽しそうに盛り上がっている。ここで話す分にはスポーツ選手や芸能人を呼び捨てにするのと変わらない。好意、敬意、親しみを持っているからこその呼び捨てであり、きっと棋士本人を前にしたら緊張でガチガチになって何もしゃべれなくなるのだろう。

 関係者であるところの我々は余計なことを耳に入れないように、こそこそととんかつを平らげ、いそいそと店を出た。もちろん、とんかつは美味しかった。

■羽生−木村戦の終局後に注目した「両者の肩」

 夕食休憩後は、まあいろいろあって、早めの時間に渡辺三冠の勝ちで終局した。糸谷さんは「夕食休憩前はやれるのかなと思ってたけど、休憩明けには自信がなくなっていた」という。

 我々がエレベーターで見た糸谷さんは、まだ前者だったと思う。同じ人が同じ局面を見ているのに、時間の経過によって見方が変わっていく。評価値だなんだと言うけれど、人間が指している将棋はどこまで行っても人間のものなのだ。

 午後10時過ぎに自分のところの感想戦が終わり、ようやく余裕を持って他の4局を見られる体と頭になった。1局ずつ進行を確認して、状況を把握していく。

 羽生−木村戦は羽生九段の名局だった。感想戦を見るために対局室に入ると、すぐに両者の肩に目が行った。羽生さんはこれまで見たことがないくらいのなで肩、木村さんは気持ちの強張りがそのまま続いているような怒り肩だった。

■東京の我々も誇張なしに飛び上がった

 日付が変わった控室では、鈴木大介九段を中心に関西の久保−三浦戦の検討が続いていた。稲葉八段が勝った瞬間に久保九段のA級陥落は決まっていたのだが、とにかく面白い終盤戦で目が離せない。

 鈴木九段は「明日も朝早いし、2月は休みがない。なぜ私は将棋を見ているんでしょうねー。ハハハハハッ」とぼやきながら、目を輝かせて継ぎ盤に向かっている。付き合っている高見泰地七段や斎藤明日斗四段よりも若手感が強いのだから、恐ろしい限りである。

 手が進むにつれて、検討の結論は三浦勝ちに傾きつつあった。鈴木九段が「いやー、やっと帰れそうです!」と叫んだ次の瞬間に、「うそー」と声が上がった。モバイル中継のコメント欄に、驚くべき内容が書かれていたのだ。

「うわぁ!」(今泉四段)

?

 久保は水を飲んだ。後手玉は詰みだと見られている。

?

「どひゃあ」(星野四段)

 大阪の棋士室はすごいことになっていただろう。東京の我々も誇張なしに飛び上がった。

 早めに家に帰ってひとりで中継を見ていたら、こんな興奮は共有できなかったと思う。それにしてもすごい将棋だった。

■2月1日、土曜日。

 棋王戦五番勝負が金沢で開幕した。中継ブログはこちら( https://kifulog.shogi.or.jp/kiou/45_01/ )。きっと一行は美味しいぶりしゃぶを食べたことと思う。実にうらやましい。

 内容は渡辺棋王の地力勝ちという感じだったが、次は挑戦者の本田五段が先手番。きっと作戦巧者ぶりを見せてくれるはず。対局する当人は1局でも1秒でも早くタイトルを防衛、もしくは奪取したいと考えるのだろうが、外野としてはやっぱりフルセットが見たい。

 そんなわけで、棋王戦の第2局は本田さんに肩入れしつつ見ることになるだろう。1勝1敗のタイになった王将戦はいい感じだし、女流名人戦は谷口さんの盛り返しに期待しながら観戦する。2勝2敗、3勝3敗で迎える緊張感に満ちた最終局こそ、タイトル戦の醍醐味である。そこまで行けば、最後にどちらが勝っても納得できる。まあ私の納得など何の役にも立たないわけだけれども。

■2月2日、日曜日。

 日曜恒例のNHK杯戦は、ベスト8入りを決める最後の一局。▲深浦康市九段−△増田康宏六段戦だった。故・花村元司九段門下の深浦九段と、花村門下の兄弟子である森下卓九段の弟子である増田六段。一門の叔父弟子、甥弟子の関係のふたり。本局の棋譜はこちらから( https://www.nhk.or.jp/goshogi/shogi/score.html?d=20200202 )。

 この将棋のハイライトはなんといっても、32手目△4四歩の飛車取りを無視して▲7一銀と切り返した場面だと思う。

 この銀打ちが成立していたのかどうか、打った深浦九段は、打たれた増田六段はどう考え、感じていたのか……等々。放映された感想戦で触れられなかった部分は、「NHK将棋講座」テキスト3月号に掲載される相崎修司さん執筆の観戦記にて( https://www.nhk-book.co.jp/list/textcategory-09191.html )。

■「詰将棋創作キッズチャレンジ」は実に素晴らしい

 午後、自宅に届いた 「将棋世界」3月号 を読む。いつもながら内容が濃く、興味深い記事が多いため、がっちり読み始めるとすぐに朝が昼に、昼が夜になってしまう。食事を忘れ、仕事も忘れ、眠るのを忘れ、起きることすら忘れたら、私という存在はどうなってしまうのだろう。ゆっくりと将棋世界を堪能しつつ日々の営みを充実させる方法はないものか。

 そうそう、付録の「第1回詰将棋創作キッズチャレンジ」は実に素晴らしい企画ですね。こうやって蒔かれた種が、何年後何十年後にどういう花を咲かせるのだろう。

「あるといいよね」という思いつきを「よし、やってみよう!」にする力。ゼロイチはこの世でいちばん大きな差だ。

 まず表紙の手書きの投稿群の写真がいい。解説、作者のアピール、講評なども愛があふれており、読んでいてほっこりとうれしくなる。もちろん作品の質は高く、手数も判型も手ごろなので、通勤通学や散歩のお供にぴったりである。

(後藤 元気)

関連記事(外部サイト)